“AppleMusicの料金”高いか安いかあなたが使う価値とは?

AppleMusic 料金

こんにちは。成瀬です!(@55naruse55)

「AppleMusicって使う価値あるの?」「料金を払う価値あるの?」「登録することでどんなことができるの?」

この記事は、AppleMusicの「料金」について知ってもらい、実際にあなたがお金を払って使う価値があるのか?を知れる内容になっています。

AppleMusicの「料金」を紐解いていく!!

スポンサーリンク

AppleMusicは有料しかない

SpotifyやLINEMUSIC、AWAのように機能を制限して無料で使えるといった無料版がありません

AppleMusicには、無料版はなく有料版しかありません。

有料版しかないですが、3ヶ月は無料で体験をすることができます。詳しくはこちらから→AppleMusic公式サイト

AppleMusic 料金はいくら?

AppleMusicを利用するには月に決められた料金を支払いことで利用することができます。

•個人メンバーシップ

①月額980円

普通に使うなら1ヶ月980円で利用することができます。

この料金が高いのか、低いのかわからないと思います。なので、後ほど他社の音楽サービスと比較していきます。

②年間9800円

2017/6/20より新プラン!!

年間9800円で一年間利用でき、一ヶ月のに換算すると月額816円

月額980円のプランよりも1960円お得!!

二ヶ月分が無料で使える計算になる!

•ファミリーメンバーシップ

月額1480円

最大6人まで、それぞれのデバイスからAppleMusicのサービスをシェアして利用することができます。

家族2人以上で使えば、個人メンバーシップよりもお得に利用することができます。

•学生メンバーシップ

月額480円

高校生、専門学生、大学生は学生の特別料金でAppleMusicのサービスを利用することができる。

月額の料金を知っただけで、使おうって決めてはいけません。確かにこの流れだと、学生がお得で、さらにファミリーメンバーシップで数人で使えば、もっとお得に使えると感じますが、それではいけません。

まずは、他の音楽サービスとの比較をして、どの程度の価格帯なのかを知ってください。

AppleMusic 料金を比較

国内で人気がある定額制の音楽サービスの料金を比較していきます。

音楽サービス料金
AppleMusic月額980円
Spotify月額980円
LINEMUSIC月額960円
 GooglePlayMusic 月額980円
 AWA 月額960円

どの音楽サービスも比較してみたところ、月額1000円下回っています。

料金の差は、±20円の差で、料金の差はみられませんでした。

では、お金を払いAppleMusicを使う価値とは

やはり、機能面やサービス面が重要になってくる。

曲の数や音楽の傾向、歌詞の表示やオフライン再生など理由はたくさんあるが、それがいかに自分に価値を与えてくれるのか?

それを知らない限り、使う理由も使わない理由もありません。

あなたがお金を払ってまで、AppleMusic使う価値があるのかよく考えてみてください

次に、機能面やサービス面でAppleMusicが優れているところを紹介していく。

AppleMusic 機能とサービス

私が実際にAppleMusicを2年間使ってみて感じた、価値ある機能とサービスを紹介していきます。

私が使い続ける理由でもあります。

AppleMusicの価値ある機能とサービス

•豊富な曲数
•ダウンロード再生
•自分の為の曲を提案
•プレイリストとラジオ
•見やすくおしゃれな画面

私が感じた使い続ける価値とはこの5つです。

•豊富な曲数

AppleMusicの曲数はとっても豊富で、業界トップを誇っています。他社と比較してみましょう。

音楽サービス曲数
AppleMusic3700万曲以上
Spotify 4000万曲以上
LINEMUSIC2400万曲以上
Google Play Music3500万曲以上
AWA3000万曲以上
Amazon Music100万曲以上

国内の人気音楽サービスの曲数を調べて比較しました。

Spotifyは、世界でシェア数No. 1だけあって、曲数は断トツですね。しかし洋楽に強すぎて邦楽の曲数は満足できませんが、、

AppleMusicもSpotifyに負けず、業界トップクラスの曲数を誇っています。

•ダウンロード再生

AppleMusicでは、無数の曲を自分のデバイスにダウンロードすることができます。

電波がなくても、通信制限であっても、音楽を聴くことにストレスを感じてしまうことはありません

一曲単位からアルバム単位、プレイリスト単位までダウンロードの方法があるので、手間がかかりません。

またミュージックビデオもダウンロードして、オフラインで再生することができます。

•自分の為の曲を提案

一番の強みであり、すごい機能がここにあります。

AppleMusicは、自分の好きな曲やアーティストを普通に聴いているだけで、「どんな音楽が好きなのか?」「どんなジャンルをよく聴くのか?」など、あなたの好きな曲の傾向を学習しますAppleMusic 料金

上の画像⬆︎は私がよく聴くアーティストから、おすすめを教えてくれます。

私、オリジナルであって、人それぞれ聴く音楽の傾向からおすすめされる音楽は違います。

いくつもこのように、似ている曲やアーティストを提案してくれます。

国内の音楽サービスをいくつか利用してきましたが、ここまで、精度が高くピンポイントでおすすめされるのは、AppleMusicだけでした。

新しい音楽に出会える楽しみを味わえます。

•プレイリストとラジオ

プレイリストとは、自分の気分今やっていることにあったジャンルを選び、そこからまた数多いプレイリストを選択して、音楽を聴くことができます。

例えば、「エクササイズ」というジャンルから運動する時に聴きたいプレイリストを聴いたり、「リラックス」というジャンルから自分の気分に合うプレイリストを聴くことができます。

他にもこんなプレイリストもあります⬇︎AppleMusic 料金

⬆︎上の画像は、音楽を聴かせることで、なんの音楽か教えてくれるアプリ「Shazam」でのランキングや人気曲のプレイリストです。

このように様々なプレイリストから音楽を発見することができます。

ラジオとは、毎日いつでもリアルタイムで流れているラジオを聴くことができます。

内容は、DJがリアルタイムでプレイする音楽が流れたり、音楽ランキングが流れたりと様々なチャンネルからラジオを聴くことができます。

•見やすくおしゃれな画面

AppleMusicをiPhoneで使うとこのような感じで利用することができます。

•ライブラリ画面

AppleMusic 料金

自分がお気に入りした曲やダウンロードした曲を聴くことができます。

「ダウンロード済み」とわかりやすく教えてくれるのもありがたいです。

•ライブラリ画面からアーティストを選択AppleMusic 料金

アーティストのジャケット写真付きの一覧なので、おしゃれに見やすくなっています。

•ライブラリ画面からアルバムを選択AppleMusic 料金

アルバムもジャケット画像付きで、どのアルバムか見やすく、目的のアルバムを探しやすくなっています。

•アーティスト画面からアーティストを選択AppleMusic 料金

ライブラリ画面からアーティストを選択し、目的のアーティストを選択します。

アルバム単位で曲を見ることができます。

また、現在聴いている曲は、画面の下にバーが表示され、そこから操作することも可能です。

•プレイ画面AppleMusic 料金

現在再生されている曲のプレイ画面です。

全体的にシンプルな色とシステムになってるので、とても使いやすく、かつスタイリッシュでおしゃれです。

AppleMusic 使う価値とは?

以上、5つの機能とサービスをご紹介しました。

•豊富な曲数
•ダウンロード再生
•自分の為の曲を提案
•プレイリストとラジオ
•見やすくおしゃれな画面

これは、私が今までの2年間、AppleMusicを使い続けてきた理由でもあります。

月額980円とは、安いものではなです。

しかし、私は音楽を聴くのが好きで、ストレスなく音楽を楽しみたいって感じているので、お金を払ってでも利用する価値があると思っています。

あなたに、使う価値があるのか?

自分がお気に入りの機能やサービスを見つけ出し、使う価値があるのかないのか、自分で判断することが重要です。

そのために、AppleMusicは3ヶ月の間、無料で体験することができます。

3ヶ月の間なら、お金がかかることは一切なく、最高の音楽体験をすることができます。

自分に合えばそれでいいし、合わなかったなら違う音楽サービスにすればいいです。

無料で使ってみて、自分に価値があるのか、ないのかを知ることで、利用するか決めることができます。

こちらからAppleMusicを3ヶ月無料で利用できます→AppleMusic 無料体験

この記事のまとめ

いかがでしたか?

この記事では、AppleMusicの料金、その料金で利用する価値があるのか?についての内容でした。

一番わかりやすいのは、自分で体験してみることです。

無料で3ヶ月も利用できるので、「自分に使う価値があるのか」を体験して考えてみてください。

スポンサーリンク
次はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする