AppleMusic”曲数と音楽傾向”比較して知ったあなたが使う価値

AppleMusic 曲数

こんにちは。AppleMusic歴2年の成瀬です(@55naruse55)

「AppleMusicって何曲あるの?」「どんな音楽を聴くことができるの?」など

この記事は、AppleMusicで聴ける曲数や音楽のジャンル、傾向について知れる内容です。

サービスを利用する時に、曲数や曲の内容はとても重要な判断材料なので、ぜひ最後まで見ていってもらいたい。

スポンサーリンク

AppleMusic 曲数

国内で主要な定額制の音楽サービスのそれぞれで利用できる曲数を表にまとめました。

音楽サービス曲数
AppleMusic3700万曲以上
Spotify 4000万曲以上
LINEMUSIC2400万曲以上
Google Play Music3500万曲以上
AWA3000万曲以上
Amazon Music100万曲以上

やはり、音楽サービスで人気、シェア数ともに世界No. 1の実力があるSpotifyが頭1つ抜けています。

次に、アップルが放つAppleMusicが追走。

それに続いて、世界のGoogleが提供するGoole Play Musicが僅差で猛追。

この3つの音楽サービスが世界を代表するものだと、曲数からも判断できます。

他社と比較してみると、AppleMusicは業界トップを走る曲数を提供していることがわかる。

しかし、曲数だけでは何も判断できません。

洋楽好きに大評判のSpotifyは、邦楽好きにはお勧めできません。邦楽に力が入っておらず収録内容が薄いからです。

邦楽聴きたいならSpotifyはやめとけって絶対に言います。

それと一緒で、AppleMusicで聴ける曲にも偏りや傾向があるのか、調査してみました。

AppleMusic 音楽ジャンルと傾向

聴ける曲のジャンルや傾向を調査するにあたって、判断基準を設けました。

レコチョクのランキングにある曲やアーティストが、AppleMusicでは聴けるのか?を調査の判断基準にしました。

日本最大級の音楽ダウンロードサイトのレコチョクのランキングは、リアルタイムで、日本人の好みをそのまま映したものになっていると判断したので、この基準を選びました。

*レコチョクランキングと収録情報は2017/04/30のものです

•邦楽 ランキング

まずは、邦楽ランキングベスト7曲です。AppleMusic 曲数

この7曲のうち、AppleMusicで聴ける曲は、、、

•Flower「MOON JELLYFISH」

•ぼくのりりっくのぼうよみ「SKY’s the limit」

•ソナーポケット「一生一瞬」

•超特急「超ネバギバDANCE」

•urata naoya「unlock」

以上、7曲中5曲を聴くことができた

最新曲でありながらも、有名アーティストの曲を聴くことができるAppleMusicは邦楽の収録内容に満足がいくと思われる。

•洋楽 ランキング

次に洋楽のランキングベスト7から調査していく。AppleMusic 曲数

聴ける曲は、、、

•Afrojack「another life」

•メアリー・J.ブライジ「Strength Of A Woman 」

•TLC「way back」

•リア ミシェル「Places」

•ラナ・デル・レイ「Lust For Life」

•レディー・ガガ「The Cure」

•Martin Garrix「The Martin Garrix Collection」

以上、7人のアーティスト中、全て収録されていることが確認できた。

洋楽に関しては邦楽以上に収録内容が厚いものになっている。

:結果:

レコチョクの一部による調査だが、最新曲や人気アーティストを一通りは、揃えてると判断できる。

•邦楽は、人気アーティストや最新曲が揃っていた。しかし、自分が聴きたいアーティストがいるのか、しっかり知る必要がある。

•洋楽は、世界中で利用されているサービスのため、豊富に揃っている。この先の調査は必要ないと思われる。

•曲数をみても膨大な曲数なので、それなりにジャンルや傾向は幅広くなっている。

しかし、AppleMusicは、参加しているレーベル会社を発表していないため、どのアーティストを聴くことができるのかがわからない

洋楽にも邦楽にも強いといっても、自分が聴きたいアーティストがいるのか知る必要がある。

その知る方法とは、、⬇︎

AppleMusicを無料で体験するしかない

曲数や音楽のジャンル、傾向を調べてみても、AppleMusicに関しは全てを正確に判断することができません。

それは、参加しているレーベルやアーティストを公表していないからです。

そのため、ある時はいたアーティストが、いつの間にかいなくなっているという可能性があります。その逆も同じです。

なので、調べて調べて、使おうって思ってから、使うのは時間の無駄です

自分で体験することが一番の近道です。

AppleMusicは、3ヶ月の間、無料で体験することができます。

ある程度の情報がわかったら、無料で自分が体験して、使う価値があるのか、考えてみてください。

こちらから無料体験の登録はできます→AppleMusic無料体験の登録

AppleMusicに関する情報は、たくさん出ていて何が本当で何が最新の情報なのか、自分で調べて、判断しないといけません。

そんなことをしているのは、時間の無駄です。

確かなのは、自分で体験して知ることです。百聞は一見にしかず、ではありませんが、自分が体験することが一番わかりやすく、手っ取り早く、損をしない方法です。

この記事のまとめ

いかがでしたか?

この記事では、AppleMusicの曲数や音楽ジャンルや傾向の調査と価値あるものかを知る方法という内容でした。

私がAppleMusicを使う前は、すごく調べて調べて、でも情報がありすぎて、困惑していました。

確かなのは、お金を毎月払うなんて絶対にあり得ないと言うことです。

それがあるきっかけで、AppleMusicの無料体験をしたのですが、今までの調べていた時間が無駄だったってその時気がつきました。

曲の豊富さや使いやすさ、見た目やそのほかの機能が、自分にすごく合っていて、お金を払う価値があるって思えたのです。

3ヶ月、みっちり無料で体験して、それからAppleMusicは手放すことができません。

あなたも、まずは無料で体験することから始めてみてください。

体験の結果、嫌だったらそのまま退会して終わりです。

自分に価値があるのか?それともないのか?気がついてください。

スポンサーリンク
次はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする