クレカとデビットカードの違いとは?どっちがおすすめ?

デビットカードとは

デビットカードの存在を知っていますか?クレジットカードとは違いますよ!

デビットカードを知らない方もこの記事を読むことで、デビットカードに詳しくなりクレジットカードとの違いを知れます!

この記事は、デビットカードって「なに」を解決していこうと思います!

スポンサーリンク

デビットカードとは

デビットカードとは、クレジットカードの機能を持ちつつも、お支払いはその場で銀行引き落としされるカードのことです。

クレジットカードの仕組みはこちらで解説しています→簡単ですぐわかるクレジットカードの仕組みを解説

「その場で銀行に入っているお金しか使えない」っていうのがポイントですね!

この支払い方法を「即時決済」といいます。

使える場所

デビットカードは、クレジットカード同様に「VISA」や「mastercard」が使える場所で利用することができます!

クレジットカードと同じ場所で使えるんです!

審査

クレジットカードみたいに発行申し込みをしてから審査されることがありません。

審査不要の誰でもすぐに発行することができます!

また年齢制限は、15歳以上(中学生不可)になっているので、クレジットカードを持てない高校生でもデビットカードは持つことができるのです!

クレジットカードの審査を解説→初心者がまず知るべきクレジットカードの審査を解説する

クレジットカードとデビットカード

クレジットカードとデビッドカードの何が違うのか表にまとめてみました!

クレジットカード種類デビットカード
一回、リボ、分割支払い即時決済
あり審査なし
18歳以上年齢制限15歳以上
カードによる限度額指定銀行の残高

この表から分かるように、クレジットカードとデビットカードの主な違いは、「支払い方法」「審査」「年齢」です!

クレジットカードは、お金がなくても限度額以内ならショッピングができてしまいます。

しかしデビットカードは、その場で銀行から直接引き落とされるので銀行に入っている金額しか使うことができません。

デビットカードのメリット•デメリット

次にデビットカードを持つメリットとデメリットを紹介していきます。意外とクレジットカードよりもメリットは多いです!

使い方次第でメリットにもなるしデメリットにもなるデビッドカードを解説そていく!

デビットカードのメリット

  • 審査なし
  • 使いすぎ予防
  • 残高確認が簡単
  • クレジットカードよりも使える?
  • 手数料の節約
  • ブラックリストに載らない

以上6つがデビットカードの最大のメリットです。

審査なし

デビットカードを発行するのに審査が必要ありません。クレジットカードの審査に落ちてしまったかたでも、デビットカードなら持つことができます!

また、高校生でもデビットカードは持てるので、友達に自慢もできちゃいますね!

使いすぎ予防

デビットカードは、指定した銀行に入っている金額しか使うことができません!

クレジットカードは、お金がなくても限度額以内なら何でも支払えます。

ついつい使いすぎてしまう人もデビットカードにすることで使い過ぎを防止することができるのだ!

例えば、、

あなたは、靴と洋服と時計を買おうと思い、ふとお店に立ち寄ります。

くまなく探した結果、自分が気に入ったものがありました。

そして、レジに行きます。

お支払いをするのに、デビットカードを出しました。しかし、こんな言葉をお店の人に言われます。

「こちらのカードは、ご利用になれません」

➡︎これがクレジットカードなら、すぐに買えてしまいます。しかしデビッドカードならふとこの瞬間に使いすぎだって気づきます

支払う分のお金が銀行に入っていないとデビットカードは使えないんです。

使い過ぎの予防になるんですね。

残高確認が簡単

上の例え話で、あなたは恥をかきましたね。

しかし、安心してください。

デビットカードの支払いに指定した銀行口座の残高は、スマホのアプリでささっと確認できてます!

最近、CMでもデビットカードの宣伝や残高確認のアプリの宣伝ってよくやるようになりましたよね。

クレジットカードよりも使える?

これ最初見た時「何のこと?」ってわからなかったと思いますが、実体験の話です。

私が大学生のころ友達4人と海外旅行に行く予定を立てたんです。しかしホテルから飛行機から全てを決めたにも関わらず、「クレジットカード払いだけ」だったんですね。

それで、クレジットカードを持っていた私が「全部立て替えるよ」って言ったのはいいんですけど、学生のクレジットカードでは4人分の旅費を払うほど限度額が高くないんです。

それでクレジットカードでは払えないって知り、頭真っ白ですよ、、

そして焦りに焦って打開策を探してる時、ふと閃いた友達が「デビットカードなら払えんじゃね?」

この瞬間、一気に地獄に落とされてた気持ちが、無理やり天国に引き戻された気分でした。

どういうことか説明すると、

クレジットカードには使える金額に限度があります。これが限度額です。

そしてデビットカードの使える金額は、指定した銀行に入っている金額分です。なので、デビットカードには上限がないっていうことなんです!

そして、クレジットカードが使えるところではデビットカードも同じ扱いになります。

結果、私たちは海外旅行に無事行けたというわけです。

手数料の節約

銀行でお金を引き出すのを忘れてしまっても、デビットカードがあればお金を引き出すのと同じ感覚で使えます!

また、コンビニ払いとか代引きとかの手数料もデビットカードで支払うことで節約することができるんですね!

ブラックリストに載らない

クレジットカードのリボ払いと分割払いの解説で説明しているんですが、クレジットカードの支払いを延滞したり滞納してしまうと、個人信用情報機関という機関に履歴が保存されます。

それが積み重なってしまうと、ブラックリストに載ってしまい、この先クレジットカードの発行やローンを組むことが非常に難しくなります。

しかし、デビットカードはクレジットカードの機能を持ちつつも銀行にある分の金額しか使うことができないので、そう言った心配がありません!

クレジットカードの支払いを毎月しっかり行えばいいだけの話なんですが、、

デビットカードのデメリット

次にデビットカードのデメリットを解説して行きます。

  • その場で銀行から引き落とし
  • 一部使えないところも、、

自分がデビットカードを使っていて感じたのデメリットは2つです。

その場で銀行から引き落とし

デビットカードのメリットで紹介しましたが、これは使う人によってはデメリットでもあります。

本当に今だけお金がなくて、すぐにお金が入る人でも、お金が入るまでデビットカードは使えません!

使い過ぎ防止というメリットでもありますがデメリットでもあるので、使い方をよく考えて発行することがポイントです

一部使えないところも、、

クレジットカードが使える場所のほとんどで使うことができるのですが、高速道路の料金所や一部使えないお店もあります。

なので、デビットカードを使う際はしっかりと確認しておくか使えなくても大丈夫なようにしておくのが一番いいです。

デビットカードの使い方

デビットカードは、ほぼ現金感覚で使うことができます。

デビットカードの使い方として私が一番おすすめな方法があります。

それはエポスカードとデビットカードの組み合わせです!こちらから解説しているのでぜひ一度ご覧ください→持てばお得になるエポスカードをご紹介

おすすな人は?

クレジットカードかデビットカードなのか、どっちがおすすなのか?

クレジットカードがおすすめな人

  • いつでもどんな時でもお支払いしたい人
  • 後払いで楽をしたい人
  • ポイントや特典やステータスなど、付加価値でお得になりたい人
  • 十分なお金を持っている人
  • 使った分はしっかりと支払える人

クレジットカードには、ポイントや特別な割引やステータスなど支払う機能以外にも重要な機能があります。そう言った付加価値を使えることがクレジットカードの醍醐味です。

クレジットカードのメリット、デメリットを解説→クレジットカードを持ってよかった事と悪かった事とは?

デビットカードがおすすめな人

  • 高校生
  • 大学生
  • 社会人の大人

デビットカードは基本的に誰にでもおすすめできます!使うことでのデメリットで自分を追い込むことは一切ありません。ぜひ一枚持っているだけで日常生活が便利になりますよ!

この記事のまとめ

どうだったでしょうか?

デビットカードの仕組みやクレジットカードとの違いは理解できましたか?

これでもうデビットカードを知らない友達に自慢できちゃいますね!

こちらからクレジットカードの選び方も解説しています→初心者でもわかるクレジットカードの選び方を解説!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
次はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする