学生に教えます。「クレジットカードと親」という問題の解決方法

クレジットカードを作ろうと考えているそこのあなた!何歳ですか?

いきなりすみません。今回は、学生がクレジットカードを作る時の「」という問題について話していこうと思います。そして年齢はとても大きな問題なのです。

この記事は、親にクレジットカードを作るのを反対されたり、親の承諾が必要なのか?など「親」について解説していきます。

まずは、クレジットカードのことから知ってみてはいかがですか
クレジットカードの仕組みを解説

スポンサーリンク

クレジットカードが持てる年齢

クレジットカードは、タバコやお酒みたいに「◯◯歳からじゃないとダメです」みたいな決まりはありません。意外ですね。そしてクレジットカード発行会社が年齢制限を設定しているのです。

基本的に、どのクレジットカードも18歳以上で持てます。18歳の高校生は持てません。

18歳以上でクレジットは発行することができます。しかし18歳の高校生は、発行することができません。じゃあ、ここで疑問が浮かんできます。

高校を中退した18歳は?

何らかの理由で高校を中退した高校生は、もう高校生ではないので、クレジットカードを発行することができます。

19歳の高校生は?

留年や学年の引き下げなど何らかの事情があり、19歳で高校生の方でもクレジットカードを作ることはできません。

基本的に クレジットカードは高校生は不可になっています。

親の承諾が必要な年齢

クレジットカードは18歳以上が発行できて、高校生は不可と説明しました。次に親の承認が必要な年齢を説明していきます。

•18歳、19歳

18歳、19歳は、未成年なので親の承諾が必要です。これはクレジットカードだけの話ではなく、未成年の免許の取得やバイトの契約、結婚も親の承諾が必要になります。

未成年がクレジットカードを発行するには親の承諾が必要になる。

➡︎親に内緒で作ることは不可能です

•20歳以上

20歳を超えると「成人した」「立派な大人」と見なされるので、クレジットカードを発行するのに親の承諾は必要ありません。

20歳以上はクレジットカードを発行するのに親の承諾は必要ない

➡︎全て自分で手続きすることができる。

成りすましは禁止

18歳、19歳の方がクレジットカード欲しさあまりに、兄弟姉妹や友達に頼んで親に成りすましてもらい発行しようとします。

①絶対ばれます。やめましょう!

②ブラックリスト行きです。やめましょう!

③親に知られたくないなら、20歳まで待ちましょう!

成りすましは、犯罪です。クレジットカード一枚くらいで犯罪者扱いされたら人生もったいないです。相手は、審査するプロです。絶対にバレるのでやめましょう。それとブラックリストに載ってしまうと今後クレジットカードを作ることはできないでしょう。

成りすましは絶対にダメです。親に相談するか、ハタチまで待ちましょう

➡︎逆に誰かに頼まれたら、このことを伝えてやめさせましょう。

ばれないクレジットカードの利用方法

20歳になり、めでたく親にバレずクレジットカードを作れました。けど、まだ油断していてはいけません。

クレジットカードの明細に注意

クレジットカードは、携帯電話と一緒で1ヶ月単位で支払い金額が確定します。そして支払い金額が確定して支払われるとクレジットカードの明細を確認することができます。

ここで注意です!

クレジットカードの明細は自宅に郵送されます。これでは、せっかる内緒で作っても時間の問題です。

最近は、地球の資源を大切にすることや手間がかかることからWEB明細というものがあります。

クレジットカードを契約する時に、明細は申込者が選ぶことができるようになっているので「郵送」ではなく「WEB明細」に変更することをおすすめします。

親にクレジットカードバレたら

クレジットカードを作ることを親に猛反対されたのに内緒で作ったあげく、バレてしまった。こんな時どうするのか?

•まずは謝りましょう

反対されたのにも関わらず作ってしまった自分が悪いと思い、まずは謝りましょう。そして、

•誠意を見せよう

クレジットカードを反対する理由は、「借金ができること」「お金がなくても購入できること」「気づいたら思わぬ金額まで膨れ上がってた」などクレジットカードが危ないということです。

そこで、家族に対して「自分でしっかりお金の管理をする」「成人したから迷惑はかけません」など自分の誠意見せて、認めてもらうことが大事です。親御さんは、あなたのためを思って反対しています。それをわかってから誠意を見せましょう。

クレジットカードは内緒にしない

「家族にバレたら誠意を見せましょう」って言っときながらですが、一番は内緒にしないことです。

隠し通して持っているのも身が重いし、家族を騙しているという罪悪感にも襲われます。そしてバレたら修羅場の始まりです。内緒で作ってもいいことは、買い物をした時だけです。残りは全て嘘になります。

クレジットカードを本当に持ちたいと思うのなら、内緒で作るのはやめて打ち明けてみましょう。

家族にクレジットカードのいいところをしっかり説明して認めてもらうほうが隠しているよりも断然マシです

➡︎いいところを紹介するには、まず自分がクレジットカードを知ってからです!

この記事のまとめ

  • クレジットカードは、18歳以上で発行することができる。高校生は不可。
  • クレジットカードを発行する18歳、19歳は親を承諾が必要
  • クレジットカードを家族に内緒では作らない!

この記事は、「クレジットカードと親」という問題点を解説しました。

私が初めてクレジットカードを作ろうとした時は、親の承諾が必要だなんて知らなくて、知らないうちに親に電話で確認されていました。案の定、却下されました。お店の人と気まずくなって家に帰ったのを覚えています。結局20歳まで待ちました。

クレジットカードを持つ時は、自分がクレジットカードを知ること、相談することが大切です。

スポンサーリンク
次はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする