映画・ドラマ・アニメ・音楽が30日間無料で楽しめるキャンペーンをmusic.jpが実施!

SEOとは?初心者でもすぐに理解できるわかりやすいSEOって何?

「SEOってなに?」

「SEO対策ってなに?」

「もっとわかりやすくSEOについて知りたい」

こんな思いの方の為に、このページを書きました。

この記事は、初心者でも簡単でわかりやすくSEOについて1から解説していく

スポンサーリンク

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったもので、意味は「検索エンジン最適化」

というのは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した時に、自分のページが上位に表示されるように対策を行う手法のことです。

例えば「洋楽」とGoogleで検索した場合

Googleで「洋楽」と検索するとこのような検索結果になります。よく目にしている光景でしょう。

Google検索結果

この検索結果の画面を解説していくと、、

赤文字の①に「約29,200,000件 (0.43秒)」と記載されています。

これは、「洋楽」と検索した時にヒットしたページ数が約2920万件あるということ

そして、検索結果に出てきたページがここでは5件を表示していますが、上から順に検索順位1位、2位、3位、4位、5位となっています。

要するに、「洋楽」と検索し2920万件あるページの中から一番目、二番目、、、と順位をつけられて検索結果に表示されているということ。

Googleだけでなく、Yahoo!やBingなどの検索エンジンでも同じことが言えます。

このように、SEOに対策されているサイト、ブログを作っていくことで膨大なページ数がある検索ワードであっても上位に表示されるため、必然的に人が集まるブログやサイトを築くことができるのです。

そしてSEO対策とは、内部リンクの最適な設置、カテゴリ分け、パーマリンク、タイトル、見出しなどなど沢山の対策があり、後ほど解説します。

具体的な対策内容は別記事で解説していきます。今回はSEOとはなんなのかに焦点を置いていきます。

ここで覚えておくことは、SEOを知っておくことで自分のページを検索結果の上位に表示できるようになるということ。

検索エンジンとは

検索エンジンってなに?

SEOについて欠かせないのが検索エンジンというもの。

ざっくり言うと検索エンジンとは、ネットで検索する時に使うツールのことです

誰もが知ってるGoogle、日本でのシェアNo. 1のYahoo!、Microsoftが提供するBing、中国の百度などがあります。

iPhoneで使うSafariやGoogleが提供するChromeなどは検索エンジンではないので注意。

そして、日本での検索エンジンのシェアは、Yahoo!が1位でGoogleが2位。日本はこの2つに検索エンジンだけで90%以上のシェアを得ています。

要するに、GoogleとYahoo!の2つの検索エンジンに対応したSEO対策を行えばいいと言うこと。

SEOとは、検索結果の上位に表示させる手法のことです。

そして、その順位をつけているのが検索エンジンのアルゴリズム(仕組み)なので、その検索エンジンのアルゴリズムに適したSEOを行えばいいということです。

しかし、Yahoo!はGoogleと同じ仕組みの検索エンジンを使っているので、Googleで検索してもYahoo!で検索してもほとんど順位に変わりはありません。

結果、Googleに対応したSEO対策を行えば日本での検索結果全てに対応できるということです。

SEOのメリット

SEOメリット

SEO対策を行うことでのメリットを解説していきます。

1. 費用がかからない
2. 一定のアクセス数が得られる
3.コンバージョン率が高い

の3つが挙げられます。

1.費用がかからない

SEO対策をするのに、費用はかかりません。

SEO対策はブログやサイトの構造、構成、内容で対策していきます。

わざわざお金を払って上位に表示させるのではなく、無料で検索結果の上位に掲載することができる。

2.一定のアクセス数が得られる

SEO対策を行い検索結果の上位に掲載されれば、一定期間は一定のアクセスを得ることができます。

一定期間とはGoogleの仕組みが変わることがあるので、順位変動があることです。後ほど解説

一定のアクセスとは、検索キーワードのボリュームによって、変わってきます。

例えば、「洋楽」というキーワードの検索ボリュームはSEO難易度

このように予測されます。

これはこちらのSEO Packsというサイトで検索ボリュームを調べました。

1ヶ月の間に「洋楽」で検索される回数は約15万回

一定数の検索ボリュームがあるので検索結果の上位に表示されれば、一定数のアクセスが得られるということです。

検索結果の上位に表示されていれば、この検索ボリュームが多ければ多いほど、訪問される数は多くなりますが、それほど上位に表示させる難易度は高くなります。

3.コンバージョン率が高い

コンバージョンとは、例えばショッピングサイトなら購入してもらうこと、情報提供サイトなら会員登録をしてもらうこと

など、ブログやサイトによってコンバージョンの意味は異なりますが、要するに最終的な目的ということです

わざわざSafariやChromeを開いて、GoogleやYahoo!で検索して、検索結果から自分が気になったページを選んで訪問してくれるユーザーは、質のいいユーザーです

Twitterを見ていると少し興味があるページを目にしたから訪問してきたユーザーよりもよっぽどそのブログやサイトに興味を持ち、情報に飢えているのです。

そんな質のいいユーザーは運営者からしたら一番のお得意さんであり、最終目的まで進んでくれるであろう大切なユーザーになる

SEOに対応されており、検索結果の上位に表示されているだけで、収益化なり登録数なりの最終目的につながりやすい傾向がある

SEO デメリット

SEOデメリット

1. 効果に時間がかかる
2.アルゴリズムの変更
3.キーワード難易度
4.間違えたSEO対策

の4つが挙げられます。

1. 効果に時間がかかる

SEO対策をする事で検索結果の上位に表示できると何度も言っていますが、それには時間と労力が必要です。

例えば、先ほども紹介したキーワードの難易度を測定してくれるツールで「SEO」と検索すると、、、

キーワード難易度

月間の検索数が約160万件でSEO難易度が80になっている。

要するに「SEO」というキーワードの検索ボリュームは多い。言い換えるなら「SEO」に関するページも膨大にあるとういうこと

需要と供給の市場が大きいと言うことです。

しかし、どんなに需要があっても上位に表示されるのは数ページだけで、残りは埋もれてしまいます。

そして、ブログやサイトをSEO対策したところで効果が出るには時間がかかります。

それは、ブログやサイトにはパワーというものがあり、そのパワーが強くないと上位には表示されません。そしてそのパワーを決めているのはGoogleのアルゴリズム(仕組み)

Googleは、検索するユーザーを一番に考えています。どんなにいい記事を書いてもGoogleに信頼されていなければページは埋もれてしまいます。

パワーを強くするには、良質な記事を定期的に更新していくこと。Googleに信頼されるブログやサイトを一生懸命作り上げないといけない。

他にも沢山の複雑な要素が絡み合っていますが、基本は時間と内容

SEO対策をしても時間がかかるのです。

広告費を出してしまえば、上位表示なんて簡単ですから、SEOは時間と労力が必要なのです。

2.アルゴリズムの変更

ブログやサイトにはパワーというものがあり、そのパワーを決めているのはGoogleのアルゴリズム(仕組み)です。

SEOの大まかな流れとしては、

サイトやブログを時間をかけて作り上げていく→SEO対策がされていく→Googleのアルゴリズムに認められる(パワーが強くなる)→検索結果に上位で表示される

しかし、ここで一番の問題点があります。

それは検索結果の順位を決めているGoogleのアルゴリズムは日々アップデートされるということです。

例えば、2017/10/01に「音楽」というキーワードで1位で表示されていたとしましょう。

2017/10/02にGoogleのアルゴリズムがアップデートされました。

2017/10/03には検索結果の2ページ目まで順位が下がるなんてことが起きてしまう可能性があります。

なので、SEO対策を行うにはGoogleのアルゴリズムのアップデートは要チェックが必要です。

今までGoogleが行ってきたアップデートの内容を見てみるとGoogleの仕組みが見えてくる。ferret : Google の SEO アップデートの歴史

3.キーワード難易度

デメリットの1つ目「時間がかかる」と似たことです。

キーワード1つ1つに検索のボリュームや難易度があります。先ほどの画像でもう一度説明すると、キーワード難易度

「SEO」というキーワードは月間の検索ボリュームが大きくSEO対策は難易度が高いです。

それはSEOに関するページが大量にあるため、時間も労力もすごくかかるということです。

しかし、それを打開する方法があります。

それはこの画像でもわかるのですが、「SEO」というキーワードにさらに「対策」というキーワードを組み合わせることです。

そうすると、ボリュームは減りますが、難易度も減っていることがわかります。

難易度が高いキーワードであっても、複数のキーワードと組み合わせれば難易度が減ります。

「SEO 対策」「SEO メリット」「SEOデメリット」など

このように細かく対策していくことで、最終的に「SEO」というキーワードでも上位が得られるようになるのです。

なので、まず初めにキーワードの難易度を知り、SEO対策を練っていくことが重要だ。

4.間違えたSEO対策

SEO対策にはたくさんの複雑な要素が絡み合っています。

その対策の1つに「被リンクの獲得」というものがあります。

これは、他の誰かのサイトに自分のサイトのリンクを貼ってもらうこと

要するに、他の誰かのサイトを見ているユーザーを自分のサイトに誘導してくれているのです。

Googleは、他のサイトからリンクを得ることはそのサイトがそれほど信頼されているサイトだと認識し、パワーが強くなる仕組みになっています。

しかし、もしこのリンクを貼っているサイトがダメなサイト(著作権侵害、人権侵害、薄い内容、など)であった場合や、不正なリンク獲得であった場合などはSEO対策には効果はありません。

むしろ逆効果でGoogleに嫌われたサイトになってしまい、検索結果の上位獲得は非常に難しいものになるでしょう。

なので、SEO対策はGoogleが気にいる対策をしていくべきなのです。間違ったSEO対策を行うとずっと上位表示は不可能です。GoogleのSEO – SEO HACKS

SEO対策の種類

SEO対策の種類

SEOについては理解できましたか?

一度ざっくりとおさらいすると、GoogleやYahoo!で検索した時に出てくるページの順番はSEOという仕組みで成り立っていて、上位表示を目指す対策をSEO対策という。

今まではSEOの具体的な仕組みについて解説してきましたが、最後にSEO対策の内容について解説していきます。

より、具体的にSEOとはどんなものなのかイメージできると思います。

SEO対策には内部対策と外部対策の2種類があります。この2つの対策を最適に行うことで、検索結果の上位に表示できる可能性が高まるということです。

内部対策

内部対策とは、自分のブログ、サイト内に施す対策のことです。

どんなにいい内容の記事を作っても、内部対策をしっかりと行っていないと、Googleに自分のページをしっかりと伝えることが出来ないのです。

そうなれば、検索順位どころかGoogleにサイトの存在すら認識してもらえない残念な結果になってしまうのです。

なので、内部対策はとても重要なものになります。

主な内部対策として、記事のタイトルには上位表示を狙いたいキーワードを入れることや、段落分けをしっかり行うことなど多種多様な複雑なものになっています

具体的な対策内容は別記事でご紹介していきます。

外部対策

外部対策とは、自分のブログやサイト自身に行う対策ではなく、外部から行う対策になります。

主な内容は、他のブログやサイトからリンクを得ることです。

Googleは外部対策についても検索結果の上位表示に大きな比重を置いています。それは外部からリンクを得ていることはそれほど信頼されるいい内容の記事であるという事になるからです。

そのためには、他人が他人のブログやサイトに自分のブログやサイトのリンクを張りたくなるような記事を作っていかなくてはなりません。

またSNSでのシェア数も外部対策の一つになります。シェアされればされるほど外部対策が強くなっていく。

要するに、外部対策を行うには、他人に認められるような記事、ブログつくりをしていくことです。

SEOとは まとめ

この記事は、SEOについて解説してきました。

SEO対策を行うことで、検索結果の上位にページを表示できる可能性が増えるという事です。

詳しいSEO対策については、別記事でご紹介していきます。

次はこちら



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ダウンロード可能なおすすめ音楽アプリ8選