2022/6/19まで|70年分、総額82万円超えのAmazonギフト券が当たる期間限定キャンペーン

イヤホン・ヘッドホン

【最新】人気の独立型Bluetoothイヤホン5選! 2022年5月

なべ

【2019年1月最新】人気の独立型Bluetoothイヤホン5選!
最新のBluetoothイヤホンを知りたい
おすすめの完全独立型ワイヤレスイヤホンを知りたい

そんな思いを持っているあなたのため

この記事では、【2022年5月最新】人気の独立型Bluetoothイヤホン5選」をご紹介していきます!

 

この5つのBluetoothイヤホンから選べばまず間違いはないでしょう!

では、2022年5月に人気のおすすめBluetoothイヤホンを5つ見ていきましょう!

 

【2022年5月最新】人気の独立型Bluetoothイヤホン5選!

*価格.com、Amazonでのイヤホンランキングをもとにランキングを付けました。

Apple:AirPods

価格.com評価

デザイン:

高音の音質:

低音の音質:

フィット感:

外音遮断性:

音漏れ防止:

携帯性:

価格:17,315円

言わずと知れた、Appleがリリースしている完全独立型のBluetoothイヤホンの「AirPods」

・一度Bluetooth接続をすれば、充電ケースから取り出すだけで自動でBluetoothに接続

・耳に着けると自動で再生、外すと自動で停止

・イヤホンをダブルタップでSiriの起動

・再生、停止、スキップなどの操作もイヤホンをタップすればOK

・マイクが搭載されているので通話もOK

・フル充電で5時間、充電ケースを使えば24時間以上使える

 

Apple製品との相性が特によく、最近のBluetoothイヤホンの中では特に人気を集めている。

音質、操作性、携帯性の質がとてもよく、Bluetoothイヤホンで欲しい機能がすべてつまっている。

「耳からうどんが出ている」と言われるのはもう時代遅れ。

これからは「AirPods」のような独立型のBluetoothイヤホンが主流になっていくだろう

スポーツ選手が装着していることでも大きな話題となっている。

Amazonで見てみる

 

AKIKI:Bluetooth イヤホン

Amazon評価

価格:6,680円

Amazonで爆発的な人気を集めているのが、このBluetoothイヤホン

・完全独立型のBluetoothイヤホン

・タッチ操作搭載で、音楽の再生、停止、スキップ、通話、Siriの起動などの操作が可能

・IPX7完全防水なので、雨も汗も水濡れも気にする必要はない

・ケースから取り出すだけで自動接続、ケースに戻せば接続オフに

・イヤホンケースはスマホの充電もできる

・マイク搭載なので通話が可能

・6ヶ月保障サポート付

・Amazonベストセラー1位を獲得

 

AKIKIは、Amazonでイヤホンをリリースしているメーカーです。

Bluetoothイヤホンで欲しい機能がすべてつまっていて、6680円の低価格で購入できることから多くの人気を集めている。

⇒ Amazonで見てみる

 

Bose:SoundSport Free wireless headphones

価格.com評価

デザイン:

高音の音質:

低音の音質:

フィット感:

外音遮断性:

音漏れ防止:

携帯性:

価格:24,799円

イヤホンやスピーカーで有名なBoseがリリースしているBluetoothイヤホンです。

・完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン

・StayHear+ Sportチップは軽量で外れにくいデザイン。長時間の使用でも快適にフィット

・IPX4防滴仕様

・Bose Connectアプリで紛失した場所を特定

・1回の充電で最大5時間の連続再生

・ケースを使えば2回分の充電が可能。約10時間再生。

・デュアルマイク搭載で騒がしい場所でもクリアに通話

・ヘッドホンから曲の再生、一時停止、SiriやGoogle Assistantへのアクセスが可能。

 

Boseがリリースしているこのイヤホンはスポーツをする時におすすめのイヤホンだ。

完全独立型のBluetoothイヤホンなので、コードが邪魔にならない。

また、防水なので雨や汗で壊れる心配もなく、万が一噴出しても専用アプリで居場所を特定することができるので安心して使える。

マイク、曲の操作などBluetoothイヤホンで欲しい機能は詰まっておりながら、なんといっても音の質がいいことがポイントだ。

運動に没頭するための最高の音質はこのイヤホンで決まり。

Amazonで見てみる

 

ゼンハイザー:MOMENTUM True Wireless M3IETW

価格.com評価

デザイン:

高音の音質:

低音の音質:

フィット感:

外音遮断性:

音漏れ防止:

携帯性:

価格:35,027円

イヤホンやヘッドホン、マイク、航空機用のヘッドホンなどを手掛けるゼンハイザーがリリースしているBluetoothイヤホンです。

・完全独立型のBluetooth 5.0対応

・iPhone、Androidともに最高品質の音が出せるコーデックを搭載(SBC,apt-X,apt-X LL,AAC)

・付属ケースで充電し約12時間の音楽再生(本体のみ4時間)

・ケースから取り出しで接続ON、戻せばOFFに

・タッチコントロールで音楽、電話、音声アシスタントを操作可能

・国内正規品保証2年間

 

高級イヤホンの位置づけとなる35,000円と高価なBluetoothイヤホンだが、その性能に満足いかないことはないだろう。

性能、音質ともにBluetoothイヤホンの中ではトップクラスになる。

欲しい機能も詰まっているので、音楽体験にストレスを感じることはない。

Amazonで見てみる

 

SONY:WF-SP900

価格.com評価

デザイン:

高音の音質:

低音の音質:

フィット感:

外音遮断性:

音漏れ防止:

携帯性:

価格:23,562円

ソニーがリリースしている完全独立型のBluetoothイヤホンです。

・防水・防塵性能あり。

・低遅延を実現

・4GBのメモリーを搭載しヘッドホン本体だけで約920曲視聴可能

・ヘッドホン内のマイクロホンで、環境音や人の声を取り込む機能を搭載

・イヤーピース装着位置の調節が可能。より個人にあった装着感を実現

 

最大の特徴は、イヤホンに4GBの容量があることだ。

これがあることでイヤホン単体で音楽を視聴することができるので、わざわざBluetooth接続する必要もない。

Bluetooth接続で音楽や動画を聴くことも可能だ。

また、低遅延を実現しているので、映像と音のずれがない。動画やゲームをより快適に楽しむことができる!

Amazonで見てみる

 

当サイトおすすめのBluetoothイヤホンを5つまとめてみました!

⇒ 安い~高いの価格別!おすすめのBluetoothイヤホン9選

 

Amazonで人気を集めているアンカーがリリースしたBluetoothイヤホンは傑作です!

⇒ アンカーのBluetoothイヤホン(Soundcore Liberty Air)を評価

- イヤホン・ヘッドホン

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事