プライム会員限定!アマゾンミュージックの無料体験で音楽を聴けば500ポイントゲット!

クレジットカード”何枚”持つべき?初心者は

まず初めに、一体何枚のクレジットカードを持つべきなのか?気になっているあなたにお答えします。

この記事は、「何枚のクレジットカードを持つべきなのか」に焦点を当てて解説していきます。

クレジットカードの仕組みをまずは知りましょう。→クレジットカードの仕組みを解説

スポンサーリンク

何枚のクレジットカードを持つべきか?

クレジットカードは2枚か3枚持っておこう➡︎私の答えです。

クレジットカードは最低で2枚、最高でも3枚持つことをおすすめします。1つずつ説明します。

クレジットカード2枚の場合、1枚目はメインカード、2枚目は緊急用サブカード

クレジットカード3枚の場合、 1枚目はメインカード、2枚目はメインカードのサブ、3枚目は緊急用サブカード

私は、2枚か3枚に分けて使うことをおすすめします。どうしてそうなるのか後ほど解説します。

基本的に緊急用のサブカードは、家で保管しておく予備です。なにか緊急の用がない限り使わないようにします

その前に、もしクレジットカードを持つことに反対された?
親にクレジットカードを反対された時の対処方法

2枚と3枚のクレジットカード

クレジットカードは2枚か3枚で十分だと私は思っています。また3枚以内で使い回せるようにしておくとクレジットカード本来の強みを最大限いかすことができます。

まず1枚目は、自分がメインとして使うカードを選びます。

クレジットカードってどうやって選ぶの?選び方を1から解説したのでまずはこちらから知ってもらいたい。
クレジットカードの選び方

自分がどうしてクレジットカードを持つのか、その理由が1つだけの場合、クレジットカードは2枚になります。

例えば、自分が重要視することは、「ポイントの獲得」だとすると、

①1枚目のメインカードはポイント獲得を重要視しているクレジットカードを選びます。

②2枚目は緊急用のクレジットカードです。1枚目を紛失してしまった時など緊急用として保管します。

2枚目の選び方は、1枚目と同様なカードで十分です。

自分が重要視するものが1つであるなら、それをメインに使って、2枚目はサブカードとして持っておきます。

ポイント重視のクレジットカードは、こちらで解説しています。→ポイント還元率最強のクレジットカード

自分が重要視するものが2つある場合は3枚になります

例えば、重要視することは、「ポイントの獲得」と「ステータス」だとします。

①一番重要視するもの(ポイント)でまずは1枚目を作成する。

②次に重要視するもの(ステータス)で2枚目を作成する。

③緊急用として発行が簡単な年会費無料のカードを作成する。

自分が重要視するものが2つある場合は、それぞれ特化したクレジットカードと緊急用サブカードの3枚になります。

クレジットカードは、4枚になるとクレジットカードそのものの機能の被りや管理が大変になるので最高3枚で十分です

2枚と3枚の違いと特徴

Q.どうして緊急用が必要なのか?
→A.メインカードにトラブルがあった時にすぐに対応するためです。基本的にメインカードだけを使います。

Q.2枚のメリットは?
→A.基本的にメインカードだけを使っていくので、管理が楽、ポイントがまとまる、支払いやすいです。

Q.3枚のメリットは?
→それぞれ特化したもので使い分けることができるので各クレジットカードの強みを最大限いかせる。

Q.2枚のデメリットは?
→A.基本的にメインカードだけなので各クレジットカードを最大限いかしきれない。

Q.3枚のデメリットは?
→A.ポイントの分散。管理するものが1つ多い。

このように2枚持つのと3枚持つのとでは、メリット、デメリットは変わってきます。

基本的にサブカードは、家で保管しておくので財布に入れるのはそれぞれ1枚か2枚です。

1枚目のクレジットカードの選び方を解説しています→1枚目のクレジットカード選ぶのにはある法則がある

クレジットカードを2枚にする人

•カードを作ろう

①まずは、自分が重要視するものは選んでください。それが決まったら、あとはその重要視したものに特化したクレジットカードを発行します。

②緊急用のサブカードは、急いで作らなくて大丈夫です。1枚目使ってみて慣れてきたらにしましょう。途中で重要視するものが変わるかもしれないので

•カードの使い方

基本的にメインカードだけを使って支払いをしていきます。

限度額や支払い金額を考えて使うこと

おすすめは?

メインカードを「ステータス」重視のカードにすること。サブカードは発行が簡単で年会費無料のカードにする。

このモデルは、将来ステータスになるカードをメインカードとして使い続けることで「信用」や「地位」を積み重ねていきます。

クレジットカードを3枚にする人

•カードの作ろう

①まずは、自分が一番重要だと思うクレジットカードの機能に特化したカードを発行しよう。

②次に重要だと思うものがすぐに必要ならすぐ発行する。例えば海外で使いたい場合など。様子を見れるなら焦ることはない。

③1枚目、2枚目ともに安定してきたらサブカードを考えてみよう。2枚メインカードがある場合は、サブカードは焦ることはないです。しかしもしものことがあると困るのでしっかり家で保管しておきましょう。

•カードの使い方

基本は、特化した部分にカードを使用することです。海外に特化しているなら海外で使うし、ポイントなら月々の支払いを払ったりします。

クレジットカードの使用状況などをしっかり管理すること

•おすすめは?

モデルは、1枚目に「ステータス」、2枚目に「ポイント」、サブカードは、なんでもいいです。

ステータスカードは、ステータスのためだけに使い、ポイントが欲しいところはポイント特化カードで支払います。サブカードは緊急用なので、発行は楽なものでいいでしょう。

ポイントやステータスだけでなく、「優待、特典」を重視したクレジットカードはこちらで紹介しています。→優待、特典で最強クラスのクレジットカードをご紹介

この記事のまとめ

  • 自分がクレジットカードに何を求めるのか知ること
  • カードは、2枚か3枚目でうまく使いまわすこと
  • カードの管理は、厳重に行う

この記事は、「クレジットカードを何枚持つべきなのか」について説明いたしました。私は、学生の時から何枚も持っていましたが、管理がめんどうなことと使いすぎになりかねないので、最高でも3枚にしておきましょう。

次はこちら



スポンサーリンク

フォローする

ダウンロード可能なおすすめ音楽アプリ8選