プライム会員限定!アマゾンミュージックの無料体験で音楽を聴けば500ポイントゲット!

リボ払いと分割払いの計算法”本当に使う意味があるのか?”

リボ払いって結局どのくらい利息がとられてるの?分割払いの手数料どうやって計算するの?まず、金利とか利息ってなに?意味がわからない。

でも、、わからないで終わらせたら損しますよ!

この記事は、クレジットカードを持つときに知っておかなきゃいけない「手数料」について紐解いていこうと思う!

スポンサーリンク

利子?利息?金利?ってなに!!

こんな例え話があったとしましょう。

A君は、パソコンを買うため10万円をB社から借りました。返済は月1万円の支払いです。B社の金利は15%です。

お金を借りたら、借りた分とは別に利息を払わないといけません。
A君は借りた10万円とは別にお金を返さないといけません
これを利息と言い、いわゆるレンタル料のことです。

借りた分とは別に返すお金(レンタル料)(利息)を計算するために用いるのが、金利です。
→A君は15%の金利利息を返します。

•利子=利子です。

リボ払いを計算する

リボ払いの金利は年率で考えます。

年率とは、金利15%の場合。1年間で15%の金利がかかりますということです。
1ヶ月目・・・1.25%
2ヶ月目・・・2.5%
3ヶ月目・・・3.75%
4ヶ月目・・・5.0%
半年目・・・・7.5%
1年目・・・・15.0%

2万円のものを1万円のリボ払いの場合(金利15%)
•1ヶ月目
1万円×(1.25%)=125円(利息) →1万125円の支払い
•2ヶ月目
1万円×(2.5%)=250円(利息)→1万円250円の支払い
利息合計→375円の利息です(金利15%)

例えば、A君は、10万円のパソコンをリボ払いで買いました。返済は月1万円のリボ払いです。カード会社の金利は15%です。

これは、JCBのホームページでA君の支払いをシミュレーションしたものです。

リボ払い計算

利息(手数料)の合計は、6807円となります。

10万円のパソコンを買うのこの6807円の利息を払えますか?

6800円あれば、2回は飲み会に行けますよね。そう考えるのか、2回我慢すればパソコンが買えると考えるのか人それぞれですが、リボ払いが一番怖いところはここからです。

リボ払い、恐ろしい

先ほどのA君のパソコンの話です。あれは、パソコンを買ってから返済が終わるまで一度もクレジットカードを使わなかった時の話です。

もし返済している間にクレジットカードをリボ払いで使ってしまったら話は別

もし、返済している途中でリボ払いを使ってしまうと支払いの残高が増えます。支払う金額が増えます。

そうなることで、支払い完了までの期間が長くなります。

→結果、利息を払い続ける始末になる。

それの繰り返しをしていると、いつまでたってもリボ地獄です。利息を払い続け、支払い金額は減らない負のスパイラルに陥ってしまいます。

リボ払いの攻略

  1. なるべくリボ払いは使わない!
  2. 1つのリボ払いが支払い終わるまで、次にリボ払いを使わないこと!
  3. リボ払いを使ってしまっていたら、今すぐカードを家に封印し返済計画を立てること!

リボ払いはすぐに返済してしまえば影響は出ないが、溜め込んでしまうと抜け出せないリボ地獄に陥ってしまう。よーく考えてリボ払いは利用しよう。

分割払いの利息の計画

分割払いとは、10万のパソコンを5回に分けて払う。2回に分けて払う。と言ったように数回に分けて支払う方法のことを言う。

5回払いの場合、2万円ずつの支払いを5回行います。

1回払い、2回払いに利息はかかりません。

分割払いの計画の仕方は、「利用料金×100円あたりの手数料÷100円」=分割払いの利息

この「100円あたりの手数料」とは、カード会社によって定めている料金が違います。

例えば[box style=”grey”]A君は、パソコンを買うため10万円を5回の分割払いで買いました。[/box]分割払いの手数料

これは、「セディナカード」の場合の手数料一覧になります。

もしA君がセディナカードでパソコンを買っていたらこのような計算になります。

10万円×3.40÷100円=3400円となります。

これが5回払いなので、10万÷5=2万円

それに利息がつくので、1ヶ月は2万3400円の支払いとなります。

利息分は、3400円×5=17000円です。

リボ払いよりも使い方を間違えると恐ろしいものになりかねないのが分割払いです。

分割払いの攻略

分割払いは、1回払い、2回払いは手数料がかからない。極力、2回払いで済ませておくようにする。

36回払いだと破滅的な利息額になるので、絶対にそんな分割払いはしてはいけない。

リボ払いで支払うよりも3回払いや5回払いで支払った方が安く済むならそちらを選ぶ。

この記事のまとめ

  • リボ払いの計算方法
  • リボ払いは、極力使わない。
  • リボ払いを使ってもすぐに返済しきる
  • リボ地獄に陥らないよう返済計画を立てる
  • 分割払いの計算方法
  • 分割払いは、できれば2回払いでやめておく

この記事は、利息や金利などのややこしい単語の解説とリボ払いの計算、分割払いの計算をご紹介しました。

クレジットカードを作る前でも使う前でもいいのでぜひクレジットカードの知識や仕組みは知ってもらいたいと思います。

私は、大学生の時に無知のままクレジットカードを利用していました。そのおかげで、「カード5枚上限maxリボ払い」が今でも残っています。利息にいくら使ったのかなんて計算したら泣けてきます。

同じ過ちを同じ大学生にして欲しくなくこの記事を作成しました。お役に立てると嬉しく思います。

クレジットカードの仕組みについてもぜひ知ってもらいたいので読んでみてください。→あなたにクレジットカードとは何かを語る

次はこちら



スポンサーリンク

フォローする

ダウンロード可能なおすすめ音楽アプリ8選