映画・ドラマ・アニメ・音楽が30日間無料で楽しめるキャンペーンをmusic.jpが実施!

2枚目のクレジットカードは1枚目で決まる

2枚目のクレジットカード

2枚目に新しくクレジットカードを作りたいなって考えていますか?

「1枚目のクレジットカードには満足しているが、もう少しクレジットカードの幅をきかせたい!」

「もっとお得にクレジットカードを使いたい」

この記事は、2枚目のクレジットカードをどう選んでいくのか?選び方や2枚目におすすめなクレジットカードをレクチャーしていきます!

1枚目のクレジットカードは選びましたか?→初心者におすすめな1枚目のクレジットカードの選び方をレクチャー

スポンサーリンク

結論

最初に言ってしまうと、クレジットカードは2枚ある方が便利にお得に利用できます!

1枚だとうまくカードの良さを活かしきれていない。しかし3枚だと機能が分散してしまい活かしきれていない。

➡︎結果、2枚がちょうどいいんです!!

以下は、2枚の選び方をレクチャーしていきます

2枚目のクレジットカードとは?

2枚目のクレジットカードとは、1枚目のメインとして使っているクレジットカードとは別に利用するサブカードです。

基本は、メインカードを使っていきます。

クレジットカードを何枚持つべきなのか解説しています→何枚のクレジットカードを持つのがおすすめなのか?

2枚目のクレジットカードの選び方

2枚目のクレジットカードは、自分が1枚目のクレジットカードになんの機能を求めたかによって選び方が変わっていきます。

1枚目のクレジットカード選びで説明した通り、1枚目に選ぶカードには優先するべき基準があります。それがこちらです。

ステータス>ポイント=特典、優待>海外>>その他

詳しくはこちらから解説しています→1枚目のクレジットカードを選ぶある法則を解説

1枚目のクレジットカード同様に2枚目のクレジットカードにも優先すべき基準があります。

それは、2枚目のクレジットカードは、1枚目のクレジットカードで活かしきれていない機能を補う目的で選んでいくためです。

2枚目のクレジットカードの法則とは

2枚目のクレジットカード選びにもある法則があります。それがこちらです!

1枚目にはない特化した機能を持つカードを1枚目の法則よりも下のもので選ぶ

1枚目の法則がこちらです

ステータス>ポイント=特典、優待>海外>>その他

例えば、ステータスを1枚目に選んだ場合は、2枚目にステータスより下になるの「ポイント」「特典」「海外」「その他」から選んでいきます。

例えば、ポイント性を1枚目に選んだ場合は、1枚目の時点でステータスは必要ないとしているため「特典」「海外」「その他」から選んでいきます。

例えば、海外に特化したカードを1枚目に選んでいる場合は、1枚目の時点でステータス性もポイント性も特典にも必要性がないと感じているためその他の基準から選んでいきます。

基準とはこちらで解説しています→クレジットカードを選ぶ10の基準を解説

それはなぜなのか?

1枚目の法則は優先順位が低くなるほど使い方が限定されていきます

ステータス性は海外でも使えるしポイントも貯まるし、特典だってあります。

ポイント性は海外で使えるし特典もあります。しかしステータス性はありません。特典性も同様です。

海外に特化したカードは、「海外で使うこと」が前提になってくるため、使える幅がほとんど限定されています。

[box style=”tip”]1枚目のクレジットカードにはない機能やより特化した機能を2枚にすることで各々の良さをより活かした使い方をすることができるためこの法則になります。[/box]

2枚目のクレジットカードを選ぼう

1枚目に何を選んだかで2枚目をどう選んでいくのか解説していきます!

1枚目にステータス性を選んだ場合

ステータス性のあるクレジットカードは、基本的に色々な機能があります。ポイントも貯まるし、海外保険も完備されています。

➡︎ステータスが1枚目の場合は、そのカードにないものを知ってから2枚目を選びます。

ステータス性のカードを解説しています→ステータスのあるおすすめクレジットカード

ポイント重視のクレジットカードはこちらから→ポイント還元率最強のクレジットカードをご紹介

特典、優待を重視するクレジットカードはこちらから→特典数、優待数が豊富すぎるお得感満載クレジットカードをご紹介

海外に特化したクレジットカードはこちらから→海外行くのに必須なクレジットカードをご紹介

1枚目にポイントを選んだ場合

1枚目の時点でステータスを必要としていないため、1枚目の法則でポイント以下になる、「特典」か「海外」で選んでいきます。

➡︎ポイントを効率よく貯めつつも、特典ある2枚目カードでお得に使う場合が想定できる。また海外で使うことで得られる特別なサービスと併用しても効率的に使いこなせることもできる!

特典、優待を重視するクレジットカードはこちらから→特典数、優待数が豊富すぎるお得感満載クレジットカードをご紹介

海外に特化したクレジットカードはこちらから→海外行くのに必須なクレジットカードをご紹介

1枚目に特典、優待を選んだ場合、

ステータス性は1枚目で除外されているため、「ポイント」「海外」で選んでいく。

➡︎特典や優待で特別な割引やサービスを得つつも、ポイントを貯めるための2枚目や海外に特化した特別なサービスがある2枚目で分けることで、効率的に使いこなせる

ポイント重視のクレジットカードはこちらから→ポイント還元率最強のクレジットカードをご紹介

海外に特化したクレジットカードはこちらから→海外行くのに必須なクレジットカードをご紹介

1枚目に海外を選んだ場合

1枚目の時点で「ステータス」「ポイント」「特典」は除外されている。

➡︎日本ではクレジットカードを使う機会がないと伺えるため2枚目は、本当に必要あるのかしっかり考えよう。

クレジットカードは必要なのか?→クレジットカードが必要な3つの理由と1つの穴

2枚目に例外はある

選び方に法則性があると解説しているが、当然例外があります。

例えば、、

「1枚目のクレジットカードは海外旅行に行くから作ったけど、2枚目のクレジットカードは日本で使うことが多いからポイントを重要視したい」っていう場合など

例えば、、「1枚目はポイントを重視したが、やっぱりステータス性がほしい!」っていう場合など

などなど例外はいくらでもあります。

しかし、全然大丈夫です!いくらでも修正はききます。

その場合は、1枚目の法則で優先順位が高いものからまた選べばいいです。

1枚目の法則性ステータス>ポイント=特典、優待>海外>>その他

そうすることで、1枚目に作ったクレジットカードを2枚目のサブカードに回し、2枚目に作ったカードを1枚目のメインカードに交換することができます。

[box style=”tip”]1枚目に海外特化のクレジットカードを選んだ場合、2枚目にポイントを重視したいとなったなら、ポイントを1枚目であるべきメインカードにして、海外特典カードを2枚目であるべきサブカードにすれば解決です![/box]➡︎異なった特徴のクレジットカードが2枚あることが重要です

クレジットカードは、2枚持ちがいい

今まで、変な法則が出てきたり、こうしたほうがいいとか解説しているが結局何が言いたいか?というと、、、、

クレジットカードは2枚持ちで十分だということ!!

それぞれ違った特徴のクレジットカードが2枚あれば、お互いがお互いにいいところをカバーできるためお得に便利に活用できます!

3枚になると、機能が分散してしまいお得感が薄れるので2枚が一番ベストなんです!!

クレジットカードのモデル例

実際に2枚のクレジットカードを持ったらどのようになるのかモデル例を解説していこうと思う。

例1

•1枚目のメインカードは、三井住友VISAデビュープラスカード(ステータス)

•2枚目のサブカードは、楽天カード(ポイント)

この場合、ステータス性がある三井住友VISAデビュープラスカードは、レストランやショッピングなど少しリッチな時に使い、楽天カードは携帯代や生活費など日常的な支払いに使います。

➡︎ステータス性を出しながらも、ポイントは毎月貯めていきます。

26歳になると三井住友VISAデビュープラスカードがゴールドカードになるので、ステータス性をさらに持つことができる。

例2

•1枚目のメインカードは、楽天カード(ポイント)

•2枚目のサブカードは、ライフカード(海外)

この場合は、日常の全ての支払いを楽天カードで済ませて、海外に旅行にいく時だけライフカードを使う。また自分の誕生月の1か月の間はライフカードを使うことでポイントが5倍になる

➡︎楽天カードでポイントをガンガン貯めつつも、海外ではライフカードを使うことで、使った金額の5%キャッシュバックされてお得になる。ライフカードは自分の誕生月の1か月の間はポイント5倍の超高還元率なので、ポイントもザクザクたまる。

例3

•1枚目のメインカードは、セゾンブルーアメックス(ステータス)

•2枚目のサブカードは、エポスカード(特典、優待)

この場合は、セゾンブルーアメックスは、ステータス性がありつつも海外に特化したサービスが手厚くなっているため、海外専用にする。エポスカードは、特典や優待を駆使して特別な割引やサービスでお得に利用できる。

➡︎ステータス性があり海外にも強いアメックスと特典と優待に強いエポスカードで、豊富なお得サービスや手厚いサポートを得て効率的に活用することができる。

例4

•1枚目のメインカードは、楽天カード(ポイント)

•2枚目のサブカードは、エポスカード(特典、優待)

この場合、支払いは全て楽天カードで済ませることでポイントがガンガンたまる。利用するお店や施設によって得られる特別な割引やサービスをエポスカードから受けることでお得になる。

➡︎ポイントを貯めつつも、さらに安くお得に効率的に活用することができる。

こんな感じで、異なる特徴を持ったクレジットカードが2枚あれば、お得に便利にそして有効的にクレジットカードを利用することができるのです!!

➡︎3枚で使い回しに利用していくと特徴が分散しすぎてしまうため、有効的とは言えないくらいお得にも便利にもならなくなってします。

この記事のまとめ

  • クレジットカードは異なる特徴を持ったカードを2枚持つことで有効的に利用することができる!
  • クレジットカード3枚で使い回しにしない。

クレジットカード2枚あれば、幅広く対応できて、さらにお得に便利になることがわかりましたか?

違う特徴を持ったカードを2枚というのがポイントですね!

3枚目作ろうと考えている人は、緊急の予備カードにしておきましょう!

この記事をきっかけにいいクレジットカードを選べると嬉しいです!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

次はこちら



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ダウンロード可能なおすすめ音楽アプリ8選