Apple Music おすすめ

DJ・EDM

世界で稼ぐDJランキング2018を発表!1位は6年連続の大富豪DJだ


世界で稼ぐDJランキング2018を発表!1位は6年連続の大富豪DJだ

毎年恒例となっている「世界で最も稼いでいるDJランキング

Forbesは、2018年の世界で最も稼いでいるDJランキングを発表しましたので、

この記事では「世界で最も稼いでいるDJランキング2018」をご紹介していきます!!

 

世界で最も稼いでいるDJランキング 2018

10位:Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)

年収:1300万ドル(約14億6千万円)

Martin Garrixさん(@martingarrix)がシェアした投稿 -

2017年:9位(-1) 1950万ドル(約21億円)(-650万ドル)

去年よりも1つランクダウンしたオランダ出身のDJ・音楽プロデューサー、Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)

韓国 平昌オリンピック2018の閉会式に登場して話題となった

昨年より年収はおちていますが、DJランキング「DJ MAG TOP 100」のほうでは3連覇がかかっている!!

 

9位:Kaskade(カスケイド)

年収:1350万ドル(約15億円)

@kaskadeがシェアした投稿 -

2017年:ランキング外

昨年はランク外だったアメリカ出身のDJ・音楽プロデューサー、Kaskade(カスケイド)が9位にランクイン!!

 

8位:David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)

年収:1500万ドル(約17億円)

David Guettaさん(@davidguetta)がシェアした投稿 -

2017年:7位(-1) 2500万ドル(約27億円)(-1000万ドル)

昨年より1つランクを落としたフランス出身のDJ・音楽プロデューサー、David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)

年収も大幅に減少した。

 

7位:Diplo(ディプロ)

年収:2000万ドル(約23億円)

diploさん(@diplo)がシェアした投稿 -

2017年:6位(-1) 2850万ドル(約31億円)(-850万ドル)

去年よりも1つランクを下げたアメリカ出身のDJ・音楽プロデューサー、Diplo(ディプロ)

年収も850万ドル(約9億円)と大幅に減少した。

 

6位:Zedd(ゼッド)

年収:2200万ドル(約25億円)

Zeddさん(@zedd)がシェアした投稿 -

2017年:10位(+4) 1900万ドル(約20億円)(+300万ドル)

今回一番ランクアップしたのがロシア出身のDJ・音楽プロデューサー、Zedd(ゼッド)

5年前の2013年の年収は350万ドル(約4億円)だったが、今では年間2200万ドル(約25億円)を稼ぐDJへと成長と遂げた!

 

5位:Marshmello(マシュメロ)

年収:2300万ドル(約26億円)

2017年:8位(+3) 2100万ドル(約23億円)(+200万ドル)

覆面マシュマロDJは、去年よりもランクを伸ばしてきた

Youtubeに投稿しいるゲーム実況や料理動画も人気を集めている!

 

4位:Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)

年収:2800万ドル(約31億円)

Steve Aokiさん(@steveaoki)がシェアした投稿 -

2017年:5位(+1) 2950万ドル(約32億円)(-150万ドル)

日系アメリカ人DJ・音楽プロデューサー、Steve Aoki(スティーブ・アオキ)が1つランクを上げた

Steve Aokiは、年間200ものステージに立っており、DJの年収ランキングは常連だ!

 

3位:Tiësto(ティエスト)

年収:3300万ドル(約37億円)

Tiëstoさん(@tiesto)がシェアした投稿 -

2017年:2位(-1) 3900万ドル(約43億円)(-600万ドル)

1つランクを落としたベテランDJ・音楽プロデューサー、オランダ出身のTiësto(ティエスト)

DJ界を長年けん引しているベテランがいまだにランクインしていること自体が伝説であろう。

 

2位:The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)

年収:4550万ドル(約51億円)

2017年:3位(+1) 3800万ドル(約42億円)(+750万ドル)

去年から1つランクアップのアメリカの2人組DJ・音楽プロデューサーのThe Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)

ワールドツアー、大型EDMフェスへの参加が大きな要因となっているだろう

また、日本での単独初公演も成功させている

The Chainsmokersの成長ぶりは近年類を見ないほど、爆発的に人気を上げている!

 

1位:Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)

年収:4800万ドル(約54億円)

Calvin Harrisさん(@calvinharris)がシェアした投稿 -

2017年:1位(±0) 4850万ドル(約53億円)(-50万ドル)

やはり強かった。

6年連続1位にランクインしたスコットランド出身のDJ・音楽プロデューサー、Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)

カルヴィン・ハリスは、ラスベガスで一夜DJとして出演するだけで、約4000万円ほど稼いでいる。

世界で最も稼いでいるDJ 2018は、Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)でした!!

めちゃめちゃ大金持ちですね。

 

2018年 vs 2017年 DJの収入ランキング

↓2018年の稼いでるDJランキング↓

1位:Calvin Harris:4800万ドル
2位:The Chainsmokers:4550万ドル
3位:Tiësto:3300万ドル
4位:Steve Aoki:2800万ドル
5位:Marshmello:2300万ドル
6位:Zedd:2200万ドル
7位:Diplo:2000万ドル
8位:David Guetta:1500万ドル
9位:Kaskade:1350万ドル
10位:Martin Garrix:1300万ドル

 

↓2017年の稼いでるDJランキング↓

1位:Calvin Harris:4850万ドル
2位:Tiesto:3900万ドル
3位:The Chainsmokers:3800万ドル
4位:Skrillex:3000万ドル
5位:Steve Aoki:2950万ドル
6位:Diplo :2850万ドル
7位:David Guetta:2500万ドル
8位:Marshmello:2100万ドル
9位:Martin Garrix:1950万ドル
10位:Zedd:1900万ドル

2018年と2017年を比べてみると、

2018年はランキングに入った10人のDJの年収を足すと、2億6100万ドル(約300億円)で、

2017年は2億9800万ドル(335億円)でした。

全体的に見て、DJの収入は減少気味であることがわかります。

2017年の世界の稼ぐDJランキングは次の記事です
→ DJの稼ぎランキング2017!初登場が2組!53億円で5年連続トップDJも

この記事では「世界で最も稼ぐDJランキング2018」をご紹介しました!!

Forbes

-DJ・EDM

記事をシェア、評価お願いします!


【10月13日-14日】年に1回のプライムデー特集

Amazonプライムデーの注目商品12選

 

 

Apple Music

Apple Musicのおすすめ

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 7,000万曲 以上、邦楽洋楽が豊富
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 6,500万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 6,500万曲 以上)

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

 

  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者の「なべ」です!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスを解説し、別サイト『VODZOO』では動画サブスクや映画、ドラマ、アニメを紹介しています!

問い合わせ問い合わせ
LINE友だち追加友達追加する
twitterフォローTwitterを見る

AWAをフォローするフォローする


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2020 SoundZoo