ダウンロード可能なおすすめ音楽アプリ8選

映画感想「WE ARE YOUR FRIENDS」ただのパリピDJストーリーではない!あらすじをご紹介

映画「WE ARE YOUR FRIENDS」が予想を超える展開で、ただのパリピDJ物語ではなかった!!

今や世界中が盛り上がっている音楽の一つがEDMと言ってもいいでしょう

日本でもUltra Japan や EDC Japanなどの野外EDMフェスが開催されることが増えていき、年々盛り上がりを見せています。

先日、2016年に公開された映画「WE ARE YOUR FRIENDS」を見ました。

はじめは記事にするつもりは全くなかったのですが、思っていた以上に楽しめた映画なのでご紹介しようと思い記事にしました!

「EDM」や「DJ」から連想されるようなパリピな感じの映画だと思っていたのですが、いい意味で裏切られた映画だったのでご紹介していきます!!

スポンサーリンク

WE ARE YOUR FRIENDS

公開年:2016年

監督:マックス・ジョセフ

脚本:マックス・ジョセフ

主演:ザック・エフロン

あらすじ:

いつかは地元を抜け出して大金を稼ぐ…。23歳、EDMシーンでスターになることを夢見るDJのコールと地元の仲間達。クラブでのナイトライフを日々楽しみつつも、誰もが心のどこかで自分の将来に悩んでいた。そんなある日、コールは心に傷を負ったカリスマDJのジェームズと出会う。彼はコールを若かりし頃の自分に重ね合わせ熱心に指導し始める。真剣に夢へと向かって走り始めたコールと仲間達の間にはいつしか歪みが生まれてしまう。ついに、一大フェスへの出演チャンスを貰えたコールだったが、ジェームズの恋人ソフィーに想いを寄せたことで、事態は複雑になる。仲間、恋、夢の間でもがき苦しむコールが、最後に掴む未来とは…。

どうせパリピ映画でしょ?

「EDM」「DJ」と言った単語から、どうもこの映画を見る前にパリピ要素満点の映画だと錯覚してしまいます。

「EDM」といったら、クラブやフェスで流れてそうな音楽で、ウェイウェイしてそうなイメージがあります。

そして、そのEDMを流しているのがDJですから、どうもパリピ系のノリとエロさで押し切る映画なのかなと思ってしまいます。

私も最初はそうなイメージを持ちながら見始めました。

だが実際は、作り込まれた青春映画だった

実際にこの映画を見終わった時に感じたのは、ノリやエロさではなく青くかっこいい若者の青春でした。

確かに洋画だけあって多少のエロさはあります。

ですが、映画の中身を見てみると、ノリとエロさが突き進んでいくようなウェイウェイ系の映画ではなく、若い4人の男が夢や人生に葛藤しながらも現実を生き抜いていく青春映画でした。

若いからこそ挑戦できる夢。でもそこにまとわりついてくる現実。その葛藤をDJという要素で見せていく感じが新しくてとてもよかったです

DJがメインで考えるからウェイウェイ系な感じになってしまうのであって、実際は青春映画がメインでそれをDJでまとめている感じでした。

ラストシーンは、鳥肌が立つくらいかっこよくていい映画でした。

DJの詳しいことも知れる

DJといったら、何となく音楽をつなげながら流しているっていうイメージがありませんか?

ですが本当のところDJは、観客が盛り上がるためにはどのテンポの曲を最初に持ってきて、観客の気持ちをつかんできたら次はもう少し早いテンポで観客の気分を次の段階まで高めて、、、ってDJが流す音楽ってものすごく考えられて流しているんだなって初めて知りました

そんなDJの知識みたいなのが盛り込まれていて、そういった面でもとても楽しめる映画でした

この映画を見たらDJを見る目が変わると思います。

WE ARE YOUR FRIENDSを見るなら

私は、「WE ARE YOUR FRIENDS」をアマゾン・プライム・ビデオで見ました

いまなら、30日間無料で視聴できるのでおすすめです。

30日間以内なら、アマゾン・プライム・ビデオにある映画やドラマならすべて見放題なので、ほかの映画もご一緒にどうぞ!

さらに、お急ぎ便やお届け日時指定が追加料金なし!

さらにさらに、100万曲以上聴けるプライムミュージックまで使うことができます!

30日間無料ですべて利用できるので、お得感満載です!

次はこちら



スポンサーリンク

フォローする

Ultra Japan 2018