プライム会員限定!アマゾンミュージックの無料体験で音楽を聴けば500ポイントゲット!

Spotifyの有料会員数が全世界で7000万人を超え、世界No.1に君臨中

Spotify 有料会員数

スウェーデン発祥の音楽ストリーミングサービス、Spotifyの有料会員が7000万人を突破したことを公式Twitterで発表しました。

スポンサーリンク

Spotify 世界の会員数 No.1

2018年1月5日にSpotifyの公式Twitterが有料会員7000万人を超えたことを発表いたしました。

2017年7月時点で6000万人だったことから、約5か月ぐらいで1000万人の有料会員を集めたことになる。

そう考えると、Google Playのアプリランキングでここ数か月の間、ずっと上位を獲得しているなと思いました。

また、この記事を書いているとき(2018年1月5日時点)では、Google Playの音楽ジャンルで1位を獲得しており、2016年9月に日本初上陸しまだ2年も経っていませんが、Spotifyのシェアは日本でも拡大されつつあることがうかがえる。

テレビを見ていてもSpotifyのCMが流れるほどなので、主流の音楽ストリーミングサービスになってきている。

無料会員と合わせると、Spotifyの全ユーザーは1億4000万人に及ぶ!これは世界No.1の規模を誇っている

ライバルApple Musicは?

音楽ストリーミングサービスの代表であるAppleが提供するApple Musicは、Spotifyの競合とよくみなされている。

2017年6月のWWDCでは、Apple Musicの会員は2700万人と発表されている。

Apple Musicには無料会員はないので、Spotifyとの差は圧倒的だ。

こちらの記事でSpotifyとApple Musicの比較を行っています

なぜSpotify?

Spotifyがなぜここまで巨大な音楽ストリーミングサービスになったのか?

それは、やはり世界に存在するほぼすべての音楽を質のいい音質で無料で聴くことができるということだろう。

他にも、直観的で使いやすいデザインや自分好みの新しい音楽に簡単に出会えるなどの機能面も大きな要因だろうが、無料で使えること以上にSpotifyがここまで成長した要因はないだろう。

Apple Musicには無料プランはないし、その他の音楽ストリーミングサービスの無料プランは、一曲全てを聴くことができないので、そもそも音楽を楽しむためのものではない。

Spotifyの無料プランは、それは有料プランより使える機能に制限がありますが、音楽を楽しむには十分すぎる。

こちらの記事でSpotifyのことを詳しく解説しています。

この記事のまとめ

この記事は、Spotifyの有料会員数が7000万人を突破したことをお伝えいたしました。

Spotifyhは、無料で誰もがすぐに音楽を聴くことができるので、登録しておくといいでしょう。

次はこちら



スポンサーリンク

フォローする

ダウンロード可能なおすすめ音楽アプリ8選