2022/6/19まで|70年分、総額82万円超えのAmazonギフト券が当たる期間限定キャンペーン

Apple Music

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!

なべ

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
ios15の新機能で、Apple Music関連はなにかある?
iPhoneのメモリー機能で、好きな音楽を設定したい!
Apple Musicの音楽とiPhone内の写真を使って動画を作りたい!

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、ios15から利用できるようになった『Apple Musicの音楽を使用したいメモリームービーの使い方』についてご紹介していきます。

 

iPhoneやiPadには、複数の写真と音楽を合わせて動画を作成するメモリームービーという機能があります。

ios15からは、この音楽をApple Musicから選曲できるようになりました。

使い方を一緒に見ていきましょう!

 

メモリーにApple Musicの音楽を設定する方法

iPhoneのメモリー機能にApple Musicの曲を設定するには、以下の手順で設定ができます。

  1. 「写真」アプリを起動
  2. 画面下の「For You」を選択
  3. 「メモリー」の欄からメモリーを選択
  4. 画面左下の「音符」のアイコンを選択
  5. 画面右下の「ミュージック」のアイコンを選択
  6. 音楽を探して設定する

 

「写真」アプリを起動

はじめに、iPhoneやiPadにある写真アプリを起動します。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
写真アプリを起動

 

画面下の「For You」を選択

次に、写真アプリが起動したら、画面下にある「For You」のアイコンを選択します。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
For Youを選択

 

「メモリー」の欄からメモリーを選択

For Youのタブを開くと、「メモリー」の欄があるかと思います。

ここに表示されている写真を選択するか、「すべて表示」を選択してメモリーを選択します。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
メモリーを選択

メモリーは自分で写真を選択して作成もできます。

メモリーで写真を選択して作成する方法

 

画面左下の「音符」のアイコンを選択

メモリーから写真を選択すると、そのメモリーの再生画面になります。

曲を編集したいときは、左下にある「音符」のアイコンを選択します。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
左下の音符のアイコンで音楽を編集

 

画面右下の「ミュージック」のアイコンを選択

編集画面になると、メモリーミックスという画面になります。

ここでは、写真のフィルターと音楽を編集できます。

右下にある「ミュージック」をアイコンをタップすると、音楽を選択できます。

また、写真を左右にスライドすることで、自動で編集したものもチェックできるので編集が楽です!

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
右下のアイコンからミュージックを編集

 

ちなみに、右下にあるアイコンは、音楽の編集とフィルターの編集になります。

以下の画像のように、そのメモリーで使用するフィルターを選択できます。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
フィルターの編集

 

音楽を探して設定する

最後に、Apple Musicから音楽を探して選択すればOKです!

音楽にチェックマークが付いていればその曲が設定されています。(以下の画像では「The Nights」という曲が設定されている)

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
Apple Musicで曲を選択

 

設定ができると、以下の画像のように曲が反映されています。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
音楽をカスタマイズしたメモリー

これでメモリーの音楽やフィルターを編集する方法は完了です。

しかし、このApple Musicの音楽を使ったメモリーには注意点があります。

 

チェックしておきたい注意点

Apple Musicの音楽を使用したメモリーを作成する際の注意点は、音楽によってシェアができないことです。

 

音楽をApple Musicから探して設定するとき、以下の画像のように「i」のアイコンが表示される音楽はシェアができません。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
シェアができない音楽

 

実際にシェアをしようとすると、以下のが像のように「共有可能なサウンドトラックを選択」という案内が出ます。

【ios15】Apple Musicの音楽をメモリームービーに使用する方法!好きな曲で思い出の動画が作成可能
シェアできない曲は変更しないとシェアできない

そのため、作成したメモリーを動画として保存したり、SNSにシェアしたり、家族や友達にシェアしたりするのは、音楽の選択に注意が必要になります。

音楽を選択するさいに、「i」のアイコンがないことを確認しましょう。

 

「共有可能なサウンドトラックを選択」をタップすると、シェアできる曲がApple Musicから選択ができます。

ここから音楽を選択しておけば、動画として保存したり、SNSや家族などにも共有できるようになります。

なべ
実際に使ってみると、使用できる曲はあっても共有できない曲が多い印象です。権利や著作権などの問題でしょう。

動画として保存するなら好きな音楽はほぼ設定できないと思っておいたほうがガッカリせず楽しめると思います。

 

メモリーを作成する方法

iPhoneやiPadでまずは写真アプリを起動します。

iPhone・iPadでメモリーを作成する方法
写真アプリを起動

 

次に、画面下の「アルバム」を選択してから、左上にある「+」のアイコンを選択して新規のアルバムを作成します。

アルバムの名前と追加したい写真を選択します。

iPhone・iPadでメモリーを作成する方法
アルバムを新規作成する

 

アルバムを作成したら、そのアルバムを開いて、右上の点のアイコンを選択して「メモリームービーを再生」をタップします。

これで、自分で写真を追加してメモリーが作成できます。

iPhone・iPadでメモリーを作成する方法
メモリーを作成

 

以下の画像のように手動でメモリーが作成でき、音楽やフィルターを編集もできます。

iPhone・iPadでメモリーを作成する方法
作成したメモリーを編集が可能

 

 

- Apple Music

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事