Apple Musicとは?どんな音楽サブスク?

Apple Musicとは?

目次

 

Apple Musicとは?

Apple Music(アップルミュージック)とは、かの有名なiPhoneやMacを販売しているAppleが作った音楽聴き放題サービスです。

用意されている定額プランに加入することで使うことができ、配信されている 9,000万曲 以上の音楽をが聴き放題できます。

また、音楽のダウンロードもできるので、通信を使わずオフラインで音楽が楽しめるのも最大の特徴です。

 

Apple Musicは、iPhoneの場合、「Apple Music」というアプリではなく、「ミュージック」というアプリを使うことになります。

Androidの場合は、「Apple Music」の表記です。

iPhoneの場合、Apple Musicではなく、ミュージックアプリとなる
iPhoneの場合は、ミュージック

 

名前Apple Music(アップルミュージック)
ロゴApple Music
サブスクプラン
曲数 9,000万曲 以上
音質
機能
使えるデバイス
  • スマホ(iPhone、Android)
  • タブレット(iPad、Android)
  • パソコン(Mac、Windows、Webプレイヤー)
  • Apple TV
  • Chromecast
  • Apple Watch
  • Carplay
  • Alexa搭載デバイス
  • Googleアシスタント搭載デバイス
  • Bluetooth接続
無料トライアル 1ヶ月

 

→ Apple Musicの料金を徹底解説!6つのプラン・月額・年額の違いとは?

 

できること

  • 配信されているすべての楽曲の再生
  • 最初から最後まで聴けるフル再生
  • 音楽をダウンロードして通信量を使わずに聴くオフライン再生
  • アプリを閉じても、スマホを閉じても音楽を聴けるバックグラウンド再生
  • 再生リストの中からランダムに聴けるシャッフル再生
  • 同じ曲や再生リストの曲を繰り返し聴くリピート再生
  • 自分オリジナルのアルバムが作れるプレイリスト
  • 再生中の曲の歌詞が見れる(ハイライト表示あり)
  • 次に再生する曲の順番や追加、削除ができる
  • ミュージックビデオの視聴
  • 視聴履歴からApple Musicが自分専用に曲をおすすめしてくれる
  • CDやmp3のアップロードして配信曲と一緒に聴ける

 

おすすめできる人

  • iPhoneユーザー
  • CDやmp3などの手持ち楽曲も聴きたい人

 

iPhoneユーザー

Apple Musicも、iPhoneも、同じAppleがリリースしているため、相性がとても良く、iPhoneを使っている人が音楽を聴くならApple Musicが最もオススメです。

相性が良いメリットは、以下の5つがあります。

 

CDやmp3などの手持ち楽曲も聴きたい人

Apple Musicを使うメリットは、音楽を聴き放題で楽しめるだけでなく、手持ちの楽曲をアップロードできるiCloudミュージックライブラリが使えることです。

CDやmp3をアップロードしておけば、iPhoneのミュージックアプリで聴けるため外に音楽を持ち出すことができ、同期もできるのでApple Musicが使えるすべてのデバイスで手持ちの楽曲が聴けるようになります。

また、Apple Musicの配信曲と手持ち曲を同じプレイリストに入れることで、聴ける音楽の幅を広げることもできるのです。

→ Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!

 

残念なポイント・注意点

  • 学割プランは高校生以下は使えない
  • 海外アーティスト名のカタカナ表記
  • ポッドキャストが別アプリ
  • 解約するとすべての曲(ダウンロードした曲も)が聴けなくなる

 

学割プランは高校生以下は使えない

Apple Musicにある学生プランは、学割がきくお得なプランですが、中学生や高校生は対象外です。

中高生の方は、個人プランまたはファミリープランに加入するか、中高生が使える音楽サブスクを使うかの3つの選択肢があります。

→ 学割の音楽アプリ7つを比較!高校生はSpotifyやApple Music使える?

 

海外アーティスト名のカタカナ表記

J-Popなど邦楽アーティストを聴く人には関係ないお話ですが、洋楽など海外アーティストの曲を好んで聴く筆者には残念で仕方ないです。

それが、海外アーティストの名称が英語ではなく、カタカナ表記なことです。

Apple Musicをレビュー
Apple Musicのライブラリ画面

すべてカタカナ表記で統一してくれるならまだマシですが、英語表記とカタカナ表記が混じっているので厄介です。

 

ポッドキャストが別アプリ

Apple Musicには、「ラジオ」というApple Musicがオリジナルで配信するラジオ番組がありますが、英語のものが多く、日本語対応はとても少ないです。

そして、ポッドキャストはApple Musicのアプリからは聴けないので、音楽とポッドキャストは分けて使う必要があります。

 

解約するとすべての曲(ダウンロードした曲も)が聴けなくなる

Apple Musicだけでなく、すべての音楽聴き放題サービスで言えることです。

定額プランを解約すると、配信曲はすべて聴けなくなり、ダウンロードした楽曲も削除されます。

音楽サブスクは、料金を支払うことで「音楽を視聴する権利」を得るものであって、「音楽を所有する権利」は得られません。

 

もっと深く知る

Apple Musicをまだ始めていない人はこちら

 

Apple Musicを使っている人はこちら

 

音楽サブスクを比較したい人はこちら

 

音楽サブスクを探している人はこちら