期間限定|2022/1/11まで!Amazon Music Unlimitedが3ヶ月も無料!通常1ヶ月

『レディ・プレイヤー1』で流れる22曲をシーンごとに解説!

こでぃも

『レディ・プレイヤー1』で流れる22曲をシーンごとに解説!

https://youtu.be/03uqvK9eSpk



2018年4月20日公開の映画『レディ・プレイヤー1』。

アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化した作品。VRのゲームの世界で謎を追うアドベンチャーが見ものであり、ゲームなどのキャラクターが登場するのが特徴。監督はスティーブン・スピルバーグで、日本の興行収入は25億円ほどでした。

この記事では、映画『レディ・プレイヤー1』で流れた音楽22曲をご紹介します。※この記事はネタバレを含みます

Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料!2023年1月11日まで

『レディ・プレイヤー1』で流れた曲とは?

オープニング

Van Halen - Jump

オープニングで流れた曲は、Van Halenの『Jump』です。

「チャッチャチャーチャ」というシンセサイザーの軽い音と共に男性シンガーのエネルギッシュな歌が響き渡ります。

オハイオ州コロンバスの2045年の状況が映し出され、集合住宅(スタック)はコンテナがたくさんありましたね。主人公のウェイドは鉄骨階段などを移動しつつ、各住宅ではVRを楽しむ人が映し出されます。

地上波廃棄された車などがあり、ウェイドは隠れ家に向かいつつ現状を説明してくれるのがわかりやすい!その後のハリデーとモローが作ったゲームに引き込まれていきますよ。


音楽をオフラインで聴くなら、『Amazon Music Unlimited』がオススメ!!

Amazon Music
Amazon Music Unlimited

  • 追加料金なしで、ハイレゾ&空間オーディオが聴ける
  • Amazonで購入した曲もすぐ聴けて、配信曲と一緒にOK
  • プライム会員ならさらにお得に!
  • Amazonデバイスとの相性バツグン!

無料でAmazon Music Unlimitedを使う


ハリデーとモローがオアシスを立ち上げたシーン

Tears For Fears - Everybody Wants To Rule The World (Official Music Video)

Tears For Fears - Everybody Wants To Rule The World

ハリデーとモローがオアシスを立ち上げたシーンで流れた曲は、Tears For Fearsの『Everybody Wants To Rule The World』です。

「オアシス」と呼ばれるゲームの世界はイメージや理想で作られた空間が広がり、何でもできて、どこへでも行けるのが特徴的でしたね。バットマンやマインクラフトが映し出される中、どんな見た目にもなれるのが楽しそうです。

ハリデーとモローが会社を立ち上げた際の説明時に穏やかな音楽と歌が流れます。こうして2040年にハリーが亡くなり、「オアシス」に特別なアイテムを隠したことを遺したと公表したことで人々は夢中になっていくのにはワクワクさせられますよ。

 

ハリデーが遺言で3つの鍵について話すシーン

Bach - Toccata and Fugue in D Minor

Johann Sebastian Bach - Toccata And Fugue In D Minor

ハリデーが遺言で3つの鍵について話すシーンで流れた曲は、Johann Sebastian Bachの『Toccata And Fugue In D Minor』です。

ハリデーが棺桶に入れられているシーンで『Toccata And Fugue In D Minor』が流れます。死を感じさせる重々しい音楽の代表とも言えますね。

棺桶から起き上がったハリデーはイースターエッグをゲームに隠し、それを見つけた者には株を含めた全財産(5000億ドル)をゆだねるとのこと!詳細を全知全能のアトラックが説明し、3つの試練と鍵を経て誰が財産を手に入れるのか期待が高まります・

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの『トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565』はオルガン曲のなかでも人気な作品です。

 

ウェイドたちが危険なレースに参加するシーン

Joan Jett & the Blackhearts - I Hate Myself for Loving You (Official Video)

Joan Jett And The Blackhearts - I Hate Myself For Loving You

ウェイドたちが危険なレースに参加するシーンで流れた曲は、Joan Jett And The Blackheartsの『I Hate Myself For Loving You』です。

鍵を入手するための第一の試練は高難度のレース!無数の車が参加して花火と共に走り出すアクションが凄くて、車の破壊やトラップ、「AKIRA」のバイクなど、見どころ満載です。

後方からスタートしたウェイドはコインを集めてスピードを上げていくというテクニックを見せ、シクサーズという会社の職員が躍起になっているのも見ものでしょう。

「ジャジャジャーン」という音楽と共にシンガーの歌が盛り上がるのにも注目です。一連のシーンで徐々に車が組み立っていくシーンがカッコよくて、歌のボリュームが上がる演出も良かったと思いました。

 

エイチの作業所にウェイドとアルテミスが向かうシーン

Prince - I Wanna Be Your Lover (Official Music Video)

Prince - I Wanna Be Your Lover

エイチの作業所にウェイドとアルテミスが向かうシーンで流れた曲は、Princeの『I Wanna Be Your Lover』です。

エイチの作業場で『I Wanna Be Your Lover』が流れる中、ウェイド中の特徴を説明するのが楽しそうですね。ポップな曲と共に男性シンガーの高い声が響き渡るのが特徴的です。

シンガーの特徴から大男のエイチを操っているリアルの姿は女性だということが表されていたのかもしれません。エイチはウェイドがアルテミスに入れ込んでいるのを見て注意するようにと助言する姿も見守ってくださいね。

 

ウェイドがアルテミスにエイチのことを話すシーン

The Temptations - Just My Imagination (Running Away with Me) HD

The Temptaions - Just My Imagination (Running Away With Me)

ウェイドがアルテミスにエイチのことを話すシーンで流れた曲は、The Temptaionsの『Just My Imagination (Running Away With Me)』です。

アルテミスがバイクを直してもらう間に、エイチが制作中の「アイアン・ジャイアント」の前でノリの良い曲が流れ始めます。そこでウェイドは「自分はだれとも組まない」と説明しつつ、エイチはいいやつだと話しました。

それを聞いたアルテミスは、彼がこの世界で「パーシヴァル」と名乗っているのに納得。自力で聖杯を見つけた騎士の名を使っているウェイド…そんな彼に対し、アルテミスはハリデーの知識があるか質問していくのにも注目ですよ。

 

ウェイドが「ハリデー年鑑」で過去を確認するシーン

George Michael - Faith (Official Video)

George Michael - Faith

ウェイドが「ハリデー年鑑」で過去を確認するシーンで流れた曲は、George Michaelの『Faith』です。

ウェイドが「ハリデー年鑑」に行くと、ノリの良い『Faith』が流れます。この場所ではハリデーについての情報やバーチャル映像を見ることができ、彼が見た映画や会話などについても記録されていましたね。

ここからイースターエッグ(財宝)のヒントを探すウェイド…ルールを作りたくないという言葉、『ビルとテッドの大冒険』の映画のように猛スピードで後ろに走るのも良いじゃないかというヒントに気づく展開に注目です。

 

レースにキングコングが現れるシーン

Main Theme From King Kong

レースにキングコングが現れるシーンで流れた曲は、映画『キングコング』の『Main Theme From King Kong』です。

ウェイドがレース開始と同時に猛スピードで後ろに走っていくと、地下への通路が現れてそのままゴールへ!地上を走っていく車たちを見上げつつ、ゴール前に立ちふさがるキングコングが現れた際にテーマ曲が流れます。

低い音が鳴り響き、大きなキングコングから恐怖を感じますが、ウェイドの元には攻撃が届かない…安全な通路を通ってゴールすることができるという一連のシーンが見ものでしたね。

そのままファンファーレに祝福される演出も良かったです。

 

大金を得たウェイドが買い物をするシーン

Bruce Springsteen - Stand On It

大金を得たウェイドが買い物をするシーンで流れた曲は、Bruce Springsteenの『Stand On It』です。

1つ目の鍵を入手したウェイドは10万コインを手にしてウェアや武器などを買いに行きます。軽快な音楽と歌と共にエイチと買い物を楽しむのが微笑ましいですね。

「聖なる手りゅう弾」、「ゼメキスのキューブ」などを購入し、最高のスーツが届いた際に喜ぶ姿も印象に残ります。各アイテムの活用はこの後のストーリーで描かれるのにも注目ですよ。

そんなウェイドをめぐってIOIなどが動き出す展開からも目が離せません。

 

「ハリデー年鑑」に到着したウェイドが歓迎されるシーン

Blondie - "One Way Or Another" (Audio)

Blondie - One Way Or Another

「ハリデー年鑑」に到着したウェイドが歓迎されるシーンで流れた曲は、Blondieの『One Way Or Another』です。

ギター音が鳴り響く中、ウェイドが「ハリデー年鑑」に到着すると大勢のファンに囲まれる!鍵を初めて手に入れたという功績から、すっかり人気者となった彼はまんざらでもない様子でしたね。

ノリの良いロックな曲がピッタリなワンシーンとなり、写真を撮られていくのが見ものです。そこに大男が現れてウェイドを連れていき、男の身体の中からエイリアンが現れるのはホラーでしたね。

アルテミスの変装でしたが、そのままスーパーマンことケントの眼鏡を渡されるという一連のシーンが良かったです。

 

ウェイドが何を着ていくかエイチに相談するシーン

Earth, Wind & Fire - Can't Hide Love (Audio)

Earth, Wind And Fire - Can't Hide Love

ウェイドが何を着ていくかエイチに相談するシーンで流れた曲は、Earth, Wind And Fireの『Can't Hide Love』です。

アルテミスに誘われたウェイドは何を着ていくか迷っていましたね。エイチに相談している際に穏やかなでムーディーな曲が流れるのが印象的。男性シンガーの歌声も含めてクールな感じがします。

「スリラー」でおなじみのマイケル・ジャクソンの赤い服、パンク風の髪など服が変化していくのが見ものでしょう。

最終的には『バカルー・バンザイ』のネクタイとスーツで決めるのですが、エイチが呆れている様にも注目ですよ。

 

「魅惑の星」でウェイドとアルテミスが合流するシーン

New Order - Blue Monday (Official Lyric Video)

New Order - Blue Monday

「魅惑の星」でウェイドとアルテミスが合流するシーンで流れた曲は、New Orderの『Blue Monday』です。

ダンスクラブとなっている「魅惑の星」に到着するとリズミカルな曲が流れていましたね。思わず踊りたくなるような曲と共に、光が直線状に差したり、宙で踊っている人を照らしたりしているのが幻想的。

男性シンガーのムードのある歌が流れる中、アルテミスが赤いドレスを着てやって来るのがステキです。

そして、ハリデーの鍵を探すためキーラは踊るのが好きだったことや、「飛ばなかったジャンプ」いうヒントから二人がダンスを始めていくのに注目ですよ。

 

アルテミスに踊ろうと言われてウェイドが曲を流すシーン

Bee Gees - Stayin' Alive (Official Music Video)

Bee Gees - Stayin' Alive

アルテミスに踊ろうと言われてウェイドが曲を流すシーンで流れた曲は、Bee Geesの『Stayin' Alive』です。

ダンスチャレンジかもと言われてウェイドは『Stayin' Alive』を流し始め、高音のシンガーの歌が響き渡りつつ2人がダンスをするのが魅惑的ですね。

ゲームの感触はスーツを通してそのまま現実の彼にもリンクするのがおもしろいです。リアルでも会うのはどうかと言いつつ、彼女に入れ込むウェイドの姿からロマンスを感じさせました。

こうしてIOIに襲われるシーンに移り、展開が大きく変わるのにも注目でしょう。

 

ウェイドがゼメキスキューブを使うシーン

Back to the Future (1/10) Movie CLIP - The DeLorean (1985) HD

DeLorean Reveal From Back To The Future

ウェイドがゼメキスキューブを使うシーンで流れた曲は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の『DeLorean Reveal From Back To The Future』です。

IOIに襲われて窮地に陥るウェイドたち。そこで彼は購入していたルービックキューブ型のアイテム「ゼメキスキューブ」を取り出し、60秒間の時を戻すのが見もの!

その際に「チャラチャラン」という音が流れ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のワンシーンを思わせます。

敵の動きが徐々に戻っていくというゲームの世界ならではの演出は、ドクたちが時間の旅をした時と同じ気分を感じさせました。

「ゼメキスキューブ」は『バックトゥザ・フューチャー』の監督であるロバート・ゼメキスから命名されたようで、こだわりを感じさせます。

 

映画「シャイニング」の舞台となったホテルに向かうシーン

Main Title (The Shining)

Wendy Carlos And Rachel Elkind - Main Title "The Shining"

映画「シャイニング」の舞台となったホテルに向かうシーンで流れた曲は、Wendy Carlos And Rachel Elkindの『Main Title "The Shining"』です。

ハリデーがデートの週に観た映画の記録を確認し、「自分の作品が嫌いな作者」というヒントを元に『シャイニング』を選定!映画館にワープした際に映画のテーマ曲が流れ、ダークな雰囲気が伝わってきました。

一同が中に入るとそこはホテルになっており、内装の再現度の高さに驚き!また、斧でドアを破る様子、雪の降り積もる迷路など、映画『シャイニング』でおなじみとなるシーンが再現されるのが見どころですね。

ホラーが苦手な人には目を覆いたくなる展開が続くので、心して見守ってくださいね。

 

ホテルのロビーのタイプライターを確認するシーン

Music for Strings, Percussion and Celesta, Sz. 106: III. Adagio

Berliner Philharmoniker, Herbert von Karajan - Adagio (Music For Strings, Percussion And Celesta, Sz.106)

ホテルのロビーのタイプライターを確認するシーンで流れた曲は、Berliner Philharmoniker, Herbert von Karajanの『Adagio (Music For Strings, Percussion And Celesta, Sz.106)』です。

ウェイドたちがホテルに入り、タイプライターとメモを確認するとタイムリミットがあるとわかります。その際にクラシック音楽が聞こえてきて、弦楽器が奏でる音によって怪しげな雰囲気が増していきましたね。

5分で鍵を見つけなければならない中、エイチがボールに気を取られてエレベーター前へ…そこには双子の姿があり、エレベーターに入っていくのを見てボタンを押してしまうのはハラハラさせられますよ。

 

エレベーターから大量の真っ赤な水が流れてくるシーン

The National Philharmonic Orchestras - Polymorphia

エレベーターから大量の真っ赤な水が流れてくるシーンで流れた曲は、The National Philharmonic Orchestrasの『Polymorphia』です。

エイチがボタンを押したエレベーターの扉が開くと、血のような赤い水が大量に流れてくる!恐怖を助長させるような差し迫って来る音楽が流れていきましたね。

エイチは流されながらも必死に捕まろうとし、その際にハリデーたちが映っているモノクロ写真を見かけるのでした。その写真は後のヒントとなるのですが…ホラーが苦手なエイチがどうなってしまうのかに注目です。

 

エイチが237号室に避難するシーン

Krzysztof Penderecki - The Dream Of Jacob (1976)

The Polish National Radio Symphony Orchestra In Katowice - The Awakening Of Jacob For Orchestra

エイチが237号室に避難するシーンで流れた曲は、The Polish National Radio Symphony Orchestra In Katowiceの『The Awakening Of Jacob For Orchestra』です。

エイチが避難した部屋はグリーンの内装が特徴的で、女性が風呂に入っていましたね。いかにも何かありそうな恐ろしい音楽が流れてくる中、裸の女性がゆっくり歩いてくるのが不穏さを煽っているようでした。

エイチは実は女性なので裸の姿にそこまで動揺しているようではありませんでしたが、鏡を見た瞬間その様子は一転!なんと女性は老婆かと思いきや、姿が崩れていくというホラーな展開となるのです。

果たしてエイチは無事に出られるのでしょうか?

 

ウェイドたちがパーティ会場に向かうシーン

Ray Noble - Al Bowlly - Midnight The Stars And You - 1934

Ray Noble And His Orchestra With Al Bowly - Midnight, The Stars And You

ウェイドたちがパーティ会場に向かうシーンで流れた曲は、Ray Noble And His Orchestra With Al Bowlyの『Midnight, The Stars And You』です。

パーティールームに行くとクラシック音楽が流れ、ゾンビがキーラとダンスしているのを発見。足場が無い中、アルテミスはゾンビに飛び移りつつキーラの元へ行くシーンから目が離せませんでした。

なんとか彼女の元にたどり着いたアルテミスが「踊りますか?」と聞くと、アトラックが現れてカギを入手!

一方で、ウェイドが無事だとわかったIOIが急いでドローンを出動させて、彼の仲間などの情報を集めていくというリアルの様子にも注目ですよ。

 

オジュヴォックスの天球を解除して一斉に攻撃が始まるシーン

Twisted Sister - We're Not Gonna Take It (Official Music Video)

Twisted Sister - We're Not Gonna Take It

オジュヴォックスの天球を解除して一斉に攻撃が始まるシーンで流れた曲は、Twisted Sisterの『We're Not Gonna Take It』です。

防御シールドが解け、一斉にみんなが鍵を目指すシーンでロックな音楽が流れていきます。男性シンガーのノリの良い曲と共に、全面戦争が起きるのが見ものですね。

様々なキャラクターが戦う中、ウェイドがデロリアンに乗ってアルテミスと走り抜けるのも見もの!彼らがチャッキー人形のアイテムを使うと、人形が動きだして刃物で人を襲うのはホラー!

そして、リアルでもウェイドたちにピンチが迫りますが…戦いの行方が気になりますよ。

 

ソレントがメカゴジラで戦うシーン

Godzilla: King Of The Monsters Official Soundtrack | Main Title - Bear McCreary | WaterTower

Godzilla Main Title

ソレントがメカゴジラで戦うシーンで流れた曲は、の映画『ゴジラ』の『Godzilla Main Title』です。

ソレントがメカゴジラを登場させた際に『Godzilla Main Title』が流れます。ゴジラのテーマでおなじみの音楽で、差し迫ってくる曲がアレンジされている感じが良いですね。

エイチのギガントも一撃で倒すほどの強さを持ち、青い炎を吐く姿もクール!メカゴジラの強さを目の当たりにしました。

そうして圧倒的な強さを見せますが、ダイドーが「俺はガンダムで行く」と言って空から現れるのも熱い展開と言えるでしょう。

 

エンディング

Daryl Hall & John Oates - You Make My Dreams (Official HD Video)

Daryl Hall & John Oates - You Make My Dreams

エンディングで流れた曲は、Daryl Hall & John Oatesの『You Make My Dreams』です。

ウェイドだけが一命をとりとめて3つ目の鍵を入手していくというラストは見入ってしまいましたね。そして、25セント(コイン1枚)をくれた管理人の正体が明かされたり、ウェイドが「オアシス」を休みにする日を定めたりと、エンディングまで目が離せません。

現実だけが本当の意味でリアルなんだと言って映画が終わると共に、ノリの良い曲と共にエンディングに移ります。男性シンガーの歌が明るいのが印象的ですね。

ウェイドが敵に負けずに仲間と共に努めて来た経緯を思い出させつつ、ゲームなどの世界観に楽しめたことを思い出させてくれました。

 

筆者の感想

ウェイドが最後の鍵を手に入れる際にゲーム内に隠された秘密の部屋を見つけたり、敵と戦う際に波動拳を打ったりと見どころ満載となったラスト!

様々な映画作品の音楽や舞台、レースの車、戦うアイテムなどが取り入れられる中、ミュータント・タートルズ、バットマンなどが登場するのがおもしろかったです。

それぞれの作品を知っていれば一層楽しく、知らなくても『シャイニング』を見てみよう!となれるのではと思いました。ウェイドの戦い、信念などが熱く、ロマンスやアクションも凄い映画です。


音楽をオフラインで聴くなら、『Amazon Music Unlimited』がオススメ!!

Amazon Music
Amazon Music Unlimited

  • 追加料金なしで、ハイレゾ&空間オーディオが聴ける
  • Amazonで購入した曲もすぐ聴けて、配信曲と一緒にOK
  • プライム会員ならさらにお得に!
  • Amazonデバイスとの相性バツグン!

無料でAmazon Music Unlimitedを使う


サウンドトラック

 

カテゴリー - 洋画


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こでぃも

年100本以上の洋画を見て海外ドラマもついつい見続けてしまう こでぃも です。新作公開映画は年に20本観るので時間が欲しくてしょうがないです(笑)マーベル、DC、ディズニーを見たり、ネットフリックスのオリジナル作品も凄いなと思う今日この頃。アクション映画の迫力、ファンタジーの魅力などなど、皆さんにも映画のおもしろさを伝えつつ、楽しんでいければと思いますのでよろしくお願いします~