Apple Music

Amazon Music

Amazon Music再登録で3ヶ月間月額300円!お知らせメールが届く

なべ

Amazon Music Unlimitedは、Amazonの音楽配信サービスで、 9,000万曲 以上の音楽すべてを聴き放題で楽しめるサービスです。

基本的には定額料金での利用になりますが、初回限定で無料トライアルのキャンペーンを開催しています。

そして、Amazonアカウントに以前登録していた筆者のメルアドレス宛に『再登録で3ヶ月間月額300円』という案内のメールが届きました。

Amazon Music Unlimited、再登録で3ヶ月間月額300円で利用できる?お知らせメールが届いた

 

案内通り、Amazon Musicの公式サイトにアクセスしてみると、しっかりと3ヶ月間だけ月額300円で利用できるようになっておりました。

Amazon Music Unlimited、再登録で3ヶ月間月額300円で利用できる?お知らせメールが届いた

 

4ヶ月目以降は月額980円の個人プランに自動で以降するので、その点は注意しましょう。

このようなAmazon Musicの案内は、一度Amazon Music Unlimitedを利用したことがある人向けに配信されております。

まだ、Amazon Music Unlimitedを使ったことがない人は、初回は無料で利用できるのでまずはAmazon公式サイトでチャックしてみてください。

Amazon Music公式サイト

 

すでにAmazon Music Unlimitedを利用したことがある人で、メールが届いていない人でも対象者の方はAmazon Music公式サイトに案内が表示されます。

Amazon Music Unlimited、再登録で3ヶ月間月額300円で利用できる?お知らせメールが届いた

Amazon Musicの公式サイトから自分が対象者なのかすぐにチェックできます。

Amazon Music公式サイト

 

月額300円で3ヶ月間Amazon Music Unlimitedが利用できるので、圧倒的に料金面ではとてもお得に音楽が楽しめます。

もしもAmazon Music Unlimitedが気に入らなくても、解約をすることでそれ以降料金が発生することはありません。

解約方法も解説しているので、ぜひ安心してAmazon Music Unlimitedで音楽を楽しんでみてはどうでしょうか。

 

- Amazon Music

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事