Apple Music

映画『怪物の木こり』で流れる3曲をシーンごとに解説!

こでぃも

映画『怪物の木こり』で流れる3曲をシーンごとに解説!

https://youtu.be/LiIulkfFwD4



2023年12月1日公開の映画『怪物の木こり』。

弁護士の二宮彰(亀梨和也)とある殺人鬼による連続猟奇殺人事件を中心に展開する物語。警視庁のプロファイラーを演じる菜々緒、二宮の婚約者を演じる吉岡里帆がいます。さらに、染谷将太、中村獅童、渋川清彦ら豪華なキャストが出演していて、監督は三池崇史。

この記事では、映画『怪物の木こり』で流れた音楽3曲をご紹介します。※この記事はネタバレを含みます

動画配信情報『怪物の木こり』を観る方法

『怪物の木こり』の評価をどうぞ!

Loading ... Loading ...

『怪物の木こり』で流れた曲とは?

子供が絵本を読み上げるシーン

遠藤浩二 - おひさまあたれ

子供が絵本を読み上げるシーンで流れた曲は、遠藤浩二の『おひさまあたれ』です。

穏やかな雰囲気の曲で柔らかな女性シンガーの歌声が続いていくのが印象に残りますね。映画の冒頭のシーンで流れますが…子供が「怪物の木こり」の絵本を読み上げつつ、東間翠(とうまみどり)が警察に見つかるという一連のシーンは衝撃的!

自身の首を斬った彼女、そして残された子供の行方が最初から気になりますね。

※この曲はラストでも流れ、感動的なシーンを思い出させてくれます


1億曲以上の音楽をオフラインで、自由に聴くなら『Amazon Music Unlimited』がオススメ!!

Amazon Music
Amazon Music Unlimited

  • 追加料金なしで、超高音質&空間オーディオが聴ける
  • プライム会員なら相場よりお得に!
  • 1億曲以上が聴き放題!
  • スマホの通信を使わずにオフラインで音楽が楽しめる!

無料でAmazon Music Unlimitedを聴く


 

彰と映美が児童養護施設に行くシーン

【公式】おひさまあたれ(作詞/新沢としひこ 作曲/平田明子)〈新沢としひこ×ケロポンズ「心にやさしい日」より〉

おひさまあたれ

彰と映美が児童養護施設に行くシーンで流れた曲は、『おひさまあたれ』です。

「おひさまあたれ」という歌詞と共に太陽の暖かい光を語るように続いていく歌。彰が映美と児童養護施設で話を聞き、子供たちや映美が歌っていましたね。彰が涙を流すのも印象的なワンシーンでした。

「おひさまあたれ」は新沢としひこによって作詞され、平田明子が作曲した楽曲。幼稚園や保育園で歌われることも多いですよ。

 

エンディング

SEKAI NO OWARI「深海魚」×映画「怪物の木こり」予告映像

SEKAI NO OWARI - 深海魚

エンディングで流れた曲は、SEKAI NO OWARIの『深海魚』です。

予告にも使われていた不気味さ漂う耳に残る曲ですね。男性シンガーの歌声と、独特なリズムがいいなと思いましたが…映画全体を踏まえて歌詞を見ると、悲しさも覚えるのは私だけでしょうか…?

「化け物になれ」という歌詞から、チップの件や彰がどう考えていたのかを思い出させてくれます。

映画のエンディングで流れる中、物語全体を思い返したくなる曲でした。

 

映画『怪物の木こり』のネタバレを劇場鑑賞者が解説!
映画『怪物の木こり』のネタバレを劇場鑑賞者が解説!

続きを見る

サウンドトラック

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こでぃも

年100本以上の洋画を見て海外ドラマもついつい見続けてしまう こでぃもです。新作公開映画は年に20本観るので時間が欲しくてしょうがないです(笑)マーベル、DC、ディズニーを見たり、ネットフリックスのオリジナル作品も凄いなと思う今日この頃。アクション映画の迫力、ファンタジーの魅力などなど、皆さんにも映画のおもしろさを伝えつつ、楽しんでいければと思いますのでよろしくお願いします!