Apple Music

映画で流れる曲

ワイルド・スピード MAXで流れる20曲をシーンごとに紹介!

beersy

ワイルド・スピード MAXで流れる20曲をシーンごとに紹介!

https://www.youtube.com/watch?v=XGNcRaPzoTQ

2009年10月9日公開の映画『ワイルド・スピード MAX』。

アメリカのカーアクション映画。

主演:ポール・ウォーカー、ヴィン・ディーゼル。監督:ジャスティン・リン。

ワイルド・スピード マックスはシリーズ第4作で、今作では1作目の主演コンビであるポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼルが復帰しました。

この記事では、映画『ワイルド・スピード MAX』で流れた音楽20曲をご紹介します。

 

 

映画『ワイルド・スピード MAX』で流れる曲とは?

予告編

Fast and Furious - Trailer

Soulja Boy - Crank That

予告編で流れた曲は、Soulja Boyの『Crank That』です。

2007年にリリース。

ソウルジャ・ボーイは、アメリカのラッパー、ソングライター、音楽プロデューサー。

beersy
beersy

ん?これなんの映画?と一瞬思ってしまう、アクションたっぷりの予告編。

ワイスピの代名詞であるカーアクションよりも、ストーリー重視で刑事ドラマ感が色濃い映画になっているのか!?とワクワクします。

それよりも!前作のラストで出て来てくれたドミニク!ファン待望でしたよ!

やっぱりこのブライアンとのタッグがしっくり来ますね◎

予告編の曲はソウルジャ・ボーイの「Travis Barker Remix」

ゆったりとした哀愁のあるラップで、ワイスピのスピード感というよりも、今作はじっくりとストーリーが楽しめるのかな…と思わせるような楽曲です♪

 

音楽をオフラインで聴き放題!

スマホやパソコンに音楽をダウンロードして、オフラインで音楽を聴ける方法を厳選しました!

【2022年版】ダウンロードできる音楽アプリ・サブスク20選

 

オープニング

Amor traicionero - Guayacán Orquesta ( Letra Video )

Orquesta Guayacan- Amor Traicionero

オープニングで流れた曲は、Orquesta Guayacanの『Amor Traicionero』です。

1992年にリリース。

グアヤカン・オーケストラは、コロンビアのサルサ・オーケストラ。

beersy
beersy

※ネタバレ有り

トラックの運ちゃんがイグアナちゃんにおやつをあげているシーン。

ドミニク達に狙われているとはつゆ知らず、車内ではくつろいで過ごしているのが伺えます。

そんな事より、ハンがいる!ハンがいるよ!!

前作のラストではドミニクがハンの超仲良しだったって事が一瞬言われていましたが、まさかこういう本当の仲間だったとは。

思わぬ伏線回収が冒頭に来ていて、嬉しくて震えました◎

ここで一瞬、ほぼ聞こえないのですが流れる曲はグアヤカン・オーケストラの「Amor Traicionero」

うしろではすごい計画を練られているのに、運ちゃんのテリトリー(運転席)ではゆったりとした時間が流れている…というシーンを表現するのにピッタリな、優しい楽曲です♪

海岸でドミニクが会話をしているタイトルシーン

Pitbull - Blanco ft. Pharrell Williams [Official Video]

Pitbull ft. Pharrell Williams - Blanco (The Stractly Spanish Mix)

海岸でドミニクが会話をしているタイトルシーンで流れた曲は、Pitbull ft. Pharrell Williamsの『Blanco (The Stractly Spanish Mix)』です。

2009年にリリース。

アメリカのラッパーであるピットブルと、MC・歌手であるファレル・ウィリアムスがフューチャリングした曲。

beersy
beersy

かなりド派手なカー・アクションのあと、儲けの山分けをするシーン。

自分が狙われているのを知り、ハンとさよならするドミニク。

東京へ行く…前作を観た者からすると切ないシーンです。

このシーンで、時系列的には前作の「TOKYO DRIFT」が後なんだなと思いますね。

そして、レティともさよならしちゃうなんて。ドミニクパイセンの決意、辛過ぎる!

ハンと話すくらいまで流れているアゲアゲな曲は、ピットブルの「Blanco」

ワイスピらしい、パリピなヒップホップです♪

ブライアンが犯人を追うシーン①

Def Con Dos - Los Dias Pasan Mal

ブライアンが犯人を追うシーンで流れた1曲目は、Def Con Dosの『Los Dias Pasan Mal』です。

2004年にリリース。

Def Con Dosは、スペインのマドリッド出身のラップロックバンド。

beersy
beersy

待ってました!ブライアンの登場です。

スーツを着たまま犯罪者と思われる男性を追っかけているシーン。

いきなり屋上を疾走、落っこちたり取っ組み合ったり激しいアクションが繰り広げられます。

いやぁやっぱりカッコ良いね。スーツ姿も本当に美しいです…!

今までのワイスピにはあまり無かった、アクションシーンが新鮮で釘付けになりました◎

音楽はDef Con Dosの「Los Dias Pasan Mal」

ハードロック・メタルのような激しい曲が、この追跡シーンにピッタリです♪

ブライアンが犯人を追うシーン②

東方神起 / Rising Sun

東方神起 - Rising Sun

ブライアンが犯人を追うシーンで流れた2曲目は、東方神起の『Rising Sun』です。

2005年にリリース。

東方神起は、韓国出身のボーカルグループ。現在はユンホとチャンミン二人組のユニット。

beersy
beersy

追跡、フェンスを乗り越えるシーン。

逃げる!走る!疾走はまだまだ続きます。体力おばけなの?

犯人の前に出て来たトラックにはハングル文字が書いてあるな。と思ったら、ここで流れている曲は(昔の)東方神起なんですね!

流れるようなMIXに驚くばかり。やっぱり、ワイスピシリーズは曲の繋ぎも素晴らしいです。

この「Rising Sun」は、イントロが長くMVではダンスが長め。

歌が始まる直前くらいまで流れていますが、叫びまくるカッコ良いダンスナンバーですよ♪

ドミニクがまさかの事態を電話で聞くシーン

A.B. Quintanilla Ⅲ y Los Kumbia Kings - Boom Boom

ドミニクがまさかの事態を電話で聞くシーンで流れた曲は、MC Hammer名の『Boom Boom』です。

2006年にリリース。

メキシコ系アメリカ人のアブラハム・キンタニージャとクンビア・キングスは、ラテン音楽の一つ、クンビアを歌うアーティスト・音楽プロデューサー。

beersy
beersy

パナマにてドミニクが車をいじっており、まさかの事態を電話で聞くシーン。

ここにいたんかー!と思ったら、妹のミアからとんでもない報告を聞くはめに…。

え?なんで!?と衝撃的でショックで辛いシーンでした。

今回は、車でレースしてる場合じゃない予感。壮大な物語になりそうです。

バックの曲は、そんな衝撃的な展開とは真逆のラテン音楽。

ドミニクは、このパナマの陽気な街並みの中、ひっそりゆったりと暮らしてたんだなーと思える1曲です。

なので、曲とストーリー展開の対比に観ているこちらも度胆を抜かれました…。

ドミニクがバージルに会いに行くシーン

Run D.M.C. - Raising Hell

ドミニクがバージルに会いに行くシーンで流れた曲は、Run D.M.C.の『Raising Hell』です。

1986年にリリース。

ラン・ディーエムシーは、アメリカの3人組ヒップホップ・グループ。

beersy
beersy

※ネタバレ有り

失意と後悔と復讐の決意の中、ドミニクは犯人の車を提供したであろうバージルに会いに行くシーン。

辛い…辛すぎる!レティの死の間際の描写には涙涙でした。

自分といると危険だから…と離れたのに、結局こうなってしまうとは。

泣きじゃくったりしないドミニク兄さん、でもその心中は察するに余りあります。

強引にバージルを問い詰め、犯人を探そうとする。

この間、ガレージで流れている曲は、ラン・ディーエムシーの「Raising Hell」

そのタイトルの意味は「一悶着起こす」ということで、ドミニクの「やったるぞ!」という感情が、曲からも伝わって来ますね!

ブライアンとミアがレストランで話しているシーン

Daniel May - Young Love

ブライアンとミアがレストランで会話をするシーンで流れた曲は、Daniel Mayの『Young Love』です。

2008年にリリース。

アーティストの情報は見つけられませんでした。

beersy
beersy

5年ぶりに、ブライアンとミアが会話をするシーン。

といっても、かなり険悪です。

ミアからしたら、騙されてた…とわかった時にお別れでしたからね、無理もない。

視聴者からすると、ワイスピ2では違う女性に行ったからな…と思いましたし。笑

でも、無理に嘘を付いているようなブライアンが辛そうです。

捜査のためとはいえ、きっと本当に愛していたはず…!

レストランの中でうっすら流れている曲は「Young Love」という、五年前の若かりし頃の二人を懐かしく思わせる、ピアノクラシックです。

ブライアンが、運び屋を選ぶレース会場に到着するシーン

Enmicasa - Street Code feat. B Real (Cypress Hill) & Zed

Enmicasa Featuring B Real And Zed - Street Code

ブライアンが、運び屋を選ぶレース会場に到着するシーンで流れた曲は、Enmicasa Featuring B Real And Zedの『Street Code』です。

2009年にリリース。

アメリカのラッパー、ロックバンドなどがフューチャリングした曲。

beersy
beersy

待ってました!と言わんばかりの、運び屋を選ぶレースに参戦する事となったブライアン。

ブラガ率いる麻薬組織への潜入捜査のためとはいえ、嬉しい気持ちが抑えられない様子。

もちろん復讐に燃えるドミニクも到着しますよ!

ここの出演者で気になったのが、DC映画の「ワンダーウーマン」でおなじみのガル・ガドットさん。

今となっては名女優さんですが、このワイスピ4が映画デビューだそうです!

やっぱり美しい。スタイル良すぎてストーリーが一瞬入って来なかった…。

バックの曲は、ラッパーが代わる代わる歌うヒップホップ「Street Code」

ワイスピでお馴染みのカーレースを盛り上げる、ノリノリの楽曲です♪

カンポスが運び屋に求めるものを話すシーン

Busta Rhymes - G-Stro

カンポスが運び屋に求めるものを話すシーンで流れた曲は、Busta Rhymesの『G-Stro』です。

2009年にリリース。

バスタ・ライムスは、アメリカのジャマイカ系ラッパー。

beersy
beersy

ブラガが欲しがっている一流の運び屋とは…をカンポスが語るシーン。

車のためなら家族を売るような男って、さらっと怖いことを笑顔で言う。

そこでちょっと喧嘩を売るドミニクカッコ良い〜!

心の中では、はらわた煮えくり返っているだろうに。

静かに低音ボイスで話すあたり、そう思わせます…!

そんな笑顔のカンポスの後ろで流れているのはBusta Rhymes「G-Stro」

ちょっとセクシーな女性の声と、リズムの良いラップが特徴的なノリノリのヒップホップです!

ドミニクとジゼルが話すシーン

Shark City Click - Head Bust

ドミニクとジゼルが話すシーンで流れた曲は、Shark City Clickの『Head Bust』です。

2009年にリリース。

アーティストの情報は見つけられませんでした。

beersy
beersy

※ネタバレ有り

これぞワイスピ!やっぱりね、こういうカーアクションを観たいわけですよ。

ドミニクのハンドルさばきと閃きは、今作も安定して冴えてます!!

そして、レース参加者に配られた、色々指示を出してくれる超ハイテクカーナビ。

こんなものを用意出来るなんてやっぱりブラガはとんでもない奴で、運ぶものも怪し過ぎるんだろうな…と伺えますね。

ジゼルは、超ド派手なカーレースを制したドミニクに、指紋で運び屋の登録をし、電話番号を私のために…と聞き出します。

何やらちょっと誘っているような、セクシーな匂い!さすがのドミニクもニヤリ。

バックに流れている「Head Bust」も、少々妖艶な雰囲気のあるレゲエヒップホップです♪

ブライアン率いるFBIが、ドワイトの家に突入するシーン

Robert Anthony Navarro - Clown Posse

ブライアン率いるFBIが、ドワイトの家に突入するシーンで流れた曲は、Robert Anthony Navarroの『Clown Posse』です。

2009年にリリース。

ロバート・アンソニー・ナバロは、アメリカの音楽プロデューサー。

beersy
beersy

ブライアンの車をバカにしたドワイト(ブラガの運び屋)が、変な家で変な事をしているところをFBIに突入されるシーン。

レースでドミニクに負け、潜入捜査が出来なくなってしまったブライアンが考えたのが、ドワイトの罪をでっち上げ拘束し、その抜けた運び屋枠に入り込む…という、なんとも公私混同の作戦でした。笑

日本産の車ををめちゃくちゃバカにして来ましたからね、ザマーミロです!!

この突入シーンで流れたのはロバート・アンソニー・ナバロの「Clown Posse」

知りたくもないドワイトの性癖と変な行為をFBIが一掃し、スッキリするシーンにピッタリのクールなヒップホップです♪

改造車や人々が、クラブ前に集まっているシーン

Pitbull - Krazy ft. Lil Jon

Pitbull Featuring Lil Jon - Krazy

改造車や人々が、クラブ前に集まっているシーンで流れた曲は、Pitbull Featuring Lil Jonの『Krazy』です。

2007年にリリース。

ピットブルと、アメリカのラッパーであるリル・ジョンとのフューチャリング曲。

beersy
beersy

クラブ前にぎゅうぎゅうに集まっているのは、ワイスピ名物セクシーなお姉様方と改造車。

水着なの?ボディコンなの?ていうか服なのこれ?笑

イカしてる車もいっぱいで、同じ趣味の者同士で踊るのめちゃくちゃ楽しそう!

そんなパリピしかいない中をシブ〜い顔したドミニクが歩いて行きますよ。

うーん、こんな人だかりなのに隠し切れない圧倒的存在感よ…!!

バックの曲はピットブル&リル・ジョンの「Krazy」

狂ったように車で遊び踊る人々にピッタリの、まさにクレイジーなエレクトロヒップホップサウンド♪

ブライアンとドミニクが、クラブで会話をするシーン

Don Omar - Virtual Diva

Don Omar - Virtual Diva

ブライアンとドミニクが、クラブで会話をするシーンで流れた曲は、Don Omarの『Virtual Diva 』です。

2009年にリリース。

ドン・オマールは、アメリカのミュージシャン、俳優。

beersy
beersy

ドミニクが注文したコロナ・ビールが呑みたくなる、渋過ぎるシーン。

ブライアンと、お互いの素性は明かさないと暗に約束し合う場面です。

なんとなくやっぱり信頼感・安心感のようなものが、二人の間には流れているように思えました…切ない。

そして、周りの人たちはキマってハイになってしまっているような。

ここがかなり危ういクラブであるという事がわかりますね!

クラブ内で流れているドン・オマール「Virtual Diva」のMVも、逃げたり捕まったり人体実験のようなものをしているシーンがあり、ダークなヒップホップなので、ここのクラブミュージックにピッタリです◎

ブライアン・ドミニク・カンポスの三人が会話をするシーン

Acafool - Ride

ブライアン・ドミニク・カンポスの三人が会話をするシーンで流れた曲は、Acafoolの『Ride』です。

2006年にリリース。

Acafoolは、アメリカのラッパー・歌手。

beersy
beersy

カンポス、なんか良い奴?味方には優しいというか、気さくなんだなぁとちょっとほんわかしてしまうシーン。

ボスであるブラガも仲間想いなので、ここにいるみんなは彼のために死ねる!とまで言い放ちます。

悪の組織が成り立つ「恐怖」で支配されている訳ではなく、手下がボスの事を慕っている、という珍しい組織。

ここまで超引っ張るけれど、一体ブラガはどんなボスなのか!?がめちゃくちゃ気になって来ますね…!

バックの曲は小さく聞き取りづらいですが、流れるようなクールなヒップホップ♪

ドミニクとブライアンの身内ならではのやりとりにエモさと切なさを感じ、それに対するカンポスの返しも中々に面白く、三人のオシャレな会話に音楽もピッタリで感動しました◎

ブライアンが、カンポスを尾行するシーン

Angel & Khriz - Muevela

ブライアンが、カンポスを尾行するシーンで流れた曲は、Angel & Khrizの『Muevela』です。

2008年にリリース。

エンジェル&クリズは、プエルトリコのレゲトンデュオ。

beersy
beersy

いやいやブライアン、ちょっとバレるってそれ!とシロウトでもやらないような、ハラハラドキドキの尾行をするシーン。

それほどこの仕事(麻薬組織の取り締まり)にかけているんだ!という熱意が感じられます。

カンポスとお酒を酌み交わしているのは一体…?これがブラガなのか?

視聴者に、謎とドキドキ感を与えてくれる、刑事ドラマのような場面です!

バックの曲はエンジェル&クリズ「Muevela」

緊迫感のあるシーンのうしろでクラブ内の盛り上がりを対比させた、ノリノリのレゲエヒップホップです♪

ブライアン・ドミニク・ミアの三人で食事をするシーン

Don Omar Featuring Tego Calderon - Bandoleros

ブライアン・ドミニク・ミアの三人で食事をするシーンで流れた曲は、Don Omar Featuring Tego Calderonの『Bandoleros』です。2006年にリリース。

ドン・オマールと、プエルトリコのレゲトンミュージシャンであるテゴ・カルデロンのフューチャリング曲。

beersy
beersy

※ネタバレ有り

ついに、レティの仇を見つけたドミニク。他の車もろとも吹っ飛ばしドンパチ、自らも負傷…。

ブライアンとドミニクがゆるっと話をしている場面では、なんだか感動してしまいました。

ミアがドミニクの怪我の手当てをし、三人で久しぶりに食事をするシーン。

食前のお祈りをし「懐かしいね」と目で会話をしているような、心地よさがこのシーンから汲み取れます。

そんな場面にピッタリの、ドン・オマール&テゴ・カルデロンの「Bandoleros」

アコースティックギターの旋律が優しく、少し切なく、まさにこの時の三人の雰囲気にふさわしい楽曲です!

ドミニクがカンポスと電話するシーン

Mala Rodríguez - Volvere

Mala Rodriguez - Volvere

ドミニクがカンポスと電話するシーンで流れた曲は、Mala Rodriguezの『Volvere』です。

2007年にリリース。

マラ・ロドリゲスは、スペインの女性ヒップホップシンガー。

beersy
beersy

そうだったのね、レティ…。だからそんなに一生懸命だったのね、ブライアン…。

全ての謎が解け、納得し悲しみが溢れたあと、ブラガを誘い出すためにドミニクがカンポスと電話をするシーン。

交渉に次ぐ交渉、ついにブラガと対決…?物語がここからラストへ向けて一気に進みます!

ここで流れるのはマラ・ロドリゲスの「Volvere」

オシャレな部屋で流れていそうなまったりとしたR&B・ヒップホップで、女性シンガーの声が心地よく流れます♪

ジゼルのイメージにピッタリ!

エンディング

Pitbull And Tego Calderon - You Slip,She Grip

エンディングで流れた曲は、Pitbull And Tego Calderonの『You Slip,She Grip』です。

2009年にリリース。

アメリカのラッパーであるピットブルと、プエルトリコのレゲトンミュージシャンであるテゴ・カルデロンのフューチャリング曲。

beersy
beersy

※ネタバレ有り

諸々終わってブラガを確保。裁判でその活躍から情状酌量を求めるも、刑期を言い渡されてしまったドミニク。

それでも彼らのストーリーは終わらない。果たして脱獄出来るのか…!?と次回作に期待を持たせてくれる、エンディングです。

いやぁー!面白かった!最後に裁判でうまく行かないところがまた良い!!

ドミニクはね、ダークヒーローで良いんです。そして友情に熱い漢の中の漢・ブライアン。

二人のタッグがまた観られる事を祈らずにはいられない、素晴らしいラストでした。

バックの曲はピットブル&テゴ・カルデロンの「You Slip,She Grip」

スッキリ爽快なラストにふさわしい、ハイビートでノリノリのヒップホップです♪

エンドロール①

Pitbull - Blanco ft. Pharrell Williams [Official Video]

Pitbull ft. Pharrell Williams - Blanco (The Stractly Spanish Mix)

エンドロールで流れた一曲目は、Pitbull ft. Pharrell Williamsの『Blanco (The Stractly Spanish Mix)』です。

2009年にリリース。

今作、冒頭のタイトルシーンで流れた曲。

beersy
beersy

エンディングのハイビートなヒップホップから、同じくハイビートなヒップホップへ、流れるようなミックスが超クールなエンドロール。

冒頭でも流れたこの「Blanco (The Stractly Spanish Mix)」は、とにかくアガる!ノレる!

スピード感を持ったまま映画の余韻に浸れるのも良いんだよなぁ。

「ブラ〜ンコ♪」って英語がわからなくても歌えるのも嬉しい。笑

ワイスピシリーズの中でも上位に来る、名曲だと思います◎

エンドロール②

Rye Rye - Bang ft. M.I.A.

Rye Rye Featuring M.I.A. - Bang

エンドロールで流れた二曲目は、Rye Rye Featuring M.I.A.の『Bang』です。

2009年にリリース。

アメリカのラッパー・歌手・女優であるライ・ライと、イギリスのミュージシャンであるM.I.A.のフューチャリング曲。

beersy
beersy

スピード感を持ったまま、ヒップホップからダンスナンバーのオルタナティブヒップホップへ。

「Bang,Bang〜」と口ずさみたくなるような、これも歌いたくなる&踊りたくなる!

ライ・ライの声が超カワイイ〜♪ MVでぴょんぴょん飛び跳ねて踊ってるのもほんとカワイイ〜♪

ネオンの装飾もノリノリの曲に合っていて、現代でも流行りそうな楽曲ですね♪

スカっとする今作のエンドロールにピッタリでした!

筆者の感想

今作は、ブライアン&ドミニクのタッグが観られて超アガったファンは多いのではないでしょうか。

カーアクションのみならず、屋根を走るシーンや戦闘シーンなど、数々のアクションが足されとにかくお腹いっぱいになる映画!

ストーリーもきちんと凝っていて、ラストに向けてのテンポの良さ、伏線回収、スカっとするエンディングなどどれをとっても最高の作品だと思います。

また、作中の楽曲のミックスは流石のもので、情報が少なくニッチなところを突いて来る選曲もありましたね。

今作は、一瞬だけ流れる…というものが少なく、どれもシーンにピッタリの曲がたくさん聞けました◎

ストーリー・アクション・キャスト・音楽・全てを楽しめる「ワイルドスピード MAX」必見です♪

 

ワイルド・スピード MAXで流れる20曲をシーンごとに紹介!

👉 映画『ワイルド・スピード MAX』の動画が観る方法を解説!

 

プレイリスト

 

サウンドトラック

 


映画『ワイルド・スピード MAX』の曲


 

- 映画で流れる曲
関連キーワード -

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母。子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。
漫画が原作のドラマやアニメを始め、洋画ではアクション、MARVELやDCなどを好むが、韓流も気になるお年頃。
いつかシルベスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事