クーポンを使うと音楽聴き放題の「楽天ミュージック」が60日間無料に!

Netflix映画『アダム&アダム』で流れる5曲を紹介!

beersy

Netflix映画『アダム&アダム』動画配信と流れる5曲を紹介!

https://youtu.be/qL-0uSeEixw



2022年3月11日公開のSF映画『アダム&アダム』。

2050年に生きる戦闘機パイロットのアダムが、いなくなってしまった妻のローラを救うためタイムトラベルをし、2022年に不時着。

子どものアダムと大人のアダムがそれぞれの想いを胸に、未来で時間を独占支配しているマヤ・ソリアンに立ち向かう。

  • アダム・リード役:ライアン・レイノルズ
  • ローラ・シェーン役:ゾーイ・サルダナ
  • ルイス・リード役:マーク・ラファロ
  • 監督:ショーン・レヴィ

この記事では、Netflix映画『アダム&アダム』で流れる音楽5曲をご紹介します。

※以下ネタバレ有り

Netflixオリジナル作品

『アダム&アダム』で流れる曲とは?

オープニング

Gimme Some Lovin' (Remastered)

オープニングで流れた曲は、The Spencer Davis Groupの『Gimme Some Lovin'』です。

スペンサー・デイヴィス・グループは、イギリスのバンド。放題「愛しておくれ」は1966年にリリースされた曲で、世界的に大ヒットを記録しました。

洋楽に疎くとも聴いた事のあるイントロと共に、宇宙と戦闘機が映し出されるシーン。とてもワクワクするOPです!

Netflixなのですが、この壮大な映像は映画館で観たいな…と思いました。

アダムとキッズ・アダムが、タイムジェットで2018年にワープするシーンでも使用されています。

 

アダムが傷の手当てをしているシーン

Pete Townshend - Let My Love Open The Door

アダムが傷の手当てをしているシーンで流れた曲は、Pete Townshendの『Let My Love Open The Door』です。

ピート・タウンゼントは、イングランドのミュージシャン、小説家。ロック・バンド「ザ・フー」のギタリストとしても有名です。

キッズ・アダムが、アダムの裸を見てウットリ憧れるシーン。「筋肉すごいね!」と褒めます。

確かにスゴイ。筋肉フェチにはたまりませんが、着痩せするタイプなのでしょうか?レイノルズのマッチョ具合は、スーツを着るとあまりわかりませんね!

ここで流れる、アダムのパパが好きだった曲は、エンディング〜スタッフクレジットでも使用されています♪

 

バーで、アダムとエリーが話すシーン

Matt Berninger - Let It Be (Lyric Video)

バーで、アダムとエリーが話すシーンで流れた曲は、Matt Berningerの『Let It Be』です。

マシュー・バーニンガーはアメリカのシンガーソングライター。インディーバンドTHE NATIONALのボーカルとしても有名です。

子を持つ親としては、ここで語られるエリーの気持ちがよくわかります…。アダムの助言には、こちらまで元気をもらえるカットでした。

母と子を見守るような、優しく語りかける雰囲気の楽曲がとてもマッチしていて、つい涙ぐんでしまいます;

 

突然現れたローラとアダムが、マヤと戦うシーン

Good Times Bad Times (Remaster)

突然現れたローラとアダムが、マヤと戦うシーンで流れた曲は、Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』です。

レッド・ツェッペリンは、イギリスを代表するロックバンド。デビューアルバムに収録されシングルカットもされた名曲。

ローラとアダムが、息ぴったり見事なアクションを披露するシーン。ローラ、生きててよかった…登場シーンがカッコイイ!!

このローラ役のゾーイ・サルダナは、映画『アベンジャーズ』シリーズや、『アバター』で活躍していますよ。

鋭い目つきで敵を倒して行く、勇ましいローラにピッタリのキャスティングでした!

 

アダムがクリストスと戦うシーン

Boston - Foreplay / Long Time (Official Audio)

アダムがクリストスと戦うシーンで流れた曲は、Bostonの『Foreplay / Long Time』です。

ボストンは、アメリカのロックバンド。「アメリカン・プログレ・ハード」の代表的なバンドの一つと言われています。

破損したリアクターに、金属が吸い寄せられるシーン。最後はライトセーバー(マグシル)で戦います!

本作はマーベル色の濃いキャスティングで、ギャグも織り交ぜながら難しいタイム・トラベル・ストーリーをうまくまとめていました。

筆者的には、「親と子」に焦点をあてたヒューマンドラマ色も濃く感じられて感動的だったので、子どもと一緒に観ても楽しめると思います♪

時間も106分と短めなので、サクっと観る事が出来ますよ!

 

サウンドトラック

 

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母beersy(ビアシィ)子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。アクション好きだが、雑食性で何でも鑑賞するタイプ。しかしその実態はただの筋肉好き。いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない(嘘) 私の記事を通して、筋肉好きの読者さんが増えたら嬉しいです(?)