2024/06/25からAmazon Music Unlimitedが最大5ヶ月無料に!

『バッドボーイズ RIDE OR DIE』のネタバレを劇場鑑賞者が解説!視点豊かなアクションが見もの!

こでぃも

『バッドボーイズ RIDE OR DIE』のネタバレを劇場鑑賞者が解説!視点豊かなアクションが見もの!

https://youtu.be/hRFY_Fesa9Q



2024年6月21日公開の映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』。

ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが再びコンビを組み、迫力のあるアクションと笑い所もたくさんな作品です。彼らの亡き上司である警部の無実を証明するため、危険な行動へ…!新たな敵との対決や緊迫感溢れるシーンが続き、最後まで目が離せません。

※前半はネタバレ無し、後半は結末までのストーリーを感想・解説と合わせて紹介します。

2024/06/25からAmazon Music Unlimitedが最大5ヶ月無料に!

どんな映画?おすすめポイントを紹介!

バッドボーイズ RIDE OR DIE

バッドボーイズ RIDE OR DIEの映画館ポスター

  • 未体験
    4
  • 感情移入
    4
  • 再鑑賞
    3
  • 予測不可
    2
  • サウンド
    4

マイクとマーカスの掛け合いやアクションに見入ってしまう作品!敵の動向が気になるため最後まで見逃せません!

評価は年間100作品以上を鑑賞する執筆者こでぃもの実体験をもとにしています。

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』の評価をどうぞ!

Loading ... Loading ...

 

ストーリー

マイクとマーカスは関係性が深かったハワード警部の疑いを晴らすべく、行動を起こしていくのが主なストーリー!彼らがどういった行動を起こしていくのか、時に笑い、時に驚かされながら楽しめますよ。

 

演出

制作秘話を踏まえた予告動画にもありましたが、マイクの視点で繰り広げられる銃撃戦が見ものでしたね。ドローンを使ったカメラアングルも戦闘シーン全体をとらえたりするのが良かったです!

 

その作品ならではの切り口

長年コンビを組んできたマイクとマーカスならではの安心感は今作ならではですね。といっても、ハラハラさせられるシーンも満載なので見ていて飽きません。

過去のシリーズを見ているとマイクたちの掛け合いを懐かしみつつ、今作ならではの展開も楽しめますよ。

 

おすすめポイント

【四面楚歌!】『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ファイナル予告 6月21日(金)全国の映画館で公開<予告3>

過去作を見ていなくても、マイクとマーカスの関係性に引き込まれていくのがポイントですね。2020年制作の前作『バッドボーイズ フォー・ライフ』だけでも見ていると、マイクの親子関係に対する思い入れが強まることでしょう。

アクションシーンやハラハラする展開が満載で楽しめる一方で、銃で人が撃たれていくシーンも多い!そうした表現が苦手な方はご注意くださいね。

 

以下より重要なネタバレを含みます。

ネタバレを見るネタバレを飛ばす目次に戻る

 

ネタバレありで解説!

マイクとマーカス

マイクはセラピストのクリスティーンと結婚し、相棒のマーカスは式でスピーチをしました。ダンスなども楽しんでいたかと思われましたが…突如、マーカスが倒れて病院へ。不摂生な生活が原因のようで、退院後はお菓子などの食べ物は禁止されてしまいます。そんなある日、ハワード警部が麻薬取引に関わっていたという報道が流れ、マイクたちは亡き警部の名誉を守るため捜査を始めました。

警部が遺していた動画がマイクたちに届き、フレッチャーが鍵を握っているとわかって彼の元へ。フレッチャーから警部の話を聞いていると、犯人たちが銃を持って襲って来たのです。マイクたちは銃撃犯と応戦し、顔を確認しようとして叶わず…フレッチャーが遺したQRコードから警部の遺した資料をあたります。

こでぃも
こでぃも

映画を観ていると犯人の動向がわかる一方で、マイクたちは犯人が誰だかわからないという展開でしたね。亡き警部の無実を晴らすために情報を集めていきつつ、マーカスの言動に笑ってしまうことが多かったです。

マイクが色々と言葉をかけても全く気に留めず…車の行き交う道路を悠々と歩いていくシーンは特にハラハラしました。フレッチャーの店での乱戦も目を見張りますよ!

倒れたマーカスが無事に目覚めたのは良かったですが…色々と大丈夫なのか気になります(笑)

 

移送

警部は麻薬に関わる者と警察内の裏切り者が通じていることを突き止めていた…マイクはコンピューターに強いドーンとケリーの力を借り犯人を突き止めようとします。マイクの息子のアルマンドは、犯人の依頼で警部を殺したという経緯がありました。今は刑務所にいましたが…犯人の顔を見ていたため命を狙われます。

マイクはアルマンドを移送すべきと進言し、移送用のヘリに同乗。犯人にまたもや命を狙われ、ヘリが不時着…犯人の計らいにより、マイクたちは容疑者として賞金首からも狙われ始めました。

アルマンドと親子としての関係性が薄かったマイクは道中で少しずつ仲を深めます。

こでぃも
こでぃも

マーカスと元妻との関係性は前作の『バッドボーイズ フォー・ライフ』で語られましたね。元妻の命令でアルマンドは殺しを繰り返していた…警部もその対象であり、マイクは彼を刑務所送りにしたのです。

警部への恨みはなく、犯人にとって厄介な存在になっていたようですが…マイクたちの身を案じて捜査を手伝わさせなかったようですね。

ヘリがグルグルと回転しながら落下するのは特にハラハラしました!

決戦

マイクたちはドーンのボートハウスで警部が遺した資料を確認し、アルマンドが犯人の写真を見つけました。マックグラスが犯人だとわかる中、マイクとマーカスの家に犯人一味が…マーカスの義理の息子が家族を守りますが、マイクの家にいた妻のクリスティーンと警部の孫娘がさらわれます。

犯人が資料のことを知っていたため、内部の裏切り者はリタのパートナーだと判明。マイクの上司であるリタはその連絡を受け、ドーンたちの助けを得て彼を捕えます。

犯人との取引を経てマイクたちは廃れた遊園地へ。身を隠しながらクリスティーンたちを助けようとしますがバレてしまったため乱戦となります。マックグラスを追い詰め、クリスティーンとマーカスに銃が向けられますが…マイクはマーカスの防弾チョッキを撃ち、隙をついてマックグラスを射殺したのです。

アルマンドは警部の孫娘を助け、マイクは彼を逃がしました。警部の無実が証明される中、マイクとマーカスは家族と共にバーベキューを楽しみます。

こでぃも
こでぃも

マーカスの家を襲った男たちが次々と返り討ちにされていくアクションが見もの!海兵隊の義理の息子の凄さをカメラ越しに見ているマーカスたちの様子は視聴者そのものだったと言えるでしょう。

マイクの視点と彼自身をアップにするカメラアングルや、乱戦時が映し出される様子も見どころでした。遊園地なのか、ワニ園だったのか…5メートルもあるワニがいて襲われる様はハラハラしましたね。

アルマンドが必死に戦ったり、マイクが機転を利かせてマーカスを撃ったり、驚くシーンも多かったです!

 

関連するアクション映画ならこちらもオススメ!

前作や殺し屋に狙われる映画なら、以下の2作品もおすすめです!

バッドボーイズ フォー・ライフ

『バッドボーイズ フォー・ライフ』予告3 2020年1月31日(金)全国ロードショー

『バッドボーイズ』シリーズであり、『バッドボーイズ RIDE OR DIE』の前作にあたる作品。マイアミ市警の刑事であるマイク・ローリー(ウィル・スミス)とマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)の物語は、引退を考えるマーカスと復讐心に燃えるマイクの行方が気になります。

物語はメキシコで復讐を果たそうとするイザベルが息子アルマンドを使って殺しを続けていく…マイクも襲撃されて重傷を負ったり、復帰してから立ち向かっていくのにも注目ですよ。

こでぃも
こでぃも

マイクとマーカスの友情、家族との関係、新たな仲間との絆も見どころですね。銃撃戦を繰り広げたり、爽快で鬼気迫る迫力のあるアクションも見逃せません。メキシコでの戦いが繰り広げられる中、マーカスに笑わせてもらうシーンも多いですよ。

『バッドボーイズ RIDE OR DIE』を観た皆さんならアルマンドがマイクの息子であることは伝わっていると思いますが…2人の関係の始まりとしてもこちらをご覧ください。そしてアルマンドの凄まじいアクションもご覧ください!カッコイイですよ。

 

ジョン・ウィック パラベラム

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』特報

2019年10月4日公開の映画『ジョン・ウィック パラベラム』はシリーズ3作目にあたりますが、賞金稼ぎに狙われる元殺し屋の戦いっぷりが凄い!

ジョン・ウィックは暗殺組織の掟を破って組織から追われる身となるのが主なストーリー。ニューヨークのコンチネンタル・ホテルから追放され、多額の懸賞金がかけられた彼は、世界中の殺し屋たちから命を狙われることになります。

こでぃも
こでぃも

見どころは、ジョン・ウィックが次々と襲いかかる殺し屋たちと戦い抜く迫力満点のアクションシーン!図書館で長身の男との戦いでは分厚い本を使って敵を倒し、馬に乗ってチェイスシーンも繰り広げるという驚くべきアクションが続きますよ。日本刀などを使った敵を相手にした激しい格闘も見逃せません。

沢山の殺し屋を相手にジョン・ウィックの行方を見守りたくなることでしょう。

カテゴリー - ネタバレ解説
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こでぃも

年100本以上の洋画を見て海外ドラマもついつい見続けてしまう こでぃもです。新作公開映画は年に20本観るので時間が欲しくてしょうがないです(笑)マーベル、DC、ディズニーを見たり、ネットフリックスのオリジナル作品も凄いなと思う今日この頃。アクション映画の迫力、ファンタジーの魅力などなど、皆さんにも映画のおもしろさを伝えつつ、楽しんでいければと思いますのでよろしくお願いします!