Spotify

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?

なべ

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?


Spotifyでプランを変更したい!
Spotifyのプランを変更したとき、差額分はどうなるの?
Spotifyのプランを変更すると、どのタイミングで、いつ新しいプランになる?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『Spotifyのプラン変更』についてご紹介していきます。

 

Spotifyには、複数のプランが用意されており、いつでも別のプランに変更できます。

👉 Spotifyの6つの料金プラン!最適なプランを徹底解説!

 

Spotifyのプランを変更する方法

 

step
1
公式サイトにアクセス

まずは、Spotifyの公式サイトにアクセスします。

iPhoneやAndroid、PCのSpotifyアプリからはプラン変更ができないので注意してくだいさい。

👉 Spotify公式サイト

 

step
2
ログイン

Spotify公式サイトにアクセスするとログイン画面になるので、プランを変更したいSpotifyアカウントでログインをします。

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?
ログイン

 

step
3
アカウント情報を開く

Spotifyの公式サイトにログインすると、「アカウント情報」と「Web Player」の選択が出てくるので、「アカウント情報」を選択します。

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?
アカウント情報

 

step
4
利用可能なプラン

アカウント情報が開いたら、画面上にある「アカウント情報」のタップしてメニューを開き、「利用可能なプラン」を選択します。

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?
利用可能なプラン

 

step
5
プランを選択

利用可能なプランが一覧で表示されるので、変更したいプランを選択します。

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?
ここではファミリープランに変更していく

 

step
6
確認と変更完了

Spotifyでは丁寧に「現在のプラン」と「変更後のプラン」を教えてくれて、切り替わるタイミングや差額についても案内してくれます。

このままプランを変更すればOKです。

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?
プランを変更する

 

プラン変更のタイミングは?

Spotifyのプランを変更したとき、変更されるタイミングは4つのパターンがあります。

  • 有料プランから有料プランへの変更(高いプランから安いプラン)
  • 有料プランから有料プランへの変更(安いプランから高いプラン)
  • 有料プランから無料プランへの変更
  • 無料プランから有料プランへの変更

 

有料プラン → 有料プラン(高いプランから安いプラン)

高い有料プランから安い有料プランへの変更は、現在使っている高いプランの更新日に安いプランに切り替わります

 

例えば、毎月15日が更新日だった場合。

12月10日に変更すると、12月15日に高いプランが使えなくなり、安いプランに切り替わります。

12月17日に変更すれば、1月15日に安いプランに切り替わります。

Spotifyには日割り計算がないため、高いプランプランから安いプランへ変更したときは、次の更新日のタイミングで切り替わります。

 

有料プラン → 有料プラン(安いプランから高いプラン)

安い有料プランから高い有料プランへの変更は、変更したときにすぐ新しいプランに切り替わります

 

有料プラン → 無料プラン

有料プランから無料プランへの変更は、現在使っている有料プランの更新日に無料プランに切り替わります

 

Spotifyの有料プランには日割り計算がないため、更新日に料金を支払う契約になっています。

例えば、更新日が毎月15日だった場合。

12月10日に有料から無料に変更すると、12月14日まで現在の有料プランが使えて、更新日の15日に無料プランに切り替わります。

12月16日に変更した場合は、次の更新日が1月15日なので、1月14日まで現在の有料プランが使え、1月15日に無料プランになります。

【2022年】Spotifyを解約する方法!退会後はどうなる?
【2022年】Spotifyを解約する方法!退会後はどうなる?

続きを見る

 

無料プラン → 有料プラン

無料プランから有料プランへの変更は、プランを変更したその瞬間に有料プランに切り替わります

 

また、有料プランになった日がSpotifyの更新日になります。

例えば、12月15日に有料プランを契約した場合。

毎月15日が更新日となり、15日になると1ヵ月分の課金が発生して、翌月の14日まで有料プランが使えます。

日割り計算はありませんが、どのタイミングで有料プランになっても損はしません。

 

差額はどうなる?

Spotifyのプランは複数あり、すべて料金が異なります。

プランを変更したときは、3つのパターンによって差額の扱い方が変わってきます。

  • 有料プランから有料プランへの変更(高いプランから安いプラン)
  • 有料プランから有料プランへの変更(安いプランから高いプラン)
  • 有料プランから無料プランへの変更

 

有料プラン → 有料プラン(高いプランから安いプラン)

Spotifyの高いプランから安いプランに変更した場合、日割り計算はないため差額は返ってきません

現在プランの更新日が来てから新プランに切り替わるため、支払った金額分は有料プランが使えるようになっています。

損しないようになっていますが、できれば更新日に近いタイミングで変更したほうがメンタル的に損の感覚が薄いです。

 

有料プラン → 有料プラン(安いプランから高いプラン)

Spotifyの安いプランから高いプランに変更した場合、更新日と変更日から現在の残額が計算され、現在支払い済みの料金が消費されてから新しいプランの支払いが始まります

そのため、二重で支払いが発生することはなく、Spotify側がきれいに計算してくれます。

 

以下の画像は、月額1,280円のDuoプランから月額1,580円のファミリープランに変更する時の画像です。(12月11日時点)

Spotifyでプランを変更する方法!差額やタイミングはどうなる?
安いプランから高いプランへの変更

画像にあるように、新プランはすぐに使えるようになり、2021/12/27から新料金がスタートします。

そのため、筆者の場合はこれからの更新日は毎月27日です。課金が発生する日ですね。

プランを変更する際に、この料金のところはチェックしておきましょう。

 

有料プラン → 無料プラン

Spotifyには、日割り計算はないため、有料から無料に変更しても日割りで差額は返ってきません

しかし、解約をしたタイミングから次の更新日までは有料プランがそのまま使えるので、支払った分の料金は期間いっぱいまで有料プランが使えます。

 

例えば、毎月15日が更新日だった場合。

12月10日に変更すると、12月14日まで有料プランが使えて、12月15日に無料プランになります。

12月17日だと、1月14日まで有料プランが使えて、1月15日から無料プランです。

支払った分は使い切れますが、できれば更新日に近いタイミングで変更したほうがメンタル的に損の感覚は薄いです。

 

👉 Spotifyを解約する方法!退会後はどうなる?

カテゴリー - Spotify


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト