Apple Music

ポッドキャスト

Googleでポッドキャストの検索が可能に!Googleポッドキャストですぐに聴ける

なべ

Googleでポッドキャストの検索が可能に!Googleポッドキャストですぐに聴ける

Googleは、新しく検索でポッドキャストを検索できるようになりました。

Googleの検索でポッドキャストを検索できるようになったことで、聴きたいテーマのポッドキャストを検索してGoogleポッドキャストですぐに聴けるように。

この記事では、新しくGoogleの検索で使えるようになった「ポッドキャスト検索」についてご紹介していきます!

 

Google検索でポッドキャストが検索できるすぐに聴ける

Googleでポッドキャストの検索が可能に!Googleポッドキャストですぐに聴ける

Googleは、検索バーに「English podcast」や「Music Podcast」などと入力して検索するとポッドキャスト一覧の検索結果が表示されるようになりました。

これにより、自分が聴きたい興味のあるポッドキャストのテーマをGoogle検索で見つけることができるようになりました。

もちろん、iPhoneやAndroidで検索しても表示されます。

Googleでポッドキャストの検索が可能に!Googleポッドキャストですぐに聴ける

また、検索結果画面で表示されたポッドキャストの中から聴きたいポッドキャストを選択することで、Googleポッドキャストが開くのですぐに視聴できるのも便利です。

Googleでポッドキャストの検索が可能に!Googleポッドキャストですぐに聴ける

ポッドキャストを検索で探すには、「○○ podcast」と検索する必要がある。

○○の部分には、聴きたいポッドキャストのテーマやジャンルを入れてください。

 

Googleは、現時点で約200万を超えるエピソードが検索可能

まずは英語のポッドキャストから作業が開始されており、日本語での検索も時期に完了する予定である。

また、今後はGoogleポッドキャストだけでなく、別のプラットフォームのポッドキャストも検索結果に追加していく予定だとか。

 

Googleポッドキャストの使い方や機能などはこちら
⇒ 無料で使い放題のGoogleポッドキャストとは?使い方や料金、操作方法を徹底解説!

ポッドキャストとは?
⇒ ポッドキャストって何?無料で聴けるアプリや使い方、人気番組とは?

source:THE VERGE

- ポッドキャスト

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事