2022/6/19まで|70年分、総額82万円超えのAmazonギフト券が当たる期間限定キャンペーン

挿入歌

『アメイジングスパイダーマン2』の挿入歌(ピーターがグウェンと仲を取り戻すシーン)

こでぃも

『アメイジングスパイダーマン2』の挿入歌(ピーターがグウェンと仲を取り戻すシーン)

https://youtu.be/74akAZrgmvY

2014年4月25日公開の映画『アメイジングスパイダーマン2』。

ニューヨークのヒーロースパイダーマンをアンドリュー・ガーフィールドが演じた第2作目の映画です。強敵エレクトロ、恋人のグウェンが登場することで熱い展開が繰り広げられる作品!

日本の興行収入は30億円ほどで、この記事ではピーターがグウェンと仲を取り戻すシーンで使われている挿入歌をご紹介していきます!

ピーターがグウェンと仲を取り戻すシーンの音楽

Phosphorescent - Song For Zula

Phosphorescent - Song For Zula

『アメイジングスパイダーマン2』のピーターがグウェンと仲を取り戻すシーンで使われている音楽は、Phosphorescent(フォスフォレッセント)の『Song For Zula』という楽曲です。

こでぃも
こでぃも

ピーターがグウェンとの別れを覚悟してから、意を決して再会するシーンで流れた曲ですが、ロマンチックな雰囲気がとても印象的。幻想的な雰囲気を感じさせる前奏と共に、道路を行き交う車もお構いなしのピーターがグウェンに近寄る姿は心に残ります。

2人が近づいたり遠ざかったりする関係性は応援したくなり、エレクトロとの戦いを経てまた変わっていくのが見どころでしょう。スパイダーマンは糸を飛ばして機転を利かせるアクションも凄いですが、『アメイジングスパイダーマン』ではロマンスにも注目して欲しいですね。

ピーターの決断や戦いぶりに色々と考えさせられること間違いなしです!

自分にピッタリの音楽アプリで聴き放題!

数多くある音楽サブスクの中から、自分にあったランキングからおすすめが選べます!

▶ 2022年4月更新!音楽アプリを23個のおすすめでランキング化!

 

アメイジングスパイダーマン2が観れる動画配信は、次の記事でご紹介しています。

👉 映画『アメイジングスパイダーマン2』が観れる動画配信とは?

 

Phosphorescentの代表曲

こでぃも
こでぃも

ゆったりとしたリズムの曲が多く、魅惑的な雰囲気も感じさせる男性シンガー。『Ride On / Right On』は少し珍しい音も使っているのも聞きどころであり、歌と合っているのがまた良いですね。

優しく語りかけるような歌は一度聞くと忘れられない感じがして、ゆっくり聞きたくなるタイプのアーティスト。カントリー風やのんびりと歌を聞きたい時にもおすすめです。

 

Phosphorescent - Wolves

 

Phosphorescent - Ride On / Right On

Phosphorescent - Ride On / Right On (Official Video)

 

Phosphorescent -New Birth in New England

New Birth in New England

 

『アメイジングスパイダーマン2』とは

ストーリー

スパイダーマンとしてニューヨークの平和を守り、ひとりの男性として恋人グウェンとの愛を育む、忙しくも充実した日々を送っていたピーター・パーカー。しかし、彼の旧友で巨大企業オズコープ社の御曹司であるハリー・オズボーンが街に戻ってきたことから、ピーターの生活は少しずつ狂い始める。一方、オズコープ社に勤める冴えない電気技師マックスは、感電事故に巻き込まれたことで、突如電撃を発する超人・エレクトロに変貌してしまう…!平凡な青年であることと、スパイダーマンとしての大いなる責任の間で葛藤してきたピーターに、更なる試練が襲い掛かる。

『アメイジングスパイダーマン2』公式サイト

『アメイジング・スパイダーマン2』予告編(大ヒット公開中)

 

キャスト

ピーター・パーカー /アンドリュー・ガーフィールド

グウェン・ステイシー /エマ・ストーン

マックス・ディロン /ジェイミー・フォックス

ハリー・オズボーン /デイン・デハーン

ドナルド・メンケン /コルム・フィオール

アレクセイ・シツェビッチ /ポール・ジアマッティ

メイおばさん /サリー・フィールド

 

スタッフ

監督:マーク・ウェブ

制作:アヴィ・アラッド、マット・トルマック

脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、ジェフ・ピンクナー

撮影:ダン・ミンデル

美術:マーク・フリードバーグ

衣装:デボラ・L・スコット

編集:ピエトロ・スカリア

音楽:ハンス・ジマー

 

サウンドトラック

 

- 挿入歌
関連キーワード -

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こでぃも

年100本以上の洋画を見て海外ドラマもついつい見続けてしまう こでぃも です。新作公開映画は年に20本観るので時間が欲しくてしょうがないです(笑)マーベル、DC、ディズニーを見たり、ネットフリックスのオリジナル作品も凄いなと思う今日この頃。アクション映画の迫力、ファンタジーの魅力などなど、皆さんにも映画のおもしろさを伝えつつ、楽しんでいければと思いますのでよろしくお願いします~


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事