映画『沈黙のパレード』で流れる3曲をシーンで解説!

こでぃも

『沈黙のパレード』で流れる主題歌を解説!


2022年9月16日公開の映画『沈黙のパレード』。

ドラマ「ガリレオ」の映画シリーズ第3弾であり、天才物理学者が刑事と共に事件を解決していくミステリー作品です。主題歌は福山雅治、柴咲コウによるユニット「KOH+」が担当。原作は東野圭吾、監督は西谷弘で、前作の興行収入は33億円ほどでした。

この記事では、映画『沈黙のパレード』で流れた音楽3曲をご紹介します。※この記事では物語のネタバレを含みます

Apple Music

『沈黙のパレード』で流れた曲とは?

主題歌(KOH+の『ヒトツボシ』)

KOH⁺「ヒトツボシ」(映画『沈黙のパレード』Inspire Movie)

KOH+ - ヒトツボシ

主題歌は、KOH+の『ヒトツボシ』です。

柴咲コウの伸びのある歌声と、落ち着いた伴奏による曲です。

作詞・作曲・プロデュースは福山雅治で、彼は今映画の主人公・湯川を演じます。

ボーカルは柴咲コウが担当し、彼女は内海薫を演じます。

9年ぶりに揃う役者たち演技に引き込まれつつも、登場人物の思惑などが行き交う物語は引き込まれましたね。エンディングで流れる『ヒトツボシ』を聞いていると改めて彼らの演技を思い出させてくれます。

 

佐織が歌コンテストで歌うシーン

The Voice~“Jupiter”English Version~

平原綾香 - Jupiter(English Version)

佐織が歌コンテストで歌うシーンで流れた曲は、平原綾香の『Jupiter(English Version)』です。

映画の冒頭で並木佐織は歌のコンテストに出場し、『Jupiter(English Version)』を歌っていましたね。彼女の役を演じる川床明日香が歌うのですが、たっぷりとした声量を活かすようにして歌う姿が印象的。

壮大な世界に引き込まれるような心地がする中、佐織は新倉先生に歌のレッスンをしてもらってからは、さらに上手くなっていくのが聞きどころでしょう。

そんな佐織が突然消えてしまい、数年経過してから焼死体が見つかるという驚きのストーリーが始まっていきますが…謎の多い事件が二転三転するのがポイントですよ。

原曲はイギリスのホルストが作曲した組曲「惑星」で、オーケストラが演奏することが多いです。(曲中に「木星」というパートがあります)

 

チーム菊野がパレードで行進するシーン

菅野祐悟 - 宝島

チーム菊野がパレードで行進するシーンで流れる曲は、菅野祐悟の『宝島』です。

宮沢書店の店主である宮沢は元気で勢いのある女性!そんな彼女が地元のメンバーを率いて、海賊をモチーフにした行進をするシーンは派手でしたね。

海賊船に乗った宮沢はキャプテンの衣装に身を包み、メンバーは金銀財宝を運んだりする!その際に観客と共に盛り上げるような曲が始まり、掛け声のような歌が続いていきます。

ラップパートや勢いのある歌が続いていくため、見ても聞いても楽しいワンシーンとなりました。演者たちがパレードを見に来たお客とコミュニケーションをとる姿も微笑ましいですよ。


音楽をオフラインで聴くなら、『Apple Music』がオススメ!!

Apple Music
Apple Music

  • iPhone・Mac・iPadとの相性バツグン!不具合やエラーが少ない
  • 追加料金なしで、ハイレゾ・空間オーディオが楽しめる
  • CDやmp3の音楽をアップロードして管理・再生・同期ができる
  • iTunesで購入した曲も一緒に聴ける

無料でApple Musicを使う


筆者の感想

街でパレードが開催されるシーンでは、各チームによる出し物や衣装が個性的でしたね。クレオパトラとエジプトをモチーフにし、儀式めいたダンスと共に演出を見せてくれるチーム。ゆるキャラの巨大な風船をフワフワと浮かべるチームなどなど!

それぞれ曲が異なるのも聞きどころでしたが、徐々にミステリーらしさを感じるシリアスな曲が増えていきますよ。湯川先生が事件に関わっていくようになり、草薙刑事とも言葉を交わす機会が…彼らの行方にも注目ですね。

事件の真相を知ってから、再び登場人物の動向を見返したくなるミステリー映画でした!


音楽をオフラインで聴くなら、『Apple Music』がオススメ!!

Apple Music
Apple Music

  • iPhone・Mac・iPadとの相性バツグン!不具合やエラーが少ない
  • 追加料金なしで、ハイレゾ・空間オーディオが楽しめる
  • CDやmp3の音楽をアップロードして管理・再生・同期ができる
  • iTunesで購入した曲も一緒に聴ける

無料でApple Musicを使う


Apple Music

サウンドトラック

 

カテゴリー - 邦画


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こでぃも

年100本以上の洋画を見て海外ドラマもついつい見続けてしまう こでぃも です。新作公開映画は年に20本観るので時間が欲しくてしょうがないです(笑)マーベル、DC、ディズニーを見たり、ネットフリックスのオリジナル作品も凄いなと思う今日この頃。アクション映画の迫力、ファンタジーの魅力などなど、皆さんにも映画のおもしろさを伝えつつ、楽しんでいければと思いますのでよろしくお願いします~