クーポンを使うと音楽聴き放題の「楽天ミュージック」が60日間無料に!

映画『シュガーラッシュ』で流れる6曲をシーン別にご紹介!

beersy

映画『シュガーラッシュ』で流れる6曲をシーン別にご紹介!

https://youtu.be/IPMACmdmzho



2013年3月23日公開の映画『シュガーラッシュ』。

  • レック・イット・ラルフ声優:英語版/ジョン・C・ライリー、日本語版/山寺宏一
  • 監督:リッチ・ムーア
  • 音楽:ヘンリー・ジャックマン

アメリカの3Dコンピュータアニメーション、ファンタジー・アドベンチャー映画。

ゲームの中で悪役を演じるのに嫌気がさしたラルフと、別のゲーム「シュガーラッシュ」で孤立している少女・ヴァネロペとの友情と大冒険が描かれた、人間の知らない世界のお話。

日本でもお馴染みソニック、ストリートファイター、マリオなど錚々たるゲームから、多くのキャラクターが出演している事でも話題となりました。

この記事では、映画『シュガーラッシュ』で流れる6曲をご紹介します。

※以下ネタバレ有り


『シュガー・ラッシュ』を聴く

『シュガーラッシュ』で流れる曲とは?

フェリックスが大勢でパーティをしているシーン

Kool & The Gang - Celebration

フェリックスが大勢でパーティをしているシーンで流れる曲は、Kool & The Gangの『Celebration』です。

クール&ザ・ギャングは、アメリカのファンク・バンド。「Celebration」「Cherish」「Jungle Boogie」など。

人気ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の30周年パーティが行われているシーン。

ゲームには無くてはならない「悪役」の存在…無碍にされているラルフが気の毒なカットです。家がゴミ山って。

楽しそうなパーティシーンで流れるのは、思わず踊りたくなる有名なダンス・ファンクミュージック♪

 

ラルフがサイ・バグから逃げるシーン

ラルフがサイ・バグから逃げるシーンで流れる曲は、Skrillexの『Bug Hunt』です。

スクリレックスは、アメリカの音楽プロデューサー、作曲家、トラックメイカー兼DJ。代表曲は「Bangarang」「Rock n Roll」など。

メダルを手にするも、サイ・バグに襲われ非常用シャトルで「ヒーローズ・デューティ」から飛び立ってしまうシーン。

「ヒーローズ・デューティ」のカルホーン軍曹のファンはどれ位いる事でしょう。男まさりで超美人!ゲームですが憧れます…♪

ここで流れるのは急展開を盛り上げる、ノリノリのEMD。

 

ラルフが「シュガーラッシュ」の中に飛び込むシーン

Sugar Rush (From "Wreck-It Ralph"/Soundtrack Version)

ラルフが「シュガーラッシュ」の中に飛び込むシーンで流れる曲は、AKB48の『Sugar Rush』です。

AKB48は、秋元康プロデュースによる日本のアイドルグループ。代表曲は「ヘビーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」など。

現実世界で、女の子がゲームをしようとするも、男の子達に断られるシーンでもチラっと流れます。

こちらまで甘い匂いが漂って来そうな、キュートなお菓子の国のカット。映画「チャーリーとチョコレート工場」を彷彿とさせますね!

ここで流れるのは、AKB48にとって世界デビューとなった曲。ディズニー側からのオファーにより実現したそうです。

 

ヴァネロペがカートの運転を練習するシーン

Rihanna - Shut Up And Drive

ヴァネロペがカートの運転を練習するシーンで流れる曲は、Rihannaの『Shut Up And Drive』です。

リアーナは、アメリカのシンガーソングライター、女優、モデル。代表曲は「Umbrella」「Diamonds」「Don't Stop the Music」など。

運転の出来ないヴァネロペに、ラルフが教えるシーン。といっても、ラルフもよくわかっていない。笑

ビスケットの車輪やハンドル、アメのマフラー、チョココーティングの車体…夢がたっぷりと詰まったカートがとてもキュート!子どもも大喜びです。

孤独なラルフと、同じような境遇のヴァネロペとの友情が芽生えるシーンで流れるのは、アップテンポのダンス・ポップ。

アーティスト情報リアーナを聴く方法

 

エンディング・スタッフクレジット

Owl City - When Can I See You Again? (From Wreck it Ralph)

エンディング・スタッフクレジットで流れる曲は、Owl Cityの『When Can I See You Again?』です。

アウル・シティーはアメリカの作曲家「アダム・ヤング」 のソロプロジェクトの名称。代表曲は「Good Time」「Fireflies」など。

驚きの事実が判明したり、ラルフとヴァネロペの友情がアツかったり、フェリックスとカルホーン軍曹に愛が生まれたりと、最後の最後まで幸せな気持ちになれたエンディング。

そして、昔のゲーム画面風のデザインによるエモくて最高なスタッフクレジット!特に「ストリートファイター」の映像には懐かしい気持ちになりました。

ラルフの「あの子が俺を好きでいてくれるなら、悪役も悪くない」というセリフと共に流れる、アウル・シティーのエンドソングが最高にマッチ!

エレクトロポップが爽やかに物語を締めてくれました♪

 

エンドロール②

Sugar Rush (From "Wreck-It Ralph"/Soundtrack Version)

エンドロールで流れる二曲目は、AKB48の『Sugar Rush』です。

ラルフが「シュガーラッシュ」の中に飛び込むシーンでも使用されています。

 

エンドロール③

Wreck-It, Wreck-It Ralph (From "Wreck-It Ralph"/Soundtrack Version)

Buckner and Garcia - Wreck-It, Wreck-It Ralph

エンドロールで流れる三曲目は、Buckner and Garciaの『Wreck-It, Wreck-It Ralph』です。

バックナー&ガルシアは、アメリカのデュオ。アーケードゲーム「パックマン」をモチーフとした「Pac-Man Fever」が代表曲。

ゲイリー・ガルシア亡き後に制作されたこの「Wreck-It, Wreck-It Ralph」は、アニー賞を含む数々の賞を受賞、オスカーにもノミネートされました。

ゲーム音のようなメロディと、ラルフのキャラクターをそのまま歌ったコミカルな歌詞がベストな楽曲です♪

 

サウンドトラック

 

『シュガー・ラッシュ』を聴く

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母beersy(ビアシィ)子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。アクション好きだが、雑食性で何でも鑑賞するタイプ。しかしその実態はただの筋肉好き。いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない(嘘) 私の記事を通して、筋肉好きの読者さんが増えたら嬉しいです(?)