クーポンを使うと音楽聴き放題の「楽天ミュージック」が60日間無料に!

映画『キングスマン』で流れる9曲をシーンごと紹介!

beersy

映画『キングスマン』動画配信先&流れる9曲をシーンごと紹介!

https://youtu.be/_46NJj5AFjM



2015年9月11日公開の映画『キングスマン』。

イギリスとアメリカの共同製作作品で、架空のスパイ組織「キングスマン」の活躍が描かれた、アクション・スパイ映画。

マーク・ミラーとデイヴ・ギボンズのマーベル・コミックが原作で、映画版は豪華なキャスト陣を迎えシリーズ化されました。

  • 主役/ゲイリー・“エグジー”・アンウィン役:タロン・エガートン(日本語版吹き替え:木村昴)
  • ハリー・ハート(ガラハッド)役:コリン・ファース(日本語版吹き替え:森田順平)
  • リッチモンド・ヴァレンタイン役:サミュエル・L・ジャクソン(日本語版吹き替え:玄田哲章)
  • 監督:マシュー・ヴォーン
  • 音楽:ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージェソン(英語版)

この記事では、映画『キングスマン』で流れる音楽9曲をご紹介します。 

※以下ネタバレ有り

動画配信情報『キングスマン』を観る方法

『キングスマン』で流れる曲とは?

オープニング

Dire Straits - Money For Nothing (Official Music Video)

オープニングで流れた曲は、Dire Straitsの『Money For Nothing』です。

ダイアー・ストレイツは、イギリスのロックバンド。

1985年にリリースされた、MTVに出演するアーティスト達を痛烈に批判するという、なんともロックな歌。ニヤニヤとゆる〜く歌う感じがクセになる!

時は1997年中東、ヘリコプターが建物に爆撃を仕掛けるシーンで流れます。

崩れ落ちる岩がクレジットになるという、オシャレなOP!映像にマッチした、効果的な音楽の使い方が面白いです♪

 

エグジーが警察とカーチェイスするシーン

Dizzee Rascal - Bonkers

エグジーが警察とカーチェイスするシーンで流れた曲は、Dizzee Rascalの『Bonkers』です。

ディジー・ラスカルは、イギリスのヒップホップMC、プロデューサー。

ノイズが入りつつ同じメロディがリフレインされるので、不思議な感覚に襲われるグライム・ヒップホップ。

不遇な環境で生きる不良になってしまったエグジーが、義父の車を奪い警察とカーチェイスを繰り広げるシーンで流れます。

夫を亡くした母の荒れようが酷い;哀れな妹に優しく出来るエグジーは、不良であっても心の綺麗な少年ですね!

このあと、ハリーに助けられたエグジーが、不良達から逃れ見事なパルクールを披露するシーンでも使用されました。

 

キングスマンの研修生達が、クラブに行くシーン

Rudimental - Feel The Love (ft. John Newman) [Official Video]

クラブにいるシーンで流れた曲は、Rudimentalの『Feel The Love (ft. John Newman)』です。

イギリスの4人組バンド・ルディメンタルと、シンガーソングライター・DJのジョン・ニューマンのフューチャリング曲。

UKダンスには欠かせないバンドの楽曲で、疾走感のある独特なサウンドがクラブ・シーンにピッタリ!

キングスマンへの道のりは厳しく、過酷で残酷な試験の数々が立ちはだかります。女性を口説き落とす試験とは一体…?ハラハラドキドキの連続です!

 

凶暴化したハリーが、教会にいる人々を殺戮するシーン

Lynyrd Skynyrd - Free Bird

凶暴化したハリーが、教会にいる人々を殺戮するシーンで流れた曲は、Lynyrd Skynyrdの『Free Bird』です。

レーナード・スキナードは、アメリカのサザン・ロックバンド。1973年にリリースされた曲。

サミュエル・L・ジャクソンが演じるヴァレンタインが、恐ろしい実験をする、とても残忍でグロ注意なシーン!

この哀愁のあるゆるりとしたエモいロックが、逆に不気味さを演出しています。

 

マーリンの操作により、ヴァレンタインの部隊や有力者達の頭が爆発して行くシーン

Pomp and Circumstance (From "Kingsman: The Secret Service")

マーリンの操作により、ヴァレンタインの部隊や有力者達の頭が爆発して行くシーンで流れた曲は、エドワード・エルガーの『Pomp and Circumstance/威風堂々』です。

エドワード・エルガーは、20世紀前半に活躍したイギリスを代表するロマン派の作曲家、指揮者。

「威風堂々」は、現代でも様々なシーンで聴くことのある彼の代表曲で、イギリスでは第2の愛国歌と言われています。

そんな名曲が、人々の頭がポンポン、まさに花火のように爆発して行くシーンで使用されています;

よく観るとエグいので、うわぁ〜花火大会みた〜い♪と思わないと直視出来ませんでした。笑

 

SIMカードにより凶暴化した世界中の人々が、殺し合いをするシーン

KC - Give It Up (Digital Video)

 KC & The Sunshine Band - Give It Up

SIMカードにより凶暴化した世界中の人々が、殺し合いをするシーンで流れた曲は、 KC & The Sunshine Bandの『Give It Up』です。

KC&ザ・サンシャイン・バンドは、1970年代に活躍したアメリカのバンド。

ハリーの殺戮シーンや頭ポンポンシーン同様、軽やかなディスコ・ミュージックが重い映像とミスマッチ!

非常に胸糞悪い感情にさせられます;

コメディなのかシリアスなのか、本当に不気味で気持ち悪いシーンの数々でした。(使用曲自体はとても名曲です…)

 

囚われたティルデ王女が、エグジーにご褒美をあげるシーン

Bryan Ferry - Slave To Love [Official]

囚われたティルデ王女が、エグジーにご褒美をあげるシーンで流れた曲は、 Bryan Ferryの『Slave To Love』です。

ブライアン・フェリーは、イギリスのロック・ミュージシャン、作曲家。

1985年にリリースされた曲で、ゆったりとしたビート・メロディとギターが官能的!

生死をかけた戦いの直後、こんなイイコト出来るんですかね…?だいぶ引いたエンディングでした。笑

ちなみに、このティルデ王女はシリーズ第2弾にも登場しますよ!

 

エンドロール①

Take That - Get Ready For It (Official Video)

エンドロールで流れた一曲目は、Take Thatの『Get Ready For It』です。

テイク・ザットは、イギリスの国民的ポップ・ボーカルグループ。

爽やかで重厚感のあるサウンド、広がりのある声が聴いていて心地良い!本作の映像をバックに歌うMVも必見です♪

本作は、マーベルコミックでありながらも「マーベルヒーロー」では無い、人間味のある作品。

ただし、ヴァレンタインが行った悪行はとても規模の大きい計画で、たった3人で挑むストーリーにはドキドキしました!

 

エンドロール②

Iggy Azalea-Heavy Crown Ft. Ellie Goulding (Official)

エンドロールで流れた二曲目は、Iggy Azaleaの『Heavy Crown Ft. Ellie Goulding』です。

オーストラリアのラッパー、シンガーソングライターのイギー・アゼリアと、イギリスのシンガーソングライターであるエリー・ゴールディングのフューチャリング曲。

イギーは、劇中前半のニュースで「行方不明になっている」と報道されていました。ちょっと期待しましたが、ご本人は登場しませんでしたね;

本作最後に流れるのは、独特なビートを刻むサウンドと世界観、豪華なMVも釘付けになってしまうほど魅力的でオシャレな一曲!

オーストラリアの田舎町から飛躍したイギーの力強いリリックと、EDMシーンの新星と呼ばれるエリーのセクシーで透き通る歌声が、絶妙にマッチしています♪

エンドロールも劇中曲も、音楽センスが素晴らしく光っている映画なので、ぜひサントラも使用曲も一緒に楽しんでくださいね♪

 

サウンドトラック

 

映画『キングスマン』動画配信先&流れる9曲をシーンごと紹介!
映画『キングスマン』で流れる9曲をシーンごと紹介!

続きを見る

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』動画配信&流れる曲を紹介!
映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』で流れる曲を紹介!

続きを見る

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』の動画配信&流れる4曲を紹介!
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』で流れる4曲を紹介!

続きを見る

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母beersy(ビアシィ)子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。アクション好きだが、雑食性で何でも鑑賞するタイプ。しかしその実態はただの筋肉好き。いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない(嘘) 私の記事を通して、筋肉好きの読者さんが増えたら嬉しいです(?)