Amazon Prime Music過yudilloyd0611@gmail.comンペーン

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で流れた挿入曲をシーンごと紹介

とまと

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で流れた挿入曲をシーンごとに紹介

https://youtu.be/DYZ8H2uzxRc



2015年6月20日公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

メル・ギブソン主演の人気シリーズ『マッドマックス』の4作目として27年ぶりに作られた作品です。マックス役をトム・ハーディが、フュリオサ役をシャーリーズ・セロンが演じ話題になりました。第88回アカデミー賞では作品賞・監督賞を含む10部門にノミネートされ、衣装デザイン賞・美術賞など6部門を受賞しました。

この記事では、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で流れた音楽4曲をご紹介します。

動画配信情報『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観る方法
Amazon Prime Music キャンペーン

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で流れる曲とは?

スプレンディドを失い悲しむシーン

19. Elegy for Rosa (Mad Max: Fury Road Complete Score)

Eleni Karaindrou - Elegy For Rosa

スプレンディドを失い悲しむシーンで流れた曲は、Eleni Karaindrouの『Elegy For Rosa』です。

誰よりも強く「緑の地」を求めていたスプレンディド。彼女を失った悲しみの大きさをを表すかのような美しい夕日のシーンからこの曲『Elegy For Rosa』が流れます。

スプレンディド役を演じたロージー・ハンティントン=ホワイトリーは、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルを務めたこともあるモデルです。なんと、あのジェイスン・ステイサムの奥さんなんですよ!

『Elegy For Rosa』は、映画音楽・劇場音楽など多方面での活躍を見せるギリシャ出身の女性作曲家エレニ・カラインドルーの曲です。1991年にリリースされたアルバム『Music For Films』に収録されています。


Amazon Music
Amazon Music Unlimited

無料で音楽を聴き放題!


 

武器将軍が機関銃で攻撃してくるシーン

Verdi’s Requiem: “Dies irae”

Giuseppe Verdi - Messa da Requiem - Dies Irae

武器将軍が機関銃で攻撃してくるシーンで流れた曲は、Giuseppe Verdiの『Messa da Requiem - Dies Irae』です。

フュリオサの狙撃で視力を失った「正義の番人」を自称する武器将軍が「地獄の聖歌隊の指揮者」と叫び突撃してきます。

ここで流れている曲は、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家、「オペラ王」の異名を持つジュゼッペ・ヴェルディの『レクイエム (原題:Messa da Requiem) 』です。『レクイエム』は、1時間半近くある作品で、今回使用されたのは、一番有名な曲『Dies Irae』です。『Dies Irae』とはラテン語で「怒りの日」を意味します。

 

フュリオサと鉄馬の女たちとの再会シーン

Eleni Karaindrou - Refugee's Theme Symphonic Variation No.1

フュリオサと鉄馬の女たちとの再会シーンで流れた曲は、Eleni Karaindrouの『Refugee's Theme Symphonic Variation No.1』です。

目指していた「緑の地」が汚染され、荒廃してしまったことを知る辛い場面ですね。このシーンで流れる曲は、Eleni Karaindrouの『Refugee's Theme Symphonic Variation No.1』を元に作った『Many Mothers』です。

エレニ・カラインドルーは、1941年、中央ギリシャの山村に生まれました。自然の営みから生まれる多種多様な音や、村人たちが奏でる音楽、そして教会音楽の旋律に囲まれて育ったという彼女が作る音楽は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード 』の雰囲気にマッチしていますね!

 

日本版エンディングソング

MAN WITH A MISSION×Zebrahead 『Out of Control』

MAN WITH A MISSION×ZEBRAHEAD - Out of Control

日本版エンディングソングは、MAN WITH A MISSION×ZEBRAHEADの『Out of Control』です。

日本版エンディングソングとして起用されたのは、なんと日本の人気覆面バンド、MAN WITH A MISSIONです。映画の世界観と見事にマッチし話題になりましたね!

『Out of Control』はMAN WITH A MISSIONとアメリカのロックバンドZebraheadが共同制作した曲です。ジョージ・ミラー監督が MAN WITH A MISSIONの音楽をとても気にいったという事実により、映画での楽曲起用が実現したとか!MVもかっこいいので、必見です!

日本オリジナル予告映像はコチラ!

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」日本オリジナル予告映像

 

サウンドトラック

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を聴く

 

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とまと

洋画大好きライターのとまとです!好きな恋愛映画はLost in translationとJackie Brown。いやいやBleederも捨てがたい…。ちょっぴりビターなストーリーに激弱です。
音楽は「U2よりNirvanaが好き」に共感しまくるグランジ好き。アイラブコートニーラブ♡
毛布を被って映画を観るのがトマトスタイル、映画館よりお家で観たい派です!動画サブスク万歳!