映画・ドラマの挿入歌

映画『ロッキー3』で流れる全7シーンの曲をご紹介!

beersy

映画『ロッキー3』で流れる4曲をシーン別にご紹介!

https://youtu.be/Gb0ViN3jiyg



1982年7月3日公開の映画『ロッキー3』。

アメリカのスポーツ映画で、シリーズ3作目。

監督・脚本・主演:シルヴェスター・スタローン。

この記事では、映画『ロッキー3』で流れる音楽5曲をご紹介します。

 

映画「ロッキー」シリーズで流れる曲とシーン紹介はこちら!

👉 映画『ロッキー』で流れる11曲をシーン別に紹介!

👉 映画『ロッキー2』で流れる4曲をシーン別にご紹介!

👉映画『ロッキー4/炎の友情』で流れる9曲をシーン別にご紹介!

👉 映画『ロッキー5/最後のドラマ』で流れる8曲をシーン別にご紹介!

👉 映画『ロッキー・ザ・ファイナル』で流れる16曲をシーン別にご紹介!

 

『ロッキー3』で流れる曲とは?

オープニング

Survivor - Eye Of The Tiger (Official HD Video)

Survivor - Eye Of The Tiger

オープニングで流れた曲は、Survivorの『Eye Of The Tiger』です。

1982年にリリース。

サバイバーは、アメリカのロックバンド。

beersy
beersy

「ロッキー2」で、ついにチャンピオンとなったロッキーのその後。

ベルト防衛戦を重ね実績を増やして行く様子を描いたオープニング。

苦手だったスターとしてのCMなどの仕事も順調にこなし、家庭も円満、本当のアメリカン・ドリームを掴みましたね!

しかし、そんなロッキーへの挑戦権を得たのは野生的なボクサー、クラバー・ラング。

スーツを着てチャラけているロッキーと、地道にトレーニングを重ねるクラバーとの対比が面白い!

今回の相手はどうやら紳士的では無さそうです。展開にワクワクさせられるオープニングですね◎

ちなみに、クラバーを演じているのは、アメリカの最高峰プロレスWWEで殿堂入りを果たしたミスター・T。

この頃からレスラーとも関わっているスタローン…素晴らしい!!

そんなスタローン監督ですが、今作ではさらに肉体改造を重ね、シリーズ1、2とはまた違った「ロッキー」を見せてくれますよ♪

さて、ここ使用されている曲は「ロッキー3」の主題歌でもある、サバイバーの「Eye Of The Tiger」

スタローンが依頼しこの映画のために作られた、やる気が漲ってくるような力強い楽曲。

今でもバラエティなどで使われており、耳にしたことのある人も多いと思います♪

 


音楽をオフラインで聴き放題!

音楽をダウンロードして、スマホでオフライン再生するには、こちらの記事をどうぞ!

ダウンロードできる音楽アプリ・サブスク20選


 

 

ロッキーとエイドリアンが歌うシーン

Take You Back (Street Corner Song From Rocky)

Valentine - Take You Back

ロッキーとエイドリアンが歌うシーンで流れた曲は、Valentineの『Take You Back』です。

1976年にリリース。

バレンタインは、シルヴェスター・スタローンの弟であるフランク・スタローンが在籍したバンド。

beersy
beersy

ポーリーの相変わらずのダメ兄ちゃんっぷりを観て、安心。笑

しかし、ロッキーのポーリーへの優しさは一体なんなんだろう?と不思議に思い、筆者なりに考察しましたが、もしかしたら幼い頃ロッキーはポーリーに憧れを抱いていたのではないでしょうか。

彼の気持ちを素直に表すところ、大胆に行動出来るところ、お調子者で明るいところ。

考えてみるとロッキーには無いものばかり持っているんですよね。

少々寡黙なロッキーに対して、ポーリーにも「自分が上だ」という気持ちが少なからずあった。

そして、ボクシングで成功して行くロッキーを祝福しながらも、自分との格差に嫉妬心が芽生えてしまったのでは。

この二人の不思議なところは、喧嘩しても本当に縁を切ったりはしないんですよね。

必ずポーリーが素直になって、ロッキーがそれを受け止める。めちゃくちゃ良い関係だと思います!!

さて、ここでロッキーとエイドリアンがベッドで歌った曲は、「ロッキー1」でも使用されたF・スタローン作曲の「Take You Back」

ロッキーの裏主題歌でも良いのではないかと思うくらい、シリーズではお馴染みとなった曲です♪

ロッキーがトレーニングをするシーン

Frank Stallone - Pushin

ロッキーがトレーニングをするシーンで流れた曲は、Frank Stalloneの『Pushin』です。

1982年にリリース。

フランク・スタローンは、アメリカの俳優、歌手、ギタリストで、シルヴェスター・スタローンの弟。

beersy
beersy

数々の試合をこなし、有名になっていくロッキー。

ロッキーのチャリティー試合では、世界的に有名なレスラーであるハルク・ホーガンが出演!とんでもなく豪華で驚きました◎

その後、引退を決意するもクラバーの挑発に乗り、最後の試合をすることに。

トレーニングを開始しますが、ロッキーが作ったジムはミッキーも呆れるほどのチャラいジム。さすがのエイドリアンも怒り気味。

うーんやっぱり、小綺麗な格好をしていて賢そうに見えても、貧乏だった頃の自分が抜けないのでしょうか?

調子に乗りすぎていてまた失敗をしてしまいそう。危うい男だ…。

でもねスタローンファンとしては、ジム内で販売されているグッズが欲しくてたまらないの…!あー全部欲しい!!

ここで流れている曲は、フランク・スタローンの「Pushin」

軽快なリズムの、ディスコ・ミュージックです♪

ロッキー・エイドリアン・ポーリーが、アポロと一緒に昔のジムへ向かうシーン

Frank Stallone - Take You Back(Tough Gym)

ロッキー・エイドリアン・ポーリーが、アポロと一緒に昔のジムへ向かうシーンで流れた曲は、Frank Stalloneの『Take You Back(Tough Gym)』です。

1982年にリリース。

beersy
beersy

※ネタバレ有り

まさか、ミッキーが死んじゃうなんて。この時から、「スタローンの近しい人が死んじゃう映画あるある」が始まるのでした…。

厳しい言葉を投げつつも、常にロッキーを奮い立たせてくれたミッキー。

ロッキーは失意のどん底に落ちます。観ているこちらも落ちに落ちました。自分のパパが死んじゃったような感覚。

そんなロッキーと映画の視聴者を救ったのは、盟友・アポロ。

クラバーの激しい挑発に耐えきれず、ロッキーのトレーナーを買って出ます!

昔敵であったアポロがめちゃくちゃ親身に…。少年漫画的・胸アツ展開にオラわくわくすっぞ!!

エイドリアン、ポーリーとともに、古巣であるカリフォルニアに行くのでした。

アポロの変わらぬ負けん気の強さ、この時はとても心強く感じますね。

カリフォルニアの街並みを映し出しているシーンで流れているのは、フランク・スタローンの「Take You Back(Tough Gym)」

バレンタインの「Take You Back」の劇中歌バージョンです。

ミックスの仕方によって、こんなにも印象が変わるんですね!ア・カペラも良いけれど、このバージョンもオシャレです♪

ロッキーとアポロがトレーニングを再開するシーン

Bill Conti - Gonna Fly Now

ロッキーとアポロがトレーニングを再開するシーンで流れた曲は、Bill Contiの『Gonna Fly Now』です。

1976年にリリース。

ビル・コンティは、アメリカの作曲家。

beersy
beersy

トレーニングするロッキーを、激しく殴られ負ける恐怖・ミッキーを失った時のフラッシュバックが襲う。

一度立ち止まり、対決を投げ出そうとするロッキーを支えたのは、他でもないエイドリアンなのでした。

ロッキーと激しく言い合い、自分の気持ちをぶつけるエイドリアン。本当に、なんて良い子なの…。

彼女の最初を知っている身としては、本当にロッキー同様「強くなったな」と思いました。

映画「ロッキー3」の泣き所は「ミッキーの死」シーンだけではない!

この、エイドリアンがロッキーを説得するシーンにもぐっと来るものがあります。

登場人物たちの成長と苦悩と、素直な気持ちのぶつかり合いが観られる点も「ロッキー」シリーズの醍醐味と言えるでしょう!!

決意を新たに、ロッキーがアポロとトレーニングを再開するシーンで流れるのは「Gonna Fly Now」

「ロッキー」シリーズお馴染みのテーマ曲。やる気が漲ります!!

…めちゃくちゃ動けるアポロを見て、アナタもまだまだ戦えるじゃん。と思うシーンでもありました。笑

エンディング

Bill Conti - The Final Bell

エンディングで流れた曲は、Bill Contiの『The Final Bell』です。

1976年にリリース。

beersy
beersy

※ネタバレ有り

たくさんの人の力を借り、挑む試合!

ミッキーの死を乗り越え、ここまで来られたのもみんなのおかげだね…!←涙腺ゆるゆるオバは、ここですでに感極まる。笑

アポロがロッキーに自身が使っていた試合パンツを差し出した時は、特にぐっと来ました。

そして激しい攻防の末、勝利したのはロッキー!!わかっちゃいたけど感動します。

アポロのセコンドがまた良いんですよ。自分がリングに上がりたいけど上がれないっていう、もどかしさも重々伝わってくるんですよね。

ロッキーの最後のラッシュも最高でした!!

そして、エンドロールの前にはなんとグローブを嵌めたアポロとロッキーの姿が。

お互いを褒め称えるふたり。ボクシングを愛する彼らは、戦うことで心が通じるのでしょうね。

拳を交える瞬間で物語は終わりますが、この演出には鳥肌が立ちました◎

全然関係ないけど、喧嘩漫画「ろくでなしBLUES」のラストもこんな感じだったなー。胸アツ過ぎる…!!

ロッキーが勝利するシーンで流れるのは、お馴染みのファンファーレ「The Final Bell」

今作は相手が憎たらしく特にイライラしたので、スカっとするエンディングにピッタリでした♪

エンドロール

Survivor - Eye Of The Tiger (Official HD Video)

Survivor - Eye Of The Tiger

エンディングで流れた曲は、Survivorの『Eye Of The Tiger』です。

1982年にリリース。

オープニングでも使用されています。

筆者の感想

ロッキー3は、まず前作よりもパワーアップしたスタローンの肉体美に注目。

スーツを着てエリート街道を行くロッキーに少々違和感を感じつつも、その綺麗な顔面が活かされ溢れ出るイケメンっぷりには、ファンならずとも悶絶するのではないでしょうか…!!え?私だけ?

ストーリーとしては、衝撃的なミッキーの死という場面があったり、ライバルであったアポロと組んだりなど、ロッキーの周りの環境が大きく動いたシリーズ第3作目でした。

まだまだ続くロッキーの物語に期待しかありません!

また、いつまでも変わらぬロッキーとエイドリアンの愛にも癒されてください◎

挿入歌に関しては、2作目同様少ないなーと思いました。ここはちょっと残念なポイント。

テーマ曲やエンディングはお馴染みで良いのですが、もう少し音楽が増えるとまた楽しめますよね!

今作は泣き所が多いので、ビールとハンカチ片手に鑑賞してください♪

 

サウンドトラック

 

シリーズ
映画『ロッキー』で流れる11曲を、シーン別に紹介!
映画『ロッキー』で流れる11曲をシーン別に紹介!

続きを見る

シリーズ
映画『ロッキー2』で流れる4曲をシーン別にご紹介!
映画『ロッキー2』で流れる4曲をシーン別にご紹介!

続きを見る

シリーズ
映画『ロッキー4/炎の友情』で流れる9曲をシーン別にご紹介!
映画『ロッキー4/炎の友情』で流れる9曲をシーン別にご紹介!

続きを見る

シリーズ
映画『ロッキー5/最後のドラマ』で流れる8曲をシーン別にご紹介!
映画『ロッキー5/最後のドラマ』で流れる8曲をシーン別にご紹介!

続きを見る

シリーズ
映画『ロッキー・ザ・ファイナル』で流れる 曲をシーン別にご紹介!
映画『ロッキー・ザ・ファイナル』で流れる16曲をシーン別にご紹介!

続きを見る

カテゴリー - 映画・ドラマの挿入歌
関連キーワード -


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母。子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。
漫画が原作のドラマやアニメを始め、洋画ではアクション、MARVELやDCなどを好むが、韓流も気になるお年頃。
いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない。