Apple Music

アニメ『薬屋のひとりごと』で流れる主題歌/OP/ED/挿入曲をご紹介!

beersy

アニメ『薬屋のひとりごと』で流れる主題歌/OP/ED/挿入曲をご紹介!

https://youtu.be/z9JZB08qy44



2023年10月22日から、日本テレビ系列で放送されているアニメ『薬屋のひとりごと』 。

原作者の日向夏さんが、小説投稿サイト「小説家になろう」で2011年より連載を開始。

その後気を博し、漫画化やアニメ化がされました。

この記事では、アニメ『薬屋のひとりごと』で流れる主題歌/OP/ED/挿入曲をご紹介します。

※以下ネタバレ有り

『薬屋のひとりごと』で流れる曲とは?

オープニング(第1クール)

緑黄色社会『花になって』Official Video / Ryokuoushoku Shakai – Be a flower

『薬屋のひとりごと』ノンクレジットOP:緑黄色社会『花になって』【毎週土曜24:55~ 日本テレビ系にて全国放送中! 】

アニメOP

オープニングで流れた曲は、緑黄色社会の『花になって』です。

緑黄色社会は、4名(男女混合)のメンバーからなる、ポップ・ロック・バンド。

本作のために書き下ろされた、激しい曲調ながら、セクシーさも兼ね備えた独特なメロディのロック。

テンポもコロコロ変わるのでとても難しいと思うのですが、これを歌い上げる長屋さんの歌唱力には脱帽です!

猫猫のクールな雰囲気によくマッチしていますし、MVでは緑黄色社会の餃子を巡っての戦い!?が描かれていて面白いですよ♪


1億曲以上の音楽をオフラインで、自由に聴くなら『Amazon Music Unlimited』がオススメ!!

Amazon Music
Amazon Music Unlimited

  • 追加料金なしで、超高音質&空間オーディオが聴ける
  • プライム会員なら相場よりお得に!
  • 1億曲以上が聴き放題!
  • スマホの通信を使わずにオフラインで音楽が楽しめる!

無料でAmazon Music Unlimitedを聴く


 

オープニング(第2クール)

『薬屋のひとりごと』第2クールノンクレジットOP:Uru『アンビバレント』【毎週土曜24:55~ 日本テレビ系にて全国放送中! 】

Uru - アンビバレント(アニメOP)

第2クールのオープニングで流れた曲は、Uruの『アンビバレント』です。※1月20日より先行配信、シングルは2月14日にリリースされます。

Uruは、日本の女性シンガーソングライター。様々なアニメやドラマなどの楽曲を手掛けていますが、本作で初めてアニメのOPを担当しました。

今回は、猫猫と壬氏を取り巻く人々が描かれています。美しいアニメーションにウットリ…。2人が街の片隅で買い食いしているカットが可愛い!

爽やかなアップ・ナンバーで、新しい物語に期待感が高まる曲になっていますね♪

 

エンディング(第1クール)

アイナ・ジ・エンド - アイコトバ [Official Music Video](TVアニメ『薬屋のひとりごと』エンディングテーマ)

『薬屋のひとりごと』ノンクレジットED:アイナ・ジ・エンド『アイコトバ』【毎週土曜24:55~ 日本テレビ系にて全国放送中!】

アニメED

エンディングで流れた曲は、アイナ・ジ・エンドの『アイコトバ』です。

アイナ・ジ・エンドは、日本の歌手、ダンサー、シンガーソングライター、女優。解散した女性パンクバンド「BiSH」のメンバーで、一世を風靡しました。

 「少女の成長」をテーマに、石崎ひゅーいさんが書き下ろした楽曲を、唯一無二のハスキーボイスが魅力的なアイナ・ジ・エンドさんが力強く歌い上げています。

どちらかというと恋愛要素強めの歌詞に感じましたが、ゆらゆらと舞う猫猫と、美しい花々が漂うアニメーションはとっても素敵!

謎解きで熱くなった心を、しっとりとクールダウンしてくれますよ♪

 

エンディング(第2クール)

wacci『愛は薬』Music Video

『薬屋のひとりごと』第2クールノンクレジットED:wacci『愛は薬』【毎週土曜24:55~ 日本テレビ系にて全国放送中! 】

アニメED

第2クールのエンディングで流れた曲は、wacciの『愛は薬』です。

wacciは、2012年にメジャーデビューした日本のポップロックバンド。多くのドラマやテレビ番組のテーマ曲も手掛けています。

愛がゆっくりと育まれて行くような、温かいメロディ。優しい歌声もすっと心に入って来ますね!

今回のEDは猫猫と壬氏がメインで、2人の関係性や壬氏の切ない表情が魅力的なアニメーションとなっています。壬氏様の美しい涙がイイ…!!!

 

第3話・芙蓉妃が幼馴染の武官と再会するシーン

想風(TVアニメ『薬屋のひとりごと』挿入歌)

芙蓉妃が幼馴染の武官と再会するシーンで流れた曲は、大原ゆい子の『想風』です。

大原ゆい子は、日本の歌手・シンガーソングライター。『からかい上手の高木さん』など多くのアニメ曲を担当しています。

第3話「幽霊騒動」のラストで流れる、芙蓉妃の切なく甘い恋心を歌った挿入曲。

危険を犯しながら必死に生き、武官とようやく一緒になれる…。とても感動的なシーンで使用されました。

優しいメロディと温かい歌詞、大原さんの透き通った屈託のない声が、心に染み渡ります!!

 

第9話・猫猫が今まで亡くなった人々を思い返すシーン

明日を訪ねて(TVアニメ『薬屋のひとりごと』挿入歌)

猫猫が今まで亡くなった人々を思い返すシーンで流れた曲は、XAIの『明日を訪ねて』です。

XAI(サイ)は、日本の女性歌手。劇場版アニメ「GODZILLA」や、映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』などの主題歌を担当しています。

どこか儚げで、でも力強さのある、独特な歌声が魅力的ですね!

猫猫が、今まで解決して来た事件で亡くなった人々や、いつか自身に訪れる死について考えるシーンで使用されています。

美しいピアノの旋律もシーンにマッチしていて、心に染み渡りました。

 

第12話・猫猫が雪の中で後宮での出来事を思い返すシーン

雪中花(TVアニメ『薬屋のひとりごと』挿入歌)

猫猫が雪の中で後宮での出来事を思い返すシーンで流れた曲は、きしかな子の『雪中花』です。

きしかな子さんは、日本の歌手。動画配信を中心に活動しています。

後宮を解雇されてしまった猫猫が、実家の庭で後宮での出来事を振り返るシーン。

深々と降り積もる雪の中、一人物思いにふける猫猫。今年放送された様々な記憶が走馬灯のように流れ、年末にピッタリの回でした。

 

第19話・壬氏が猫猫を抱えて歩くシーン

蒼空の炎(TVアニメ『薬屋のひとりごと』挿入歌)

壬氏が猫猫を抱えて歩くシーンで流れた曲は、竹中だいちの『蒼空の炎』です。作詞:内田ましろ、作曲:神前 暁

竹中だいちは、日本のシンガーソングライター。様々なアニメの挿入曲などを担当しています。

大怪我を負って気を失った猫猫を、壬氏が抱いて歩いて行くシーン。

祭場内では取り乱していた壬氏様ですが、外に出て真っ直ぐに前を向き、落ち着いて歩いて行くお姿がまた美しい!!

多分医局へ行くのだと思われますが、猫猫の怪我の具合が気になります。そして、黒幕は一体誰なのか…?

アニメ『薬屋のひとりごと』のネタバレ・感想を鑑賞者が解説!
【毎話更新】アニメ『薬屋のひとりごと』のネタバレ・感想を鑑賞者が解説!

続きを見る

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母beersy(ビアシィ)子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。アクション好きだが、雑食性で何でも鑑賞するタイプ。しかしその実態はただの筋肉好き。いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない(嘘) 私の記事を通して、筋肉好きの読者さんが増えたら嬉しいです(?)