映画『猫の恩返し』で流れる19曲をシーン別にご紹介!

beersy

映画『猫の恩返し』で流れる19曲をシーン別にご紹介!

https://www.ghibli.jp/works/baron/



2002年7月20日公開 映画『猫の恩返し』。

  • 主役声優:ハル/池脇千鶴 バロン/袴田吉彦
  • 監督:森田宏幸
  • 脚本:吉田玲子
  • 音楽:野見祐二

スタジオジブリの長編アニメーション映画。

原作は、柊あおいの漫画「バロン 猫の男爵」

ジブリ映画にもなった漫画「耳をすませば」の雫が書いた物語という位置付けで、宮崎監督からのオファーを受け、柊先生が書き下ろした漫画。

普通の女子高生ハルが、猫を事故から助けた事で繰り広げられる、ハルと猫と猫の世界のファンタジー。

この記事では、映画『猫の恩返し』のサントラから抜粋した19曲を、シーン別にご紹介します。

※以下ネタバレ有り


『猫の恩返し』を聴く

Apple Music

『猫の恩返し』で流れる曲とは?

ハルが起きて学校に行くシーン

ハルが起きて学校に行くシーンで流れた曲は、野見祐二の『ハル、起きてるぅ?』です。

母が声を掛けるも寝坊し、遅刻しそうで慌てて学校へ行く、コミック界ではあるあるなシーン。

美しい並木通りを走って行きますが、東京の阿佐ヶ谷・中杉通りや、表参道がモデルとなっているそうです。

ハルを演じているのは女優の池脇千鶴さん。三井のリハウスガールのイメージが強いですが、実力派の女優さんです。

ここでは朝にふさわしい、軽やかなオーケストラが流れます。


音楽をオフラインで聴くなら、『Apple Music』がオススメ!!

Apple Music
Apple Music

  • iPhone・Mac・iPadとの相性バツグン!不具合やエラーが少ない
  • 追加料金なしで、ハイレゾ・空間オーディオが楽しめる
  • CDやmp3の音楽をアップロードして管理・再生・同期ができる
  • iTunesで購入した曲も一緒に聴ける

無料でApple Musicを使う


 

ハルが猫を救うシーン

ハルが猫を救うシーンで流れた曲は、野見祐二の『ルーンとの出会い』です。

友人であるひろみ(演/佐藤仁美)と歩いている際、トラックに轢かれそうになった猫を助け、その猫が立ち上がりお礼を言うシーン。

ヌラっと二足で立ち上がり、素敵な声で「ありがとうございます」と紳士的に挨拶。ルーンの声優は俳優の山田孝之さんが演じています!

ここで流れるのは、不思議なシーンにマッチした、神秘的な曲。

 

ハルが白猫に魚型のクッキーを与えるシーン

ハルが白猫に魚型のクッキーを与えるシーンで流れた曲は、野見祐二の『猫とお話』です。

母である直子(演/岡江久美子)との食事中に昔話をするシーン。小学生のハルが白猫にクッキーをあげる回想が流れます。

このクッキー美味しそうだなぁと思ったら、なんと実在しており、新高円寺駅の近くにある「MYNT」というケーキ屋さんで取り扱っているそうです!

移転し店構えは変わってしまいましたが、おさかなクッキーを食べに一度は行ってみたいなー。

お店情報は公式サイトがありませんが、コチラです↓

https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13035148/

 

猫が列になり練り歩いているシーン

ハルが白猫に魚型のクッキーを与えるシーンで流れた曲は、野見祐二の『猫王の行列』です。

猫たちが手を前に垂らし、二足歩行で歩いているシーン。SP猫がいるのが可愛い。

猫王(演/丹波哲郎)が、ハルに「ありがとね。じゃーね」と茶目っ気たっぷりにお礼を言います。このキャラクター、ジワジワとハマりそう!

ここでは、笙、篳篥、龍笛などを使用した雅楽(神社で流れる音楽)のような、「和」を感じられるメロディが流れます。

 

ハルが猫に追いかけられるシーン

ハルが猫に追いかけられるシーンで流れた曲は、野見祐二の『猫王の恩返し』です。

家の前は猫じゃらしだらけ、靴箱にはネズミ…。猫が、自己中以外の何者でもないありがた迷惑な恩返しをするシーン。

学校の先生が普通に「コラ、猫を連れてくるな」って、見たら追いかけられてるのわかるでしょ。笑

逃げるハルを表現した、ちょっとコミカルでテンポの速いオーケストラが流れます。

 

ハルが「白く太った猫」を探すシーン

ハルが「白く太った猫」を探すシーンで流れた曲は、野見祐二の『十字街にて (ストリート・オルガン)』です。

不思議な声を聞き、白く太った猫を探しに十字路へ行くシーン。この、美しいレンガ通りの十字路のモデルは、横浜市の元町商店街だそう。

ちなみにムーンは『耳をすませば』では「ムーン」と呼ばれていましたね!今作のほうがふてぶてしいですが。笑

ここでは、三拍子の可愛らしいオルガン独奏が流れます。

 

ハルがムタを追うシーン

ハルがムタを追うシーンで流れた曲は、野見祐二の『ムタを追って』です。

ムタがハルを誘導。町の中を走って行くシーン。

ここは『耳をすませば』の、雫がムーンを追うシーンが反映されていますね。

不思議な町へ到着しますが、『不思議の国のアリス』の世界観さながらの小さめの家たちが美しい!

高いキーのフルート?が軽やかで楽しくなる、リズミカルな曲が流れます。

 

ハルが猫の事務所に入るシーン

ハルが猫の事務所に入るシーンで流れた曲は、野見祐二の『ようこそ猫の事務所へ』です。

人間様よりもはるかにイケメンな猫、ついにバロン様登場!猫の事務所へ案内してもらうシーン。

声優は『耳をすませば』の時の露口茂さんから、俳優の袴田吉彦さんへバトンタッチ。露口さんのまさに男爵!という声も素敵でしたが、袴田さんの渋いけれど若々しくハリのある声も、ハマってますね。

菅楽器がメインの、ファンタジー感たっぷりのオーケストラが流れます。

 

ハルが猫王の部下たちに誘拐されるシーン

ハルが猫王の部下たちに誘拐されるシーンで流れた曲は、野見祐二の『後宮への誘拐』です。

バロンとカラスのトト(演/斉藤洋介)、ムタとまったりお茶タイム。しかし、突然猫王の部下たちがハルを連れ去ってしまうシーン。

トトとムタのわちゃわちゃした喧嘩っぷりが、ほっこりします♪ そしてバロンの紅茶ブレンド、飲んでみたい…。

音の強弱が面白く、聴いていて飽きのこないダイナミックなオーケストラが、猫たちがハルを神輿のように担いで逃げるシーンにピッタリです!

 

目覚めたハルが、ムタと猫の国にいるシーン

目覚めたハルが、ムタと猫の国にいるシーンで流れた曲は、野見祐二の『ここが猫の国?』です。

ハルが猫たちのように小さくなっているシーン。ムタのデカさにはビックリ。笑

猫のお城は高さが様々な塔が立ち、キャットタワーのよう。そして周りの湖の形が肉球!!これはもう、あざとかわいい!!

ここでは、少々不穏な感じのする静かな楽曲が流れます。

 

ハルとムタが猫王の城へ向かうシーン

ハルとムタが猫王の城へ向かうシーンで流れた曲は、野見祐二の『猫王の城へ』です。

ナトル(演/濱田マリ)が案内をし、お城へ運ばれるシーン。濱田さんの声、ナトリのとぼけた感じにピッタリです!

部下たちが運ぶ椅子に、ムタが猫王なの?と思うほどにずっしりと偉そうに座っているのが、また可愛い♪

ここで流れるのは、音の強弱が魅力的な、緊張感のある楽曲。

 

ハルが猫になっているシーン

ハルが猫になっているシーンで流れた曲は、野見祐二の『ねこぉー?』です。

連れ去られ、勝手に結婚をさせられそうになるハルが、猫の姿になってしまっているシーン。

ここでは根強いファンのいる「またたびゼリー漬けムタさん」も見られます。彼のぬいぐるみはあるのですが…ゼリー漬けもグッズ化したらいいのに!

ここで流れるのは、ハルの心情と、ゼリー漬けムタを表現した楽曲。チューバでコミカルに演奏されています。

 

ハルが猫王の歓迎を受けるシーン

ハルが猫王の歓迎を受けるシーンで流れた曲は、野見祐二の『ワルツ「Katzen Blut」』です。

息子の嫁にさせるハルを歓迎するため、猫王がたくさんの猫に余興をさせるシーン。

どれもハルにはハマりませんでしたが、ここでバロン様が登場!ハルとダンスを踊ります。その立ち姿にウットリ。

ダンスミュージックは、少々哀愁のあるオシャレなワルツです。

 

猫王がバロンとハルを捕まえようとするシーン

猫王がバロンとハルを捕まえようとするシーンで流れた曲は、野見祐二の『私はフンベルト・フォン・ジッキンゲン!』です。

バロンの正体がバレて、猫王に名乗りハルと逃げようとするシーン。ゼリー漬けになっていたムタも無事で、兵隊猫を蹴散らします。

実は「ムタ」という名前は、宮崎監督がレジェンドプロレスラー「グレート・ムタ」から拝借し名付けたそう。この腕っ節の強さとぶっきらぼうなキャラクターのモデルは、武藤選手なのかもしれませんね。笑

ここで流れるのは、バロンにピッタリな、美しく壮大なオーケストラ。

 

バロンがハルを抱っこし逃げるシーン

バロンがハルを抱っこし逃げるシーンで流れた曲は、野見祐二の『迷路からの逃走』です。

難しい迷路を攻略し、バロンがハルをお姫様抱っこして走るシーン。

下から見るバロン様のご尊顔も尊い…こりゃ惚れてまうやろ!です。そして、猫王は偉そうなのに語尾が「ニャ」なのが可愛い。

ハラハラするこのシーンで流れる曲は、音の強弱で緊迫感が表現された楽曲。

 

ルーンがユキにプロポーズするシーン

ルーンがユキにプロポーズするシーンで流れた曲は、野見祐二の『ルーンとユキ』です。

ハルが助けた黒猫・ルーンが戻って来て、父である猫王にユキと結婚することを伝えるシーン。

ルーンもバロン同様、堂々としている素敵猫。控えめなハルとお似合い過ぎですし、きゅんとするこのプロポーズシーンは見どころです!

ここで流れるのは、結婚式で流れるような華やかな楽曲。

 

バロンと猫王が戦うシーン

バロンと猫王が戦うシーンで流れた曲は、野見祐二の『脱出』です。

ムタの正体は「ルナルド・ムーン」。猫の国の魚を食べ尽くし逃げた、伝説の猫である事がわかるシーン〜バロンが剣で猫王と戦うシーン。

猫王はおじいちゃんなのに強いですが、勝負はあっけなく終わり、ちょっとクライマックスとしては物足りなかったです。(バロンとムタの勇姿をもっと観たかった…)

でもここで流れる「脱出」は、ハリウッド映画のクライマックスような緊迫感のある楽曲です。

 

ハルが元の世界へ戻るシーン

ハルが元の世界へ戻るシーンで流れた曲は、野見祐二の『帰れた、私帰れたんだ!』です。

城から落ちて、真っ逆さまに落ちるハルとムタを、トト率いるカラスたちが助けるシーン。

学校に着いてお別れをしますが、ハルの告白シーンも、お別れのシーンも、なんだかあっさりでこちらも拍子抜け…。

楽曲は「脱出」のように壮大で素晴らしく、それならもうちょっと盛り上げて欲しかったな、という印象のエンディングでした。

 

エンドロール・主題歌

つじあやの - 風になる(Music Video)

エンドロール・主題歌は、つじあやのの『風になる』です。

つじあやのは、ウクレレの弾き語りスタイルの、シンガーソングライター。

この曲は今作の主題歌だけではなく、ハウス食品のCMソングとしても人気を博しました。

優しい歌声と、心地よいウクレレの音が心に染み渡ります。応援ソングとして聴いている人も多いですよ♪

 

サウンドトラック

『猫の恩返し』を聴く

カテゴリー - アニメ


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母。子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。
漫画が原作のドラマやアニメ、ジブリ作品を始め、洋画ではアクション、MARVELやDCなどを好むが、韓流も気になるお年頃。
いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない。(嘘)