いい音で、聴きたい音楽が自由に聴ける!Amazon Music Unlimited3ヵ月無料キャンペーン

イヤホン・ヘッドホン

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?

第三世代AirPodsを徹底レビュー!Pro寄りの第二世代進化版!違いやオススメとは?


AirPods(第三世代)って、第二世代と比べて何が違うの?どっちがオススメ?
AirPods ProとAirPods(第三世代)は何が違うの?買うならどっちがいい?
AirPods(第三世代)はイヤホンとしてどうなの?音質や空間オーディオはどんな感じ?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『AirPods(第三世代)の実機レビュー』をご紹介していきます!

 

なべ
AirPods(第一・二世代)、AirPods Proも使っている筆者が、AirPods(第三世代)を比較しながら解説していきます!

 

 


AirPods(第三世代)

Editor's Rating:

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?

好きなところ

  • AirPodsと空間オーディオの相性がよく、音に空間を感じて楽しい!
  • 操作がAirPods Proと同じになり、やりやすくなっている!
  • 通話で自分の声がクリアに届けられる!

イマイチなところ

  • 音量調整はあいかわらずできない
  • 見方を変えるとAirPods Proの下に位置するイヤホン(新鮮味や感動は薄い)

結論

第三世代のAirPods Proは、第二世代とAirPods Proの中間にあるレベル。

第二世代からの乗り換えはありだが、AirPods Proからの乗り換えはなし。ノイキャンの有無で第三世代かAirPods Proかを選択する。そんなイヤホン。

第二世代から進化した幅も広く、イヤホンとしての完成度は高い。

しかし、元々あった機能や性能を組み合わせたものなので新鮮味はない。


 

実物を見ていこう!

2021年10月28日発売、AppleからのBluetoothイヤホンで、AirPodsの第三世代です!

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?AirPods(第三世代)

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
付属品

付属しているのは、AirPods本体、充電ケース、Lightning- USB タイプCケーブル、説明書の4点。

なべ
Apple公式ストアで購入すると、充電ケースに好きな文字を無料で入れられます!

自分オリジナルのAirPodsが手に入るので、購入はApple公式ストアがいいかもです!

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
付属ケーブル

付属している充電ケーブルは、Lightning - USB タイプCケーブルです。

なべ
Androidも使う筆者からしたら、 両端ともUSB タイプCにしてくれるとありがたいのですが、Appleなのでここは仕方ないですね。

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
充電ケースのサイズ感

高さ46.40 mm、幅54.40 mm、厚さ21.38 mmのAirPodsを充電、収納しておくケース。

なべ
手のひらにおさまるコンパクトなサイズ感で、持ち運びな大きさです!

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
本体と充電ケース

充電ケースに収納することで、イヤホン本体の充電が可能になっている。

充電ケースを充電は、LightningケーブルまたはMagSafeに対応。

なべ
どことなくAirPods Proに似ていますね!

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
本体

AirPods本体は、前モデルの第二世代から大幅にデザインが変わっており、AirPods Proに近いものとなっています。

なべ
AirPods(第三世代)は、AirPods Proからイヤーチップをなくした形で、第二世代とAirPods Proの中間にあるイヤホンです!

各AirPodsとの比較はこの先でご紹介していきますね!

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
操作方法

音楽を再生したり、止めたり、次の曲へスキップしたり、通話に出たりなどは、イヤホン本体の柄の部分を押して操作します。

なべ
第二世代はタッチ式でしたが、ここはAirPods Proの良いところを受け継いでいますね!

 

スペック表

スペック項目AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
AirPods(第三世代)
カラー
値段23,800円(税込)
ノイズキャンセリング
外音取り込みモード
空間オーディオ
耐水性
バッテリー(本体のみ)最大6時間の再生、4時間の連続通話が可能
バッテリー(充電ケース使用時)最大30時間の再生、20時間の連続通話が可能
本体の充電方法付属の充電ケースにしまうだけ
充電ケースの充電
  • Lightning - USB-Cケーブル
  • MagSafe
音声AIアシスタントSiri
マイク
  • デュアルビームフォーミングマイク
  • 内向きのマイク
操作方法本体の柄の部分を押す
サイズ(本体)高さ:30.79 mm
幅:18.26 mm
厚さ:19.21 mm
重量(本体)4.28 g
サイズ(充電ケース)高さ:46.40 mm
幅:54.40 mm
厚さ:21.38 mm
重量(充電ケース)37.91 g
Bluetooth◯(Bluetooth5.0)
センサー
  • 肌検出
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • 感圧センサー
チップH1ヘッドフォンチップ

 

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
AirPods 3の大きな特徴は2つ

 

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
充電ケースの充電はケーブルとワイヤレスに対応

 

AirPods(第二世代)との比較

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?左:第二世代、右:第三世代

AirPods(第三世代)を、前モデルの第二世代と比較してみます!

下記表の赤文字は、第三世代になったことでAirPodsが進化された良いところになります。

 

スペック項目AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
第三世代AirPods
AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
第二世代AirPods
カラー
値段23,800円(税込)16,800円(税込)
ノイズキャンセリング
外音取り込みモード
空間オーディオ
耐水性
バッテリー(本体のみ最大6時間の再生、4時間の連続通話が可能最大5時間の再生、3時間の連続通話が可能
バッテリー(充電ケース使用時)最大30時間の再生、20時間の連続通話が可能最大24時間の再生、18時間の連続通話が可能
本体の充電方法付属の充電ケースにしまうだけ付属の充電ケースにしまうだけ
充電ケースの充電
  • Lightningケーブル
  • MagSafe
  • Lightningケーブル
音声AIアシスタントSiriSiri
マイク
  • デュアルビームフォーミングマイク
  • 内向きのマイク
  • デュアルビームフォーミングマイク
操作方法本体の柄の部分を押す本体のヘッド部分をタッチ
サイズ(本体)高さ:30.79 mm
幅:18.26 mm
厚さ:19.21 mm
高さ:40.5 mm
幅:16.5 mm
厚さ:18.0 mm
重量(本体)4.28 g4 g
サイズ(充電ケース)高さ:46.40 mm
幅:54.40 mm
厚さ:21.38 mm
高さ:53.5 mm
幅:44.3 mm
厚さ:21.3 mm
重量(充電ケース)37.91 g38.2 g
Bluetooth◯(Bluetooth5.0)◯(Bluetooth5.0)
センサー
  • 肌検出
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • 感圧センサー
  • デュアル光学センサー
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
チップH1ヘッドフォンチップH1ヘッドフォンチップ

 

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
AirPods2とAirPods3の大きな違いは3つ

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
左:第二世代、右:第三世代

イヤホンのそもそもの形が大幅に変更されています。

また第三世代になり、コンパクトなサイズ感になっているのは、デザイン面でいい進化ですね!

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
左:第二世代、右:第三世代

充電ケースのサイズ感はほぼ同じです。

第二世代は縦型、第三世代は横型という違いだけです。

 

空間オーディオ

空間オーディオについては、以下の記事で詳しく解説しているので、簡単に説明をしていきます。

空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方
空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方

空間オーディオってなに?どんなやつなの? どうやったら空間オーディオが使えるの?対応機種を知りたい! AirPods Proで空間オーディオは使える?Apple Musicはどうなの? そんな思いを持 ...

続きを見る

 

空間オーディオは、動画や音楽を再生したとき、音に位置感覚を感じ、まるで自分がその音が出ている場にいるかのような体験を味わえる機能です!

空間オーディオとは空間オーディオとは

第二世代では、空間オーディオには対応していないため、「ごく普通に音を聴いている」ような感覚です。

AirPodsから出る音を聴く。

そのため音に立体感や臨場感はあまりなく、どこか平面的な印象の音でした。

 

これが第三世代になったことで、空間オーディオに対応します。

実際に聴き比べてみるとわかりますが、アーティストが自分のまわりで歌っているような感覚です。

ひとつの音楽を聴いているのではなく、歌手やそれぞれの楽器を個別に感じられ、それらが集まることでひとつの音楽になっている印象です。

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
AirPods第三世代で空間オーディオ

耐水性

第三世代になったことで、耐水耐汗性が追加されました。

ランキングやトレーニングをするとき、雨のなかでも安心してAirPodsで音を聴きながら行えます。

なべ
ひとつ注意点として、第三世代AirPodsは、イヤーチップがないタイプのイヤホンです。

そのため耳の穴にひっかけるような感じで装着するので、激しい運動をすると外れてしまう可能性があります。

第二世代よりは心配はありませんが、実際にランニングをしてみて感じました。

この点は、AirPods Proのほうが装着感があるので、安心して使えます!

 

バッテリー

一回の充電で使える時間が第三世代になり伸びています。

数字は参考値でしかありませんが、実際に3時間ほど通話をしたり、5時間ほど音楽を聴いてみましたが、バッテリーは大丈夫でした。

なべ
ですが、充電ケースの充電は、忘れずにしておきたいところです。

イヤホン本体の充電がなくなっても、充電ケースに5分入れれば1時間使えます。しかし充電ケースはLightningケーブルやワイヤレスでの充電が必要になるのでいざというときに困ります。

 

充電ケースの充電

第三世代AirPodsの充電ケースは、MagSafeに対応しています。

ワイヤレスでの充電が可能なので、家に帰ってきたらAirPodsをそこに置くみたいなルーティーンになるといいかもしれませんね!

 

操作方法

第二世代から第三世代になって、大きな変化のひとつが操作方法です。

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
第二世代AirPodsの操作はヘッド部分をタッチ

第二世代は、イヤホン本体のヘッド部分(耳に装着する球体の部分)をタッチして操作しました。

上画像の左側にあるイヤホンの凹んでいるあたりです。

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
第三世代AirPodsの操作は柄の部分を押す

第三世代になり、AirPods Proと同じタイプの操作方法になりました。

イヤホンの柄の部分(細く伸びているところ)を指でつまんで押し込むように操作をします。

 

またこの操作方法になったことで、第二世代ではできなかった、1回押す曲の再生・停止・電話応答、2回押す次の曲へスキップ、3回押す前の曲へスキップ、長押しでSiriの起動の4つの操作方法も追加されています。

 

なべ
タッチ式だとどうしてもミスタッチがあったり、タッチしても反応しなかったりがありました。

AirPods Proのとってもよいところを第三世代は受け継ぎ、つまんで押し込むように操作するので、操作が的確にできてとてもいいです!

 

AirPods Proとの比較

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
左:AirPods Pro、右:第三世代AirPods

第三世代AirPodsは、第二世代での不満点を解消するためAirPods Proのいいところがつまったイヤホンです。

第二世代から大幅な進化を遂げており、AirPodsといいよりも、AirPods Pro Liteのような印象が強くなっています。

 

AirPods ProとAirPods(第三世代)の違いを比較していきます。

下記表の赤字が違いとなります。

 

スペック項目AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
AirPods(第三世代)
AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
AirPods Pro
カラー
値段23,800円(税込)30,580円(税込)
ノイズキャンセリング
外音取り込みモード
空間オーディオ
耐水性
バッテリー(本体のみ)最大6時間の再生、4時間の連続通話が可能最大4.5時間の再生、3.5時間の連続通話が可能
バッテリー(充電ケース使用時)最大30時間の再生、20時間の連続通話が可能最大24時間の再生、18時間の連続通話が可能
本体の充電方法付属の充電ケースにしまうだけ付属の充電ケースにしまうだけ
充電ケースの充電
  • Lightningケーブル
  • MagSafe
  • Lightningケーブル
  • MagSafe
音声AIアシスタントSiriSiri
マイク
  • デュアルビームフォーミングマイク
  • 内向きのマイク
  • デュアルビームフォーミングマイク
  • 内向きのマイク
操作方法本体の柄の部分を押す本体の柄の部分を押す
サイズ(本体)高さ:30.79 mm
幅:18.26 mm
厚さ:19.21 mm
高さ:30.9 mm
幅:21.8 mm
厚さ:24.0 mm
重量(本体)4.28 g5.4 g
サイズ(充電ケース)高さ:46.40 mm
幅:54.40 mm
厚さ:21.38 mm
高さ:45.2 mm
幅:60.6 mm
厚さ:21.7 mm
重量(充電ケース)37.91 g45.6 g
Bluetooth◯(Bluetooth5.0)◯(Bluetooth5.0)
センサー
  • 肌検出
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • 感圧センサー
  • 肌検出
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • 感圧センサー
チップH1ヘッドフォンチップH1ヘッドフォンチップ

 

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
AirPods3とAirPods Proの大きな違い

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
左:AirPods Pro、右:第三世代AirPods

イヤホン本体のデザインは、第三世代AirPodsがAirPods Proに寄っていった感じです。

違いは、イヤーチップがあるAirPods Pro、イヤーチップがない第三世代AirPodsということで、装着したときの感じが違います。

なべ
AirPods Proは、耳穴へのフィット感があり、音を外に漏らさないような感覚です。

第三世代は、耳穴にひっかけるように装着するので、フィット感が気になる方には第三世代が合っていると思います。

 

AirPods(第三世代)を徹底レビュー!第二世代・AirPods Proとの違いとは?
下:AirPods Pro、上:第三世代AirPods

充電ケースは、同じ形ですが、第三世代AirPodsのほうが若干小さいです。

 

ノイズキャンセリング

AirPods Pro側に寄ったAirPodsですが、ノイズキャンセリングは搭載していません。

ノイズキャンセリングは、周辺の雑音(車、話声、工事、電車など)をカットして、再生している音だけを届けてくれる機能です。

 

なべ
正直、AirPodsにノイズキャンセリングは必要ないと思います。

そもそもイヤーチップがないタイプのイヤホンなので、ノイズキャンセリングがあったとしてもいまいちな評価になるでしょう。

それよりも、第二世代から大幅に進化して、AirPods Proの良さを取り入れているところが第三世代のポイントです!

 

なべ
実際に音楽を聴いてみると、第二世代よりはやや密閉感があるので、雑音は感じにくいです。

音楽の音量でかき消せる程度の雑音も気になりません。

ですが、大きい音の雑音や高い音の雑音(電車のなか、人混み、カフェで食器がぶつかる音など)は、音量だけではかき消せないので、没入感は失われます。

音楽や動画だけに浸って、徹底的にその世界観を楽しみたいのであれば、ノイキャンがあるAirPods Proがオススメですね!

 

外音取り込みモード

ノイズキャンセリング機能がないので、外音取り込みモードもありません。

 

なべ
AirPodsは、イヤーチップがないため、周りの音はそこそこ聞こえます。

外音取り込みモードという機能はなくても、再生している音を小さくすれば、外音取り込みモードのように周辺の音を聞き取ることも可能です。

ですが、AirPods Proを長押しすると会話がしやすくなるみたいな機能はないので、音量は下げる必要があります。

また、AirPods全体で言えることですが、音量はスマホやパソコン本体を操作しないといけないので、AirPodsを装着しながら会話をしたり、周辺の音を聞きたいなら停止してしまうのが手っ取り早いです。

 

バッテリー

AirPods第三世代が一番新しいAppleのイヤホンになります。

技術の進化のため、バッテリーに関しては、AirPodsのなかでもっとも性能がいいです。

 

音質はどんな感じ?

AirPods(第三世代)を実際に使ってみて、音質は、AirPods(第二世代)とそこまで大きな大差はありませんでした。(若干、低音がパワー増しているかな?程度です。)

そもそもがいい音だったので、音質の向上を感じにくいというのはあるかと思いますが、実際に聴き比べてみても『音の質』に関しては同じと思っていたほうがいいでしょう。

そのほうが音質のところでがっかりすることはないです。

 

「音の質」は同じであっても、「音の感じ方」は、第二世代と比べてリッチになっています。

「リッチ」というのは、音をよりリアルに近い感覚で聴けるとイメージです。

それが次に紹介する空間オーディオに対応したからであり、iPhone+Apple Musicで音楽を聴く人にはいい選択と言えます。

 

空間オーディオはどんな感じ?

「音の質」の面では、第二世代と第三世代では、大きな差はありませんが、「音の感じ方」がより音の楽しみを与えてくれます。

空間オーディオで音楽を聴くことで、「ひとつの音楽を聴いている」のではなく、「歌手やそれぞれの楽器が個別にあり、それらが集まることでひとつの音楽になっている」という体験ができます。

なべ
音質は変わらなくても、音の臨場感や迫力、現場感をとても感じるので、音を聴く体験としては第二世代よりも楽しいです!

 

空間オーディオについて、使い方については次の記事で解説しています!

空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方
空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方

空間オーディオってなに?どんなやつなの? どうやったら空間オーディオが使えるの?対応機種を知りたい! AirPods Proで空間オーディオは使える?Apple Musicはどうなの? そんな思いを持 ...

続きを見る

 

どのAirPodsがオススメ?

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
AirPodsシリーズを値段で比較すると。

値段だけを見ると、AirPods Proが最も高く、AirPods3、AirPods2の順番です。

値段だけでは判断できません。

 

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
AirPodsシリーズを性能・機能で比較すると。

値段の違いがあるように、それに合わせて性能や機能も優劣が変わってきます。

 

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
AirPodsシリーズを比較すると。

どのAirPodsシリーズを購入しようか迷っている方は、どの機能が必要で、それに対してその値段を出せるかで検討してみてください。

AirPods 2は、最低限の機能で、安くAirPodsシリーズを使いたいならオススメです。

AirPods 3は、ノイキャンと外音取込モードが必要なく、手頃にAirPods Pro並の音質を楽しみたい方にオススメ!

AirPods Proは、音楽や動画をいい音で、自分だけの集中できる世界で楽しみたい方みんなにオススメです!

 

実際にAirPods 3を使ってみての感想

AirPods(第三世代)を実際に使ってみて感じた良かったところは2つです。

  • 空間オーディオが楽しい
  • 操作がしやすい

AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?
AirPods 3は、AirPods 2とAirPods Proの中間にあるBluetoothイヤホン

 

なべ
第二世代のAirPodsを使っている人は、イヤーチップのない装着感や周辺の音が聞きやすい感じなどのいいところがありながらも、

音の楽しみ方や操作がしやすくなっているので、買い替えはオススメです!

 

なべ
一方で、AirPods Proを使っている人は、買い換える必要はありません。

AirPods Proのほうがイヤホンとしてのレベルは高いため、わざわざ劣化させることもないでしょう。

バッテリーは、第三世代AirPodsのほうが優秀ですが、買い換えるほどえはありません。それであるなら充電しましょう。

 

AirPods、AirPods Proともに現在所有していない方は、『ノイズキャンセリングは必要か?』というのポイントで検討してみるのがオススメです!

電車で移動するし、雑音は嫌だな
できるだけ音楽や動画に浸って、自分だけの世界で楽しみたい!

そんな方は、AirPods Proをオススメします!

 

一方で、

料金は抑えながらも、できるならいい音で音楽や動画を楽しみたい
ノイズキャンセリングが苦手、必要ない

そんな方は、AirPods(第三世代)をオススメします!

 

購入前にここだけは事前にチェック!

AirPods(第三世代)、AirPods Proを購入するにしても、以下2つは事前にチェックしておきましょう!

  • 使っているスマホは「iPhone」ですか?
  • 使っている音楽アプリは「Apple Music」ですか?

 

どちらも「Yes」なら、どのイヤホンよりもAirPodsシリーズがオススメです。

なべ
Appleで揃えることで、音楽や動画の体験はシームレスで気持ちよく快適で、音楽も空間オーディオの体験ができるので最高の組み合わせです!

 

「iPhoneでない」ならAirPodsシリーズはおすすめしません。

AndroidでもAirPodsは使えますが、使えない機能が出てくるので、宝の持ち腐れとなりもったいないです。

Androidにあったイヤホンの選択をオススメします!

イヤホンの種類とは?12個のタイプとオススメを解説!
全11のイヤホン🎧の種類とは?特徴とオススメを徹底解説!

イヤホンにはどんな種類があるの? イヤホンの種類別で特徴やメリット・デメリットが知りたい イヤホンの種類別でおすすめを知りたい! そんな思いを持っているあなたのため、 この記事では、「イヤホンの種類」 ...

続きを見る

 

「Apple Musicでない」なら、AirPodsの購入と同時にApple Musicに移行するのがオススメです。

iPhone+Apple Music+AirPodsの組み合わせは、瞬時にBluetoothで接続され、空間オーディオのリッチな音楽体験ができます。

Apple Music以外だと、空間オーディオが使えなかったり、iPhoneとの相性でApple Musicより利便性が損なわれることもあります。

今使っている音楽アプリがApple Music以外なら、Apple Musicへの引越しを検討してから、AirPodsの検討をおすすめします!

Apple Musicの6つの料金プランの違いとは?月額と年額を解説!
Apple Musicの6つの料金プランの違いとは?月額と年額を解説!

Apple Musicっていくらで使えるの? Apple Musicではどんなことができるの? Apple Musicは無料で使える? そんな思いを持っているあなたのために、 この記事では「Apple ...

続きを見る

 

どちらも「No」ならAirPods Proにするのはオススメできません。

デメリットのほうが目立ってしまうので、別のイヤホンを使うことをオススメします!

イヤホンの種類とは?12個のタイプとオススメを解説!
全11のイヤホン🎧の種類とは?特徴とオススメを徹底解説!

イヤホンにはどんな種類があるの? イヤホンの種類別で特徴やメリット・デメリットが知りたい イヤホンの種類別でおすすめを知りたい! そんな思いを持っているあなたのため、 この記事では、「イヤホンの種類」 ...

続きを見る

 

 

-イヤホン・ヘッドホン

記事をシェア、評価お願いします!



  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者のなべです!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスをご紹介しています!

問い合わせプロフィール
twitterフォローTwitterを見る
Spotifyをフォローするフォローする
Apple Musicをフォローするフォローする
問い合わせ問い合わせ


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 SoundZoo