Apple Music おすすめ

スマートスピーカー

SONOS Moveを実機レビュー!どこへでも持ち運べるスマスピ!


【2020年】SONOS Moveを実機レビュー!持ち運べるスマスピ!
SONOS Moveってどうなの?どんなスピーカー?
SONOS Move気になってるんだけどどんな感じ?音質や使い心地はどう?
外に持ち運べるスピーカーを探している!何かいいのない?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『SONOS Moveの実機レビュー』をご紹介していきます。

 

なべ
実際にSONOS Moveを購入して、どんなスマートスピーカーなのか使ってみての感想もご紹介します!

また、筆者はAmazonのEcho StudioやAppleのHomePodも所有しているので、そちらとの比較も解説していきます。

では、SONOS Moveのレビューを見ていきましょう!

 

SONOS Moveをレビュー

SONOS Moveをレビューするにあたって、5つのポイントでSONOS Moveをレビューしていきます。

  • 基本情報(料金、サイズ、機能性)
  • 音質
  • 他のスマートスピーカーとの比較
  • 実際に使ってみての感想
  • どんな方におすすめなのか?

 

なべ
それぞれSONOS Moveを実際に使ってみての評価をしていきますね!

 

基本情報(料金、サイズ、機能性、写真)

SONOS Moveの基本的な情報をご紹介していきます。

SONOS move

SONOS Move White

価格:49,685円

カラー:ブラック、ホワイト

重さ:3kg

サイズ:12.6cm × 16cm × 24cm

接続:Bluetooth、AirPlay、Wi-Fi

音声AIアシスタント:アレクサ、Googleアシスタント

充電:バッテリー10時間、USB-TypeC

耐水性、耐候性

 

SONOS Moveの最大の特徴は、『持ち運びができるスマートスピーカー』ということです。

従来のスマートスピーカー(AppleのHomePod、AmazonのEcho Studioなど)は、常に電源にケーブルをつないでいないと使えないので、一度設置してしまったらそこから移動するのがとても面倒です。

電源を抜いて、持ち運んで、設置して、電源に接続して、起動を待つ。とても手間がかかるので、スマートスピーカーは常に設置しておくものという認識があるかと思います。

しかし、このSONOS Moveは、バッテリーが搭載されているので充電をすることで、電源から抜いても充電を使って使うことができるのです。移動できないスマートスピーカーがどこへでも移動して音楽を流せるようになったのがこのSONOS Moveです。

バッテリーは、最大で10時間使えるバッテリーを搭載しています。

また、耐水性、耐候性も備えているため、多少の雨や水がかかっても心配することなく使えるので持ち運ぶ時の安心性も兼ね備えています。

このSONOS Moveは、バッテリーを搭載することでただのスマートスピーカーではなく、持ち運びができるスマートスピーカーです。

 

外装

SONOS Moveをレビュー

第一印象はめちゃくちゃデカイな!でした。

バッテリーを搭載しているため、本体サイズが他のスマートスピーカーと比べて若干大きめなのが印象的です。

 

SONOS Moveをレビュー

Apple HomePodやAmazon Echo Studioと比べても大きいのがわかります。

 

内容物

SONOS Moveをレビュー

SONOS Moveの内容物はとてもシンプル

  • SONOS Move本体
  • 本体を入れる袋
  • 充電スタンド
  • 説明書

充電スタンドがとても印象的で、画像左下にある輪っかのところにSONOS Move本体を置くだけでOKです。

向きはありますがただ置くだけでいいので、スマートスピーカーが持ち運べないという最大のデメリットを解消したスマートスピーカーとなっています。

 

SONOS Move本体

SONOS Moveをレビュー

SONOS Move本体は、つるつるとした上品なボディーで、インテリアとしても十分映えるデザインとなっています。黒と白があります。

本体上部には「音量の上げ下げ」と「再生・停止」のタッチボタンというシンプルな作りになっており、側面は背面以外がスピーカーなので音がその空間に広がっていくような感覚で聴けます。

 

SONOS Moveをレビュー

 

SONOS Moveをレビュー

SONOS Move本体の背面には電源ボタン、Wi-FiとBluetoothの切り替えボタン、設定ボタンの3つがあります。

SONOS Moveは、BluetoothモードどWi-Fiモードをこのボタンで切り替えることができ、BluetoothモードではWi-Fi接続は解除され、スマホやタブレットとBluetoothで接続して音楽を流すスピーカーになり、Wi-Fiモードではスマホで接続や音楽をコントロールしたり、SONOS Move本体のアレクサやGoogleアシスタントに声をかけることで操作することも可能です。

外出先や外で使う場合、Wi-Fi環境がないこともあるかと思います。SONOS MoveはBluetoothモードがあることで、スマホに保存されている音楽や音楽ストリーミングサービス(Apple MusicやSpotify、Amazon Musicなど)から音楽を流すことができるのです。

従来のスマートスピーカーよりも一歩先を行った新しい形のスマートスピーカーですね。

 

SONOS Moveをレビュー

SONOS Moveの背面には手持ちで持ち運びがしやすいように中が凹んでいます。

以下のSONOS公式のYoutube動画がわかりやすい使い方かと思います。

 

SONOS Moveをレビュー

SONOS Moveは、基本的に付属のスタンドの上に置くことで充電ができます。

部屋の一箇所に電源スペースとしてスタンドを設置しておけば、別の部屋で使いたい時はそこから持っていって使い終わったらスタンドに戻しておくという使い方ができ、次使う時に充電がされていて便利です。

さらに、背面にUSBのType-Cが接続できるところがあります。

これは外出先などで電源が取れない時は、モバイルバッテリーなどからUSBのType-Cを接続することでSONOS Moveの順電ができます。

持ち運びだけでなく、細かい利便性もとても嬉しいスマートスピーカーですね。

 

モードの切替

SONOS Moveをレビュー

Wi-Fiモードの時は、SONOS Move本体の上部が白く光ります。

 

SONOS Moveをレビュー

Bluetoothモードの時は、SONOS Move本体の上部が青く光ります。

 

充電はスタンドに置くだけ

SONOS Moveをレビュー

SONOS Moveの充電は付属のスタンドに置くだけなので超簡単です。

持ち運びがしやすい本体にもなっているので、機動性が抜群によくなっています。

お子さんやペットがいる場合、落ちない場所や手の届かない所に設置することをおすすめします。

 

音楽再生中でも持ち運びOK

SONOS Moveをレビュー

こちらの画像は、SONOS MoveとiPadを接続して音楽を再生している時に、SONOS Moveをスタンドから取って持ち運んだ時の画像です。

Wi-Fiモードで接続されており、SONOS Moveをスタンドから取っても音楽が途切れることはなく、ここからはバッテリーで動き続けます。

気軽に持ち運べて、音楽も止まらずに聴けるので、スマートスピーカーの中でもダントツに利便性は良いです。

Bluetooth接続モードでもスタンドから外しても問題ありません。

家族みんなで使えたり、様々な部屋ですぐに使えるのでとても便利なスマートスピーカーです。

 

音質

SONOS Moveの音質はとてもバランスの取れた音質です。

筆者は、Amazonの最高ランクのスマートスピーカーEcho Studio、AppleのスマートスピーカーHomePodも使っておりますが、SONOS Moveはパワフルな音が出せて、高音、低音、重低音の出し方がきれいな印象です。

Echo Studioは重低音や中音の音質調整ができます。

HomePodは、とてもズッシリと深みのある重低音でとてもパワフルな音が出ます。

同じ音量で聴き比べてみるとSONOS Moveは、Echo StudioやHomePodと比べて重低音の響きや深みが若干弱い印象がありますが、音のバランスに合わせて高音、中音、重低音がきれいに出ている印象で、万人向けな音質のスマートスピーカーになっているといえます。

重低音の響きや深い重みのある音というのはEcho StudioやHomePodには劣る部分もありますが音質の良さはスマートスピーカーの中でもトップクラスです。

とはいってもSONOS Moveの醍醐味はその携帯性にあるので、ここまで音が出せて、機動性もあると考えると、Echo StudioやHomePodよりも価値ありと実際に使ってみて感じました。

 

 

他のスマートスピーカーとの比較

SONOS Moveと同レベル、同価格帯のスマートスピーカーであるAmazonのEcho StudioとAppleのHomePodを比較していきます。

 

SONOS Moveをレビュー

サイズ感は、Echo Studioがやや大きいです。

HomePodはこう見るととても小さいですが、あれだけしっかりと音が出るというのは素晴らしいですね。

SONOS Moveはバッテリーを搭載しているため、大きくなってしまうのは仕方ないですが、約3kgと片手で持つと重みを感じます。

 

SONOS Moveをレビュー

上から見ると、Echo StudioとSONOS Moveは同程度なサイズで、HomePodは小ぶりです。

 

SONOS Moveをレビュー

Echo Studioは電源に常に接続していないと使えません。

これが今までのスマートスピーカーでした。

 

SONOS Moveをレビュー

HomePodも電源につながっているのが必須です。

 

SONOS Moveをレビュー

SONOS Moveは、このスタンドに設置することで充電ができ、バッテリー駆動もできるためスタンドから取って持ち運んでもスマートスピーカーとして利用できます。

また、本体背面にあるボタンを押すことでBluetoothモードに切り替えることができ、Wi-Fi環境がなくてもスマホからBluetoothスピーカーとして音楽が流せるので外への持ち運びも便利です。

1台2役できる次世代のスマートスピーカーです。

SONOS MoveEcho StudioHomePod
SONOS moveAmazon Echo StudioHomePod
49,685円24,980円32,800円
最大10時間バッテリー電源電源
持ち運び◯
耐水性
耐候性
アレクサ、GoogleアシスタントアレクサSiri
BluetoothBluetooth
黒、白黒、白

 

 

実際に使ってみての感想

なべ
実際にSONOS Moveを使ってみて感じたのは、本当に便利だなと。

スマートスピーカーが出た当時は『声で音楽がリクエストできるなんて!』『色々お願いもできて面白い!』って思っていましたが、電源につけっぱなしでないと使えないので音楽を聴ける場面が自宅の中でもさらに限定的でもったいない感じがしていました。

そこでSONOS Moveを使ってみたら、本当に便利でした。持ち運べるスマートスピーカーなんて便利さに機動性が組み合わさって快適そのものです。

音もしっかりと出ますし、実際に音楽好きの友人3人に聴かせてみましたが「音質いいね」って言われるレベルだったのでこれならみんなで集まった時に使っても問題なさそうです。スマホのスピーカーや数千円のスピーカーを使うよりはよっぽどいい音で楽しめます。

また、耐水性と耐候性もあるためちょっとした水なら問題ないです。筆者はお風呂で音楽を聴く時に使っています。

これが本当に良くて、お風呂で音楽を流す人は本当にSONOS Moveオススメです!良い音質で音楽を聴きながら風呂に入れる楽しみ以上に楽しいことはありません。風呂場は反響するのでカラオケするのもいいですしね。

SONOS Moveは約50,000円とお高めではありますが、これ一台あれば色々な場面、シチュエーションで活躍してくれるので、使わないときが多々ある今までのスマートスピーカーとは違ってもったいなさを感じることなく最大限使い倒せてオススメです。

 

どんな方におすすめなのか?

SONOS Moveは、以下のような方にオススメです。

  • 音楽を外でも聴きたい(良い音質で)
  • 自宅で音楽を聴くのが好き
  • 音楽鑑賞が趣味

 

SONOS Moveは、持ち運びができるスマートスピーカーで、申し分なくいい音質で音楽が楽しめます。

下手にスマートスピーカーを買うよりは、SONOS Moveを買って使い勝手のいい音楽体験をするほうが後々の満足度も高いです。

 

Amazonでチェック

 

-スマートスピーカー

記事をシェア、評価お願いします!


 

Apple Music

Apple Musicのおすすめ

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 6,000万曲 以上、邦楽洋楽が豊富
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 6,500万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 6,500万曲 以上)

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

 

ソニー特集

すぐわかる音楽アプリ


Apple Music
Amazon Music Unlimited

Spotify
Amazon Prime Music

Youtube Music
Amazon Music HD

AWA
LINE MUSIC

KKBOX
RecMusic

dヒッツ
楽天ミュージック

うたパス
アニュータ

mora qualitas
DEEZER

Youtube Premium
Spotify Kids

Amazon
レコチョク

 

音楽アプリを診断する

 

 

音楽の楽しみ方をご提案

朝・目覚めに楽しむ音楽
睡眠・就寝に楽しむ音楽
エクササイズ・運動に楽しむ音楽
仕事・勉強に楽しむ音楽
アウトサイドの楽しむ音楽
インサイドで楽しむ音楽
自宅で音楽鑑賞を楽しむ

 

  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者の「なべ」です!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスを解説し、別サイト『VODZOO』では動画サブスクや映画、ドラマ、アニメを紹介しています!

問い合わせ問い合わせ
LINE友だち追加友達追加する
twitterフォローTwitterを見る

AWAをフォローするフォローする


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2020 SoundZoo