イヤホン・ヘッドホン

ソニーWH-1000XM4をレビュー!BOSE NC700と比較してみた

なべ

ソニーWH-1000XM4をレビュー!BOSE NC700と比較してみた


ソニーの最新(2020年9月発売)のヘッドホンってどうなの?本当に良いヘッドホンなの?
ソニーのヘッドホン、WH-1000XM4は他のヘッドホンと比べてどうなの?実機のレビューが見たい!
WH-1000XM4と同価格帯のヘッドホン、Bose Noise Cancelling Headphones 700との違いってなに?どっちがおすすめ?
ソニーのヘッドホン、WH-1000XM4の実機レビューを見たい!

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、2020年9月4日発売『ソニーのヘッドホンWH-1000XM4の実機レビュー』をご紹介していきます。

 

実際にWH-1000XM4を使ってみてどうなのか、同じ価格のヘッドホンとどういった違いがあるのか、WH-1000XM4はどんな人におすすめできるのかを実際に使ってみた筆者の感想と合わせて解説していきます。

なべ
筆者は、ソニーのヘッドホンは、WH-1000XM4が初めてで、一つ前のモデルのWH-1000XM3が使ったことがありません。

Bose Noise Cancelling Headphones 700(以降、BOSE NC700)は以前から愛用しており、WH-1000XM4と同じ価格帯のノイズキャンセリングヘッドホンなのでいい比較ができるかと思います。

 


−− WH-1000XM4 −−

Editor's Rating:[star4.5]

WH-1000XM4

好きなところ

  • ノイズキャンセリングの性能がピカイチ
  • 音の表現力がとても豊か
  • とても軽く点け心地がいい
  • タッチ操作がしやすく、反応も良い

イマイチなところ

  • 申訳ないが見つからなかった

 

 

結論

2020年にソニーから発売されたヘッドホンWH-1000XM4

圧倒的なノイキャン性能を誇っており、自分だけの世界に入り込むには最高品質

操作性、装着感も文句なしの完成されたヘッドホン

 

36,969円:Amazonでチェック


 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

2020年9月4日に発売されたソニーのノイズキャンセリングヘッドホン、WH-1000XM4

WH-1000XM4の内容物は4つ

  • WH-1000XM4本体
  • 有線コード
  • 充電コード(USB Type-C)
  • 航空機用アダプタ

有線コード、充電コードはおなじみの付属品のためとくに目新しいものはないが、航空機用アダプタが付属しているのは筆者WH-1000XMシリーズ初の筆者からは目新しかったです。

後ほど解説していきますが、WH-1000XM4は気圧を計測して最適なノイズキャンセリングを自動で設定してくれます。飛行機に乗っていてもエンジン音など雑音を気にすることなく音楽を聴けるだけでなく、その環境に合わせた設定をしてくれるます。飛行機での移動が多い人には嬉しい付属品ですね。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

WH-1000XM4専用のケースも付いています。

肌触りの良い高級感ある質感とケーブルなどを入れておけるメッシュの小さなポケットがあるのも使い勝手を考えられていていい感じです。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

チャックはローズゴールドのような高級感ある色で、黒との相性もいい感じです。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

ケースにWH-1000XM4をしまう時はこんな感じです。

WH-1000XM4は、折りたたむまではいきませんが、小さく収納することができます。

後ほど比較するBOSE NC700はケースよりソニーのWH-1000XM4のほうが若干小さくなっています。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

WH-1000XM4の黒とSONYのゴールドの組み合わせはとても購入感があってかっこいいです。

WH-1000XM4の質感はマッドな感じで、とても手触りが気持ち良いです。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

WH-1000XM4のマークもしっかりと入っています。

ヘッドホン上部は、しっとりとした高級感ある革です。

頭の上部と接着する内側部分は、クッション性があるため頭の形にフィットするような素材になっています。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

WH-1000XM4の充電は、USB Type-Cで行います。

右耳の下側にUSB Type-Cを接続する部分があります。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

左耳の下側には、イヤホンジャック、電源ボタン、CUSTOMボタンがあります。

CUSTUMボタンは、ノイズキャンセリングの設定やGoogleアシスタント、Amazon Alexaの設定をカスタマイズしてこのボタンに割り当てることができます。

 

ソニー WH-1000XM4をレビュー

左耳のヘッドホンの内部には、センサーがあり、WH-1000XM4を外すと自動で電源をOFFにする設定ができます。

また、WH-1000XM4を装着している場所、その場所の気圧、行動によってWH-1000XM4が自動でノイズキャンセリングと外音の調整をしてくれます。

 

WH-1000XM4の音質を最大限発揮させるには、以下のスマホや音楽プレイヤーを使うのもおすすめです!

おすすめ
ウォークマン『NW-A100』と『NW-ZX500』を実機レビュー!
ウォークマン『NW-A100』と『NW-ZX500』シリーズを実機レビュー!

続きを見る

おすすめ
SONY Xperia1IIを実機レビュー!スマホとウォークマンの融合がついに!
SONY Xperia 1 IIを実機レビュー!スマホとウォークマンが融合?音楽体験がよりリッチに!

続きを見る

 

 

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700

BOSE NC700BOSE NC700

Bose | Noise Cancelling Headphones 700 | Everybody’s Talking

ソニーのWH-1000XM4、BOSEのNoise Cancelling Headphones 700を実際に使ってみてどうだったのか比較していきます。

 

比較するポイントは、以下の14個です。

  • 外観
  • 装着感
  • 操作性
  • ノイズキャンセリング
  • 通話
  • 装着中の会話
  • 機能性
  • 音質
  • ガイド音声
  • 有線、Bluetooth
  • 充電
  • アプリ
  • 料金

 

なべ
WH-1000XM4、BOSE NC700ともに実際に使用して比較してみました。

一つずつ解説していきます!

 

外観

WH-1000XM4とBOSE NC700の見た目、質感を比較していきます。

 

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700
左WH-1000XM4、右BOSE NC700

ケースにしまっている時のWH-1000XM4とBOSE NC700です。

WH-1000XM4は、折りたたんでしまうため若干ケース全体が小さくなります。持ち運ぶ時はできるだけ小さい方が良いためその点は嬉しいポイントです。

しかし、ヘッドホンを折り曲げてしまうため、ケースから出して使うときに頭までセッティングするのに若干の手間があります。

一方、BOSE NC700は、ヘッドホンを折りたたむことなくそのまましまうため、WH-1000XM4よりもケース全体が若干大きくなっています。大きな違いではないですが、場合によってはWH-1000XM4よりも大きなカバンが必要になるでしょう。

ケースから取り出すときはとても楽で、すぐに装着して音楽を聞き始められる利便性はとても良いです。

 

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700
左WH-1000XM4、右BOSE NC700

WH-1000XM4もBOSE NC700もヘッドホンのため大きさがあり、持ち運ぶときにはカバンの大部分を占めてしまいます。

WH-1000XM4の方が若干小さいです。

ケースの質感は、WH-1000XM4が布、BOSE NC700が革です。若干気になるのはBOSE NC700のケースで、手で触った時に手汗やちょっとした脂が目立ってしまうのが残念です。

 

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700
左WH-1000XM4、右BOSE NC700

WH-1000XM4とBOSE NC700の本体の比較です。

WH-1000XM4の質感はマッドな手触りで、くすんだような黒です。

BOSE NC700の質感はツルツルとしている手触りで、光を反射するようなツルツルした黒です。

 

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700
左WH-1000XM4、右BOSE NC700

WH-1000XM4とBOSE NC700のヘッドホンの内側です。

WH-1000XM4は、左耳の内部にセンサーがあり、ヘッドホンを取った時に自動で電源をOFFにしてくれる機能があります。

BOSE NC700は、RとLが大きく見えます。

 

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700
左WH-1000XM4、右BOSE NC700

WH-1000XM4とBOSE NC700のイヤーパッドの質感です。

どちらも革製で、装着したときの肌触りはとても良く、クッション性も良いためしっかりとした装着ができます。

装着感は次の項目で解説していきます。

 

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700
左WH-1000XM4、右BOSE NC700

WH-1000XM4とBOSE NC700のアームの比較です。

WH-1000XM4は革製で、ヘッドホンの大きさをこのアームの部分で調整します。

BOSE NC700はゴム製で、ヘッドホンの大きさはイヤーパッドの部分で調整します。

 

装着感

WH-1000XM4とBOSE NC700を実際に装着してみての比較をご紹介していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 軽く、付けてる感がないようなフィット感
  • 254グラム
  • 長時間の利用にとてもおすすめ

BOSE NC700BOSE NC700

  • 軽く、しっかりと付けるようなフィット感
  • 250グラム
  • しっかりした装着感がおすすめ

 

WH-1000XM4は254グラムで、BOSE NC700は250グラムの4グラム差です。

どちらもとても軽く、ヘッドホンを装着しても頭に重みを感じさせないような重量となっています。

WH-1000XM4は、実際に付けてみるととてもフィット感があり、ヘッドホン全体がソフトに頭にフィットするような感覚です。付けてる感じを忘れるほどの優しい装着感を感じれます。長時間の使用にもとても向いているヘッドホンです。

BOSE NC700は、しかりと付けている感のある装着感です。ヘッドホンで耳を固定されているようなガッシリとしたフィット感を感じます。重量は軽いため重みは感じませんが、このしっかりとしたフィット感は長時間使用しているとだんだんと違和感を感じてくることもありました。

 

 

操作性

WH-1000XM4とBOSE NC700の操作について比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 音楽、通話のコントロールをタッチで操作可能
  • タッチ部分大きめ

BOSE NC700BOSE NC700

  • 音楽、通話のコントロールをタッチで操作可能
  • タッチ部分小さめ

 

WH-1000XM4とBOSE NC700ともに、右耳のヘッドホン外側をタッチして音楽や通話のコントロールをします。

どちらもタッチで音楽の再生や停止、次の曲や前の曲、音量の調整ができるため、わざわざスマホや音楽プレイヤーなどを取り出さなくても操作ができるのでとても便利です。

個人差や好みの差、使用環境の差などでメリット、デメリットになりうる点ですが、WH-1000XM4のタッチ部分は右耳の外側面全体と範囲が大きめで、BOSE NC700は右耳の外側面の前方のみと小さめです。タッチできる範囲が大きいと操作しやすいですが、誤操作になりやすい一面もあります。

 

 

ノイズキャンセリング

WH-1000XM4とBOSE NC700のノイズキャンセリング機能について比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 2020年最高のノイズキャンセリング機能

BOSE NC700BOSE NC700

  • 2019年最高のノイズキャンセリング機能

 

WH-1000XM4とBOSE NC700どちらもノイズキャンセリングの性能は申し分なく素晴らしいです。

近くでかけている掃除機、電車、工事、車やトラックなどの音をシャットアウトしてくれて、音楽を自分だけの世界で楽しめる高性能はノイズキャンセリング機能がどちらにも搭載されています。

ノイズキャンセリングの性能だけを見るならWH-1000XM4とBOSE NC700に特段の差はありません。

 

WH-1000XM4は、ヘッドホンの装着状態や周辺の気圧に合わせたノイズキャンセリング設定を自動で調整してくれるので、今の環境にあった設定が自動でできて便利です。

WH-1000XM4

WH-1000XM4のノイズキャンセリング自動最適化

 

 

WH-1000XM4とBOSE NC700の音について比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 好みの音にカスタマイズできる

BOSE NC700BOSE NC700

  • BOSEサウンド

 

音に関しては、音質ではなく、音の特徴です。

WH-1000XM4は、「ソニーは、ノイズキャンセリングヘッドホンをリリースしました!あなたの好みの音にカスタマイズして音楽を楽しんでください!」と言っているような、音のバランスや音質の調整を好みに合わせてカスタマイズできます。そのため、WH-1000XM4の音というよりは、WH-1000XM4が出してくれる自分好みの音といった感じです。イコライザで細かく音を調整できます。

BOSE NC700は、「BOSEは、ノイズキャンセリングヘッドホンをリリースしました!BOSEサウンドをお楽しみください!」と言っているような、BOSEが作り上げた音で音楽を楽しんでいく感じです。

イコライザは、音楽アプリやデバイス本体でカスタマイズすることも可能ですが、ヘッドホン側で細かく調整できるのはWH-1000XM4です。

【比較!】ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700

WH-1000XM4のイコライザー設定

 

どちらも良い音は出ることは間違いありませんが、言ってしまえばWH-1000XM4の音をカスタマイズしてBOSE NC700に近い音を出すようなこともできちゃいます。

WH-1000XM4は変幻自在な音を、BOSE NC700は一点突破な音で音楽が楽しめるヘッドホンとなっています。

 

 

通話

WH-1000XM4とBOSE NC700の通話のマイクの性能を比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 外部の音が若干聞こえる

BOSE NC700BOSE NC700

  • 外部の音がほぼ聞こえない。

 

実際にヘッドホンを装着しながら通話をして比較しました。

ヘッドホンを付けて話している人は、掃除機をかけながらWH-1000XM4、BOSE NC700それぞれを装着して話してもらいました。

 

WH-1000XM4は、確かに掃除機の音が電話越しに聞こえてきますが、メインで聞こえてくるのは相手の声のためしっかりと通話をこなすことが可能です。

相手の声がメインに聞こえ、掃除機の音がバックグラウンドで流れているような感覚です。掃除機をかけているんだなとわかるレベルです。

一方、BOSE NC700を使って通話をした時は、ほとんど掃除機の音が聞こえませんでした。掃除機の音はほとんど気にならず、聞こえるのはほぼほぼ相手の声だけです。

たまにちょっとした騒音が聞こえてくる程度のレベルで音をカットしてくれるため、テレワークや通話をするならBOSE NC700のほうが相手に伝わりやすい声で会話ができるでしょう。

 

 

装着中の会話

ヘッドホンを装着して音楽を聴いているときに、リアルで会話をする時の比較をしていきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 音楽鑑賞とリアルでの会話をスムーズに移行できる

BOSE NC700BOSE NC700

  • SONY WH-1000XM4よりスムーズさはやや欠ける

 

WH-1000XM4は、スピーク・トゥ・チャットという機能が搭載されているます。この機能は、WH-1000XM4で音楽を聴いているときに自分が言葉を発すると自動的に自分の声を感知して音楽を停止し、ノイズキャンセリングをOFFにしてくれます。さらに、話し終えてから設定した秒数が経つと元の設定で続きから音楽を再生し始めてくれます。

そのためヘッドホンをとらずに、何も操作をすることなく、音楽を聴いている最中にリアルでの会話が可能になります。

また、クイックアテンションモードという機能もあり、右耳のヘッドホンのタッチ部分を手のひら全体で抑えると、音楽の音量が限りなく下がり、周辺の音が聞こえるようにしてくれるます。話す必要はないけど電車の案内やアナウンスなど外の音を聴きたいときに利用すると便利です。

WH-1000XM4は、ただ音楽を聴くだけのヘッドホンではなく、リアルでの会話、外部の音を瞬時に、そして快適に聞こえるようにしてくれるヘッドホンです。これはとても便利でした!

一方、BOSE NC700は、左耳にあるボタンを長押することで会話モードに移行します。音楽が停止して、ノイズキャンセリングがオフになります。

しかし、会話モードをオフにするにはもう一度ボタンを押す必要があるので、SONY WH-1000XM4に比べて会話モードへの移行、音楽の再生にはややスムーズさが欠けます。

SONY WH-1000XM4もBOSE NC700もどちらも会話モードがあるので、ヘッドホンを着用していても外部の音を聞いたり、会話をしたりできる点はとても素晴らしいです!

 

 

機能性

WH-1000XM4とBOSE NC700が搭載している機能について比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • ノイズキャンセリング
  • DSEE Extreme
  • スピーク・トゥ・チャット
  • クイックアテンションモード
  • イコライザー
  • 自動電源オフ

BOSE NC700BOSE NC700

  • ノイズキャンセリング

 

WH-1000XM4は、ノイズキャンセリングを売りにしているヘッドホンですが、それだけでなく様々な機能が搭載されています。

  • DSEE Extreme:再生中の音楽をハイレゾ級の音質にする
  • アクティブサウンドコントロール:ヘッドホンを装着している自分の行動、環境に合わせてノイズキャンセリングを自動調整
  • スピーク・トゥ・チャット:自分が話し始めると自動で音楽の停止、ノイズキャンセリングのOFF
  • クイックアテンションモード:外音取り込みモード
  • イコライザー:細かく設定できる音質
  • 自動電源オフ:ヘッドホンを着脱で自動電源オフ

快適にヘッドホンが使えて、音楽をより楽しめる機能がたくさん搭載されています。

WH-1000XM4
WH-1000XM4のアクティブサウンドコントロール

 

一方、BOSE NC700はノイズキャンセリング機能がメインのヘッドホンです。通話のマイクもとても性能が良いですが、WH-1000XM4ほど多機能ではありません。

 

音質

WH-1000XM4とBOSE NC700と音質の違いを比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 最高品質の音質
  • プラスの機能がすごい

BOSE NC700BOSE NC700

  • 最高品質の音質

 

WH-1000XM4も。BOSE NC700も、どちらも音質はこれ以上はないほど申し分ない良い音が出ます。

違いを聴き比べても音質の違いはわからないほど、WH-1000XM4とBOSE NC700はどちらもとても高品質の音で音楽を聴くことができます。

しかし、WH-1000XM4は多機能であり、イコライザーで音質の調整も自由に設定できることから音楽の楽しみ方を幅広く体感することができます。

最近この音質になれてきたからちょっと音を変えてみようなんてこともできるので、WH-1000XM4は飽きない音の楽しみがあります。

BOSE NC700は、BOSEサウンドで音楽を楽しむことがメインなので、長いこと使って慣れてしまうと音に物足りなさを感じてきてしまいます。音質はWH-1000XM4と比べても劣っていませんが、楽しみの幅は狭いです。

 

 

ガイド音声

WH-1000XM4とBOSE NC700のガイドの音声について比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 優しく親しみやすい

BOSE NC700BOSE NC700

  • 機械っぽさがある

 

WH-1000XM4とBOSE NC700どちらのヘッドホンも音声ガイドでBluetoothの接続状況や充電状況などを教えてくれます。

好みではありますが、WH-1000XM4は人っぽさを感じる親しみやすさがあり、BOSE NC700は機械っぽいAI感があります。

 

 

有線、Bluetooth

WH-1000XM4とBOSE NC700の有線接続、Bluetooth接続について比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 3.5mmイヤホンジャック
  • SBC、AAC、LDAC

BOSE NC700BOSE NC700

  • ヘッドホン側2.5mm、デバイス側3.5mmイヤホンジャック
  • SBC、AAC

 

WH-1000XM4とBOSE NC700どちらも有線コードが付属しているため、イヤホンジャックを使用した有線接続が可能です。

Bluetoothの場合は、WH-1000XM4がSBC、AAC、LDACに対応しており、BOSE NC700がSBC、AACに対応しています。

LDACは、ソニーが開発したBluetoothのコーデックで、ウォークマンやXperiaなどが対応しています。

 

Bluetoothのコーデックとは?スマホで音楽を高音質で聴く方法
Bluetoothのコーデックとは?スマホで音楽を高音質で聴く方法

続きを見る

 

充電

WH-1000XM4とBOSE NC700の充電について比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • USB-C
  • 最大3時間で充電完了
  • 最大30時間使用可能

BOSE NC700BOSE NC700

  • USB-C
  • 最大2.5時間で充電完了
  • 最大20時間使用可能

 

WH-1000XM4とBOSE NC700どちらもUSB-Cでの充電になります。

WH-1000XM4の方が充電持ちは良いですが、フル充電で20時間以上ヘッドホンを使えば大きな問題はありません。

2日に1回、3日に1回程度のペースで充電すればバッテリー切りの心配もなく使うことができます。

 

 

アプリ

WH-1000XM4とBOSE NC700には、それぞれ専用のアプリがあります。

その使いやすさ機能性を比較していきます。

 

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 多機能

BOSE NC700BOSE NC700

  • ノイズキャンセリングメイン

 

WH-1000XM4の機能は、すべてソニーのヘッドホン専用アプリで設定をしていきます。

様々なカスタマイズができ、Bluetooth接続中のコーデックや音質機能もわかりやすく表示されます。

WH-1000XM4
Bluetooth接続のコーデック、DSEE Extremeの有効

 

一方、BOSE NC700はとてもシンプルです。

ノイズキャンセリングの設定やお気に入り設定くらいなので、わかりやすく使いやすいです。

BOSE NC700

 

 

料金

WH-1000XM4とBOSE NC700の料金を比較していきます。

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 44,000円

チェックする

BOSE NC700BOSE NC700

  • 44,646円

チェックする

 

WH-1000XM4は、44,000円

BOSE NC700は、44,646円

料金はほとんど変わらず、同価格帯のノイズキャンセリングヘッドホンです。

 

 

ソニーWH-1000XM4 vs BOSE NC700 どっちがおすすめ

WH-1000XM4SONY WH-1000XM4

  • 音楽を好みの音にカスタマイズして楽しみたい音楽好き
  • 音楽を聴きながら外出することが多々ある
  • 軽くフィットし、長時間でも違和感ない装着感

チェックする

BOSE NC700BOSE NC700

  • きれいな高音としっかりと響く低音のBOSEサウンドで音楽を楽しみたい音楽好き
  • 通話をする人
  • しっかりと固定された装着感

チェックする

 

WH-1000XM4は、ノイズキャンセリングヘッドホンの中でも最高クラスの品質と機能性を兼ね備えているこれ以上のヘッドホンはないくらい完成形に近いヘッドホンです。

筆者は、WH-1000XM4が初めてのソニーのノイズキャンセリングヘッドホンですが、本当にこれは買ってよかったです。音質がどうとかではなく、音楽を本当に快適に楽しめるってこんなことなんだなと感心させられたヘッドホンでした。

 

BOSE NC700は、通話時のクリアな声やノイズと雑音をカットするレベルは最高クラスです。

筆者はテレワークや通話をメインに使っており、スムーズで違和感のない会話ができるためとても重宝しています。

 

この記事では、『WH-1000XM4のレビュー』をBOSE NC700と比較しながらご紹介しました。

関連
BOSE NC 700 HPを実機レビュー!使い方やできること、感想を写真と一緒に。
BOSE NC 700 HPを実機レビュー!使い方やできること、感想を写真と一緒に。

続きを見る

 

こちらもオススメ!

オススメ!
AirPods Maxを実機レビュー!SONYやBoseのヘッドホンとも比較してみた!
AirPods Maxを実機レビュー!SONYやBoseのヘッドホンとも比較してみた!

続きを見る

カテゴリー - イヤホン・ヘッドホン


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!音楽サブスク、動画サブスク、スマートホーム、洋楽、洋画、海外ドラマが大好きな20代後半、当サイトの運営者。実物主義でありのままをわかりやすい表現でお伝えするのをモットーに運営していきます!
運営サイト:動画サブスクや映画情報を発信するVODZOO、スマートホームやガジェットを発信するSMARTIZOO
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト