Echo Show 5とEcho Show 8がAmazon Music6ヶ月分セットで約1万円引き!

Apple Music

Apple MusicをPCで使う方法とは?Windows、Macで解説!


Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応
Apple MusicをWindowsで使いたい!
MacでApple Musicはどうやって使えばいいの?音楽は聴ける?
パソコンでApple Musicを使って音楽を聴きたい!

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、「パソコン(Windows・Mac)を使ってApple Musicで音楽を聴く使い方」を解説していきます。

 

Apple Musicは、スマホやタブレットだけでなく、パソコンでも音楽を聴けます。また、曲をダウンロードしてオフライン再生にも対応しています。

パソコンでApple Musicから音楽を聴きながら作業ができるので、使い方を知っておくのがおすすめです。

 

Apple Musicをパソコンで使うには?

パソコンでApple Musicを使って音楽を聴くには、3つのパターンがあります。

すでにApple Musicに登録している方は、『Windows』『Mac』から使い方をチェックしてください!

  • CDや購入曲をApple Music(ミュージックアプリ)に入れて、その曲だけを聴く
  • Apple Musicで配信している曲を聴く
  • 上記2つとも一緒に使う

 

CDや購入曲をApple Music(ミュージックアプリ)に入れて、その曲だけを聴く』の場合、WindowsならiTunesに、MacならミュージックにCDや購入曲を取り込むことで視聴が可能になります。

Apple Musicに登録する必要はなく、無料で利用できます。

また、取り込んだ曲はAndroidならApple Musicのアプリ、iPhoneならミュージックのアプリで聴くことも可能なので、CDや購入曲、MP3ファイルなどの音楽を聴きたいならこちらがオススメです。

やり方は次の記事『Apple MusicにCDやmp3を取り込む方法』で解説しています。

 

Apple Musicで配信している曲を聴く』と『どちらも』の場合は、Apple Musicの登録が必要になります。

Apple Musicで配信している 7,000万曲 以上の音楽をすべて聴き放題でき、パソコンでもスマホでもテレビでも音楽が聴けます。

まだ、Apple Musicに登録していない方は、3ヶ月の無料トライアルから初めて見るのがオススメです!

Apple Musicを3ヶ月無料で使ってみる

 

Apple Music『Windowsでの使い方』

WindowsでApple Musicを使うには、まず初めにApple公式サイトからiTunesのアプリをインストールしてください。無料です。

パソコンにiTunesがあれば、iPhoneのバックアップや写真、動画、音楽などの管理も簡単にできます。

iTunesをインストールする

 

次に、インストールしたiTunesを起動して、Apple IDでログインしてください。

ログインが完了したら、パソコンの認証をします。

Apple MusicをWindowsでの使い方

「アカウント」→「認証」→「このコンピュータを認証」の順番でクリックして、Apple IDで認証してください。

これでWindowsにApple Musicの曲をダウンロードできるようになり、オフライン再生が可能になります。

 

Windows版Apple Musicは、画面に5つの項目があり、それらを使ってApple MusicやiTunesを使っていきます。

Apple MusicをWindowsでの使い方

画面上には「再生プレイヤー」があり、Apple MusicまたはiTunesで再生中の曲が表示され、停止や次の曲、歌詞などの操作をします。

Windows版iTunesでは、「ミュージック」に機能を切り替えることでApple MusicやCD、購入曲などの管理をします。

「メニュー」には5つの機能『ライブラリ』『For You』『見つける』『Radio』『ストア』があります。ここからApple Musicの各機能を使う画面を表示します。

  • ライブラリ:自分がライブラリに追加したApple Musicの曲、取り込んだCDや購入曲の管理画面
  • For You:あなたオリジナルのApple Musicおすすめの音楽
  • 見つける:Apple Musicのいろんなプレイリストが表示
  • Radio:ラジオ、ステーションを使う
  • ストア:iTunesで曲を購入する

メニューから選んだ各機能が「サブメニュー」と「メイン画面」に表示されます。

 

メニューから「For You」をクリックすると、Apple MusicのFor You画面が表示されます。

Apple MusicをWindowsでの使い方

 

Apple Musicで曲をライブラリに追加、プレイリストに追加、ステーションの作成など各曲の操作をするには「・・・」をクリックして、開いたメニューから操作を選択します。

Apple MusicをWindowsでの使い方

「ラブ」「好きじゃない」を各曲に設定していくと、Apple Musicがあなたの好みの曲を学習して、For Youのプレイリストであなたにピッタリの音楽をオススメしてくれます。

 

「ライブラリ」から曲をダウンロードすることができます。

Apple MusicをWindowsでの使い方

雲のアイコンがある曲は「未ダウンロード」なので、クリックするとダウンロードされ、オフライン再生が可能になります。

空白のアイコンがない曲は「ダウンロード済み」なので、オフライン再生ができる曲です。

 

次に再生される曲の一覧を見るには、プレイヤー画面の右端にあるアイコンをクリック

Apple MusicをWindowsでの使い方

曲リストは削除、並び替え、新しく曲の追加ができます。

 

再生中の曲の歌詞を見るには、「歌詞」をクリックします。

Apple MusicをWindowsでの使い方

Windows版Apple Musicは、流れている歌をハイライトして歌詞が表示されません。

iPhone、Android、Macはカラオケのようにハイライト再生に対応しています。

 

パソコン本体からではなく、BluetoothAirPlayでイヤホン、スピーカーから音楽を流します。

Apple MusicをWindowsでの使い方

Windows本体のBluetooth設定からでもいけますが、Apple IDと連携されているデバイスならiTunesからでも接続が可能です。

 

「ミュージックプレイリスト」を右クリックすると、プレイリストのメニューが表示されます。新しいプレイリストの作成が可能です。

Apple MusicをWindowsでの使い方

「スマートプレイリスト」とは、指定した条件からApple Musicが自動でプレイリストを作成してくれる自動プレイリストです。

Apple Musicで曲を聴いていくと、ライブラリにどんどん曲が溜まっていくかと思います。

スマートプレイリストを作成しておけば、ライブラリに新しい曲が増えても、それを自動で反映させてくれるのでとても便利なプレイリストです。

 

WindowsでのApple Musicの使い方はこのくらいをマスターしておけば、音楽を聴いて楽しむことができます!

なべ
なにかわからないことなどがあれば記事を追記しますのでコメントしてください!

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
Apple MusicにCDを取り込む方法!MP3もOK!

CDの曲をApple Musicに取り込むことってできるの? mp3ファイルをApple Musicに入れられる? Apple Musicで配信している曲とCD・mp3の音楽って一緒に聴けるの? そん ...

続きを見る

 

その他、Apple Musicを使う上で知っておきたいことを以下の記事にまとめました

→ Apple Musicの記事一覧

 

 

Apple Music『Macでの使い方』

MacでApple Musicを使うには、まず『ミュージック』を開きます。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

 

次に、Apple Musicの曲をダウンロードするにはデバイスの認証をする必要があります。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

「このコンピューターを認証」をクリックしたら、Apple Musicを利用しているApple IDでログインしてください。

 

Mac版のApple Musicは、これまでのiTunesやWindows版iTunesとは違い、音楽だけを管理するアプリになっています。

iPhoneの「ミュージック」アプリと同じような感覚ですね。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

こちらがMac版のApple Musicです。

 

画面は大きく分けて3つの項目があります。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

左には「メニューバー」があり、Apple Musicの「For You」「見つける」「Radio」といった機能や自分が曲を集めたライブラリ、プレイリストから開きたいメニューをクリックします。

上には「曲のプレイヤー」があり、Mac版Apple Musicで再生中の曲が表示されます。

中央には「メイン画面」があり、メニューバーから選んだ項目が表示されます。

 

各曲をライブラリに追加したり、プレイリストに追加したり、ステーションを作成するなどのメニューは各曲の「・・・」をクリックします。

右クリックでもOKです。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

各曲に「ラブ」「好きじゃない」を設定すれば、Apple Musicがあなたの好みの曲を学習して、For Youのプレイリストであなたの好みの曲に似たおすすめの曲を毎週選曲してくれます。

 

MacにApple Musicの曲をダウンロードすることで、オフラインでの再生が可能になります。

少しでもMacでのインターネット作業を軽くしたいなら、ダウンロードしておくといいでしょう。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

雲マークがあるのが「未ダウンロード」の曲です。クリックするとダウンロードされます。

何もアイコンがない曲は「ダウンロード済み」の曲です。右クリックからダウンロードを削除することも可能。

 

新しくプレイリストを作るには、左メニューの「プレイリスト」を右クリックして出てきたメニューから作成可能です。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

「スマートプレイリスト」とは、自分が指定したルールを基にApple Musicが自動で曲を選曲してプレイリストを作成してくれます。

どんどんライブラリに曲が集まってきてもプレイリストは自動で更新してくれるので、使い方次第でとても便利に使えるプレイリストです。

 

Mac版Apple Musicで歌詞を表示するには、プレイヤー画面の右端のアイコンをクリックする

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

歌詞は、アーティストが歌っているところを自動でハイライトしてくれるので、洋楽の歌詞でも見やすくなっています。

 

次に再生する曲リストは、プレイヤー画面の右端のアイコンをクリックします。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

「次に再生」のリストに入っている曲は、削除、順番の変更ができ、各曲のを右クリックすればここに追加することも可能です。

 

Mac本体から音楽を流すのではなく、BluetoothやAirPlayでイヤホンやスピーカーに接続したいなら、プレイヤー画面右端のアイコンをクリックします。

Apple Musicをパソコンで音楽を聴く使い方!Windows・Mac対応

AppleのBluetoothイヤホンAirPods ProスマートスピーカーHomePodならとても楽に接続でき、接続の安定性や音質はとても良く、Appleで揃えることのメリットがとても高いことが実際に使ってみてもわかります。

 

Mac版Apple Musicの使い方はこのくらいをマスターしておけばあとは問題ないでしょう。

なべ
なにかわからないことなどがあれば記事を追記しますのでコメントしてください!

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
Apple MusicにCDを取り込む方法!MP3もOK!

CDの曲をApple Musicに取り込むことってできるの? mp3ファイルをApple Musicに入れられる? Apple Musicで配信している曲とCD・mp3の音楽って一緒に聴けるの? そん ...

続きを見る

 

その他、Apple Musicを使う上で知っておきたいことを以下の記事にまとめました

→ Apple Musicの記事一覧

-Apple Music

記事をシェア、評価お願いします!


 

Apple Music

Apple Musicのおすすめ

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 7,000万曲 以上、邦楽洋楽が豊富
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 7,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 7,000万曲 以上)

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

 

 

イヤホン・スマスピ特集

イヤホン特集

 

スマートスピーカー特集

 

Amazon特集

Amazonスマスピ特集

 

Google特集

Googleスマスピ特集

 

Apple特集

Appleスマスピ特集

 

SONY特集

SONY特集

 

シーン別特集

シーン別おすすめ音楽特集

 

  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者の「なべ」です!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスを解説し、別サイト『VODZOO』では動画サブスクや映画、ドラマ、アニメを紹介しています!

問い合わせ問い合わせ
LINE友だち追加友達追加する
twitterフォローTwitterを見る

AWAをフォローするフォローする


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2020 SoundZoo