Echo Show 5が100名に当たる!無料応募もOK!

Apple Music

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法


Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
CDの曲をApple Musicに取り込むことってできるの?
mp3ファイルをApple Musicに入れられる?
Apple Musicで配信している曲とCD・mp3の音楽って一緒に聴けるの?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、「Apple MusicにCD・mp3の音楽ファイルを取り込んで一緒に聴く方法」を解説していきます。

 

Apple Musicは、定額料金で配信しているすべての曲を自由に好きなだけ聴くことができます。

しかし、それだけではなく、CDやmp3などの音楽をApple Musicに取り込むことで配信曲と一緒に聴くこともでき、配信されていない曲でもApple Musicで聴けようになります。

Apple MusicにCDやmp3を取り込む方法を一緒に見ていきましょう!

 

Apple MusicにCD、mp3を取り込む方法

Apple MusicにCDやmp3の音楽を取り込む方法は以下の通りです。

  1. 必要なものを準備する
  2. 設定する
  3. iTunesに曲を取り込む

 

難しい作業はなく、公式な方法でApple Musicに取り込めるので、一度手順を覚えてしまえば次からは簡単にできると思います。

それぞれの手順を実際の画像付きで解説します。

Androidの使っている場合は、ステップ3、ステップ5は飛ばしてください。

 

step
1
必要なもの

Apple MusicにCDやmp3を取り込むために必要なものは4つあります。

  • パソコン(Windows、Mac)
  • CD、mp3音楽ファイル
  • iTunes
  • iPhone。Android(スマホで音楽を聴く場合)

パソコンは特に高スペックなものでなくて問題ありません。

CDやmp3は、Apple Musicに取り込みたいものを用意しましょう。

iTunesはパソコンにインストールしておいてください。→ iTunesをインストールする

スマホで音楽を聴く場合は、iPhoneやAndroidも必要です。

 

 

step
2
パソコンでiTunesを開いてログイン

次に、パソコンにインストールしたiTunesを起動してください。

 

iTunesが起動したら、画面左上の「アカウント」→「サインイン」をクリックして、Apple IDでログインをします。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

Apple Musicを使っている方は、Apple Musicを使っているAppleIDでログインをしてください。

Apple IDを持っていない方はこちらから無料で作成できます。

新しいApple IDを作成する

 

 

step
3
パソコンとiPhoneを接続して設定

iPhoneとパソコンをケーブルでつないだら、iTunesの左上にある「iPhoneのアイコン」をクリックします。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

次に左の欄の「概要」→「オプション」から以下の2つの項目にチェックを入れます。

  • このiPhoneを接続しているときに自動的に同期
  • Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期
Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

 

step
4
iCloudをオンにする

次に、iCloudをオンにする設定です。

+ iCloudとは?

iCloudとは、インターネット上にデータを保存する場所のことです(Appleの名称)

音楽の場合、曲のデータをiCloudに保存します。これがONでないと曲を保存できないのでオンにするように。

 

Macの場合

  1. 画面上の「ミュージック」→「環境設定」
  2. 「一般」→「ライブラリを同期」にチェック

Windowsの場合

  1. 画面左上の「編集」→「環境設定」
  2. 「一般」→「iCloudミュージックライブラリ」にチェック
Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

これでパソコン側の設定は完了です。

次からはこの設定はやらなくても取り込んだ曲を自動でApple Musicに入れてくれます。

iTunesの画面はそのままで。

 

 

step
5
iPhoneの設定

次にiPhoneの設定をします。

パソコンの設定同様に一度設定が終われば次からはこの手順は必要ありません。

 

まず設定を開いて、

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

次に「ミュージック」をタップ

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

最後に、「ライブラリを同期」をONにすればiPhone側の設定は完了です。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

これでiTunesに曲を取り込むと自動でiPhoneのApple Musicに取り込まれるようになります。

 

 

step
6
ミュージックのライブラリを開く

次に、iTunesに曲を取り込んでいきます。

iTunesの画面左上のところを「ミュージック」にし、「ライブラリ」をクリックして開きます。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

 

step
7
曲を取り込む

次にiTunesに曲を取り込んでいきます。

 

mp3ファイルなどの場合

iTunesに曲をドラッグアンドドロップで追加できます。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

iTunesのライブラリに追加した曲が表示されていれば、しっかりとiTunesに曲を入れることができています。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

CDの場合

パソコンにCDを入れます。

 

CDを入れるとiTunesの画面にCDの読み込み開始の案内が出るので、「はい」を押します。

次からこの案内がいらない場合は、「次回から確認しない」にチェックを入れてから「はい」を押します。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

iTunesがCDを読み込み始めるので、完了まで待ちます。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

CDに収録されている曲がすべて取り込み完了になったら、CDはパソコンから取り出してください。

取り込んだ曲がすべてライブラリに追加されています。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

 

 

step
8
曲がApple Musicに入る

曲をiTunesに取り込むと、Apple Musicに自動的に入ります。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
mp3から取り込んだ曲

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
CDから取り込んだ曲

もしもApple Musicに曲が入らない場合は、2つの対処法があります。

  • iTunesの「ライブラリ」から入らない曲を右クリックして「iCloudミュージックライブラリに追加」をクリック
  • 右クリックしてもそれがない場合、iTunesの左上「ファイル」→「ライブラリ」→「iCloudミュージックライブラリをアップデート」をクリック

 

取り込んだ曲は、Apple Musicのプレイリストに追加できるので、Apple Musicが配信する曲と取り込んだ曲を混ぜて聴くことも可能です。

 

 

雲のアイコンの意味

iTunesには、曲一つ一つに雲アイコンが表示されます。

それらの意味を解説します。

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

「雲に↓」のアイコンは、Apple Musicの配信曲です。このアイコンをクリックすると曲がパソコンにダウンロードされ、オフライン再生が可能になります。

「点線の雲」は、iCloudに同期中の曲です。この雲が表示されている曲はスマホのApple Musicにはまだ入っていません。同期されるのを待つか右クリックで「iCloudミュージックライブラリに追加」をします。

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

雲マークがない曲は、ダウンロード済みの曲です。

スマホのApple Musicでの再生も可能ですが、スマホにはダウンロードされていません。

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

「雲に×」のアイコンは、iCloudから削除された曲です。スマホのApple Musicには入っていません。右クリックで「iCloudミュージックライブラリに追加」にすればスマホのApple Musicに入ります。

 

iCloudとは?

iCloudとは、インターネット上にデータを保存する場所のことです。

Appleがそれを「iCloud」と呼んでいます。

 

イメージとしては、以下の画像のような感じです。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

音楽や写真などのデータをインターネット上にあるiCloudにアップロードして保存します。

iCloudには、Apple IDが紐づいているので、自分のアカウントでログインすれば、どのデバイスでも必要なデータを持ってくることができます。

 

iCloudに保存されている曲は、ダウンロード済みということではありません。

ただ、データが保存されているだけです。

なので、スマホならApple Music、パソコンならiTunesで曲をダウンロードしてオフライン再生が可能になります。

 

 

まとめ

この記事では、「Apple MusicにCD・mp3の音楽ファイルを取り込んで一緒に聴く方法」を解説しました。

Apple MusicにCDの曲、購入したデジタルミュージック、音声ファイルなどを入れられるので、ぜひやり方を覚えておくといいでしょう。

 

Apple Musicとは?1から10まで全てわかる使い方ガイド
Apple Musicとは?あなたにオススメか?使用歴5年が徹底解説!

Apple Musicってなに?どんなことができるの? Apple Musicはどんな人におすすめなの? Apple Musicのアプリのデザインや使い方、始め方を知りたい そんな思いを持っているあな ...

続きを見る

SoundZooの記事をシェア、評価お願いします!



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

 

音楽配信サービスランキング

Apple Music

Apple Music

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるならまずはこれ!

  • 使い心地、使いやすさ
  • 6,000万曲 以上配信
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 6,500万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 6,500万曲 以上)

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 有料なら制限なり
  • 若者向け

AWA

AWA

使うべき特徴は3つ

  • 配信曲数 6,000万曲 以上
  • 曲を聴かせて音楽検索
  • 曲にコメントでみんなで楽しめる

 

音楽ストリーミングサービス(早見表)

Apple Music
Amazon Music Unlimited
Spotify
Amazon Prime Music
Youtube Music
Amazon Music HD
AWA
LINE MUSIC
KKBOX
RecMusic
dヒッツ
DEEZER
うたパス
アニュータ

 

楽天ミュージック

 

自分に合った音楽アプリを使おう
音楽アプリを診断する

ZOO ライターの募集

-Apple Music

© 2020 SoundZoo