イヤホン

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

Apple Music おすすめ
  1. HOME >
  2. デバイス >
  3. イヤホン >

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?


2019年10月31日にAppleは、新しいBluetoothイヤホン「AirPods Pro」の発売を開始しました。

 

以前からの発売されていた「AirPods」に「Pro」の名を付けた上位版のBluetoothイヤホンとなっています。

価格は、27,800円(税別)です。

 

実際にAirPods Proを使ってみてのレビューをこの記事ではご紹介していきます。

 

この記事のレビューを見るうえ覚えておいてほしいAirPods Proのポイントは、「外の音が聞こえるし、聞こえない」です。

では、一緒にAirPods Proを見ていきましょう!

 

AirPods Pro レビュー

 

まず初めに言っておくと、AirPods Proを買うなら「Apple公式サイト」がおすすめです。

理由は、無料で好きな文字を刻印できるから。

 

私は、「Hi, music」と刻印してもらいました。(特に意味はありません。)

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

好きなアーティストや曲、言葉など自分オリジナルのAirPods Proを手に入れることができます。

これはAppleが公式サイトで購入した人限定で無料でできるオプションなので、購入を考えるならApple公式サイトがおすすめです。

Apple公式サイト

 

刻印は、購入してから1週間ほどかかるので、刻印に興味がない人はAmazonがおすすめです。

AmazonでAirPods Proを見てみる

 

では、AirPods Proを見ていきましょう!

 

外装

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

ついにAirPods Proが届きました。

Appleらしい白を基調とした上品な外装となっています。

 

内容物

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

AirPods Proの内容物は、

  • AirPods Pro(ケースの中にある)
  • 充電ケース
  • 充電コード(Type-C ~ Lightning)
  • イヤーチップ(大、中、小)
  • 説明者

となっています。

 

AirPods Proの最大のポイントは、「ノイズキャンセリング」と「外音取り込み」です。

そのため、これまでAirPodsと違ってカナル型のBluetoothイヤホンとなっており、イヤーチップの取り付けがあります。

大、中、小の3つの大きさからイヤーチップを変えることができるので、自分に合った装着感のいいものを使うことができます。

 

また、最新のiOSにアップデートしているとイヤーチップの装着状態のテストができます。

Bluetooth設定からAirPods Proを選択すると、テスト画面へ

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

 

AirPods Proを装着してテストを開始します

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

 

音楽が流れ始めテストが始まります

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

 

AirPods Proの装着テストは合格でした。

最新のiOSとAirPods Proは、自分にピッタリのイヤーチップをテストする機能もあるので、AirPods Pro本来の性能をイヤーチップで失うことなく、音を聴くことができます。

 

充電コード

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

充電コードの先端は、、USB Type-CとLightningケーブルになっています。

 

AirPods Proの充電ケースと接続するのは、Lightningケーブルの方です。

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

充電ケースの下底に差し込み口があります。

 

イヤーチップ

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

最初の状態だとAirPods Proに中サイズのイヤーチップが装着されているため、大と小のイヤーチップが付属品として入っています。

それぞれ大、中、小の大きさを並べるとこんな感じ

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

形は、楕円形で中央に穴が開いていますが、実際は細かい網目状のフィルターが貼ってあります。

 

充電ケース

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

大きさは、手のひらに置いても大きすぎず、かといって小さすぎないほど良い大きさと言っていいでしょう。

ツルツルしたプラスチックのような素材だが、安物感を感じないしっかりとした作りとなっています。

 

開けるとこんな感じ

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

AirPods Proが充電されています。

充電ケースを使って最大24時間使うことができ、5分の充電で1時間AirPods Proを使うことができます。

 

AirPods Pro

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

出ました。AirPods Proです。

これまでのAirPodsは縦に長い印象でしたが、AirPods Proはカナル型となったため見慣れているイヤホンに近い形となっています。

 

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

↑ この上の画像の左側にあるAirPods Proの縦に楕円形にへこんでいる部分があるかと思います。

ここは、音楽の再生やストップ、スキップ、前の曲へ戻るなどの操作をする部分です。

ボタンのように押し込むタイプにはなっていません。

しかし、触るだけのタッチでもありません。

このへこんでる部分をボタンのように押すことで、感圧センサーにより反応します。

要するに、見た目はボタンではないが、機能がボタンです。

 

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

イヤーチップの付け替えは、最初は戸惑うかもしれませんが、一度やれば慣れます。

 

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

AirPods Proのイヤーチップは、接続部分が固い素材となっており、AirPods Proに「カチャ」と接続するタイプになっています。

 

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

イヤーチップを取るとAirPods Proはこんな感じになる。

 

レビュー

AirPods Proを使って感じた私の感想は、「外の音が聞こえるし、聞こえない」です。

それがこのAirPods Proの一番の目玉「ノイズキャンセリング」と「外音取り込み」の2つとなっている。

 

まず、ノイズキャンセリングは、外の雑音をシャットアウトして聴いている音だけに集中できるような機能です。

Apple公式サイトの「雑音を音で消します。」というフレーズを体感することができた。

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

このノイズキャンセリングは、AirPods Proを装着しているだけで何も音を流していなくても外の音が70%くらいカットされている感じです。

AirPods Proを外した時の外の音のうるささを特に感じるほど、外の音がカットされていることに気が付かされます。

 

外音取り込みは、ノイズキャンセリングの逆で、AirPodsをしていても「していないような聴き方」ができるモードです。

AirPodsを付けていても周囲の音が聞こえるので、例えばアナウンスを聞いたり、会話をしたりすることが容易にできます。

音の方向感覚や音量も違和感なく使えます。

 

ノイズキャンセリングと外音取り込みの切り替えはとても簡単です。

AirPods Proを長押しするか、iPhoneの音量設定バーから選択するだけです。

もちろん、AppleWatchからの切り替えもできます。

 

 

このAirPods ProのノイズキャンセリングをYoutubeで体験できる動画があるので、気になる人は視聴するといいでしょう。

6:30あたりから体感できる動画です。

 

ポイント

AirPods Proは、「ノイズキャンセリング」で外の音をシャットアウトして自分だけの音の世界に入ることができます。

逆に、「外音取り込み」でAirPods Proを付けているのに付けてない音の聴き方ができます。

AirPods Proのポイントは、外の音が聞こえるし、聞こえない。

これらの機能があり、Appleだからこその質、デザインもつまっている「Pro」の名がつけられたイヤホンです。

私は、このAirPods Proがこれからのメインイヤホンとなりそうです。

 

AirPods Proが残念なところ(買うデメリットとは?)

AirPods Proで一つだけ残念なところがあります。

それは、AirPods Proで音量の調整ができないことです。

 

AirPods Proには、曲の再生、停止、次の曲、前の曲、電話に出る、切る、ノイズキャンセリングのONとOFFなどを棒状の部分を押し込むことで操作ができます。

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

両方のAirPods Proにこの操作できる部分はあります。

 

しかし、AirPods Proの操作では、現在聴いている音楽の音量や通話の音量を調整する機能が付いていないのです。

なので、iPhoneから音量は操作する必要があります。

これはAirPods Pro最大の残念なところです。

 

Apple Watchがあれば、Digital Crownを回すことで音量を調整できるので組み合わせとしてはおすすめです。

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

 

【追記】AirPods Proを1ヶ月使ってみて

AirPods Proを使い始めて1ヶ月が経過しました。

個人的に感じたことをご紹介していきます。

 

なべ(筆者)

私が普段AirPods Proを使って音楽を聴く場面は、

  • 自宅
  • 外出時(移動時の歩き)
  • 電車

の3つの場面です。

 

まず、残念だったポイントです。

それは「AirPods Proだけで音量の調整ができないこと」です。

私が音楽を聴くときは、iPhone11にAirPods Proを接続して聴いていますが、音量を調整したい時がたまにあります。

そんな時はiPhoneの音量ボタンから調整します。

歩いている時や自宅にいる時はいいですが、満員電車に乗っている時はポケットのiPhoneに手を届けることが困難なときがあります。

Apple Watchを持っていれば、Apple Watchから音量を調整できますし、Siriに「音量を下げて」や「音量を1上げて」などといえば済みます。

が、満員電車でSiriに話しかけるのも少しためらいますし、Apple Watchは残念ながら持っていないのでどうしてもiPhoneから音量を調整する必要があります。

AirPods Proだけで音量の調整ができれば、これ以上はないなと思い残念です。

 

良かった点はたくさんあります。

まずは、AirPods Proの最大の特徴である「ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングをオンにして音楽を聴いていれば、外部の音が本当に何も聞こえない。(いい意味でも、悪い意味でも)

電車に乗っていても、AirPods Proを付けて目を閉じれば電車の中にいるのを忘れるくらい外部の音が聞こえません。(いい意味で自分の世界に入り込めます)

 

しかし、悪い意味でノイズキャンセリングの使い方は考えた方がいいのかなと。

外部の音がなにも聞こえないので、防犯上注意しないといけないところがあります。

また、電車のアナウンスとか、コンビニでの買い物とか、なにかを聞かなきゃいけない時にノイズキャンセリングがオンだと自分の世界に入り込んでいて何も聞こえない。

 

しかし、これを一発で解決してくれるのが「外部音取り込み」です。

AirPods Proを長押しすると「ノイズキャンセリングモード」から「外部音取り込みモード」に変更することができる。逆の変更もできる。

なにか外部の音を聴きたい時は、AirPods Proを1回押して音楽を消し、次に長押しして外部音取り込みモードにする。

こうすることでコンビニでの会話、カフェでの注文、電車のアナウンサーなどほぼすべての外部音を聞き取ることができます。

これが本当に便利すぎる。

AirPods Proをいちいち取り外す必要もない。

外部音取り込みモードはAirPods Proを装着していても綺麗に外部の音が聴きとれるので、外部の音が聞こえなくてAirPods Proを取らなきゃいけなくなるエラーも1回も起きていません。

 

操作性は、とても良いです。

AirPods Proは、タッチではなく、強く押して曲の再生や停止、モードの切り替え、Siriの起動などをします。

間違ってAirPods Proを触ったりしても誤操作にならないので、音楽を楽しんでいる自分がイライラすることもありませんでした。

 

充電の持ちは良好です。

基本的に私は、自宅からAirPods Proをして外出します。

目的地まで1時間30分ぶっ続けで音楽を聴くことができ、目的地についたらAirPods Proをケースにしまいます。この時にAirPods Proはケースで充電されています。

それで、帰りにまたAirPods Proをして1時間30分の所要時間で帰宅します。

それで帰ったらAirPods Proの充電ケースを充電します。

充電をし忘れて2日連続使っても充電がなくなることはありませんでした。

 

Bluetooth接続の安定性はとても良いです。

私が以前、レビューした「BOSE NC 700 HP」は、都内で帰宅ラッシュの時は若干Bluetooth接続が不安定になることがありました。

音が切れてまた再生されたり、完全にもう一度接続し直したり。

AirPods Proはいまだに接続の不安定性を感じたことがありません。むしろこの記事を書くまで忘れていたくらいです。

iPhone11と接続しているので、相性もよいのでしょうか。

とにもかくにも、AirPods Proの安定性にも満足できています。

 

AirPods Proを使ってみて1ヶ月が経ったが、使い勝手、機能性はとても満足できるものでした。

 


AmazonでAirPods Proを見てみる

 

【再追記】AirPods Proを3ヶ月使ってみて

AirPods Proを使い始めて2020年1月で3ヶ月が経ちます。

3ヶ月経って感じたことをレビューしていきます。

 

3ヶ月間AirPods Proを使い続けてAirPods Proに不調なところはなく、快適に音楽を楽しめています。

ノイズキャンセリングの性能も良く、外部音取り込みも瞬時に切り替えられるので外の音を聴きたい時でもAirPods Proを取ることなく聞くことができます。

3ヶ月も経つとAirPods Proで音楽を聴くことが日常化してしまい便利さや快適感、新鮮味は薄れてはいますが、何も思わないということは何もストレスがなく音楽を楽しめていることだと思います。不満なところはありません。

 

AirPods Proの最大のデメリットである音量を調整できない問題は、Apple Watchと組み合わせることで解決し、Apple Watchがない時よりも音楽を快適に楽しめています。

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

↑ 画像のApple WatchのDigital Crownを回すことでiPhoneを取り出すことなく音量が調整できます。

これはiPhone、Apple Watch、AirPodsの組み合わせだからこそできるお互いのデメリットを補った使い方でしょう。(AppleがApple Watchの購入を促すためにAirPods Proが音量調整できないようにしたかはわかりませんが。)

 

とにもかくにも、iPhone×AirPods Proの組み合わせだった1ヶ月目の時より、iPhone×AirPods Pro×Apple Watchの組み合わせにすることでより快適に音楽を聴けることは間違いないです。

さらに、Apple Musicが組み合わさればもうApple信者でしかないですが、接続の安定性や不具合の少なさ、快適な操作性、そして音楽をストレスフリーで楽しめることは間違いなく手に入れられます。

 

Apple WatchでApple Musicの音楽を聴く!使い方やメリット、デメリットとは?
Apple Musicの音楽をApple Watchで聴く!使い方やメリット、デメリットとは?

Apple Watchの購入を考えているんだけど、Apple Musicで音楽を聴くときってどんな感じなの? Apple WatchでApple Musicの音楽を聴くときの使い方を知りたい Appl ...

続きを見る

 

AirPods ProをiPhoneと接続する方法

AirPods ProをiPhoneに接続する方法は、とても簡単です。

  1. iPhoneのBluetooth接続をオンにする
  2. AirPods ProをiPhoneに近づけて、ケースから取り出す

たったこれだけでiPhoneにAirPods Proを接続することができます。

 

iPhoneにAirPods Proを近づけると、iPhone側が自動でAirPods Proを認識して接続を開始してくれます。

また、操作方法やSiriの設定なども一緒にでき、接続は本当に簡単です。

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

 

 

iPhoneで、 6,000万曲 聴き放題のApple Musicを、外の音も聴く音も支配するAirPods Proを使えば、

これ以上にない音楽体験をできることは間違いないです。

 

現に私は、今この組み合わせで音楽を聴いています。

すべてAppleだからこそ相性が良く、デザイン性も良く、質のいい音で、世界中の音楽を聴くことができています。

 

Apple Musicは、当サイトで中身や使い方を解説しています

⇒ Apple Musicとは?始め方から使い方、解約まで全てわかる完全ガイド

 

また、Apple Musicは、3ヶ月の無料体験ですべての音楽を聴き放題でき、

曲のダウンロードし放題できます。

無料でApple Musicを3ヶ月使ってみる

SoundZooの記事をシェア、評価お願いします!


  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者の「なべ」です!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスを解説し、別サイト『VODZOO』では動画サブスクや映画、ドラマ、アニメを紹介しています!

洋楽でプレイリストも作成しているので、ぜひチェックしてください!→ 音楽プレイリスト by SOUNDZOO

問い合わせ問い合わせ
LINE友だち追加友達追加する
twitterフォローTwitterを見る

AWAをフォローするフォローする


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

 

音楽配信サービスランキング

Apple Music

Apple Music

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるならまずはこれ!

  • 使い心地、使いやすさ
  • 6,000万曲 以上配信
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 6,500万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 6,500万曲 以上)

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 有料なら制限なり
  • 若者向け

AWA

AWA

使うべき特徴は3つ

  • 配信曲数 6,000万曲 以上
  • 曲を聴かせて音楽検索
  • 曲にコメントでみんなで楽しめる

 

音楽アプリ(早見表)

Apple Music
Amazon Music Unlimited
Spotify
Amazon Prime Music
Youtube Music
Amazon Music HD
AWA
LINE MUSIC
KKBOX
RecMusic
dヒッツ
DEEZER
うたパス
アニュータ

 

楽天ミュージック

 

自分に合った音楽アプリを使おう
音楽アプリを診断する

音楽プレイリスト by SOUNDZOO

音楽プレイリストby SOUNDZOO

 

Apple MusicからSpotifyに移行!音楽アプリの曲やプレイリストを移す方法

 

-イヤホン

© 2020 SoundZoo