音楽コラム

Bluetoothのコーデックとは?スマホで音楽を高音質で聴く方法

なべ

Bluetoothのコーデックとは?スマホで音楽を高音質で聴く方法


BluetoothイヤホンやBluetoothスピーカーでよく見かけるAAC、LDAC、aptXとかってなんなの?
Bluetoothのコーデックってなに?
Bluetoothイヤホン、Bluetoothスピーカーでもっと高音質で音楽を聴くにはどうしたらいいの?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『Bluetoothのコーデック』について解説していきます。

 

Bluetoothのコーデックを理解することで、BluetoothイヤホンやBluetoothヘッドホン、BluetoothスピーカーなどBluetoothを使って音楽を聴く時、より高音質で音楽を楽しめるようになります。

イヤホンやヘッドホン、スピーカーの音楽機器、iPhoneやAndroidなどのデバイスを使って音楽を聴く人は知っておいて損ありません。

Bluetoothのコーデックについて一緒に見ていきましょう!

 

Bluetoothのコーデックとは?SBC、AAC、aptX、aptX HD、aptX LL、LDAC

Bluetoothのコーデックとは?

Bluetoothのコーデックとは、音声データを圧縮してデータ量を小さくする方式のことです。

音声データは、そのままのデータだと容量が大きいため、音声データを小さく圧縮してBluetoothを通して音が出る機器へと送ります。

この音声データを圧縮する方式のことをコーデックといいます。

 

Bluetoothとコーデックのイメージは以下の画像のような感じです。

Bluetoothのコーデックとは?

例えば、iPhoneとヘッドホンをBluetoothで接続しているとします。

iPhoneにある音声データはデータ量が大きいため、そのまま送信することはできません。

そこで、音声データの容量を小さく圧縮して、Bluetoothを使ってヘッドホンへと音声データを送信します。

圧縮されて送信された音声データは、ヘッドホンから音が出て聴けるようになります。

 

この音声データを圧縮する方式のことをコーデックといいます。

 

そして、このコーデックにはいくつかの種類があります。

要するに、音声データを圧縮する方法は1つではなく、様々な種類があるということです。

それが、SBC、AAC、aptX、LDACなどです。これらのコーデックには特徴があり、音の遅延や音質にかかわってきます。

 

代表的なBluetoothのコーデック

  • SBC
  • AAC
  • aptX
  • aptX LL
  • aptX HD
  • LDAC

Bluetoothで利用される代表的なコーデックはこの7つです。

 

Bluetoothのコーデックには、いくつかの種類があります。

こられコーデックの違いで、音の遅延、音質、対応デバイスの3つの違いが出てきます。

 

コーデックの違いとは?SBC、AAC、aptX、aptX HD、aptX LL、LDAC

Bluetoothのコーデックの違いには3つの要素がかかわってきます。

  • 音の遅延
  • 音質
  • 対応デバイス

 

コーデックの違いで音楽をより高音質で楽しめることにつながるため、これらの違いは知っておくといいでしょう。

それぞれの違いを解説していきます。

 

音の遅延

コーデックの違いとは?

 

音の遅延とは、音が遅れて伝送されることで一定のタイムラグが発生してしまうことです。

遅延が大きいと、動画の映像と音声がずれるような現象になります。

 

以下の画像は、音の遅延を図で表したものです。

Bluetoothコーデックの遅延とは

例えば、iPhoneとヘッドホンをBluetoothで接続している場合

iPhoneで音を再生しはじめてから、ヘッドホンで実際に聞こえるまで若干の時間差が生じます。これは、音声データを圧縮し、送信するという工程を経ているためです。

遅延は、音楽を聴くだけなら特に問題はありませんが、音ゲーや動画を見るとなると遅延の問題が出てきます。

 

Bluetoothのコーデックによってこの遅延が変わってきます。

以下の表は、Bluetoothの代表的なコーデックの遅延を比較したものです。

コーデック遅延
SBC170~270ms
AAC90~150ms
aptX60~80ms
aptX LL40ms未満
aptX HD130ms前後
LDAC非公開

※「ms」=ミリ秒。1000ms=1秒
Qualcomm参照

 

音質

コーデックの違いとは?

Bluetoothのコーデックは、音質に大きな影響を与えるところでもあります。

音声データを圧縮してBluetoothで伝送しているため、音の劣化につながり、それが音質の良し悪しに繋がってくるということです。

音質の良し悪しは、イヤホンやヘッドホンの性能にも左右されますが、Bluetoothのコーデックにも気にかけるとより高音質での音楽体験が実現できます。

 

Bluetoothコーデック別の音質を以下の表にまとめました。

コーデック音質ハイレゾ対応
SBC48kHz / 16bit

Bluetoothの標準的なコーデック

×
AAC48kHz / 16bit

SBCよりも高音質

×
aptX48kHz / 16bit

SBC、AACより高音質

×
aptX LL48kHz / 16bit

aptXより遅延が少ない。音質は変わらず

×
aptX HD48kHz / 24bit

SBC、AAC、aptXより高音質

LDAC96kHz / 24bit

最も高音質のコーデック

Bluetoothのコーデック別の音質は以下のような順番になります。

SBC < AAC < aptX = aptX LL < aptX HD < LDAC

 

対応デバイス

コーデックの違いとは?

Bluetoothのコーデックは、そのコーデックに対応しているデバイスもあれば、ないデバイスもあるということで、対応するデバイスはそれぞれ異なってきます。

コーデックの対応については、この記事の『Bluetoothコーデックの重要なポイント』で解説していますが、音楽をより高音質で聴くためには最も重要なところでもあります。

 

以下の表にまとめました。

コーデック対応デバイス
SBCほとんどのBluetoothが対応
AAC主にiPhoneなどiOSデバイスが対応
aptX主にAndroidが対応
aptX LL主にAndroidが対応
aptX HD主にAndroidが対応
LDAC主にウォークマンなどソニー製品

SBCは、ほどどのデバイスでも対応しています。

AACは、主にiPhoneやiPadなどのiOSデバイスが対応しているコーデックです。

aptX、aptX LL、aptX HDは、主にAndroidデバイスが対応していることが多いです。

LDACは、ソニーが開発したコーデックのため、ウォークマンなどソニー製のデバイスが主に対応していますが、Androidなども対応していることがあります。

 

コーデックのまとめ

コーデックまとめ
SBC標準的なコーデック

音質、遅延ともに最も質が低い

AAC主にiOSが対応するコーデック

SBCと圧縮率は同じだが、高音質を実現

aptX主にAndroidが対応するコーデック

SBCやAACより圧縮率は低いが、高音質を実現

aptX LL主にAndroidが対応するコーデック

aptXよりも低遅延を実現

aptX HD主にAndroidが対応するコーデック

aptXよりも高音質を実現

LDAC主にソニー製のデバイスが対応するコーデック

最も良い音質を実現

遅延

aptX LL < aptX <aptX HD < AAC < SBC < LDAC

 

音質

SBC < AAC < aptX = aptX LL < aptX HD < LDAC

 

 

Bluetoothコーデックの重要なポイント

ここまでBluetoothのコーデックについて見てきましたが、とても重要なことが1つあります。

それは、Bluetoothで接続するデバイス同士が同じコーデックに対応しないと、そのコーデックの性能を発揮することができないということです。

 

以下は、iPhoneとAndroidを各コーデックに対応するBluetoothイヤホンに接続したときのコーデック対応表です。

iPhoneAndroid
BluetoothイヤホンSBCSBCSBC
SBC
AAC
AACSBC
SBC
AAC
aptX
AACaptX
SBC
aptX
SBCaptX

 

iPhoneの場合、対応するコーデックはSBCとAACです。

BluetoothイヤホンがAACに対応しない場合はSBCで接続され、AACに対応している場合はAACで接続されます。

 

Androidの場合、対応するコーデックはSBCとaptXが主です。

BluetoothイヤホンがaptXに対応しない場合はSBCで、対応する場合はaptXでBluetoothが接続されます。

 

要するには、音楽ファイルを持っているデバイス(iPhone、Android、ウォークマンなど)と音を実際に出すデバイス(イヤホン、ヘッドホン、スピーカーなど)のそれぞれが対応するコーデックがマッチした最も良いコーデックが使用されるのです。

 

では、それぞれのコーデックを確認する方法を次に解説していきます。

 

対応するコーデックの確認方法

対応するコーデックを以下の3つのデバイスごとに解説していきます。

  • iPhone
  • Android
  • イヤホン、ヘッドホン、スピーカー

 

それぞれ対応するコーデックがどれか知ることができれば、後はそのコーデックに対応するデバイスを用意すれば最も良い音質で音楽を聴くことができます。

それぞれのコーデックの確認方法を見ていきましょう。

 

iPhoneのコーデックの確認方法

iPhoneの場合、iPhone本体のみでコーデックを確認することができません。

 

しかし、それでも問題ありません。

iPhoneが対応するコーデックはSBCまたはAACです。

SBCよりもAACのほうが音質は良く、優先してAACで接続されるので、BluetoothイヤホンやBluetoothヘッドホンは、AACに対応するものを選べば問題ありません。

iPhoneの場合、AAC対応のイヤホンやヘッドホンで音楽を聴くのが最も良い音質で音楽を聴く方法になります。

 

Androidのコーデックの確認方法

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「端末情報」を開く
  3. 「ビルド番号」を7回タップ
  4. 「開発者オプション」を開く
  5. 「Bluetoothオーディオコーデック」を開く
Androidのコーデックの確認方法

 

Androidのコーデックを確認する方法は、次の記事で実際の画像を使って解説しています!

→ Androidの設定からBluetoothコーデックを確認する7つの手順

 

イヤホン、ヘッドホン、スピーカーのコーデックの確認方法

イヤホンやヘッドホン、スピーカーそれぞれが対応するコーデックは、そのデバイスの公式サイトから確認することができます。

また、説明書や箱などにも記載されていることがあるのでチェックしてみてください。

また、Amazonの商品ページにも掲載されていることがあります。

 

音楽を高音質で聴くためには?

音楽を高音質で聴くには、まず大前提として、デバイスと音楽機器のBluetoothコーデックを対応されることです。

 

iPhone:AAC対応の音楽機器を。

Android:aptX対応の音楽機器を。

また、ウォークマンやAndroidスマホなどがLDACに対応している場合は、LDAC対応のイヤホンやヘッドホンを使うことでより高音質での音楽体験が可能になります。

 

必ずしもこれらのコーデックに対応しているとは限らないので、必ずスマホやデバイスのコーデックをご自身で確認するようにしてください!

 

コーデックの対応が決まったら、次はハイレゾの音楽ストリーミングサービスを利用してみるのもより高音質で音楽を楽しむポイントです。

オススメ
超高音質のAmazon Music HDとは?料金や無料体験、対応デバイスは?
HD、UltraHDでAmazon Music Unlimitedを聴く!旧Amazon Music HDとは?

続きを見る

 

まとめ

Bluetoothのコーデックとは、音声データを圧縮する方式のことで、様々な方法があります。

iPhoneを使っているならAACに、AndroidならaptXに対応したイヤホンを使うことで高音質での音楽体験が実現します。

また、最も音質を良くしたいならLDACに対応させることです。

 

この記事では、『Bluetoothのコーデックとは』について解説しました。

 

イヤホンの種類、選び方、おすすめは次の記事ですべてわかります

オススメ
イヤホンの種類とは?12個のタイプとオススメを解説!
全11のイヤホン🎧の種類とは?特徴とオススメを徹底解説!

続きを見る

 

 

おすすめのイヤホン、ヘッドホン、スマホは次の記事レビューをご紹介しています。

AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?
AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?

続きを見る

BOSE NC 700 HPを実機レビュー!使い方やできること、感想を写真と一緒に。
BOSE NC 700 HPを実機レビュー!使い方やできること、感想を写真と一緒に。

続きを見る

ソニーWH-1000XM4をレビュー!BOSE NC700と比較してみた
ソニーWH-1000XM4をレビュー!BOSE NC700と比較してみた

続きを見る

SONY Xperia1IIを実機レビュー!スマホとウォークマンの融合がついに!
SONY Xperia 1 IIを実機レビュー!スマホとウォークマンが融合?音楽体験がよりリッチに!

続きを見る

カテゴリー - 音楽コラム


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト