Amazon Prime Music過yudilloyd0611@gmail.comンペーン

ドラえもん映画『新・のび太の日本誕生』の主題歌を解説!

beersy

映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の動画配信&主題歌を小ネタ付きで解説!

amazon.co.jp/dp/B01GIOWMO8



2016年3月5日公開のアニメ映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』。

映画・大長編ドラえもんの第36作目で、1989年に公開された『ドラえもん のび太の日本誕生』のリメイク版。

ドラえもん映画の中で、歴代興行収入第6位となっている大ヒット作。(2023年現在)

beersy
beersy

1980年代生まれのbeersy、子ども時代をガッツリドラえもんと共に歩んで来ました。

のぶ代ドラ世代の私には、正直抵抗がありましたが…。原作・旧作を大事にしながら加筆された脚本は、より深くキャラクターたちの心情が描かれており、『日本誕生』の魅力がかなりパワーアップされていました!

今回は、ドラえもんに憧れドラえもんをこよなく愛するbeersyが、映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の主題歌、あらすじ、感想をまるっと解説していきます!


『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』のあらすじ

家出を決心したのび太たち5人は、タイムマシンで、誰もいない7万年前の日本に行くことに。

現時時代の日本で、自分たちだけのパラダイスを作り、たっぷり遊んだのび太たちは、いったん家に帰ることにしたが、なぜか現代で原始人のククルと出会う。

どうやら時空乱流に巻き込まれて現代に来てしまったらしい。

そして、ククルの家族がいるヒカリ族は、精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたという。

ククルとともに原始時代に戻った5人は、ヒカリ族を救うため立ち上がる!史上最大の家出から、史上最大の冒険が始まる!!

参照:Amazon公式サイト


Amazon Prime Music キャンペーン

映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』で流れる曲

オープニング

Mao - 夢をかなえてドラえもん

オープニングで流れる曲は、Maoの『夢をかなえてドラえもん』です。

アニメ『薄桜鬼』の「君ノ記憶」などを担当している歌手Maoさんの曲。2007年から2019年までアニメ版のOP曲として使用されていました。

『宇宙英雄記』の大杉宜弘監督が担当した映像には、ドラえもんたち主要キャラと、今作のゲストキャラであるククルが登場。

どらやきと咲き乱れる花々、大昔の中国大陸の壮大な風景が描かれており、夢のある演出が魅力的です♪

ククルが美少年になりすぎていて、ちょっとドキドキ!!

 

エンドロール・主題歌

山崎まさよし - 空へ(『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』主題歌)

山崎まさよし - 空へ

エンディングで流れる曲は、山崎まさよしの『空へ』です。

今作の主題歌を担当したのは、「One more time, One more chance」「セロリ」などで知られる、シンガーソングライターの山崎まさよしさん。

アニメ映画のために曲を書き下ろすのは初だったそう!作中、ペガたちに乗ってククルが住む村に向かうシーンでは、オーケストラバージョンが流れます。

金子志津枝さんが描いた優しいタッチの水彩画「その後」のエンドロール映像と、心にグっと来る「空へ」が、映画の余韻に心地よく浸らせてくれる…。

今作は、のび太を心配するママや、のび太たちが母を想うカット、ククルのわんことの想い出など、旧作・原作よりももっと心情が描かれていて、感情移入しやすい作品でした!

ゆえに、ラストのペガたちとの別れのシーンは、旧作よりも大泣きしてしまう…。リメイク版、恐れ入った。

エンドロールで流れる、大人になったククルや、「夢のペット誕生コンテスト」の作品も見どころです♪

 

サウンドトラック

映画『ドラえもん のび太の太陽王伝説』の動画配信&主題歌を小ネタ付きで解説!
👉映画ドラえもん うたの大全集

 

何度でも観よう!「新・のび太の日本誕生」をもっと楽しめる小ネタ

beersy
beersy

クリティカルなネタバレはできるだけ避けていますが、初めて『新・のび太の日本誕生』を観る人は事前情報なしで一度観てから以下の秘話を観ると、2回目も楽しめておすすめです!

小ネタ1:

オープニングの小ネタ。

  • ドラえもんが読んでいる『ゴロゴロ』は『コロコロコミック』のネタであるのはわかりやすいですが、よく観ると背表紙に『新・のび太の大魔境』のペコがいます。ドッグフードの広告っぽいのが面白い!
  • 机の横には、同じく『のび太の大魔境』に出て来る巨神像のシールが貼ってある。ちょっと不気味。笑
  • 本棚には『Pマン』と描かれたマンガが入っていて、懐かしいパーマンを連想させます!

のび太の部屋(特に本棚)は小ネタ満載なので、毎回しっかりと観てしまう…。

 

小ネタ2:

本棚にある『オシシ仮面』『ライオン仮面』これは、野比家の近所に住んでいる漫画家・フニャコフニャ夫の作品。(コミック3巻「あやうし!ライオン仮面」より)

「モライモンとヒロイモン」「ドラーマン」「エスパー君」などを手掛ける人気作家!…という、原作にちょくちょく出て来る、藤子・F・不二雄先生と藤子 不二雄Ⓐ先生の両方に似たキャラクターです。

こんな細かいところまで映画に出しちゃうあたり、新ドラ映画のスタッフさんも根っからのドラファンなんだな…と嬉しくなりました。笑

 

小ネタ3:

ちょくちょく映画に出て来る「タイムパトロール隊」ですが、この部隊をモデルとした藤子・F・不二雄先生作の『T・Pぼん』という漫画が存在します。

映画の最後、旧作ではヒゲの逞しい男性がのび太に話しかけましたが、今作では『T・Pぼん』の「リーム・ストリーム」という主要キャラの女性に変更されており、ここでも原作への愛が垣間見られました!

このエンディングは、新旧映画いつ観ても良き。ハンカチ・ティッシュを用意して、何度でも観ましょう!

 

<番外編>筆者のお気に入りドラグッズ

わさびドラグッズはあまり持っていないので、今回は子どもの時からずーっと使っている時計をご紹介(タイムマシンにちなんで…笑)

映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の動画配信&主題歌を小ネタ付きで解説!

こちらの掛け時計は、裏に父の字で「平成2年購入」と書いてあります。秒針のカチカチ音が凄いのですが、現役!子ども部屋に飾ってあります。

 

映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の動画配信&主題歌を小ネタ付きで解説!

向かって左:「あっさです♪あっさです♪あっさでっすよ♪」と、笛を鳴らしながら歌ってくれる目覚まし時計。止めると「やっと起きたね♪」と優しく褒めてくれるので、目覚めがいい!

向かって右:「ハーイ!おでかけ♪楽しいドライブにレッツゴー!」と元気よく起こしてくれる目覚まし時計。パリピなドラがゆらゆら動きます。テンション上げたい休日に使用中♪

 


 

『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の前後作品

前作:

映画『ドラえもん のび太の宇宙英雄記スペースヒーローズ』の動画を観る方法
ドラえもん映画『のび太の宇宙英雄記スペースヒーローズ』の主題歌を解説!

続きを見る

 

次作:

映画『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の動画配信&主題歌を解説!
ドラえもん映画『のび太の南極カチコチ大冒険』主題歌を解説!

続きを見る

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母beersy(ビアシィ)子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。アクション好きだが、雑食性で何でも鑑賞するタイプ。しかしその実態はただの筋肉好き。いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない(嘘) 私の記事を通して、筋肉好きの読者さんが増えたら嬉しいです(?)