自分に合った音楽アプリを見つけよう!

SoundZoo

Amazon Musicで音楽聴くだけでイヤホン、スマートウォッチ、スピーカーが当たる!7/31まで

Apple Music

AppleMusicで歌詞の表示する方法&読み込まない時の対処法

更新日:


Apple Musicで歌詞を表示させたい
Apple Musicで「歌詞が見つかりませんでした」と出てしまう
歌詞をカラオケのように追尾させたい

そんな思いを持っているあなたのために、この記事では

この記事の内容

  • Apple Musicで歌詞を見る方法
  • 歌詞が表示されなかった時の対処方法
  • 歌詞をからカラオケのように追いかけさせる方法

をご紹介していきます!

 

AppleMusic 歌詞を表示する方法は2つ

Apple Musicの歌詞はどのプランでも利用することができます!

⇒ Apple Musicの月額料金とは?全3プランの中身を解説!まずは無料で
プラン別でできることを解説しています。

Apple Musicの歌詞の表示方法は2つあります。

 

まずは1つ目

曲のプレイヤー画面を上へスクロールして表示する

↑ こちら上の画像のように、音楽を再生しているプレイヤー画面を上へスクロールすることで歌詞を表示させることができます。

歌詞が表示されなかったら、「表示」を選択することで歌詞が表示されます

これが1つ目のApple Musicで歌詞を表示する方法です。

曲のプレイヤー画面を上にスクロールすると下にも画面が続いていることに気づかない人もいると思います。

プレイヤー画面の下の方には、歌詞だけでなく次に再生する曲の一覧が出てくるので使える方には使える機能です。

 

次に、2つ目の表示方法

歌詞を全画面で表示する

歌詞を全画面で表示して見る方法になります。

 

①曲のプレイヤー画面の右下にある「・・・」を選択AppleMusic 歌詞の表示方法

プレイヤー画面の右下にある「•••」を選択して、メニューを開きます。

 

②「歌詞」を選択AppleMusic 歌詞の表示方法

開いたメニューの中にある「歌詞」を選択することでApple Musicの歌詞を表示することができます。

もし「歌詞」の表示がなかったら、その曲に歌詞は収録されていないことになります。

 

③全画面で歌詞が表示AppleMusic 歌詞の表示方法

歌詞が全画面で表示されます。

1つ目の歌詞の表示方法とは違い、歌詞画面が大きく表示されます。

 

以上で、Apple Musicで歌詞を表示することができました。

しかし、Apple Musicの歌詞にはいくつかのトラブルや不便なところがあるので、それらを対処していきましょう

 

Apple Musicの「歌詞が読み込めませんでした」の対処方法

Apple Musicでたまに「歌詞が読み込めませんでした」や「見つかりませんでした」と表示されることがあります。

原因は「曲の歌詞がそもそもない」または「通信の影響で読み込めなかった」のどちらかです。

なので、まずは開いているApple Musicのアプリを消してから、スマホの電源を再起動してもう一度Apple Musicを起動してみてください。

また、スマホが圏外や機内モードになっていたり、Wi-Fiが正常につながっているかを確認してください。

それでも歌詞が表示されなかったら、そもそもApple Musicで歌詞を表示できない曲になりますので、歌詞が導入されるのを待つしかありません。

 

AppleMusic 歌詞をカラオケのように追いかけさせる

Apple Musicは、iOS10になってから歌詞表示が実装されました。

しかし、実装されたのはいいのですが、カラオケのように歌っているところを追いかけてくれません。自分の目で追ってスクロールする必要があります。

 

洋楽なんかを聴いてる時に、歌詞を追いかけてくれないのは少し戸惑うところがありますが、iOS10になってやっと歌詞機能が追加されたので、今後のアップデートで改善を期待したいです。

更新され次第、この記事も最新版に更新していきます。

別の方法で歌詞を追いかける方法があるので、これから紹介していきます!

 

AppleMusic 歌詞を追いかけさせる方法

・歌詞を追いかけてくれない。
・歌詞が表示されない。

このつの欠点を見事に克服してくれるのが「プチリリ」という無料アプリです。

歌詞の追いかけがないApple Musicですが、このアプリを使うだけで歌詞を追いかけてくれます。

AppleMusic 歌詞の表示方法

このオレンジの文字のように ↑ 歌詞をカラオケのように追いかけてくれます。

追いかける速度や文字の色、大きさなど細かく自分好みに設定できるのも素晴らしいアプリです。

ダウンロードして起動すれば、自動でAppleMusicと連携して曲を流せば歌詞が出てくるので、とても簡単です。

また、このプチリリからApple Musicを操作し曲を選択して聴くこともできるのでとても便利です。

他にも「Musixmatch」というアプリも歌詞表示に適した人気アプリです。

プチリリ
apple store android

Musixmatch
apple store android

これでAppleMusicも歌詞が表示され、カラオケのように歌詞が追いかけるようになりました。

 

Apple Musicの歌詞だけでなく、もっと使いこなしたい方におすすめです!

Apple Musicとは?⇒ Apple Musicとは?1から10まで全てわかる完全ガイド

まとめ

・Apple Musicでは歌詞を表示して音楽を楽しめる

・しかし、カラオケのように歌っているところは追いかけてくれない。

・今後のアップデートに期待をしつつ、プチリリやMusixmatchといった歌詞アプリを利用すれば実装できる

この記事では「AppleMusicで歌詞の表示する」&「読み込まない時の対処法」についてご紹介しました

 

Apple Musicの記事一覧

Apple Music公式サイト

 

音楽アプリの使い方一覧

Apple Music Amazon Music Unlimited Spotify LINE-MUSIC AWA YoutubeMusic dヒッツ うたパス

 

音楽アプリ別の音楽の購入方法一覧

レコチョク Amazon Music Unlimited LINE-MUSIC

 

 


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

15個の音楽アプリに登録している音楽アプリマニア

・最新の音楽アプリ情報
・お得なキャンペーン情報
・音楽ランキングやニュース
を発信していきます!!

あなたの元に快適で楽しい音楽ライフを届けられるサイトを作っていきます!!

最新情報をTwitterとLINEで通知します
SoundZoo LINE

-Apple Music

Copyright© SoundZoo , 2019 All Rights Reserved.