2022/6/19まで|70年分、総額82万円超えのAmazonギフト券が当たる期間限定キャンペーン

Apple Music

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!

なべ

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!

テスト

CDやmp3の曲をApple Musicに取り込むことってできるの?
iPhoneのミュージックアプリに購入した曲を入れたい!
Apple Musicで配信している曲とCD・mp3の音楽って一緒に聴けるの?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、「Apple Music(iPhoneのミュージックアプリ)にCD・mp3の音楽ファイルを取り込む方法」を解説していきます。

 

iPhoneのミュージックアプリに取り込むことができれば、Apple Musicを使っている人はApple Musicの配信曲と一緒に、使ってない人はミュージックプレイヤーとして取り込んだ曲が聴けます。

曲をiPhoneのミュージックにインポートする方法を一緒に見ていきましょう。

 

iPhoneのファイルアプリに音楽を保存したいなら『iPhoneのファイルアプリに音楽を保存する方法!Windows・Mac』をチェックください。

 

CD・mp3を取り込む方法

Windows編

WindowsからiPhoneのミュージックに音楽を入れる方法は、次のとおりです。

  1. 必要なものを準備する
  2. 設定を行う
  3. iTunesに曲を取り込む

 

step
1
必要なものを用意する

Apple MusicにCDやmp3を取り込むために必要なものは4つあります。

  • パソコン(Windows)
  • CD、mp3音楽ファイル
  • iTunes
  • iPhone、Android(スマホで音楽を聴く場合)

パソコンは特に高スペックなものでなくて問題ありません。

CDやmp3は、iPhoneやApple Musicに取り込みたいものを用意しましょう。Amazonで購入したデジタル音楽やCDなどです。

iTunesはパソコンにインストールしておいてください(→ iTunesをインストールする

スマホで音楽を聴く場合は、iPhoneやAndroidも必要です。

 

step
2
パソコンでiTunesを開いてログイン

次に、パソコンにインストールしたiTunesを起動します。

 

iTunesが起動したら、画面左上の「アカウント」→「サインイン」をクリックして、Apple IDでログインをします。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法iPhoneにログイン

Apple Musicを使っている方は、Apple Musicを使っているAppleIDでログインをしてください。

Apple IDを持っていない方はこちらから無料で作成できます。

新しいApple IDを作成する

 

step
3
パソコンとiPhoneを接続して設定

iPhoneとパソコンをケーブルでつないだら、iTunesの左上にある「iPhoneのアイコン」をクリックします。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
iPhoneのアイコン

 

次に左の欄の「概要」→「オプション」から以下の2つの項目にチェックを入れます。

  • このiPhoneを接続しているときに自動的に同期
  • Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
設定する

「Wi-Fi経由」をオンにしておくと、次からはWindowsとiPhoneをケーブルで接続する必要がなくなるので便利です。

 

step
4
iCloudをオンにする

次に、iCloudミュージックライブラリをオンにする設定です。

 

iCloudミュージックライブラリとは、インターネット上にデータを保存する場所のことです。

音楽の場合、曲のデータをiCloudに保存します。これがONでないと曲を保存できないのでオンにするようにしてください。

iCloudミュージックライブラリについて知りたい人はこちら 👉 iCloudミュージックとは?Apple MusicとiTunes Matchの3つの違い

 

次の手順で設定します。

  1. 画面左上の「編集」→「環境設定」
  2. 「一般」→「iCloudミュージックライブラリ」にチェック

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
iCloudミュージックライブラリをオンにする

これでパソコン側の設定は完了です。

次からはこの設定はやらなくても取り込んだ曲を自動でApple Musicに入れてくれます。

iTunesの画面はそのままで。

 

step
5
iPhoneの設定

次にiPhoneの設定をします。

パソコンの設定同様に一度設定が終われば次からはこの手順は必要ありません。

 

まずは、設定アプリを開きます。

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!
iPhone設定アプリ

 

次に「ミュージック」をタップ

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!
ミュージック

 

最後に、「ライブラリを同期」をONにすればiPhone側の設定は完了です。

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!
ライブラリを同期

これでiTunesに曲を取り込むと自動でiPhoneのミュージックアプリに取り込まれるようになります。

 

step
6
iTunesのライブラリを開く

次に、iTunesに曲を取り込んでいきます。

iTunesの画面左上のところを「ミュージック」にして、「ライブラリ」をクリックして開きます。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
iTunesのライブラリを開く

 

step
7
曲を取り込む

次にiTunesに曲を取り込んでいきます。

 

mp3などのファイルの場合は、iTunesに曲をドラッグアンドドロップで追加できます。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
ドラッグアンドドロップでiTunesに取り込む

 

CDの場合は、パソコンにCDを入れるとiTunesにCDの読み込み開始の案内が出るので、案内に従って進めます。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
iTunesにCDを取り込む

 

iTunesがCDを読み込み始めるので、完了まで待ちます。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
CDをインポート中

 

CDに収録されている曲がすべて取り込み完了になったら、CDはパソコンから取り出してください。

取り込んだ曲がすべてライブラリに追加されています。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
CDをインポート完了

 

step
8
曲がミュージックアプリに保存される

iTunesへ曲の取り込みが完了すると、iPhoneのミュージックアプリに曲が自動的に入ります。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
mp3から取り込んだ曲

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法
CDから取り込んだ曲

もしもApple Musicに曲が入らない場合は、2つの対処法があります。

  • iTunesの「ライブラリ」から入らない曲を右クリックして「iCloudミュージックライブラリに追加」をクリック
  • 右クリックしてもそれがない場合、iTunesの左上「ファイル」→「ライブラリ」→「iCloudミュージックライブラリをアップデート」をクリック

 

取り込んだ曲は、Apple Musicのプレイリストに追加できるので、Apple Musicが配信する曲と取り込んだ曲を混ぜて聴くことも可能です。

 

 

Mac編

MacからiPhoneのミュージックに音楽を入れる方法は、次のとおりです。

  1. 必要なものを準備する
  2. 設定を行う
  3. ミュージックに曲を取り込む

 

step
1
必要なものを用意する

Apple MusicにCDやmp3を取り込むために必要なものは4つあります。

  • パソコン(Mac)
  • CD、mp3音楽ファイル
  • iPhone、Android(スマホで音楽を聴く場合)

CDやmp3は、iPhoneやApple Musicに取り込みたいものを用意しましょう。Amazonで購入したデジタル音楽やCDなどです。

スマホで音楽を聴く場合は、iPhoneやAndroidも必要です。

 

step
2
iCloudをオンにする

次に、iCloudミュージックライブラリをオンにする設定です。

 

iCloudミュージックライブラリとは、インターネット上にデータを保存する場所のことです。

音楽の場合、曲のデータをiCloudに保存します。これがONでないと曲を保存できないのでオンにするようにしてください。

iCloudミュージックライブラリについて知りたい人はこちら 👉 iCloudミュージックとは?Apple MusicとiTunes Matchの3つの違い

 

次の手順で設定します。

  1. Macで「ミュージック」のアプリを起動
  2. 画面左上の「ミュージック」→「環境設定」
  3. 「一般」→「ライブラリを同期」にチェック

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!
iCloudミュージックライブラリをオンにする

これでパソコン側の設定は完了です。

次からはこの設定はやらなくても取り込んだ曲を自動でApple Musicに入れてくれます。

 

step
3
iPhoneの設定

次にiPhoneの設定をします。

パソコンの設定同様に一度設定が終われば次からはこの手順は必要ありません。

 

まずは、設定アプリを開きます。

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!
iPhone設定アプリ

 

次に「ミュージック」をタップ

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!
ミュージック

 

最後に、「ライブラリを同期」をONにすればiPhone側の設定は完了です。

Apple Music(iPhoneのミュージック)にCD・mp3を取り込む方法!
ライブラリを同期

これでiTunesに曲を取り込むと自動でiPhoneのミュージックアプリに取り込まれるようになります。

 

step
4
曲を取り込む

mp3など音楽ファイルの場合は、Macのミュージックで「曲」のページを開いたら、ドラッグアンドドロップで取り込ませます。

CDの場合は、MacにCDを取り込ませると、ミュージックアプリから案内が出るので、それに従って取り込ませます。

 

step
5
曲がミュージックアプリに保存される

Macのミュージックアプリへ曲の取り込みが完了すると、iPhoneのミュージックアプリに曲が自動的に追加されます。

 

もしもiPhoneのミュージックアプリに曲が追加されない場合は、次を確認してください。

  • Macのミュージックの環境設定を開き、ライブラリ同期をオンにする
  • iPhoneのミュージック設定からライブラリ同期をオンにする
  • Mac、iPhoneの再起動

 

取り込んだ曲は、Apple Musicのプレイリストに追加できるので、Apple Musicが配信する曲と取り込んだ曲を混ぜて聴くことも可能です。

 

雲のアイコンの意味(iTunes)

iTunesには、曲一つ一つに雲アイコンが表示されます。

それらの意味を解説します。

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

「雲に↓」のアイコンは、Apple Musicの配信曲です。このアイコンをクリックすると曲がパソコンにダウンロードされ、オフライン再生が可能になります。

「点線の雲」は、iCloudに同期中の曲です。この雲が表示されている曲はスマホのApple Musicにはまだ入っていません。同期されるのを待つか右クリックで「iCloudミュージックライブラリに追加」をします。

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

雲マークがない曲は、ダウンロード済みの曲です。

スマホのApple Musicでの再生も可能ですが、スマホにはダウンロードされていません。

 

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

「雲に×」のアイコンは、iCloudミュージックライブラリから削除された曲です。スマホのApple Musicには入っていません。右クリックで「iCloudミュージックライブラリに追加」にすればスマホのApple Musicに入ります。

 

iCloudとは?

iCloudとは、インターネット上にデータを保存する場所のことです。

Appleがそれを「iCloud」と呼んでいます。

 

イメージとしては、以下の画像のような感じです。

Apple MusicにCDやmp3を取り込んで配信曲と一緒に聴く方法

音楽や写真などのデータをインターネット上にあるiCloudにアップロードして保存します。

iCloudはApple IDが紐づいているので、自分のアカウントでログインすれば、どのデバイスでも必要なデータを持ってくることができます。

 

iCloudに保存されている曲は、ダウンロード済みということではありません。

ただ、データが保存されているだけです。

なので、スマホならApple Music、パソコンならiTunesやミュージックアプリから曲をダウンロードすることでオフライン再生が可能になります。

 

👉 iCloudミュージックとは?Apple MusicとiTunes Matchの3つの違い

👉 Apple Musicをオフラインで聴く!ダウンロード方法やSDカード設定など

 

まとめ

この記事では、「Apple MusicにCD・mp3の音楽ファイルを取り込んで一緒に聴く方法」を解説しました。

Apple MusicにCDの曲、購入したデジタルミュージック、音声ファイルなどを入れられるので、ぜひやり方を覚えておくといいでしょう。

 

Apple Musicとは?サブスクリプションの音楽聴き放題を解説!
Apple Musicとは?サブスクリプションの音楽聴き放題を解説!

続きを見る

- Apple Music

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事