2022/6/19まで|70年分、総額82万円超えのAmazonギフト券が当たる期間限定キャンペーン

Apple Music

Apple Musicの音質|良くする設定&おすすめのイヤホン

なべ

Apple Musicの音質とは?他アプリとの比較や高音質にする設定
Apple Musicの音質ってどうなの?いいの・悪いの?
Apple Musicの音質は他の音楽アプリやCDと比べてどうなの?
一番いい音質でApple Musicを聴く設定を知りたい

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、「Apple Musicの音質」と「音質を最高まで引き上げる設定」を解説していきます。

 

Apple Musicの音質はいいの?悪いの?他と比較!

Apple Musicの音質は、すべての楽曲がロスレスオーディオ(16ビット/44.1kHzのCD品質)で音楽を楽しめます。

これは、インターネットを使って音楽を聴く「ストリーミング再生」でも、曲をダウンロードして聴く「オフライン再生」でも同じです。

また、最大24ビット/192kHzのハイレゾ音質にも対応している音楽が配信されています。

結論から言うと、「Apple Musicの音質は良い(そして、追加料金もない)」です。

 

なべ
Apple Musicと他の音楽アプリやCDなどど比較をしてみましょう。
音楽サービス最大音質圧縮形式
Apple Music
Apple Music
1,411kbpsロスレス

Apple Digital Masters

Spotify
Spotify
320kbpsMP3
Amazon Music
Amazon Music
256kbpsAAC
LINE MUSIC
LINE MUSIC
320kbps
Youtube Music
Youtube Music
256kbpsAAC
AWA
AWA
320kbps

※「?」は公式サイトやアプリに記載がありませんでした。

 

先ほどご紹介したように「kbps」の数値が高いほど音質は良くなります。

2021年6月よりApple Musicは、すべての楽曲がCDと同等の音質で聴けるようになっています。

CDと同じ音質で、しかも追加料金なしで音楽を聴けるのは、Apple Musicだけです!

 

圧縮方法とは、音楽のデータを小さく圧縮することで、音楽を聴く時に使う通信量や曲をダウンロードした時に使う容量を小さくするために圧縮をします。

圧縮するということは、音楽のデータが小さくなるということなので、圧縮前の元の音楽よりも音質が悪くなります。

 

そして、Apple Musicは「ロスレス」と「Apple Digital Masters」という圧縮が使われています。

ロスレスは、文字の通、データを欠損(ロス)しない(レス)圧縮のことです。

Apple Digital Mastersは、Appleが開発した圧縮方法で、音質を劣化させずに圧縮する方法です。

以下の画像のように、Apple Musicの一部の音楽はAACよりも高音質で聴けるApple Digital Mastersが使われています。

Apple Musicの音質

 

 

他の音楽アプリは320kbpsが主流で、Apple Musicは音質がかなり良いというのがわかります。

音質は、様々な要因で変わってくるため、はっきりと「Apple Musicの音質が悪い!」「Apple Musicの音質は他よりも良い!」とは断言できません。

しかし、Apple Musicは、音質をよりよく保ち、通信量や容量を圧迫し過ぎない音質で音楽が聴けるように考えられている音楽聴き放題サービスだということがわかります。

 

デザイン、使い心地、収録曲おすすめNo.1

1ヶ月無料でApple Musicを使う

いつでも解約OK。タダですべての曲、すべての機能が使えます

 

実際に筆者がApple Musicを聴いて見て

なべ
筆者は、Apple Musicを約5年ほど使っていて、他の音楽アプリは15個ほど比べながら使っています。

そこで言えるのが、Apple Musicの音質は「コスパが良い」、技術の進歩で「良くなっている」という2つのことが言えます。

 

「コスパが良い」とは、Apple Musicは、月額980円(個人プラン)で空間オーディオ・ロスレスの音源を聴け、この価格でこの音質が楽しめるのは、Apple MusicとAmazon Music Unlimitedくらいです。

追加料金はなく、料金の値上げもなく、ハイクオリティの音質で音楽が楽しめるので、Apple Musicはコスパが良いと言えます。

Apple Musicの『Dolby Atmos』ってなに?今までと何が違うの?
Apple Musicの『Dolby Atmos』ってなに?今までと何が違うの?

続きを見る

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点でチェック!
Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!

続きを見る

 

「音質がよくなっている」というのは、Apple Musicは、Apple Digital Mastersなど独自の技術を開発しているため、技術の進歩とともに音質が向上されています。

これまでも通常よりも音質がいいApple Digital Mastersの圧縮方法やDolby Atmosへの対応など、年々音質の良さが増しているので、今後もApple Musicの音質の向上には期待できます。

 

Apple Musicの音質を良くする設定

Apple Musicの音質を良くする設定は以下の5ステップです。

  1. iPhoneで設定アプリを開く
  2. 「ミュージック」をタップ
  3. 「オーディオ品質」をタップ
  4. 各通信の音質を選択する

 

1.iPhoneで設定アプリを開く

まずは、iPhoneの設定アプリを開きます。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
設定アプリ

 

2.「ミュージック」をタップ

次に、設定のなかにある「ミュージック」を選択します。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
ミュージック

 

3.「オーディオ品質」をタップ

ロスレスとハイレゾでApple Musicを聴くには、ミュージックの設定の中にある「オーディオ品質」を選択します。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
オーディオ品質

 

4.各通信の音質を選択する

オーディオ品質の設定画面で、まず「ロスレスオーディオ」をオンにします。

これで、Apple Musicの音質は高音質で再生が可能となります。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
ロスレスオーディオ

 

ここで注意したいのは、3つの音質の設定です。

  • モバイル通信ストリーミング
  • Wi-Fiストリーミング
  • ダウンロード

 

モバイル通信ストリーミングは、スマホのモバイル通信(ギガ、データ通信量などとも言う)を使って音楽を再生します。

ロスレスやハイレゾの高音質なApple Musicでは、一曲のデータ量が大きくなるため、それを再生するモバイル通信も大きく消費します。

モバイル通信ストリーミングは、

  • 最低限の音質で音楽を再生できるようにしたいなら、高効率を
  • モバイル通信を一切使いたくないなら、なしを

選択することをおすすめします。

 

Wi-Fiストリーミングは、Wi-Fi接続時の音質になるので、ロスレスを設定してよいでしょう。

しかし、Wi-Fiの接続先が従量課金(使い放題でない)の場合は、モバイル通信ストリーミング同様に注意してください。

 

ダウンロードは、Apple Musicで曲をダウンロードしたときの音質になります。

ダウンロードする時は、データ通信を使うので、モバイル通信やWi-Fiの接続には注意しましょう。

また、ロスレスやハイレゾは、一曲のデータ量が大きいため、ダウンロードしたときに使用するiPhoneの容量も大きくなります。

→ Apple Musicをオフラインで聴く!ダウンロード方法や節約法とは?

 

音質で注意したいこと

Apple Musicで音楽を聴くときに気をつけたい音質は、曲を聴くデバイスによって音質が変わってくるということです。

 

例としてあげると、

100均のイヤホンと数万円するイヤホンでは、まったく音質が変わってきます。

 

有線接続とBluetoothの無線接続でも音質は変わり、対応する規格によっても音質は違ってきます。

Apple Musicで同じ曲を再生しても、再生するもので音質は変化するのです。

なので、Apple Musicの音質もそうですが、音楽を聴く端末や視聴機器に気にしないと音質は悪くなってしまうので注意しましょう。

 

Apple Musicの音楽を聴くのにオススメのイヤホン

Apple Musicの音楽をよりよい音質で聴くには、以下の3つのイヤホンがオススメです!

 

AirPods

AirPods(第三世代)
AirPods(第三世代)

AirPodsは、イヤーチップのない対応のBluetoothイヤホンで、おすすめのイヤホンの中でも最も低価格です。(税込23,800円)

AirPods Proとの違いは大きく2つで、イヤーチップがないこと、ノイズキャンセリングが使えないこと。

なべ
後で紹介するAirPods ProやAirPods Maxと比べて、ノイズキャンセリングの機能はありませんが、実際に使ってみてApple Musicの空間オーディオが最も体感できるイヤホンでした。

 

イヤーチップのイヤホンは耳との密着感が気になる
音楽の空間、方向性、位置感覚をより体感できるApple Musicの空間オーディオをたのしみたい!
ノイズキャンセリングは特にいらない!イヤホンをしても周辺の音がまったく聞こえないのは怖い

そんな方に、AirPodsはオススメです!

第三世代AirPodsを徹底レビュー!Pro寄りの第二世代進化版!違いやオススメとは?
AirPods3を購入レビュー!Proとの違いは4つ!違いやオススメとは?

続きを見る

 

AirPods Pro

AirPods Pro
AirPods Pro

AirPods Proは、完成度の高いノイズキャンセリングが周辺の雑音を消し去り、音楽だけに集中できるBluetoothイヤホンです。(税込30,580円)

イヤーチップがあるため、遮音性がよく、音漏れの防止にもなります。

なべ
Apple Musicで音楽を聴くなら、最も自分だけの世界に入り込んで音楽を楽しめるイヤホンでした!

 

音楽を聴くときは、できるだけ雑音を消して音楽だけに集中したい!
Apple Musicを聴くのに最もオススメのイヤホンを使いたい!
iPhoneでApple Musicの音楽を聴きたい!

そんな方には、AirPods Proがオススメです!

AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?
AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?

続きを見る

 

AirPods Max

AirPods Max
AirPods Max

AirPods Maxは、Appleが販売しているノイズキャンセリング対応のBluetoothヘッドホンです。(税込67,980円)

なべ
約7万円するヘッドホンですが、その高級感、ノイズキャンセリングの精度、音質は最高級でした。

特にApple Musicの空間オーディオとの相性が抜群に最高で、本当にアーティストや各楽器が自分のまわりで音楽を奏でている感覚になり、音楽視聴の体験は最高レベルです!

 

自宅でいいヘッドホンを使ってApple Musicを聴きたい!
Apple Musicの空間オーディオをマックスレベルで楽しみたい!
在宅が多くなったから良いヘッドホンを使いたい!Apple Musicの音楽をより楽しみたい!それに通話もいい感じのやつ!

そんな方には、AirPods Maxがオススメです!

AirPods Maxを実機レビュー!SONYやBoseのヘッドホンとも比較してみた!
AirPods Maxを実機レビュー!SONYやBoseのヘッドホンとも比較してみた!

続きを見る

 

 

 

Apple Music

- Apple Music

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事