【2022/10/13まで】通常1ヵ月が『3or4ヵ月』無料に!Amazon Music Unlimited

Apple Music

Apple Music Voiceプランとは?料金や使えない機能、オススメの人

なべ



Apple MusicのVoiceプランってなに?
どんな人にVoiceプランはオススメ?
どうやってApple MusicのVoiceプランを使えばいい?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、Apple Music第四のプラン『Voiceプラン』についてご紹介していきます!

 

なべ
筆者は、実際にApple MusicのVoiceプランを使用してみましたが、結構使う人を選ぶプランとなっています。

どんなプランなのか、どんな人にオススメなのかを解説します!

 

💡Voiceプランとは?

Apple Musicの第四のプランとなる『Voice』は、Siriからのみ音楽を再生できるプランで、月額480円です。

個人プラン、ファミリープラン、学生プランは、スマホやタブレット、パソコンなど様々なデバイスで音楽を聴けますが、VoiceプランはAppleデバイスに搭載されたSiriからのみです。

 

要するに、「ヘイSiri、〇〇の音楽をかけて」とリクエストをして音楽を聴くことになります。

HomePod miniのスピーカーを使って、自宅だけで音楽を聴くには最適なプランで、月額480円という安さも魅力的だ。

📰Apple Musicに新プラン「Voice」が追加!Siriのみで月額480円!
Apple Music新プラン「Voice」- Apple公式サイト

 

👍使える機能

Apple MusicのVoiceプランで使える機能は以下の4つです。

  • Apple Musicのすべての音楽をフル再生で聴く
  • 「ヘイSiri、〇〇を再生して」で音楽を聴く
  • ミュージックアプリからプレイヤー画面を操作する
  • ミュージックアプリで曲の検索

 

大きな特徴は、音楽の再生はすべて「ヘイSiri」から始めることです。

iPhoneのミュージックアプリを操作して音楽を再生したり、プレイリストを作ったり、ダウンロードしたりはできないので注意しましょう。

 

ミュージックアプリで操作できるのは、プレイヤー画面での操作になります。

📰Apple Musicに新プラン「Voice」追加!Siriのみ月額480円!
プレイヤー画面の操作はできる

プレイヤー画面で操作できるのは、以下の8つです。

  • 再生
  • 停止
  • 次の曲へ進む
  • 前の曲へ戻る
  • 音量調整
  • リピート
  • シャッフル
  • AirPlayの接続
なべ
音楽の再生は、すべて「ヘイSiri」からになり、スマホに曲をダウンロードできないため、自宅で音楽を聴く人向けのプランとなっています。

 

👎使えない機能

Voiceプランで使えない機能は以下7つです。

  • ミュージックアプリを操作して音楽を聴く
  • プレイリストの作成
  • 曲のダウンロード
  • 歌詞表示
  • 空間オーディオ
  • ロスレスオーディオ
  • AndroidやWindowsなどAppleデバイス以外

 

Voiceプランは、ミュージックアプリはほぼ使えないと思ったほうがいいので、すべてSiriに任せきる音楽の聴き方になります。

以下の画像のように、再生するには「ヘイSiri」からリクエストするしかありません。

聴きたい曲があったら、「ヘイSiri、〇〇を再生して」で再生できます。

📰Apple Musicに新プラン「Voice」追加!Siriのみ月額480円!
ミュージックアプリはほぼ使えないプラン

また、曲をダウンロードして聴くことができないため、音楽を聴くと必ず通信が発生します。使い放題のWi-Fi環境でVoiceプランは使うことをおすすめします。

 

😄メリット

Apple MusicのVoiceプランを使うメリットは、自宅などWi-Fi環境のある室内で音楽を再生するだけの人は、個人プラン月額980円から500円も安くなるためメリットが大きいです。

ヘイSiri、ビリー・アイリッシュの音楽をかけて
へいSiri、気分が上がる音楽をかけて
なべ
へいSiri、おすすめの音楽をかけて

このように、アーティストや音楽、気分、雰囲気、おすすめなどをリクエストでき、Siriに頼めない曲はありません。

また、再生だけでなく、曲のスキップや違う曲への変更などもすべてSiri経由で操作するため、手で操作することがなくなるのは楽です。

 

😅デメリットとは?

デメリットは、まさにSiriでしか音楽を聴けないことです。

曲のダウンロードもできないので、出勤や通学、外出など外で音楽を聴く人が多い方は、このVoiceプランはデメリットしかありません。

歌詞表示空間オーディオロスレスオーディオも非対応となっているので、自宅で気軽に音楽を楽しみたい人向けなのが強いです。

 

始め方

Apple MusicのVoiceプランの始め方はとても簡単で、「ヘイSiri、Apple Music Voiceのお試しを開始して」と言うだけです。

これで、初回7日間の無料体験が使えます。

 

もし、「ヘイSiri、Apple Music Voiceのお試しを開始して」で始めることができなかったら、以下を手順でiPhoneの設定をしてください。

  1. 設定アプリを開く
  2. 上部のアカウントをタップ
  3. 「支払いと配送先」をタップ
  4. 「お支払い方法を追加」をタップ
  5. 支払い方法を追加する

Apple Musicは、支払い方法を追加しないと開始できないので注意しましょう。

 

なべ
無料体験のあとは、自動で有料プランに移行されるので、無料でやめたい方は、無料体験期間内に解約をしてください。

👉 すぐできるApple Musicの解約方法!ダウンロード曲はどうなる?

 

使ったほうがいいオススメの人

なべ
Apple MusicのVoiceプランをオススメできるのは、自宅のWi-Fi環境でHomePod miniのスピーカーから音楽を聴く人のみです。

これにつきます!

少しでも移動中や外出先で音楽を聴きたいと考えている人は、Voiceプランはおすすめしません。(使いづらく、通信量が馬鹿になりません。)

 

HomePod miniは、以下のような小型のスマートスピーカーです。

HomePod mini
Appleのスマートスピーカー「HomePod mini」

11,880円(税込)で購入できます。

ただの音を出すスピーカーではなく、Siriが搭載されており、音楽の再生、天気予報、ニュース、検索、スマート家電の操作などなど、声で機能を呼び出したり、スマホで見ているものを音声で届けてくれるスピーカーです。

Apple TVがあれば、動画の音声を出すことができ、HomePodを2つ用意すればステレオ再生にも対応します。

 

なべ
実際にHomePod miniを2台所有している筆者ですが、HomePod miniはiPhoneを使っていて、自宅で音楽を聴く人にオススメしたいです。

手のひらサイズながらしっかりと低音が出て、高音から低音までクリアにしっかりと芯を持って出せるスピーカーなので、スピーカーとしてもオススメ!

Voiceプランを使わなくても、Apple MusicのどのプランでもHomePod miniで音楽が聴けるので、自宅の音環境をちょっとレベルアップさせたい人はぜひ!

Apple Music VoiceプランとHomePod mini

👉 HomePod miniを実機レビュー!同価格帯Amazon Echoとも比較!

 

一方で、学生の方は学生プラン(月額480円)と同じ料金なので、わざわざVoiceプランを選ぶ必要はありません。

 

Apple Musicの料金プランについては、次の記事で解説しています!

👉 Apple Music 料金プランの違いとは?月額と年額を解説!

カテゴリー - Apple Music


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!音楽サブスク、動画サブスク、スマートホーム、洋楽、洋画、海外ドラマが大好きな20代後半、当サイトの運営者。実物主義でありのままをわかりやすい表現でお伝えするのをモットーに運営していきます!
運営サイト:動画サブスクや映画情報を発信するVODZOO、スマートホームやガジェットを発信するSMARTIZOO
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト