【9/23まで】Amazon Music 3ヶ月無料キャンペーン!

Apple Music

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点でチェック!


Apple Musicのロスレスってなに?どうゆうことなの?
Apple Musicをハイレゾで聴きたい!できれば追加料金はかけたくない。
Apple Musicを高音質で聴く方法は?ロスレスで聴くにはどうやって使うの?

そんな想いを持っているあなたのために、

この記事では、『Apple Musicのロスレス配信』についてご紹介していきます。

 

Apple Musicは、2021年6月から「ロスレスオーディオ」を開始

これまでのApple Musicで聴いていた音楽の音質よりさらにレベルアップします。

そして、追加料金はなく、Apple Musicの通常の料金で高音質の音楽は聴けます。

Apple Musicのロスレスオーディオについて一緒に見ていきましょう!

 

Apple Musicのロスレスオーディオとは?

Apple Musicはこれまで、最高音質256kbpsのAAC形式で音楽を配信していました。

この「最高音質256kbpsのAAC形式」とは、可もなく不可もなしといった音質で、数多くある音楽配信サービスの中でも一般的な音質でした。

そして、2021年6月から、Apple Musicで配信しているすべての音楽はCD以上の音質となります。

Apple Musicの中身がアップデートされ、これまで以上の音質にレベルアップ!音質はレベルアップするが、料金は追加料金なし!

Apple Musicのロスレス
Apple Musicのプレイヤー画面に「Lossless」の表記

Apple Musicの新しい音質音質曲数(開始時)
CDと同じ44.1kHz/16bitすべての音楽(7,500万曲)
CDよりも高音質のロスレス48kHz/24bit700万曲以上
ハイレゾ最大192kHz/24bit100万曲以上

 

ロスレス、ハイレゾの料金

2021年6月から音質が向上したApple Musicですが、料金はこれまでの料金と変わりません。

個人プラン、ファミリープラン、学生プランで利用でき、良い音質で聴くために追加料金を払う必要はありません。

→ Apple Musicの5つの料金プランの違いとは?月額と年額を解説!

 

ロスレス、ハイレゾが聴けるデバイス

新しい高音質となったApple Musicを聴けるデバイスは、アプルデバイスのミュージックアプリとAndroidのApple Musicアプリです。

  • iPhoneのミュージックアプリ
  • iPadのミュージックアプリ
  • Macのミュージックアプリ
  • iPad touchのミュージックアプリ
  • Apple TVのミュージックアプリ
  • AndroidのApple Musicアプリ

 

ロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要

Apple Musicは、通常のApple Musicプランに加入していれば追加料金なく、ロスレスやハイレゾの高音質な音楽が聴けます。

そのためには、設定から音質を変更する必要があります。

 

まずは、iPhoneの設定アプリを開きます。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
設定アプリ

 

次に、設定のなかにある「ミュージック」を選択します。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
ミュージック

 

ロスレスとハイレゾでApple Musicを聴くには、ミュージックの設定の中にある「オーディオ品質」を選択します。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
オーディオ品質

 

オーディオ品質の設定画面で、まず「ロスレスオーディオ」をオンにします。

これで、Apple Musicの音質は高音質で再生が可能となります。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
ロスレスオーディオ

ここで注意したいのは、

  • モバイル通信ストリーミング
  • Wi-Fiストリーミング
  • ダウンロード

の3つの音質を設定することです。

 

モバイル通信ストリーミングは、スマホのモバイル通信(ギガ、データ通信量などとも言う)を使って音楽を再生します。

ロスレスやハイレゾの高音質なApple Musicでは、一曲のデータ量が大きくなるため、それを再生するモバイル通信も大きく消費します。

モバイル通信ストリーミングは、

  • 最低限の音質で音楽を再生できるようにしたいなら、高効率を
  • モバイル通信を一切使いたくないなら、なしを

選択することをおすすめします。

 

Wi-Fiストリーミングは、Wi-Fi接続時の音質になるので、ロスレスを設定してよいでしょう。

しかし、Wi-Fiの接続先が従量課金(使い放題でない)の場合は、モバイル通信ストリーミング同様に注意してください。

 

ダウンロードは、Apple Musicで曲をダウンロードしたときの音質になります。

ダウンロードする時は、データ通信を使うので、モバイル通信やWi-Fiの接続には注意しましょう。

また、ロスレスやハイレゾは、一曲のデータ量が大きいため、ダウンロードしたときに使用するiPhoneの容量も大きくなります。

 

Apple Musicのロスレスオーディオを聴く方法

Apple Musicのロスレスオーディオ(CD同等かそれ以上)の音楽を聴くには、3つの方法があります。

  • iPhoneやMacなどの内蔵スピーカーで再生する
  • 有線のイヤホンを使用する
  • Apple TVにHDMIでスピーカーを接続したスピーカーから再生する

 

Apple Musicには、ロスレスだけでなく、空間オーディオという音楽体験もできます。

音の空間を感じ、音楽に包み込まれているかのようなまったく新しい音楽の楽しみがあります!

空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方
空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方

空間オーディオってなに?どんなやつなの? どうやったら空間オーディオが使えるの?対応機種を知りたい! AirPods Proで空間オーディオは使える?Apple Musicはどうなの? そんな思いを持 ...

続きを見る

Apple Musicの『Dolby Atmos』ってなに?今までと何が違うの?
Apple Musicの『Dolby Atmos』ってなに?今までと何が違うの?

Apple Musicで音楽を表示すると、「Dolby Atmos」って表示される。これ何? Apple Musicの「Dolby Atmos」ってどうゆう意味?これなかったけど、今までと何が違うの? ...

続きを見る

 

iPhoneやMacなどの内蔵スピーカーで再生する

注意点として、iPhoneやiPad、MacなどのアップリデバイスとBluetoothでイヤホンを接続した場合、音楽のデータが圧縮されてしまうためロスレスオーディオでは聴けない。

iPhoneやMacなどのスピーカーから音楽を再生するには、データは圧縮されないため、ロスレスの良い音質で音楽を再生できる。

(しかし、iPhoneのスピーカーで音楽を聴くのはなかなかないだろう。。)

 

有線のイヤホンを使用する

iPhoneを使うなら、Lightningケーブルで使用できる有線イヤホン、ヘッドホンを使用する方法もある。

ケーブルがあるため、Bluetoothイヤホン・ヘッドホンの快適性はやや失われるが、Apple Musicの良い音質が楽しめる方法です。

 

Apple TVにHDMIでスピーカーを接続したスピーカーから再生する

Apple Musicのロスレスオーディオは、Apple TVのミュージックアプリでも再生が可能です。

Apple TVとスピーカーをHDMIで接続して、Apple TVからApple Musicの音楽を再生すれば、スピーカーからロスレスオーディオが楽しめます。

 

 

Apple Musicのハイレゾを聴く方法

Apple Musicで配信されている音楽をハイレゾで聴くには、3つの方法があります。

  • iPhoneやMacにUSB-DACを接続する
  • ハイレゾ対応のAndroidスマホを使う
  • ハイレゾ相当のBluetoothイヤホン、ヘッドホンを使う(Android)

 

iPhoneやMacにUSB-DACを接続する

iPhoneやMacでApple Musicのハイレゾを聴くには、USB-DACを別途用意し、本体とイヤホンをつなぐ必要があります。

 

ハイレゾ対応のAndroidスマホを使う

ハイレゾ対応のAndroidスマホなら有線イヤホンを接続するだけでApple Musicのハイレゾが再生可能です。

 

ハイレゾ相当のBluetoothイヤホン、ヘッドホンを使う(Android)

Bluetoothイヤホン、Bluetoothヘッドホンでも、Apple Musicのハイレゾが聴けます。

LDACやaptX HDなどに対応したものを使うことで、ハイレゾの音質を保ったままBluetoothで音楽が聴けます。

→ ソニーの最高評価ヘッドホン【WH-1000XM4】をレビュー

 

Apple Musicを高音質で聴くときの注意点

Apple Musicのロスレス、ハイレゾで音楽を聴くときには、4つの注意点があります。

  • ロスレス、ハイレゾは設定する必要がある
  • モバイル通信で聴くときの通信量
  • ダウンロードするときの容量
  • 対応デバイスを確認

 

ロスレス、ハイレゾは設定する必要がある

Apple Musicをロスレス、ハイレゾの高音質で再生するには、設定画面から音質を「ロスレス」「ハイレゾ」にする必要があります。

Apple Musicの中身はアップデートされていても、設定ができていないと高音質では聴けないので注意してください。

 

モバイル通信で聴くときの通信量

ロスレス、ハイレゾは、音楽を再生するのに大きく通信量を使用します。

モバイル通信で音楽を再生するとき、音質を下げることをおすすめします。

スマホのギガがApple Musicだけでなくなり、Web検索やSNSなどが低速になってしまうので注意してください。

→ Apple Musicの通信量はどのくらい消費する?5つの節約法

 

ダウンロードするときの容量

Apple Musicのロスレス、ハイレゾの高音質の音楽は、ダウンロードすることでオフラインでの再生も可能です。

しかし、音質が良くなればなるほど、ダウンロードしたときの1曲で使用するスマホの容量が大きくなります。

スマホのストレージと相談しながら、曲数や音質を考えてダウンロードすることをおすすめします。

→ Apple Musicをオフラインで聴く!ダウンロード方法や節約法とは?

 

対応デバイスを確認

Apple Musicのロスレス、ハイレゾの音楽は、対応するデバイスでないと音楽が圧縮されてしまい良い音質ではなくなってしまいます。

AirPodsやAirPods Pro、AirPods Maxでは、現時点ではApple Musicのロスレスやハイレゾは聴けないので注意しましょう。

Apple Musicのロスレスオーディオを聴く方法

Apple Musicのハイレゾを聴く方法

 

-Apple Music

記事をシェア、評価お願いします!


Apple Music

Apple Musicのおすすめ

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 7,000万曲 以上、邦楽洋楽が豊富
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 7,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 7,000万曲 以上)

AWA

AWAのおすすめ

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 6,000万曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

【2021年版】音楽アプリランキング

【2021年版】音楽を無料で聴ける音楽アプリ

【2021年版】音楽アプリを徹底比較!あなたにピッタリの音楽アプリとは?

【2021年版】学生におすすめの音楽アプリ

音楽ストリーミングサービス

新着の記事

  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者のなべです!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスをご紹介しています!

問い合わせプロフィール
twitterフォローTwitterを見る
Spotifyをフォローするフォローする
Apple Musicをフォローするフォローする
問い合わせ問い合わせ


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 SoundZoo