Apple Music

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!

執筆者 : なべ

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点でチェック!

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。(誤字脱字などは教えていただけると嬉しいです)

        VODZOO

Apple Musicのロスレスってなに?どうゆうことなの?
Apple Musicをハイレゾで聴きたい!できれば追加料金はかけたくない。
Apple Musicを高音質で聴く方法は?ロスレスで聴くにはどうやって使うの?

そんな想いを持っているあなたのために、

この記事では、『Apple Musicのロスレス配信』についてご紹介していきます。

 

Apple Musicは、2021年6月から「ロスレスオーディオ」を開始

これまでのApple Musicで聴いていた音楽の音質よりさらにレベルアップします。

そして、追加料金はなく、Apple Musicの通常の料金で高音質の音楽は聴けます。

Apple Musicのロスレスオーディオについて一緒に見ていきましょう!

 

 

Apple Musicのロスレスオーディオとは?

Apple Musicは、これまで最高音質256kbpsのAAC形式で音楽を配信していました。

この「最高音質256kbpsのAAC形式」とは、可もなく不可もなしといった音質で、数多くある音楽配信サービスの中でも一般的な音質でした。

そして、2021年6月からApple Musicで配信しているすべての音楽はCD以上の音質に対応します。

 

Apple Musicがアップデートされ、これまで以上の音質にレベルアップ!料金は追加料金なし!

Apple Musicのロスレス
Apple Musicのプレイヤー画面に「Lossless」の表記

 

ロスレス、ハイレゾの料金

2021年6月から音質が向上したApple Musicですが、料金はこれまでの料金と変わりません。

個人プラン、ファミリープラン、学生プランで利用できます。

→ Apple Musicの5つの料金プランの違いとは?月額と年額を解説!

 

ロスレス、ハイレゾが聴けるデバイス

Apple Musicのロスレス、ハイレゾの音質を聴けるデバイスは、以下のとおりです。

  • iPhone
  • iPad
  • Mac
  • HomePod
  • Apple TV 4K
  • Android

 

実際に、Apple Musicのロスレス、ハイレゾの音質で音楽を聴く方法は、以下で解説しています。

 

 

iPhone・iPadでロスレスオーディオを聴く方法

聴き方・必要なもの

内蔵スピーカーの場合

スピーカーで再生する場合は、必要なものはありません。

iPhoneやiPadのスピーカーから音楽を流せばOKです。

しかし、ロスレスオーディオをそこまで体感することは難しいため、できればイヤホンやヘッドホンを使用することをおすすめします。

 

イヤホン・ヘッドホンの場合

ロスレスに対応する有線のヘッドホン、スピーカーを接続します。

このとき、DAC・アンプを用意して、iPhone↔アンプ↔ヘッドホンのつなぎ方で接続することで、音を劣化させることなくApple Musicの音楽が聴けます。

 SHANLING
SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]

 

設定方法

まずは、iPhoneの設定アプリを開きます。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
設定アプリ

 

次に、設定のなかにある「ミュージック」を選択します。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
ミュージック

 

ロスレスとハイレゾでApple Musicを聴くには、ミュージックの設定の中にある「オーディオ品質」を選択します。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
オーディオ品質

 

オーディオ品質の設定画面で、まず「ロスレスオーディオ」をオンにします。

これで、Apple Musicの音質は高音質で再生が可能となります。

Apple Musicをロスレス、ハイレゾを聴くには設定が必要
ロスレスオーディオ

ここで注意したいのは、

  • モバイル通信ストリーミング
  • Wi-Fiストリーミング
  • ダウンロード

の3つの音質を設定することです。

 

モバイル通信ストリーミングは、スマホのモバイル通信(ギガ、データ通信量などとも言う)を使って音楽を再生します。

ロスレスやハイレゾの高音質なApple Musicでは、一曲のデータ量が大きくなるため、それを再生するモバイル通信も大きく消費します。

モバイル通信ストリーミングは、

  • 最低限の音質で音楽を再生できるようにしたいなら、高効率を
  • モバイル通信を一切使いたくないなら、なしを

選択することをおすすめします。

 

Wi-Fiストリーミングは、Wi-Fi接続時の音質になるので、ロスレスを設定してよいでしょう。

しかし、Wi-Fiの接続先が従量課金(使い放題でない)の場合は、モバイル通信ストリーミング同様に注意してください。

 

ダウンロードは、Apple Musicで曲をダウンロードしたときの音質になります。

ダウンロードする時は、データ通信を使うので、モバイル通信やWi-Fiの接続には注意しましょう。

また、ロスレスやハイレゾは、一曲のデータ量が大きいため、ダウンロードしたときに使用するiPhoneの容量も大きくなります。

 

 

Macでロスレスオーディオを聴く方法

聴き方・必要なもの

内蔵スピーカーの場合

スピーカーで再生する場合は、必要なものはありません。

Macのスピーカーから音楽を流せばOKです。

しかし、ロスレスオーディオをそこまで体感することは難しいため、できればイヤホンやヘッドホンを使用することをおすすめします。

 

イヤホン・ヘッドホンの場合

ロスレスに対応する有線のヘッドホン、スピーカーを接続します。

このとき、DAC・アンプを用意して、Mac↔アンプ↔ヘッドホンのつなぎ方で接続することで、音を劣化させることなくApple Musicの音楽が聴けます。

 SHANLING
SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]

 

設定

まずは、MacでApple Musicのアプリを起動します。

 

アプリを起動したら、メニューバーから「ミュージック」をクリックして、「環境設定」をクリックして開きます。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
ミュージック → 環境設定

 

設定画面が開いたら、まず「再生」のタブを選択します。

次に、オーディオの品質の欄にある「ロスレスオーディオ」にチェックを入れます。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
ロスレスの設定をONにする

この設定のときに、「ストリーミング」と「ダウンロード」の欄も設定しておきましょう。

「ストリーミング」は、ダウンロードしていない音楽を再生するときの音質。

「ダウンロード」は、Macにダウンロードした音楽の音質。

 

これでMacのApple Musicでロスレスの音楽を再生する設定は完了です。

 

HomePodでロスレスオーディオを聴く方法

聴き方・必要なもの

必要なものは、HomePodまたはHomePod miniのスピーカーのみです。

 

HomePod miniを実機レビュー!同価格帯Amazon Echoとも比較!

Appleのスマスピ「HomePod mini」ってどうなの?レビューを見たい! HomePod miniは、初代HomePodと何が違うの? HomePod miniは買い?どんな人にオススメできる ...

続きを見る

HomePodのできること、良かったこと、おすすめできる人を実際に使ってレビュー
HomePodのできること、良かったこと、おすすめできる人を実際に使ってレビュー

Appleのスマートスピーカー「HomePod」ってどうなの?評価を知りたい HomePodでは、どんなことができるの? 実際に使った感想、良かったこと、悪かったことを知りたい そんな思いを持っている ...

続きを見る

 

設定

まず、iPhone・iPadで「ホーム」アプリを起動します。

「ホーム」アプリは、Appleのスマートデバイスを管理するためのアプリで、黄色い家のアイコンです。

Appleのホームアプリ
ホーム

 

ホームを起動したら、画面上部にある「家」のアイコンをタップします。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
家のアイコン

 

「家」のアイコンをタップすると、メニューが出てくるので「ホーム設定」を選択します。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
ホーム設定

 

次に、「メンバー」の欄に自分のアイコンが表示されているので選択します。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
自分を選択

 

次に、設定が出てくるので「Apple Music」を選択します。

 Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
Apple Music

 

最後に、「ロスレスオーディオ」をONにすれば設定は完了です。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
ロスレスオーディオ

これでHomePod、HomePod miniからApple Musicの音楽をロスレスで再生できます。

 

Androidでロスレスオーディオを聴く方法

聴き方・必要なもの

ロスレスに対応する有線のヘッドホン、スピーカーをAndroidに接続します。

このとき、DAC・アンプを用意して、Mac↔アンプ↔ヘッドホンのつなぎ方で接続することで、音を劣化させることなくApple Musicの音楽が聴けます。

 SHANLING
SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]

 

設定

まず、AndroidでApple Musicのアプリを起動します。

 

次に、画面上部にある「:」のアイコンをタップして、「設定」を選択します。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
「:」→「設定」

 

設定画面が開いたら、「オーディオの品質」を選択します。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
オーディオの品質

 

最後に、「ロスレスオーディオ」をONにすれば、設定は完了です。

Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!
ロスレスオーディオ

 

注意点

Apple Musicのロスレス、ハイレゾで音楽を聴くときには、4つの注意点があります。

  • ロスレス、ハイレゾは設定する必要がある
  • モバイル通信で聴くときの通信量
  • ダウンロードするときの容量
  • 対応デバイスを確認

 

ロスレス、ハイレゾは設定する必要がある

Apple Musicをロスレス、ハイレゾの高音質で再生するには、設定画面から音質を「ロスレス」「ハイレゾ」にする必要があります。

Apple Musicの中身はアップデートされていても、設定ができていないと高音質では聴けないので注意してください。

設定方法は、この記事の上部で解説しています。

目次に戻る

 

モバイル通信で聴くときの通信量

ロスレス、ハイレゾは、音楽を再生するのに大きく通信量を使用します。

モバイル通信で音楽を再生するとき、音質を下げることをおすすめします。

スマホのギガがApple Musicだけでなくなり、Web検索やSNSなどが低速になってしまうので注意してください。

→ Apple Musicの通信量はどのくらい消費する?5つの節約法

 

ダウンロードするときの容量

Apple Musicのロスレス、ハイレゾの高音質の音楽は、ダウンロードすることでオフラインでの再生も可能です。

しかし、音質が良くなればなるほど、ダウンロードしたときの一曲で使用するスマホの容量が大きくなります。

スマホのストレージと相談しながら、曲数や音質を考えてダウンロードすることをおすすめします。

→ Apple Musicをオフラインで聴く!ダウンロード方法や節約法とは?

 

対応デバイスを確認

Apple Musicのロスレス、ハイレゾの音楽は、対応するデバイスでないと音楽が圧縮されてしまい良い音質ではなくなってしまいます。

AirPodsやAirPods Pro、AirPods Maxでは、現時点ではApple Musicのロスレスやハイレゾは聴けないので注意しましょう。

Apple Musicのロスレスオーディオを聴く方法

Apple Musicのハイレゾを聴く方法

 

- Apple Music

この記事の評価とSNSシェアをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。(誤字脱字などは教えていただけると嬉しいです)

        VODZOO


感想&質問はこちらへ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA





記事を探す

音楽アプリランキング

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 7,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 7,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 6,000万曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

音楽アプリを見つける

【2021年版】音楽アプリランキング

【2021年版】音楽を無料で聴ける音楽アプリ

【2021年版】音楽アプリを徹底比較!あなたにピッタリの音楽アプリとは?

【2021年版】学生におすすめの音楽アプリ

イヤホン・ヘッドホン・スピーカーを見つける

新着の記事