2022/6/19まで|70年分、総額82万円超えのAmazonギフト券が当たる期間限定キャンペーン

Apple Music

iCloudミュージックとは?Apple MusicとiTunes Matchの3つの違い

なべ

iCloudミュージックとは?Apple MusicとiTunes Matchの3つの違い
iCloudに音楽を保存することってできるの?
そもそもiCloudってなに?iCloudミュージック?ってなに?
Apple Music、iTunes Match、iCloudについて知りたい!

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『iCloudミュージック』についてご紹介していきます。

 

  • そもそもiCloudミュージックってなに?
  • Apple MusicとiTunes Matchってなに?違いはどこ?

この記事を見ることで、iCloudと音楽について知ることができます。

 

とってもややこしいiCloudミュージックとApple Music、iTunes Matchですが、中身を知っておくことでより音楽を快適に楽しめる手段の一つとなります。

iCloudミュージックについて一緒に見ていきましょう!

 

iCloudミュージックとは?

iCloudミュージックとは、曲やアルバム、アーティストなどの音楽データ、作成したプレイリストや収録されている曲などをiCloudに保存し、同じApple IDでiCloudミュージックにアクセスすることで違うデバイスでも同じ環境で音楽を楽しめる機能のことです。

要するに、iCloudというクラウド上(インターネット上)に音楽を保存することで、iPhoneやiPad、Mac、AndroidやWindowsなど別のデバイスでも、同じApple IDでログインすれば保存されている音楽が聴けます。

 

以下の画像は、iCloudミュージックとデバイス間のイメージ画像です。

iCloudミュージックとは?

 

例えば、MacからiCloudに音楽をアップロードして保存します。

MacからiCloud・ミュージックにアップロードされて保存された音楽は、iPhoneやiPadなどからアクセスすることができ、Macにあった音楽をiPhoneやiPadで再生することが可能となります。

ここではAppleデバイスのみご紹介していますが、AndroidやWindowsでもiCloudミュージックは利用できます。

 

注意!『iCloud』と『iCloudミュージック』は別物

とてもややこしいのですが、ここで注意です!

Appleには、『iCloud』というサービスもあり、『iCloudミュージック』とは別物になっています。

iCloudは、写真や動画、アプリ、連絡先、バックアップデータ、メモ、ファイルなどを保存できるクラウドサービスのことで、料金プランが4つあります。

iCloudのプラン容量
無料プラン5GB
月額130円50GB
月額400円200GB
月額1,300円2TB

iCloudの料金プランと使える容量

そのため、『iCloud』のプランに加入をしても『iCloudミュージック』は使えませんし、その逆でも使えません

 

じゃあどっちがいいの?
どっちを選んだほうがいい?

という方は、以下を参考に『iCloud』と『iCloudミュージック』を選んでください。

 

『iCloud』を選ぶべき人

iPhone、iPad、Macなどのデバイスを使用していて、データ(写真、動画、ファイル、連絡先、アプリ、アプリデータ、バックアップ等)をクラウド上に保存したい方は、iCloudがオススメです。

スマホの容量が足りない!
iPhoneのデータをMacでもすぐに見たい!
iPhoneの写真をiPadでも見たい!
iPhoneから新しいiPhoneに乗り換える

そんな方は、iCloudにデータを保存しておくと、容量の心配から開放され、デバイス間でスムーズにデータのやり取りができ、iPhoneへの乗り換えもとても楽です!

 

『iCloudミュージック』を選ぶべき人

音楽を聴く人、CDやMP3ファイルで音楽を持っていて、それを色んなデバイスで聞きたい人に、iCloudミュージックはオススメです!

iCloudのプランでは、iCloudミュージックが使えないので、音楽特化のクラウドサービスとなります。

なべ
iCloudミュージックについては、これから中身を解説していきます!

 

iCloudミュージックにアップロードできる音楽とは?

  • iTunesで購入した音楽
  • CDから取り込んだ音楽
  • mp3などパソコンにある音楽ファイル
  • Apple Musicで配信している音楽

iCloudミュージックにアップロードして保存ができる音楽は、iTunesでの購入曲、CDから取り込んだ音楽、mp3などパソコンにある音楽ファイル、Apple Musicの配信曲です。

これらの音楽をiCloudミュージックにアップロードして保存することで、同じApple IDでログインさえすれば、同じ音楽を違うデバイスで再生することができます。

 

iCloudミュージックとは?Apple MusicとiTunes Matchの3つの違い

 

iCloudミュージックに音楽をアップロードする方法は、この記事『iCloudに音楽を保存する方法』で解説しています。

 

次に、iCloudミュージックを利用して音楽を保存するための条件を解説していきます。

 

iCloudミュージックを利用する条件とは?

iCloud・ミュージックに音楽をアップロードして保存するためには、Apple MusicまたはiTunes Matchのどちらかのサブスクに加入している必要があります。

  • Apple Music:月額980円
  • iTunes Match:年額3,980円

iCloudミュージックを利用する条件とは?

 

ここまで紹介したiCloudミュージックの機能を利用するには、Apple MusicまたはiTunes Matchのどちらかのサブスクリプションに登録する必要があります。

Apple MusicやiTunes Matchがどんなサービスなのかを次に解説していきます。

 

Apple Musicとは?

Apple Musicは、定額料金で  9,000万曲 以上の音楽を聴き放題で楽しめるサービスです。スマホやタブレット、パソコンなどで利用でき、世界中の音楽を今すぐにフル再生で楽しめます。

SpotifyやAmazon Music、LINE MUSICなどと同じサービスと思ってもらえれば問題ないです。

 

Apple Musicを利用することで利用できる機能を以下にまとめました。

  • 9,000万曲 以上の音楽が聴き放題
  • 音楽のフル再生
  • プレイリスト再生
  • 音楽をスマホにダウンロードしてオフライン再生
  • シャッフルやリピート再生

Apple Musicを利用していれば、CDや音楽を購入しなくてもインターネットを使ってすぐに音楽を聴くことができます。

 

Apple MusicとiCloudについて次に解説していきます。

 

Apple MusicとiCloud

Apple Musicを利用している方は、iCloudミュージックが利用できます。

  • iTunesで購入した音楽
  • CDから取り込んだ音楽
  • mp3などパソコンにある音楽ファイル
  • Apple Musicで配信している音楽

これらすべての音楽をiCloudミュージックに保存することができ、同じApple IDでログインをすれば別のデバイスでも同じ音楽が聴けます。

iCloudミュージックには、最大で10万曲を保存できます。

 

一つだけ注意点があり、それは「Apple Musicを利用して『CDや音楽ファイルから取り込んだ音楽』をiCloud・ミュージックにアップロードするとDRM付になることがある」ということです。

DRM付になった音楽は制限がかかり、同じApple IDのデバイスでないと音楽を再生できません。

また、CDや音楽ファイルなど自分が持っている音楽にもかかわらず、DRMが付くことでApple Musicを解約するとその音楽がiCloudミュージック上で聴けなくなり、音楽デーもがなくります

 

iTunes Matchとは?

iTunes Matchとは、年額3,980円で音楽をiCloudにアップロードして保存ができるAppleのサービスです。

インターネット上に手持ちのCDやmp3などの音楽ファイルを保存することができ、同じApple IDであればどのデバイスでもiCloudから音楽を再生して聴けるということです。

アップロードした音楽はAACコーデックの256kbpsの音質で、DRMは付きません。ここがApple Musicとの違う点になります。

保存数はApple Musicと同じ10万曲です。

 

要するに、CDや音楽ファイルをiCloudミュージックにアップロードして、音楽をデータで管理や再生するサービスが『iTunes Match』です。

 

では、Apple MusicとiTunes Matchにはどんな違いがあるのか、料金や機能などの比較を次に解説していきます。

 

Apple MusicとiTunes Matchの違いとは?

Apple MusicとiTunes Matchの違いには、料金、音楽ストリーミングサービス、DRMの3つのポイントがあります。

  • 料金
  • 音楽ストリーミングサービス
  • DRM

それぞれ解説していきます。

iCloudミュージックとは?Apple MusicとiTunes Matchの3つの違い

 

料金

サービス料金
Apple Music
  • 個人プラン(月額980円)
  • ファミリープラン(月額1,480円)
  • 学生プラン(月額480円)
  • Voiceプラン(月額480円)
iTunes Match
  • 年額3,980円

 

Apple Musicの料金プランは、4つから選択することができます。

  • 一般プランは、自分ひとりで使うプラン。年額もあり
  • ファミリープランは、家族6人までが追加料金無しで使えるプラン
  • 学割プランは、高校を卒業した学生が利用できるプラン
  • Voiceプランは、Siriからのみ音楽を再生できるプラン

 

iTunes Matchの料金プランは、一つで年額3,980円となっています。

月額に換算すると約332円です。

 

Apple MusicのiTunes Matchの料金がここまで違う理由は、次の『音楽ストリーミング』の機能が使えるか使えないか、『DRM』が付くか付かないかによって変わってきます。

 

音楽ストリーミングサービス

サービス音楽ストリーミングサービス
Apple Music 9,000万曲 以上の音楽を聴き放題できる
iTunes Matchなし

 

音楽ストリーミングサービスとは、Apple Musicの料金プランに加入することで、Apple Musicが配信している 9,000万曲 以上の音楽をスマホやタブレット、パソコンなどから今すぐ聴くことができる聴き放題サービスのことです。

曲のフル再生、プレイリスト作成、曲をダウンロードしてオフライン再生、シャッフルやリピート再生などができ、Apple Musicがあるだけで世界中の音楽を聴き放題できます。

 

iTunes Matchの料金プランには、音楽ストリーミングサービスの機能は含まれていません。

iTunes Matchを利用して聴ける音楽は、自分がiCloudミュージックにアップロードした曲のみとなります。

 

Apple MusicとiTunes Matchの料金が全く違う理由は、この『音楽を聴き放題で楽しめる音楽ストリーミングの機能があるかないか』がとても大きなポイントとなっています。

 

DRM

サービスDRM
Apple MusicApple Musicにある曲はDRM制限あり

Apple Musicにない曲はDRMフリー

iTunes MatchDRMフリー

 

DRMとは、著作権を管理するために使われている技術のことです。

 

Apple Musicの場合、iCloudミュージックにアップロードした音楽は、Apple Musicの音楽から参照され、アップロードした曲がApple Musicで配信されている場合は、DRMが付きます。

一方、iTunes Matchの場合、すべてDRMフリーです。

 

この「DRMが付く付かない」の違いには、2つのポイントがあります。

  • DRM付の場合、同じApple IDでないと音楽を再生できない
  • DRM付の場合、Apple Musicを解約するとiCloudにアップロードした曲が消える

DRMが付くということは、著作権を管理するために制限がかかっている状態です。そのため上記のようにできることに制限がかかったり、音楽の管理にも直結してきます。

 

以下の表は、Apple MusicまたはiTunes MatchからiCloudミュージックに音楽をアップロードした時、DRMになるかならないをまとめたものです。

Apple Musicで配信されている曲Apple Musicで配信されてない曲
Apple MusicDRM付きDRMフリー
iTunes MatchDRMフリーDRMフリー
Apple Music + iTunes MatchDRMフリーDRMフリー

 

Apple MusicとiTunes Matchのどっちがいいの?

Apple MusicとiTunes Matchのどっちがいいの?

 

Apple Musicがおすすめの人

  • 9,000万曲 以上の音楽を聴き放題で楽しみたい人
  • CDや手持ちの曲がなく、iCloudに音楽をバックアップする必要がない人
  • DRMを気にしない人

 

Apple Musicのメインの機能は、定額料金で 9,000万曲 以上の音楽を聴き放題でき、スマホにダウンロードすることでオフラインで音楽を聴けることです。

そのため、音楽を聴き放題で楽しみたい人は、Apple Musicがおすすめです。

 

Apple Musicを利用していればDRM付きでiCloudミュージックに音楽を保存することができます。そもそもiCloudミュージックに音楽をバックアップする必要がない人はとくに問題ないですし、DRMを気にしない人もアップロード自体は問題なくできるため気にする必要はありません。

とはいっても、Apple Musicのメイン機能である音楽ストリーミングサービスを使う価値がある人ならの話です。

 

 

iTunes Matchがおすすめの人

  • 手持ちの音楽をクラウド上にデータとしてバックアップしておきたい人
  • DRMを気にする人

 

CDやmp3などの手持ちの音楽をクラウド上にバックアップし、いつでもどこでもその音楽を再生できるようにしておきたい人は、iTunes Matchがおすすめです。

音楽をデータとしてバックアップしておいて、スペースを取るCDを片付けたい人にはとても便利な音楽バックアップサービスです。

 

iCloudミュージックにバックアップした音楽は、すべてDRMはフリーになるため制限がかかりません。

長くiCloudに音楽を保存しておきたい人におすすめです。

 

しかし、iTunes Matchには音楽ストリーミングサービスがないため自分が所有している音楽以外は聴けません。

世界中の音楽を聴き放題で楽しみたい人は、Apple Musicを使うのがおすすめで、iTunes Matchと併用することでDRMフリーでiCloudミュージックにアップロードできるためその選択肢があることもお忘れなく。

 

iCloud・ミュージックに音楽を保存する方法

iCloudミュージックに音楽を保存するには、初期設定をする必要があります。

iPhone、Windows、Macのそれぞれのデバイスごとに解説していきます。

AndroidからはiCloud・ミュージックの設定をONにすることができませんので、パソコンから設定してください。

 

この設定をするには、Apple MusicまたはiTunes Match、もしくは両方のサブスクに加入している必要があります。

 

Apple Musicは、初回無料で使えるため、お試しに使いたい人におすすめです。

いつでも解約でき、無料期間以内に解約すれば1円もかかりません。もちろん、すべての音楽をダウンロードして聴き放題で楽しめます!

Apple Music

無料体験を公式サイトから使ってみる

Appleが作った9,000万曲以上が聴き放題の音楽アプリ!

 

iTunes Matchを始めるには、Apple Musicの公式サイトから始めることができます。

👉 iTunes Matchを始める方法

 

iPhoneでのやり方

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「ミュージック」をタップ
  3. 「ライブラリを同期」をONにする
iCloudに音楽を保存する方法

 

Windowsでのやり方

  1. WindowsにインストールされているiTunesを開く
  2. 画面左上にある「編集」をクリック
  3. 「環境設定」をクリック
  4. 「一般」のタブをクリック
  5. 「iCloudミュージックライブラリ」をONにする
iCloudに音楽を保存する方法

 

Macでのやり方

  1. 「ミュージック」アプリを開く
  2. 画面左上の「ミュージック」をクリック
  3. 「環境設定」をクリック
  4. 「一般」タブをクリック
  5. 「ライブラリを同期」をONにする
iCloudに音楽を保存する方法

 

iCloudミュージックに音楽をアップロードする方法

iCloudミュージックに音楽をアップロードする4つの方法を解説していきます。

  • iTunesで購入した音楽
  • CDから取り込んだ音楽
  • mp3などパソコンにある音楽ファイル
  • Apple Musicで配信している音楽

 

iTunesで購入した音楽

iTunesで購入した音楽は、特に操作する必要はありません。

音楽を購入した時に使用したApple IDと連携して、音楽が自動的にアップロードされて同期されます。

先程紹介した『iCloudに音楽を保存する方法』の初期設定だけ行ってください。

 

CDから取り込んだ音楽

CDをiCloudミュージックライブラリにアップロードするには、パソコンとCDを読み取る機器が必要になります。

その方法は、次の記事で手順通りに解説しています。

👉 Apple Musicにmp3、CDを取り込む方法!見分け方は?

 

mp3などパソコンにある音楽ファイル

CD同様に、パソコンに保存されているmp3などの音楽ファイルもiCloudミュージックにアップロードすることができます。

その方法は、次の記事で手順通りに解説しています。

👉 Apple Musicにmp3、CDを取り込む方法!見分け方は?

 

Apple Musicで配信している音楽

Apple Musicの場合は、音楽をライブラリに追加してください。

  1. Apple Musicのアプリを起動
  2. 曲名を長押し(スマホ)、右クリック(PC)
  3. 「ライブラリに追加」を選択

先程この記事で紹介した『iCloudに音楽を保存する方法』の初期設定はしておきましょう。

👉Apple Musicのライブラリ同期とは?音楽の管理方法も解説!

 

まとめ

iCloudミュージックライブラリとは、音楽をクラウド上に保存することができる機能で、音楽をアップロードした時に利用したApple IDを利用することで別のデバイスでも同じライブラリで音楽を聴くことができます。

  • iCloudミュージックライブラリを利用すれば音楽をクラウド上にバックアップできる
  • Apple MusicまたはiTunes Matchを利用してる人が利用可能
  • Apple Musicは、音楽聴き放題サービスがメインで、iCloudも利用可能
  • iTunes Matchは、iCloudを利用して音楽をクラウド上にバックアップできる

 

Apple Musicは、音楽を聴き放題で楽しみたい人におすすめです。

デザイン、使い心地、収録曲おすすめNo.1

1ヶ月無料でApple Musicを使う

いつでも解約OK。タダですべての曲、すべての機能が使えます

 

iTunes Matchは、音楽をクラウド上にバックアップしたい人におすすめです。

👉 iTunes Matchを始める方法

 

この記事では、『iCloudミュージック』について、『Apple MusicとiTunes Matchについて』ご紹介しました。

 

Apple Music

- Apple Music

この記事にSNSシェアとコメントをお願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!
音楽サブスクは11個、動画サブスクは15個使うマニアで、イヤホンやスピーカーなどガジェットは年間数十万円ほど購入してレビューしています! 洋楽、洋画、海外ドラマが好きで、趣味が合いそうな人は友達になってくれると嬉しいです!わかりやすい表現と見せ方、実際に使ったからこそわかる視点で記事を執筆していきます。
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト


  1. 技術の進歩に震える50代 says:

    わかりやすい順序で、わかりやすい言葉を使って洩れなく説明してくれてありがとう!

    • なべ says:

      コメントありがとうございます!運営者のなべです。

      嬉しいお言葉ありがとうございます!引き続きわかりやすくお伝えできるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします!

      なにかわからないことなどありましたらコメントいただければと思います!

  2. ゆき says:

    はじめまして。apple music980円に最近加入しました。iCloud料金が返金されたのですが、apple musicに加入するとiCloudは容量いくつまでカバーされるかご教示頂けたら幸いです(調べてもよくわからず)
    基本的な質問恐縮です。よろしくお願いします。

    • なべ says:

      コメントありがとうございます!運営者のなべです。

      Apple Musicの場合、ミュージックライブラリに最大100,000曲まで保存ができます。

      写真や動画、アプリ、バックアップデータなどを保存できるiCloudは、Apple Musicを使用しても使えないので注意してください。

      Apple Musicを契約することで使用できるのは、「iCloud」ではなく、「iCloudミュージックライブラリ」になります。

  3. NakMac says:

    大変参考になる記事ありがとう御座います。
    現在Apple MusicとiTunes Matchを契約しているのですが、最近(?)CDをリッピングした楽曲を別のMacでダウンロードすると「HLSメディア」というフォーマットでロスレスデータがダウンロードされる事があります。これは、AppleがAAC以外のフォーマットに移行していると考えていいんでしょうか。また、この現象は、iTunes Match、Apple Music又は双方の機能なのかお解りになりますでしょうか。以上よろしく御願い致します。

    • なべ says:

      コメントありがとうございます!SOUNDZOOのなべです!

      参考になられたようでよかったです!

      Apple Musicは、これまでAACのフォーマットに対応していましたが、2021年にロスレスオーディオにも対応しました。Apple Musicのサブスク加入で、追加料金なしで音楽をロスレスのハイレゾ音質で聴き放題できるようになっています。

      またCDをリッピングすると、その曲がApple Musicのカタログから参照されるため、別のMacなどでダウンロードしたときはロスレスでダウンロードされるように鳴っているかと思います。

      Apple公式からの情報がなかったため、私の見解ではありますが、この現象はApple Musicがロスレスに対応したから起きているものだと見ています。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。




検索して探す

おすすめの音楽サブスク

Apple Music

おすすめ音楽アプリ「Apple Music」

iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 9,000万曲 以上の音楽が充実
  • 追加料金なしでハイレゾ音質・空間オーディオが楽しめる
  • アラーム音も自由に設定OK

Spotify

おすすめ音楽アプリ「Spotify」

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

Amazon Music

おすすめ音楽アプリ「Amazon Music」

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 9,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 9,000万曲 以上)

LINE MUSIC

おすすめ音楽アプリ「LINE MUSIC」

使うべき特徴は3つ

  • LINEのプロフィールBGM、着信音に好きな音楽が設定できる
  • 注目の新人アーティストやバズってる曲などが注目される
  • 中学生、高校生でも学割が使える数少ない音楽アプリ

AWA

おすすめ音楽アプリ「AWA」

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 1億曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

新着の記事