イヤホン・ヘッドホン

SONY WF-1000XM4をレビュー!イヤホン史上最高のクオリティ

WF-1000XM4


SONYの最新Bluetoothイヤホン、WF-1000XM4ってどうなの?
WF-1000XM4は実際に使ってみて音質はどう?他のイヤホンと比べて何が違う?
WF-1000XM4を実際に使ったレビューが見たい!

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『SONY WF-1000XM4の実機レビュー』をご紹介していきます。

 

WF-1000XM4は、2021年6月に発売が開始されたSONYのBluetoothイヤホンです。

前モデルWF-1000XM3から約2年後に発売された。

そんなSONYのBluetoothイヤホンWF-1000XM4を実機レビューしていく!

 

 


WF-1000XM4

Editor's Rating:

SONY WF-1000XM4SONY WF-1000XM4

好きなところ

  • 耳へのフィット感が半端なく良い
  • 史上最高のノイキャン性能
  • いろんな顔があり、表現ができる音色

イマイチなところ

  • ノイキャン、音量、再生関連の操作のうちどれか一つは諦める or スマホからしないといけない

結論

SONYのBluetoothイヤホン「WF-1000XM4」は、Bluetoothイヤホン史上最高クラスのできあがりになている。

もはやこのイヤホンを購入して損をする、ガッカリする人はいないのでないだろうか。

つけ心地から機能性、性能、クオリティまでトップクラスがつまった史上最高のBluetoothイヤホンがここにある。

 

33,000円:Amazonでチェック


 

SONY WF-1000XM4のスペック

端末名SONY WF-1000XM4
SONY WF-1000XM4
価格33,000円
形状カナル
タイプ左右完全独立
サイズ感
充電ケースあり
充電持続最大12時間
充電時間1.5時間
充電端子USB Type-C
重量(片方)7.3g
ノイキャンあり
外音取込あり
操作タッチ式
音量調整あり
防水防塵IPX4
Bluetooth5.2
コーデック
  • SBC
  • AAC
  • LDAC

 

パッケージ

SONY WF-1000XM4をレビュー
SONY WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4のパッケージは紙製になっており、とてもシンプルなものになっている。

不要なものを一切排除したパッケージは、洗練されている印象も受ける。

 

内容物

SONY WF-1000XM4をレビュー
内容物

WF-1000XM4を購入すると、以下5点がついてくる。

  • WF-1000XM4本体
  • イヤーチップ3サイズ
  • 充電ケース
  • 充電ケーブル
  • 説明書、保証書

 

実物を見てみよう

SONY WF-1000XM4
WF-1000XM4

 

WF-1000XM4の充電ケースのサイズ感は、手のひらにおさまるほどで、Bluetoothイヤホンの中でも一般的なサイズ感になっている。

かばんの中でもかさばりづらく、持ち運びには十分なサイズ感だ。

WF-1000XM4
WF-1000XM4の充電ケース

 

充電ケースの充電は、USB Type-C

付属の充電ケーブルや手持ちのケーブルが使用でき、約1.5時間でフル充電が完了する。

音楽や動画など音声の再生では、ノイキャンがオンで最大8時間、オフで最大12時間のバッテリーが持ち、

通話では、ノイキャンをオンで最大5.5時間、オフで最大6.0時間。

SONY WF-1000XM4をレビュー
WF-1000XM4の充電

 

WF-1000XM4のサイズ感は、Bluetoothイヤホンの中では一般的なサイズで、形状は丸に近い。

素材はザラザラっとしたマッド調で、とても高級感のある色味をしている。

SONY WF-1000XM4をレビュー
WF-1000XM4

 

イヤーチップは、全部で3つのサイズが用意されている。

SONY WF-1000XM4をレビュー
WF-1000XM4のイヤーチップ

 

イヤーチップは、一般的なイヤホンに多いシリコン製ではなく、スポンジのような素材。

形状記憶のように変形し、その形にフィットする。

そのため、耳へのフィット感と密閉性がとても高くなっている。

SONY WF-1000XM4をレビュー
WF-1000XM4のイヤーチップ

 

装着感

WF-1000XM4のイヤーピースは、シリコン製ではなく、ポリウレタンフォームになっていて、耳とのフィット感が半端なくいい。

装着したときの違和感はなく、耳へのストレスもない。

シリコン製ではないため、嫌な密着感もなく、つけ心地は、これまで使ってきたイヤホン史上最高に良い

 

また、フィット感と密閉感があるため、音が漏れず、芯のあるしっかりとした音が自分の中に広がる。

さらに、ノイズキャンセリングと相まって、音への没入感が半端なくあり、自分のうちにあるもの、周りにあるものすべてから解放される感覚に陥る。

自分だけの世界に入り込み、現実から離れるには最高のイヤホンだ。これまでさまざまなイヤホンを使った方が、この言葉が最も似合う。

 

ノイズキャンセリング

WF-1000XM4には、ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの機能がある。

ノイズキャンセリングについては、実際に使ってみてとても性能の高さを感じた。

 

言葉で伝えるのはなかなか難しいところがあるが、話し声や食器の音、その他の雑音がするカフェで使ってみると、WF-1000XM4の性能の高さがとてもよくわかる。

WF-1000XM4を装着して音楽を再生すれば、その場から自分が切り離されたかのように雑音から解放してくれる。

ノイズキャンセリングのあるBluetoothイヤホンの中では、最高クラスでクオリティが高く、AppleのAirPods ProやBOSEのQuietComfort Earbudsと比べてもノイキャンの性能は確かに高いことが感じられる。

 

音質

音質は、どの音が強調的というよりかは、高音から低音まで全体的なバランスが最高に良い。

特に好きなのは、高音の後ろでどっしりと支えたる低音で、重厚感のある音楽を楽しめる。

 

以下の楽曲「Doja Cat, The Weeknd - You Right」の音楽を再生したときはたまらなかった。

 

音それぞれに表現力があり、透き通る高音やキラキラする高音、深みのある重たい低音やカラッと乾いた弾けるような低音など、音がのっぺりと表面的なものではなく、立体的な聴き心地が楽しめる。

そのため、音楽全体がとても豊かで、アーティストがその曲で伝えたい感情や表情をダイレクトに届けるようなリアリティを感じる。

 

また、Amazon Music HDのハイレゾ&Xperia 1 IIのLDACの接続で音楽を聴いた時は衝撃的だった。

イヤホンとして本当に素晴らしく、これ以上のイヤホンはないのではないか。

つけ心地から機能性、性能、クオリティまでトップクラスがつまったイヤホン

 

残念なポイント

唯一、実際に使ってみて残念だったのは、ノイキャンのオン・オフ、音楽の再生・停止、音量の3つを操作できないこと。

アプリでカスタマイズすることで、右と左に機能を割り当てられる。

  • ノイキャンの操作は「外音コントロール」
  • 再生に関する操作は「再生コントロール」
  • 音量の操作は「音量コントロール」

WF-1000XM4
右イヤホンの操作割当

 

WF-1000XM4
左イヤホンの操作割当

 

WF-1000XM4
3つの操作がある

しかし、左右に一つずつなので、割り当てられる操作は2つまで。

そのため、ノイキャン、再生関連、音量の3つの操作の中から一つは諦めないといけない。

もしくは、スマホやスマートウォッチなどデバイス本体を操作する必要がある。

 

筆者は、移動中と室内でイヤホンを使うことが多く、周辺の雑音をシャットアウトしたい時と聞きたい時がある。そのため、ノイキャン関連の操作「外音コントロール」は左耳側に割り当てている。

右耳側は、絶対に必要な音楽の操作「再生コントロール」で、次の曲へスキップしたり、停止したりする操作を割り当てている。

音量に関しては、一度決めたらそこまで変えることがないので諦めた。

しがし、音楽ストリーミングサービスを変えて音楽を聴くことも多く、スマホの音量は一緒でもそれぞれ音量に差が出てくる。(例えば、同じ音量でもSpotifyで聴くと小さめで、Amazon MusicやApple Musicで聴くと大きくめで聞こえる)

そこまで大きな支障ではないが、ふとした時に気になるポイントではある。

 

比較する

 

AirPods Pro

WF-1000XM4とAirPods Proを比較
SONY WF-1000XM4とApple AirPods Proを比較

→ WF-1000XM4 vs AirPods Pro!Bluetoothイヤホン頂上決戦!

 

おすすめの人

  • 現状の音楽環境をレベルアップしたい人

 

SONY WF-1000XM4は、つけ心地から機能性、性能、音質のすべての項目で高いクオリティがつまっているBluetoothイヤホンだ。

現在、あなたがどんなイヤホンを使っていても、WF-1000XM4を購入して音楽を聴くことは、なにかしらのメリットがあると言って良い。

それがノイキャンなのか、音質なのか、装着性なのかはわからないが、それほどすべてのクオリティがとても高いイヤホンだ。

正直、AppleのAirPods ProやBOSEのQuietComfort Earbudsより、音のクオリティやノイキャンの性能は確実に上を行くと言える。

 

より高みを目指したい人、毎日の音楽体験を極上の時間にしたい人、圧倒的な没入感ある空間に入り込みたい人

2021年、これまでのイヤホン史上最高のBluetoothイヤホンといっていいだろう。

 

33,000円:Amazonでチェック

 

一度立ち止まって考えたほうがいいこと

  • iPhoneやMacなどApple製品での使用
  • 耳への圧倒的なフィット感がある

 

iPhoneやMacなどApple製品での使用

WF-1000XM4は、AppleのAirPods Proより音質やノイズキャンセリングのクオリティは高いと言えます。

実際に使って比較もしてみましたが、WF-1000XM4のほうが確かにいい音に、高い雑音の遮音性があります。

WF-1000XM4 AirPods Pro
WF-1000XM4とAirPods Pro

しかし、AirPods ProとiPhone、Macなどの組み合わせでは、空間オーディオがある。

空間オーディオの威力はとても高く、いくらWF-1000XM4の音質とノイキャン性能が高くても、空間オーディオが使えるAirPods ProとiPhoneの組み合わせはとても強い

特に、iPhoneとAirPods Proの組み合わせでApple Musicから音楽を聴く場合は、最強の組み合わせともいえる

 

空間オーディオは、アーティストが歌っている、演奏している楽器の空間に入り込むようなイメージで、その場で演奏や歌唱している聴き心地が楽しめる

音質やノイキャンとは違った音楽体験ができる

 

そのため、iPhoneを使っていて、Apple Musicで音楽を聴いている方は、空間オーディオが使えるので、その体験を楽しむならWF-1000XM4よりおすすめだ

音質やノイキャンの性能面では、WF-1000XM4のほうが勝っていますが、AirPods Proも負けていないレベルとなっている

AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?
AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?

AirPods Proってどうなの?高いけど買う価値あるの? どんな人にAirPods Proはおすすめ?実際に使ったレビューを見たい! AirPodsってどんなBluetoothイヤホンなの?Air ...

続きを見る

 

耳への圧倒的なフィット感がある

SONY WF-1000XM4をレビュー
フィット感抜群のイヤーチップ

WF-1000XM4に付属しているイヤーチップは、形状記憶のあるポリウレタンフォームになっている。

要は、シリコン製ではなく、スポンジのような感覚だ。

 

WF-1000XM4
丸くフィット感のある形状

また、WF-1000XM4本体は、丸みのある形状をしている。

 

このイヤーチップと丸みの形状から圧倒的なフィット感を実現しており、嫌味のない心地よい密着感がある。

そのため、音が外に漏れず、自分の中にダイレクトに届く。

 

しかし、この密着感のあるフィット感やまとわりつく感じが嫌な人もいるだろう。

筆者はとても心地よく使えているが、気になるという友人も数名いた。

こればかりは実際に使ってみないとわからないところだが、シリコン製のイヤーチップが気に入っている人は一度家電量販店で装着してみるといいかもしれない。

 

-イヤホン・ヘッドホン

記事をシェア、評価お願いします!


Apple Music

Apple Musicのおすすめ

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 7,000万曲 以上、邦楽洋楽が豊富
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 7,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 7,000万曲 以上)

AWA

AWAのおすすめ

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 6,000万曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

【2021年版】音楽アプリランキング

【2021年版】音楽を無料で聴ける音楽アプリ

【2021年版】音楽アプリを徹底比較!あなたにピッタリの音楽アプリとは?

【2021年版】学生におすすめの音楽アプリ

音楽ストリーミングサービス

新着の記事

  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者のなべです!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスをご紹介しています!

問い合わせプロフィール
twitterフォローTwitterを見る
Spotifyをフォローするフォローする
Apple Musicをフォローするフォローする
問い合わせ問い合わせ


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 SoundZoo