イヤホン・ヘッドホン

WF-1000XM4 vs AirPods Pro!Bluetoothイヤホン頂上決戦!

WF-1000XM4とAirPods Proを比較


AirPods ProとWF-1000XM4ってどっちがオススメのイヤホン?
AirPods ProとWF-1000XM4を比較したい!自分にはどっちが合っている?
AirPods ProとWF-1000XM4の音質や使い心地はどう違う?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『AirPods ProとWF-1000XM4の比較レビュー』をご紹介していきます。

 

実際にAirPods ProとWF-1000XM4を使ってみて感じたことなど以下6つのポイントで比較をしていきます。

  • スペック
  • 形状やつけ心地
  • 音質
  • ノイズキャンセリングと外音取り込み
  • 操作性
  • ポイントとなる違い

 


AirPods Pro

Editor's Rating:

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

好き

  • 雑音をシャットアウトするノイキャンモード
  • イヤホンしてても周辺の音が自然に聞き取れる外音取り込みモード
  • 空間オーディオとドルビーアトモスのリッチな音声体験
  • 操作がとても気持ちいい

WF-1000XM4

Editor's Rating:

SONY WF-1000XM4

好き

  • 耳へのフィット感が半端なく良い
  • 史上最高のノイキャン性能
  • いろんな顔があり、表現ができる音色

イマイチ

  • イヤホンから音量調整ができない

イマイチ

  • ノイキャン、音量、再生関連の操作のうちどれか一つは諦める or スマホからしないといけない

結論

結論は、Bluetooth接続で、ノイズキャンセリングのイヤホンとして総合的に見るのであれば、SONYのWF-1000XM4がオススメ

理由はシンプルで、音質がハイクオリティで、音の表現力や厚みがあるため音楽をリアルに楽しめ、雑音をまったく感じさせないノイキャンはイヤホン史上最高峰だから。

しかし、iPhoneやMac、iPadで使うとなると少し話は変わってくる。

AirPods Proなら空間オーディオが楽しめるため、iPhoneとApple Musicの組み合わせで音楽を聴くならAirPods Proのほうが音楽体験としては豊かさを感じるため、AirPods Proがオススメ


 

スペック

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?AirPods Pro端末名SONY WF-1000XM4WF-1000XM4
30,580円価格33,000円
カナル形状カナル型
左右完全独立タイプ左右完全独立
サイズ感
あり充電ケースあり
4.5時間充電持続最大12時間
5分で1時間使用可充電時間フル充電1.5時間
Lightning充電端子USB Type-C
5.4g重量7.3g
ありノイキャンあり
あり外音取込あり
ボタン式操作タッチ
なし音量調整あり
IPX4防水防塵IPX4
5.0Bluetooth5.2
  • SBC
  • AAC
コーデック
  • SBC
  • AAC
  • LDAC

 

形状やつけ心地

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?AirPods Pro端末名SONY WF-1000XM4WF-1000XM4
カナル形状カナル型
左右完全独立タイプ左右完全独立
サイズ感
耳穴のフィット感ありつけ心地スポンジタイプのイヤーチップで抜群のフィット感あり
操作部分が細長い見た目丸みのあるボディ
5.4g重量7.3g

 

AirPods ProとWF-1000XM4は、イヤホンとしての形状に違いはなく、どちらもカナル型の、左右完全独立のBluetoothイヤホンです。

サイズ感は大きく変わりませんが、片耳の重量はAirPods Proのほうが約2g軽いです。

イヤホンで2gの差は大きい方ですが、WF-1000XM4は抜群のフィット感で重量を感じさせません。

 

見た目は、AirPods ProとWF-1000XM4で大きく異なります。

AirPods Proは、操作する部分が細長く伸びており、タッチではなく、つまんで操作するタイプになっています。

WF-1000XM4は、全体的に丸みのあるボディで、側面の丸い部分をタッチして操作するタイプです。

AirPods ProとWF-1000XM4を比較
左WF-1000XM4、右AirPods Pro

 

AirPods ProとWF-1000XM4を実際に装着したとき、耳のフィット感は違います。

AirPods Proは、シリコン製のイヤーチップと採用しており、よくも悪くも一般的なイヤホンに近いフィット感です。

一方WF-1000XM4は、スポンジのような形状記憶のあるイヤーチップを採用しています。

そのため、耳の形に最適にフィットする感覚があり、AirPods Proよりもフィット感は抜群に良く、音が漏れず、自分にダイレクトに重たい音が届くのがよくわかります。

AirPods ProとWF-1000XM4を比較
WF-1000XM4のイヤーチップ

しかし、このフィット感が逆に違和感を感じる人もいるかもしれません。

 

充電ケースのサイズ感は大差なく、どちらも一般的なサイズ感です。

かばんに入れて持ち運んだりしてもかさばらず、とても使いやすいです。

AirPods ProとWF-1000XM4を比較
右AirPods Pro、左WF-1000XM4

 

音質

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?AirPods Pro端末名SONY WF-1000XM4WF-1000XM4
音質評価
バランスの取れた豊かな音音質特徴立体的な音楽が楽しめる

 

AirPods Pro、WF-1000XM4ともに音のクオリティはとても高いです。

しかし、差があるとするなら、通常時に音楽を聴いたとき、WF-1000XM4のほうが音の表現力がとても高いです。

透き通る高音やキラキラする高音、深みのある重たい低音やカラッと乾いた弾けるような低音など、音がのっぺりと表面的なものではなく、立体的な聴き心地が楽しめました。

一方で、AirPods Proのほうは、通常時に音楽を聴いたときは、音の質感はとてもすばらしいですが、WF-1000XM4ほどの表現力やリアリティを感じません。

 

これは「通常時に音楽を聴いたとき」になります。

では、通常時ではないときとは?それは以下の状況です。

  • WF-1000XM4をLDACで接続したとき
  • AirPods Proを使って空間オーディオで音楽を聴くとき

 

まず、総合的な音質は、WF-1000XM4に軍配があがります。

また、Android端末などLDACのBluetoothコーデックで接続したときは、その場でアーティストが歌っている、演奏しているかのようなリアリティをより感じやすいです。

そういった意味で、WF-1000XM4は、Android端末を使っていて、LDACに対応した接続を使える方に特におすすめです。

 

しかし、AirPods Proも負けていません。

iPhoneやMac、iPadなど対応するデバイスと接続すると、空間オーディオという音声体験が楽しめます。

音質だけで見るとWF-1000XM4のほうが優れていますが、この空間オーディオで音楽を聴いたときは、音声体験のクオリティはAirPods Proに軍配が上がります。

空間オーディオは、AppleデバイスとApple Musicの音楽ストリーミングサービス、AirPods Proの3つの組み合わせでのみ楽しめるので、すでにiPhoneでApple Musicを使っている方は、AirPods Proのほうがオススメできます。

 

Apple Musicの3つの料金プランとは?月額と年額を解説!
Apple Musicの5つの料金プランの違いとは?月額と年額を解説!

Apple Musicっていくらで使えるの? Apple Musicではどんなことができるの? Apple Musicは無料で使える? そんな思いを持っているあなたのために、 この記事では「Apple ...

続きを見る

 

ノイズキャンセリングと外音取り込み

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?AirPods Pro端末名SONY WF-1000XM4WF-1000XM4
ありノイキャンあり
ノイキャン評価
あり外音取込あり
外音取込評価

 

AirPods Pro、WF-1000XM4ともに、周辺の雑音を消すノイズキャンセリングと周辺の音を聞く外音取り込みモードがあります。

 

ノイズキャンセリング

これまでAirPods Proは、ノイズキャンセリングや外音取り込みモードで高い評価を得ていました。それは今も変わりありません。(2019年10月発売)

しかし、それを覆してAirPods Proよりさらにクオリティの高いノイキャンを体感できるのが、WF-1000XM4です(2021年6月発売)

 

AirPods Proを着用してノイキャンをオンにすれば、ほぼほぼの雑音はカットでき、さらに音楽を再生すれば、雑音は聞こえずに、音楽だけに集中できます。

十分クオリティは高いです。

一方、WF-1000XM4のノイキャンは、AirPods Proよりも高音の雑音に強い印象があります。

また、すごく良かったのは、ノイキャンを使って音楽を聴いたときの没入感をとても感じたことです。

AirPods Proを使った後にWF-1000XM4を使いましたが、音にここまで入り込めるのかと衝撃的でした。

 

外音取り込みモード

外音取り込みに関しては、AirPods ProとWF-1000XM4のクオリティは誤差です。

とても自然で、クリアに周辺の音が聴けるので、イヤホンをしながら普通な会話ができます。

違いとしては、2点あります。

 

1点目は、WF-1000XM4のほうが耳へのフィット感が強いため、音楽を聞くときはいいですが、外音取り込みのときはイヤホンをつけてる感があります。

一方で、AirPods Proは、軽くて、サラッとしたフィット感なので、外音取り込みモードのときは、AirPods Proのほうがイヤホンをしてない感があり、より自然的です。

 

2点目は、ノイキャンの自動オン・オフです。

AirPods Proは、イヤホンをつまんで操作することでノイキャンのオン・オフを切り替えたりします。

一方WF-1000XM4は、タッチの操作でオン・オフを切り替えられるだけでなく、

自分が声を発すると自動的に音楽が止まって、ノイキャンがオフになり、外音取り込みモードに切り替わります。一定時間声を出さないと自動的にノイキャンがオンに、続きから音楽が再生されます。

外出先で音楽を聞くシーンが多いかたは、WF-1000XM4のほうが、ノイズキャンセリングのオン・オフをスムーズに切り替えられてとても便利です。

 

操作性

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?AirPods Pro端末名SONY WF-1000XM4WF-1000XM4
ボタン式操作タッチ
なし音量調整あり
操作性

 

AirPods Proは、細長く伸びているところをつまんで操作します。正確にはボタンではなく、ボタンのように操作できる感圧式です。

WF-1000XM4は、側面をタッチして操作する一般的なBluetoothイヤホンです。

AirPods ProとWF-1000XM4を比較
左WF-1000XM4、右AirPods Pro

操作に関しては、ボタンのように操作できるAirPods Proのほうが確実に、誤作動なく操作できるので使いやすさがあります。

しかし、AirPods Proでは音量を調整することができず、スマホやApple Watchなど端末を直接操作する必要があります。

 

一方WF-1000XM4は、左右のイヤホンに音量の調整の操作を設定できます。

割り当てられる操作はは、3種類です。

  • ノイキャンのオン・オフを切り替える「外音コントロール」
  • 再生やストップ、次の曲などを操作する「再生コントロール」
  • 音量を調整する「音量コントロール」

しかし、左右のイヤホンに割り当てられる操作は1つずつなので、上記3つの操作のうち1つは諦め、スマホからの操作になります。

 

AirPods Pro、WF-1000XM4どちらも一長一短です。

どの操作を必要とし、どういった操作方法がよいのかでチェックしてみることをおすすめします。

 

ポイントとなる違い

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?AirPods Pro端末名SONY WF-1000XM4WF-1000XM4
なし空間オーディオあり(AirPods Proに劣る)
ありDSEE Extremeあり

 

空間オーディオ

AirPods Proの空間オーディオ
空間オーディオ

空間オーディオは、iPhone(対応するAppleデバイス)とAirPods Proの組み合わせ時に体験できるもので、その場でアーティストが歌っている、演奏しているような空間を感じる技術です。

音質の面だけをみると、WF-1000XM4のほうがクオリティの高さを感じますが、

空間オーディオで音楽を聴いたときのAirPods Proは、WF-1000XM4より立体的で、リアリティのなる音声体験を楽しめます。

WF-1000XM4でも空間オーディオは利用できますが、実際に聴いてみるとやはり最適化されているAirPods Proの方が、音に空間を感じよりリアルな音声体験が楽しめました。

 

すでに、iPhoneとApple Musicで音楽を聴いている人は、WF-1000XM4よりAirPods Proをオススメします!

 

空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方
空間オーディオとは?AirPods ProやApple Musicなど対応とやり方

空間オーディオってなに?どんなやつなの? どうやったら空間オーディオが使えるの?対応機種を知りたい! AirPods Proで空間オーディオは使える?Apple Musicはどうなの? そんな思いを持 ...

続きを見る

 

DSEE Extreme

DSEE Extremeは、SONYが開発した独自の技術で、AIが音質をさらに良くしてくれます。

このDSEE Extremeは、WF-1000XM4のイヤホンを使えば、デバイスは何でもよいので、iPhoneやAndroidなど問わず、どんなデバイスでもより高クオリティの音が体験できます。

 

しかし、個人的には、DSEE Extremeより空間オーディオのほうが衝撃的で、

DSEE Extremeのオン・オフを切り替えても、AirPods Proの空間オーディオほどの感動は薄かったです。

 

 どんな人にオススメ?

AirPods Pro

AirPods Proをレビュー!おすすめは何?買うメリット・デメリットとは?

  • iPhoneを使っている
  • Apple Musicを使って音楽を聴いている
  • iPhoneとApple Musicの組み合わせで、WF-1000XM4以上の音の空間を感じたい

 

音質面やノイキャン面では、WF-1000XM4のほうが素晴らしいと感じることがあります。

しかし、だからといってAirPods Proが悪いということではなく、もともとあったAirPods Proの素晴らしい音質とノイキャンをWF-1000XM4が超えていったという表現のほうがいいでしょう。

そして、AirPods Proを絶対におすすめする人は、iPhoneでApple Musicを使って音楽を聴く人です。

この場合、空間オーディオで音楽が聴けるので、収録している場に自分がいるかのような体験ができ、これはWF-1000XM4以上の音声体験が楽しめます。

なので、iPhoneでApple Musicを使っている人は、WF-1000XM4より、AirPods Proをオススメします!

 

30,580円:Amazonでチェック

 

AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?
AirPods Pro実機レビュー!3つのポイントと1つの残念点とは?

AirPods Proってどうなの?高いけど買う価値あるの? どんな人にAirPods Proはおすすめ?実際に使ったレビューを見たい! AirPodsってどんなBluetoothイヤホンなの?Air ...

続きを見る

 

WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4

  • Androidユーザー
  • iPhoneでApple Music以外の音楽アプリを使っている

 

WF-1000XM4は、Bluetoothイヤホン史上最高クラスの音質とノイキャン性能を誇っています。

これはAirPods Pro以上で、WF-1000XM4で音楽を聴くことで損をする人はいないといっても過言ではないほど、そのクオリティのレベルは高いです。

筆者もこれまで様々なイヤホンを使ってきましたが、WF-1000XM4はトップクラスです。

Androidユーザーは、AirPods Proを使うメリットがほぼないので、WF-1000XM4がオススメ

iPhoneユーザーで、Amazon MusicやSpotifyなどApple Music以外の音楽アプリを使っている人は、AirPods Proに軍配があがる空間オーディオが使えないので、総合的にみてWF-1000XM4がオススメです

もし、これを機にApple Musicに乗り換えて、iPhoneとAirPods Proの組み合わせで空間オーディオにするといった選択肢もありです。

 

33,000円:Amazonでチェック

 

WF-1000XM4
SONY WF-1000XM4をレビュー!イヤホン史上最高のクオリティ

SONYの最新Bluetoothイヤホン、WF-1000XM4ってどうなの? WF-1000XM4は実際に使ってみて音質はどう?他のイヤホンと比べて何が違う? WF-1000XM4を実際に使ったレビュ ...

続きを見る

-イヤホン・ヘッドホン

記事をシェア、評価お願いします!


Apple Music

Apple Musicのおすすめ

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 7,000万曲 以上、邦楽洋楽が豊富
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 7,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 7,000万曲 以上)

AWA

AWAのおすすめ

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 6,000万曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

【2021年版】音楽アプリランキング

【2021年版】音楽を無料で聴ける音楽アプリ

【2021年版】音楽アプリを徹底比較!あなたにピッタリの音楽アプリとは?

【2021年版】学生におすすめの音楽アプリ

音楽ストリーミングサービス

新着の記事

  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者のなべです!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスをご紹介しています!

問い合わせプロフィール
twitterフォローTwitterを見る
Spotifyをフォローするフォローする
Apple Musicをフォローするフォローする
問い合わせ問い合わせ


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 SoundZoo