洋楽

絶対やるべきApple Musicの8つの設定!損を回避し視聴体験を向上させよう

絶対やるべきApple Musicの8つの設定!損を回避し視聴体験を向上させよう


Apple Musicを使い始めたが、最初にどんな設定をすればいいの?
Apple Musicの初期設定を教えて!
Apple Musicで設定しておくべき項目、どんな設定をすればいいの?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『Apple Musicの初期設定』についてご紹介していきます。

 

Apple Musicを使い始めたら、まず初期設定を必ずやることをおすすめします。

設定をしないと、スマホの通信量や容量の問題を起こしたり、Apple Musicの体験が損なわれることがあります。

Apple Musicでやっておきたい設定をiPhone、Androidで一緒に見ていきましょう!

 

Apple Musicを使う準備

  1. Apple Musicの料金プランを確認して加入する(無料体験あり)
  2. アプリを用意する
  3. 設定する
  4. 使い始める

Apple Musicを使い始めるまでには、以上の3つの手順で進めていくのがおすすめです。

 

1.Apple Musicの料金プランを確認して加入する(無料体験あり)

まず、Apple Musicを使い始めるには、Apple Musicについて知ることと料金プランに加入する必要があります。

Apple Musicについては、次の記事で解説しています

→ Apple Musicの5つの料金プランの違いとは?月額と年額を解説!

 

2.アプリを用意する

Apple Musicについて知れて、料金プランへの加入が終わったら、次はApple Musicのアプリを用意します。

iPhoneの場合は、すでにiPhoneに入っている「ミュージック」のアプリでApple Musicを使います。

ない場合は、以下からインストールしてください。

Google Play Store App Store

 

スマホにApple Musicのアプリインストールができたら、Apple Musicを登録しているApple IDでログインします。

これで、Apple Musicは使い始めることができます。

しかし、これからご紹介する設定をしておかないと、困ったことになりかねないので、設定を一緒に見ていきましょう!

 

3.設定する

Apple Musicの準備ができたら、次に設定をしていきます。

Apple Musicの初期設定については、この記事の『Apple Musicの設定画面の開き方』からで解説しています。

 

4.使い始める

Apple Musicへの加入、アプリの用意、初期設定ができれば、これで心置きなくApple Musicを使って音楽を楽しんでいけます!

Apple Musicの使い方については、次の記事で解説しています!

Apple Musicの使い方!初心者から上級者向けまで

 

設定画面の開き方

Apple Musicの設定画面の開き方は、iPhoneとAndroidで違います。

 

iPhoneの場合

iPhoneでは、Apple Musicを使うミュージックアプリではなく、iPhoneの設定アプリからApple Musicの設定を行います。

 

まずは、iPhoneの設定アプリを選択します。

Apple Musicの設定画面を開く
設定アプリ

 

設定の画面を開いたら、一覧の中にある「ミュージック」を選択するとApple Musicの設定ができます。

Apple Musicの設定画面を開く
ミュージック

 

Androidの場合

Androidでは、Apple Musicのアプリ本体からApple Musicの設定を行います。

 

Apple MusicのアプリをAndroidで起動したら、右上にある「・」をタップします。

Apple Musicの設定画面を開く
・をタップ

 

すると、メニューが出てくるので、「設定」を選択するとApple Musicの設定画面になります。

Apple Musicの設定画面を開く
設定

 

Apple Musicでやっておくべき8つの設定

Apple Musicを使う上ではじめにやっておきたい初期設定は8個あります。

  • モバイルデータ通信
  • ダウンロード設定
  • プレイリストの曲を追加
  • ドルビーアトモス(iPhone)
  • オーディオ品質(iPhone)
  • アニメーションのカバーアート
  • クロスフェード(Android)
  • 視聴履歴

 

モバイルデータ通信

モバイルデータ通信の設定は、スマホのデータ通信量に大きく影響を与える設定です。

必ずチェックして設定するようにしましょう。

 

Apple Musicの通信量について詳しくはこちら

→ Apple Musicの通信量はどのくらい消費する?5つの節約法

 

iPhone

ミュージック設定の中にある「モバイルデータ通信」をオンまたはオフに設定します。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
モバイルデータ通信

オフにすると、ミュージックアプリ(Apple Music)を使うときは、ダウンロードした曲以外は必ずWi-Fi環境が必要になるので、使い勝手がやや悪くなってしまいます。

なので、ここはオンにしておいて、後ほど解説する部分でデータ通信量を節約できるように設定するのがオススメです。

 

最大限スマホのデータ通信量を節約したい方は、オンにするといいでしょう。Wi-Fiの接続が必須となります。

 

Android

Apple Musicの設定画面を開いたら、「モバイルデータ通信」を選択します。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
モバイルデータ通信

 

モバイルデータ通信を使用して使う機能を細かく設定できます。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
モバイルデータ通信の設定

モバイルデータ通信を使用」はオンにしておくといいです。

オフにすると、Apple Musicのアプリを使うときは、ダウンロードした曲を聴く時以外はWi-Fi環境が必須となってしまうので、使いづらさがあります。

スマホのデータ通信量は最大限節約するかたは、オフにして、Wi-Fi環境とオフライン再生でApple Musicを使うといいでしょう。

 

ストリーミング」は、オンにしておくといいです。

オフにすると、ダウンロードした曲以外は、音楽を再生するときは必ずWi-Fiが必要になり、ダウンロードしていない曲を気軽に聴くことができません。

 

モバイルデータ通信で高音質」は、オフにしておくといいです。

オンにすると、高音質で音楽が再生できますが、その分スマホのデータ通信量を大きく消費します。

 

ダウンロード」は、オンにすると、曲をダウンロードするときにモバイルデータ通信を使うことになり、通信を大きく使うことになります。

Wi-Fi環境が近くにない方は、オンにして、スマホの通信と相談しながら曲をダウンロードするようになります。そ

 

ダウンロード設定(iPhone)

ダウンロード設定は、Apple Musicの音楽をスマホにダウンロードしてオフライン再生するときの設定です。

Androidの場合は、この記事の『Apple Musicのモバイルデータ通信設定(Android)』をチェックしてください。

 

Apple Musicのダウンロードについて詳しくはこちら

→ Apple Musicをオフラインで聴く!ダウンロード方法や節約法とは?

 

iPhoneのミュージック設定の項目にある「ダウンロード」の設定をそれぞれ行っていきます。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
ダウンロード設定

 

ダウンロード済み」は、すでにApple MusicにダウンロードしているApple Musicの曲をチェックしたり、管理できます。

特に設定するところはありません。

 

ストレージを最適化」は、iPhoneの容量(ストレージ)がなくなってきたとiPhoneが判断したら、聴いていない曲を自動的に削除する設定です。

筆者は、勝手に削除されるのは困るのでオフにしています。

 

モバイル通信経由でダウンロード」は、Apple Musicの音楽をスマホのデータ通信でダウンロードするかの設定です。

オフにすると、Apple Musicの曲をダウンロードする際はWi-Fi接続が必須となります。

Wi-Fi環境が近くにあるのであれば、オフがおすすめです。

 

ドルビーアトモスでダウンロード」は、ドルビーアトモスの音源をダウンロードするかの設定です。

ドルビーアトモスは、音の体験をよりリアルにし、迫力や臨場感、リアリティのある音で聴けるものです。

ドルビーアトモスによる音楽を再生するには、AirPods ProやAirPods Max、Beatsなどの対応端末が必要になります。

 

自動ダウンロード」は、Apple Musicのライブラリに曲を追加すると、その曲を自動でダウンロードする設定です。

ライブラリにとりあえず曲を追加する人はオフにしておくのがオススメです。スマホの容量がすぐApple Musicでなくなります。

 

プレイリストの曲を追加

プレイリストの曲を追加の設定は、プレイリストに曲を追加すると、その曲が自動的にライブラリにも追加される設定です。

プレイリストとライブラリは別物なので、プレイリストに入れた曲がライブラリで見つからないといったことになります。

この設定はオンにしておくのがオススメです。

 

Apple Musicのプレイリストについて詳しくはこちら

→ Apple Musicでプレイリストを使いこなす!作成や追加など

 

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
プレイリストの曲を追加

組み合わせの技として、iPhoneの設定で「自動ダウンロード」をオンにしている場合はより便利になります。(自動ダウンロードは、この記事の「ダウンロード(iPhone)」で解説)

この「プレイリストの曲を追加」と「自動ダウンロード」をオンにすることで、曲をプレイリストに入れるとライブラリに曲が自動追加され、ライブラリに曲が入ると自動ダウンロードされます。

要するに、プレイリストに曲を入れだけで、その曲は自動ダウンロードされオフライン再生ができるようになるのです。

 

ドルビーアトモス(iPhone)

Apple MusicをiPhoneで使う場合は、ドルビーアトモスという空間オーディオが体験できます。

設定をオンにすることで、より臨場感や迫力、リアリティのある音でApple Musicの音楽を楽しめるようになるのです。

しかし、AirPods ProやAirPods Max、Beatsなどの対応デバイスが必要になるので、これらを持っていない方はオフにしておきましょう。

 

Apple Musicの音質について詳しくはこちら

→ Apple Musicの音質とは?他アプリとの比較や高音質にする設定

 

ミュージック設定の「オーディオ」の欄から「ドルビーアトモス」を選択します。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
ドルビーアトモス

 

AirPods ProやAirPods Maxなどを持っている方は、「常にオン」にしておくと、Apple Musicでの音楽体験がよりリッチになりオススメです。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
ドルビーアトモス設定

 

オーディオ品質(iPhone)

iPhoneでApple Music(ミュージック)の設定をするときは、オーディオ品質の設定ができます。

Apple Musicの音質を設定できる設定で、ロスレスオーディオというCDやハイレゾといった通常よりも高音質な音質で聴けるようになります。

 

しかし、注意したいのは、対応する有線イヤホンやレシーバーが必要になるので、iPhoneとAirPods Pro、AirPods Maxなどだけではロスレスで聴けません。

なので、ロスレスで音楽を聴く道具を持っていない方は、この設定はオフにしておきましょう。

 

Apple Musicのロスレスについては次の記事で解説しています。

→ Apple Musicのロスレスとは?聴き方と注意点をチェック!

 

Apple Music(ミュージック)の「オーディオ」の設定欄から「オーディオ品質」を選択します。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
オーディオ品質

 

「ロスレスオーディオ」をオンにすると、より高音質でApple Musicを聴けます。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
ロスレス設定

また、設定の下部では、各通信での音質設定ができます。

 

モバイル通信ストリーミング」は、なしに設定しておきましょう。

通常よりも音質が良いということは、その分使用するデータ通信量も多くなりということです。

スマホのモバイル通信はどんどん消費されるので、「なし」がオススメです。

 

Wi-Fiストリーミング」は、「ロスレス」または「ハイレゾロスレス」のどちらかがいいでしょう。

 

ダウンロード」は、スマホの容量と相談して決めてください。

高音質に設定すれば、一番容量は節約できます。

ハイレゾロスレスに設定すれば、一番高音質で音楽をオフライン再生できます。

 

アニメーションのカバーアート

アニメーションのカバーアートは、プレイリストやアルバムのジャケット画像がアニメーションで動く設定です。

このアニメーションの動きをオンにするか、オフにするかの設定になります。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
Apple Musicのアニメーションカバー

 

iPhone

Apple Music(ミュージック)設定の中にある「アニメーションのカバーアート」を選択します。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
アニメーションのカバーアート

 

オン・オフ・Wi-Fiのみのいずれかに設定します。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
アニメーションのカバーアートの設定

音楽の視聴体験には、なんら問題なく、視覚的な効果になります。

オンにすると通信をその分使うので、とくに気にならない方はオフでいいでしょう。

逆に、オンにしても微々たる通信量でしかないので、気にならないはオンでもいいでしょう。

 

Android

Androidでは、「表示オプション」の設定欄にある「モーション」を選択します。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
モーション

 

カバーアートのモーションのオン・オフの設定をします。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
モーション設定

音楽の音質や視聴体験には影響なく、Apple Musicのアプリを使っているときの見た目の話なので、好みに合わせて設定してください。

 

クロスフェード(Android)

Apple MusicをAndroidで使うときは、クロスフェードを設定できます。

クロスフェードは、曲の終わりと次の曲の始まりが、設定した秒数重なって再生される設定です。

なので、曲と曲のつなぎ目がなくなり、スムーズな心地よい視聴体験ができます。

設定はAndroidのみで、iPhoneではできません。

 

Apple Musicの設定の中から「クロスフェード」をオンにします。

秒数設定もあるので、重なる秒数を設定してください。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
クロスフェード設定

 

Apple Musicのイコライザ設定は、iPhoneとAndroidともにできます。

→ Apple Musicをイコライザで好みの音に変える方法!

 

視聴履歴

視聴履歴は、Apple Musicで再生した音楽を履歴として出す設定です。

 

iPhone、Androidともに設定画面からオン・オフの設定ができます。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
視聴履歴を使用

 

視聴履歴をオンにすると、以下のメリットがあります。

  • Apple Musicの自分のプロフィールに聴いている曲が表示される(だれでも閲覧可)
  • 聴いた音楽をApple Musicが分析、解析して、より好みに合った音楽をおすすめしてくれる

 

プロフィールには、以下のような感じで聴いている音楽が一覧で表示されます。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
Apple Musicのプロフィール

 

おすすめの曲は、ステーションやプレイリストなどで、自分の好みに合わせて音楽を選曲してくれます。

Apple Musicで絶対にやっておきたい初期設定10選
パーソナライズされたApple Musicのおすすめ

Apple Musicのステーションについて詳しくはこちら

→ Apple Musicのステーションとは?似た音楽が聴ける機能を解説!

 

 

【2020年最新版】Apple Musicの使い方完全ガイド!Apple Music初心者から上級者までが知りたいApple Musicの機能やできることを徹底解説していきます!
【2021年最新】Apple Musicの使い方!初心者から上級者向けまで

Apple Musicの使い方を知りたい!どうやって使えばいいの? Apple Musicで音楽を聴きたい!オススメの機能や使い方は? Apple Musicをもっと使いこなしたい!上級者向けの機能と ...

続きを見る

-洋楽

記事をシェア、評価お願いします!


Apple Music

Apple Musicのおすすめ

Apple製品が好きなら、iPhone使ってるなら一番おすすめ!

  • 使い心地、使いやすさが最高
  • 7,000万曲 以上、邦楽洋楽が豊富
  • アラーム音も自由に設定OK

Amazon Music

Amazon Music

4つのタイプから自分に合ったものを選べる!

  • 無料
  • 低価格
  • 曲数多め( 7,000万曲 以上)
  • 高音質(ハイレゾ+ 7,000万曲 以上)

AWA

AWAのおすすめ

国産!日本人が最も使い続けている音楽アプリAWA

  • デザイン性と使い心地よし! 6,000万曲 以上がすべて聴き放題
  • SNSのようにリアルタイムでつながって音楽を楽しめる
  • 中学生、高校生でも学割が使える

Spotify

Spotify

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生
  • 有料ならフル機能
  • 新しい音楽の発掘が楽に、楽しくなる

LINE MUSIC

LINE MUSIC

使うべき特徴は3つ

  • 無料でフル再生、バックグラウンド再生、オンデマンド再生
  • 若者からの人気絶大
  • 中高生も学割が使える

【2021年版】音楽アプリランキング

【2021年版】音楽を無料で聴ける音楽アプリ

【2021年版】音楽アプリを徹底比較!あなたにピッタリの音楽アプリとは?

【2021年版】学生におすすめの音楽アプリ

音楽ストリーミングサービス

新着の記事

  • この記事を書いた人

なべ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
音楽サブスク15個、動画サブスク11個を使いエンタメを楽しみながら比較してます運営者のなべです!

当サイトでは音楽サブスク、イヤホンやスピーカー、音楽サービスをご紹介しています!

問い合わせプロフィール
twitterフォローTwitterを見る
Spotifyをフォローするフォローする
Apple Musicをフォローするフォローする
問い合わせ問い合わせ


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 SoundZoo