クーポンを使うと音楽聴き放題の「楽天ミュージック」が60日間無料に!

実写版『ダンボ』で流れる2曲をシーン別にご紹介!

beersy

ディズニー実写映画『ダンボ』で流れる2曲をシーン別にご紹介!

https://youtu.be/vYMjJLe5MzE



2019年3月29日公開の実写映画『ダンボ』。

  • 人間側の主人公・ホルト・ファリア役:コリン・ファレル、西島秀俊
  • 監督:ティム・バートン
  • 音楽:ダニー・エルフマン

1941年公開のディズニーアニメーション映画である『ダンボ』を原作とする実写映画

大きな耳を持つダンボと、その周りを取り巻く家族の愛と絆が描かれたファンタジー。

「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」などで有名なティム・バートン監督と、

彼のほとんどの作品で音楽を担当しているダニー・エルフマンが、今作でもタッグを組みました。

この記事では、実写映画『ダンボ』で流れる音楽2曲をご紹介します。

※以下ネタバレ有り


実写版『ダンボ』を聴く

公開日シリーズ作品名
1954年アニメ『ダンボ』で流れる8曲をシーンごとにご紹介!
2019年実写版『ダンボ』

 『ダンボ』で流れる曲とは?

ダンボが、捕らえられたジャンボに鼻で甘えるシーン

英語版


Sharon Rooney - Baby Mine

日本語版


鬼束ちひろ - Baby Mine

ダンボが、捕らえられたジャンボに鼻で甘えるシーンで流れる曲は、Sharon Rooney、鬼束ちひろの『Baby Mine(ベイビー・マイン)』です。

シャロン・ルーニーは、スコットランドの女優。鬼束ちひろは日本のシンガーソングライターで、代表曲は「月光」「流星群」など。

ジャンボが暴れサーカスが倒壊、死者まで出る大惨事に。アニメ版でも涙が出る、ダンボとジャンボの愛が垣間見えるシーンです。

感動的な見所シーンですが、アニメ版よりもかなり大事になっていますね。亡くなったルーファスは腹の立つキャラとはいえ、衝撃的でした;

「Baby Mine」はアニメ版でも有名になった、優しい子守唄のようなバラードです。

 

エンドロール

英語版

Arcade Fire - Baby Mine (From "Dumbo"/Official Audio)

アーケイド・ファイア - Baby Mine

日本語版


竹内まりや - Baby Mine

エンドロールで流れる曲は、アーケイド・ファイア、竹内まりやの『Baby Mine(ベイビー・マイン)』です。

アーケイド・ファイアは、カナダのインディー・ロックバンド。竹内まりやは日本のシンガーソングライターで、代表曲は「元気を出して」「すてきなホリデイ」など。

今作の主題歌・エンドソングも、前述した「Baby Mine」です。

竹内まりやさんの優しい歌声は、曲に見事にマッチしていてしっくり来ますね!

アーケイド・ファイアは、エモい感じのロックバラードにアレンジしており、オシャレに仕上がっています。

64分と短いアニメ版が、ここまで壮大な物語になるとは…。アニメも実写も、どちらもダンボの魅力がたっぷりでとても楽しめました◎

 

サウンドトラック

実写版『ダンボ』を聴く

 

カテゴリー - 流れる曲
関連キーワード -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母beersy(ビアシィ)子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。アクション好きだが、雑食性で何でも鑑賞するタイプ。しかしその実態はただの筋肉好き。いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない(嘘) 私の記事を通して、筋肉好きの読者さんが増えたら嬉しいです(?)