【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』のOP・ED・主題歌など12曲をご紹介!

beersy

映画『THE FIRST SLAM DUNK』で流れる12曲をご紹介!

https://youtu.be/9o7-Cgetho4



2022年12月3日公開 アニメーション映画『THE FIRST SLAM DUNK』

  • 主役声優:宮城リョータ役/仲村宗悟
  • 監督、脚本、原作:井上雄彦
  • 音楽:武部聡志、TAKUMA(10-FEET)

原作は、1990年から1996年まで週刊少年ジャンプに連載された、高校バスケットボールが題材のマンガ『スラムダンク』。

当時の読み切り作品『ピアス』で描かれた、宮城リョータの過去にフィーチャーされた作品ですが、連載終了から約26年を経て、アニメで放映されなかった「山王戦」を観られることとなりました。

この記事では、映画『THE FIRST SLAM DUNK』で流れる13曲をインストも含め抜粋。

25年以上バスケを続けているバスケ&スラダンオタクの筆者が、それぞれのシーンの説明を踏まえてご紹介します。

beersy
beersy

各シーンで流れた楽曲(インスト)は、サウンドトラックが配信され次第、楽曲を記載します!

※注意!!この記事は映画のネタバレになるものが含まれています。


『THE FIRST SLAM DUNK』で流れた10-FEETを聴く

Apple Music

『THE FIRST SLAM DUNK』で流れる曲とは?

オープニング・主題歌

The Birthday - LOVE ROCKETS【MV】(映画『THE FIRST SLAM DUNK』オープニング主題歌)

The Birthdayは、日本のロックバンド。Vo.チバユウスケさんは、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTなどで活動していました。

宮城が兄と1on1をしている…という、過去の回想シーンから始まるオープニング。

その後、このベース音から始まる曲に乗せて、湘北の宮城・三井・流川・赤木・桜木というスタメンが、ゆっくりと歩いて来る。

井上先生の線画のみでの演出。原作がそのまま動いているアニメーションに感動し、冒頭から心を奪われました。

山王の面々も登場し、ワクワクドキドキ感を煽りまくる、The Birthdayのブルースロックが最高にクールです!!


音楽をオフラインで聴くなら、『Apple Music』がオススメ!!

Apple Music
Apple Music

  • iPhone・Mac・iPadとの相性バツグン!不具合やエラーが少ない
  • 追加料金なしで、ハイレゾ・空間オーディオが楽しめる
  • CDやmp3の音楽をアップロードして管理・再生・同期ができる
  • iTunesで購入した曲も一緒に聴ける

無料でApple Musicを使う


 

山王と湘北が点を取り合うシーン

宮城と桜木がまさかのアリウープを決めるも、深津は冷静に二点を取り返す。その時の「同じ2点だピョン」は名セリフですね!

その後、絶好調三井の2Pのあと、堀田の「みっちゃ〜ん」という掛け声と共に流れるのは、ギターベースのノリノリなロック♪

展開の早いゲーム展開にピッタリな疾走感のある楽曲で、主題歌にちょっと似ている感じでした。

赤木のダンクのあたりまで流れます。

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

宮城が、兄・ソータの部屋にいるシーン

深津に苦戦する宮城。ここで過去の回想に飛び、海難事故で亡くなった兄・ソータの部屋にいるシーンへ。

リョータはリョータで生きて欲しい。そう決心した母親がソータの荷物を片付けてしまい、お互いに泣きながら取っ組み合います。

父、兄と亡くしてしまったリョータの心中を思うと、本当に辛くなりました。

なぜ宮城の背番号が7番なのか…がわかるこの重要なシーンでは、単音のピアノからバイオリンに変わる、優しい旋律が流れます。

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

山王がゾーンプレスをするシーン

早くも後半が始まり、王者・山王のお家芸「ゾーンプレス」の洗礼を浴びるシーン。

このDFは筆者も経験がありますが、本当に心が折られる地獄沼です;

でもこのDFを完成させるのにも、相当な努力とスタミナが必要。技術だけではない、山王の強さを思い知らされますね。

宮城がパスを出せず、次々と点を取られて行く苦しい心中を表現した、ピアノとドラムがメインの激しい曲が流れます。

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

宮城がゾーンプレスを突破するシーン

安西監督がベンチで、宮城に「湘北の切り込み隊長」とボール運びを託し、宮城が見事ゾーンプレスを突破するシーン。

盛り上がるこの場面では、ギターとシンセサイザーの激しいロックが流れます。速いドリブルに驚く深津の顔に、スカッとしました!

そして余談ですが、アニメ版からは声優陣が一新されたものの、筆者は特に違和感なく観て来ました。が、この安西監督だけはちょっと声がシブ過ぎて馴染めず;

アニメ版の、大学の監督時代の声って感じでした。あの以前の「ほっほっほ」のほんわかさが欲しかった…!

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

桜木がテーブルに乗り啖呵を切るシーン

宮城と三井の回想シーンのあと、桜木が来賓席のテーブルに乗り「ヤマオーはオレが倒す!!」と言い放つ名シーン。

桜木はどうして、いろんな意味で空気を変えることに長けているのか。なぜ思い切り出来てしまうのか。

性格もあるけれど、それはここで発せられた「シロートだからよ!」という言葉が全てなんですよね!この桜木の無鉄砲さに、湘北は何度も救われます。

ここでは、疾走感のある機械音とギターで、湘北を奮い立たせるロックが流れます。

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

赤木が倒れ、みんなが起こすシーン

川田に歯が立たず、赤木がオフェンスチャージをしながら倒れるも、チームメンバーが起こすシーン。

回想で、先輩に「アツ過ぎて独裁的」と散々言われ孤独にバスケをして来た赤木には、問題児軍団ながらも「勝つ」ためにバスケをする仲間が出来ました。

原作では、メンバーではなく陵南の魚住が大根の桂剥きをしながら乱入し、赤木に「お前は鰈だ」と言い鼓舞する場面です。

赤木の大きな背中に心打たれ、涙が流れる感動的なこのシーンでは、ピアノの旋律が美しく優しい楽曲が流れます。

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

宮城と三井が喧嘩をするシーン

中学生時代にストリートで一緒にバスケをした二人が、学校の屋上で激しい喧嘩をし、その上に雪が降って来るシーン。

ここからは、宮城と三井の悲しい過去が描かれます。しかも宮城はバイクで事故ってますし…不幸の連続で母が可哀想過ぎる!!

原作でも多くは語られなかった二人の出会いが観られる、重要なシーンのひとつ。

ここではピアノの高音と低音が美しく重なっている楽曲が流れ、宮城が沖縄に戻るあたりで単音になります。

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

泣いて吹っ切れた宮城が、砂浜を走るシーン

兄・ソータが父親を亡くした時に泣いていた洞窟に入り、思い出を蘇らせ号泣し、決意を新たに砂浜でトレーニングをするシーン。

本当に仲の良かった二人の思い出が観られて、こちらの心にもグっと来るものがありました。

そして砂浜でシャトルラン…キツそう…。

ここでは、アコースティックギターとドラムがメインの爽快な楽曲が流れ、宮城の吹っ切れた心が晴れやかに表現されていました♪

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

沢北の独壇場で点差が付いて行くシーン

安西監督も震える桜木・流川の活躍が気に障った沢北が「ヘナチョコシュート」で点差を付けて行くシーン。

これ、原作で見ていて実際にはどんな感じなのかと当時思いましたが、今作でその動きの柔らかさとボールの美しい弧を描く様が観られて、鳥肌が立ちました。

沢北の独壇場で、流川も歯が立たないほど苦しい場面で流れるのは、ピアノとドラムがメインの、美しくも激しい…まさに沢北のバスケットを表現した楽曲です。

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

湘北が反撃するシーン

10-FEET - 第ゼロ感(Audio Moive)

湘北が反撃するシーンで流れた曲は、10-FEETの『第ゼロ感』です。

10-FEETは、日本のスリーピースロックバンド。「RIVER. 」「アンテナラスト」などが有名。

宮城の名言「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!」が飛び出るシーン。

それを合図に、今作のエンディング・主題歌である10-FEETの「第ゼロ感」が流れます。

作中1番の盛り上がりどころ…疾走感、力強さのある楽曲も相まって胸アツ!

赤木がFTをもらい、桜木が倒れるシーンまで流れます。

ちなみにこのあとの桜木の回想シーン前後には、チラっと海南や陵南の魚住・仙道が映り込みますよ!

 

流川と桜木がタッチをするシーン

クライマックスは全て無音。試合最後の、桜木の「左手はそえるだけ…」というセリフも声無しでしたが、観ている人には聴こえたでしょう!

心臓の音や秒針の音が流れ、ストーリーを知っているのに最後まで歯を食いしばってしまいました。

初めてパスを出し合った流川と桜木がタッチし皆で喜び、宮城が空を見上げるシーンでは、豪華で華やかなオーケストラが流れ心から感動!!

エンディングでは「まさか!?」と驚愕しましたし、終わってもずっとずっと観ていたかったです…井上先生、ぜひ続編を!!!

※インストのためサントラ配信され次第更新

 

エンディング・主題歌

10-FEET - 第ゼロ感(Audio Moive)

エンドロールで流れた曲は、10-FEETの『第ゼロ感』です。

エンドロール後にはちょっとだけおまけ映像が流れるので、ぜひ最後まで観てくださいね♪

 


『THE FIRST SLAM DUNK』で流れた10-FEETを聴く

 

カテゴリー - アニメ


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

beersy

ビール党のアラフォーで二児の母。子ども就寝後、夜な夜なテレビを付けては夫婦で動画視聴。仕事や家事から意識を飛ばすのが得意技。
漫画が原作のドラマやアニメ、ジブリ作品を始め、洋画ではアクション、MARVELやDCなどを好むが、韓流も気になるお年頃。
いつかシルヴェスター・スタローンに会うのが夢であり、それゆえ筋トレを欠かさない。(嘘)