楽天ミュージックが60日間無料キャンペーン

映画『ホーンテッドマンション』の予習&ネタバレを劇場鑑賞者が解説!

こでぃも

映画『ホーンテッドマンション』の予習&ネタバレを劇場鑑賞者が解説!

https://youtu.be/cft1yhp7zdg



2023年9月1日(金)公開の『ホーンテッドマンション』は、ディズニーランドの人気アトラクション「ホーンテッドマンション」を映画にし、ホラーな展開が印象的な作品!

母と子が幽霊だらけの屋敷に引っ越し、謎を解明するベンたちですが…果たして屋敷の秘密を解き明かすことができるのでしょうか?

こでぃも
こでぃも

アトラクションが懐かしくなりつつ、映画『ホーンテッドマンション』を視聴してきたので予習とネタバレ、あらすじをご紹介していきます!

映画『ホーンテッドマンション』の予習&ネタバレを劇場鑑賞者が解説!

『ホーンテッドマンション』を予習する

映画を観るにあたり、ディズニーランドのアトラクションに乗ったことがあると「あの演出かな!」と思う点もありますよ。もちろん、乗ったことが無くても楽しめる作品になっています。

今作を見るにあたり、以下の映画もおすすめですよ。

リメンバー・ミー

ディズニー・ピクサー作品で、死者の世界と生者の世界が交錯する美しい物語。家族の絆と死後の世界をテーマ性に持つという点は「ホーンテッドマンション」と共通しますよ。素敵な映像と共にお楽しみください。

『リメンバー・ミー』で流れた挿入歌10曲をシーンごとに解説!
『リメンバー・ミー』の動画配信と流れた挿入歌10曲を解説!

続きを見る

 

『ゴーストバスターズ』シリーズ

幽霊退治を専門とする「ゴーストバスターズ」が活躍するコメディよりの作品。幽霊や超自然的な現象がテーマであり、ユーモアとスリルが絶妙に組み合わさっていておもしろいですよ。

第1作『ゴーストバスターズ』の挿入歌(ゴースト退治のシーン)
第1作『ゴーストバスターズ』の挿入歌(ゴースト退治のシーン)

続きを見る

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』で流れる曲・サントラとは?
『ゴーストバスターズ/アフターライフ』で流れた曲をシーンごとに紹介

続きを見る

 

アザーズ

屋敷に住む家族と幽霊との関係を描く、怖さ重視の作品。家の中で起こる怪奇現象、そして緊張感はホラーやサスペンス好きにオススメとも言えるでしょう。

 

おすすめの視聴は映画館?配信?

配信がおすすめ!見ていてハラハラするシーンも多いので、配信なら怖いシーンから目を背けやすいですよ。また、幽霊が登場するシーンなど、おもしろいシーンはが繰り返し見られるのもポイントでしょう。

ちなみに映画館で見ると、目の前いっぱいに広がる怖いシーンが魅力とも言えますね。ハラハラ倍増、怖いシーンもより迫力があることから、そうしたドキドキを楽しみたい人はぜひ、映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

【ネタバレなし】『ホーンテッドマンション』のあらすじ

「ホーンテッドマンション」本予告編|この館は最後の1人を待っていた|9月1日(金)劇場公開!

ある親子が破格の条件で手に入れた、豪華すぎるマイホーム。だがそこは、999人のゴーストが住むという“呪われた館”だった。

二人を救うため、かなりクセが強い4人の心霊エキスパート(超常現象専門家、歴史学者、霊媒師、神父)が集結。

果たして、この館に秘められた謎とは何か…? “恐怖”と“笑い”がノン・ストップで押し寄せるアトラクション・ムービーが誕生する。

ホーンテッドマンション

以下より重要なネタバレを含みます。

ネタバレを見るネタバレを飛ばす目次に戻る

 

 

 

 

 

『ホーンテッドマンション』のネタバレ

シングルマザーのギャビーと息子のトラヴィスは新しい生活を始めるべく大きな屋敷に引っ越しました。

しかし、その屋敷が幽霊屋敷(ホーンテッドマンション)であることに気づき、幽霊にとり憑かれてしまいます。

ギャビーは神父のケントと、幽霊を可視化する研究をしていたベン・マティアスを雇いましたが…彼らもまた屋敷の危険な状況に巻き込まれていくのです。

ギャビーたちは屋敷を調べることにし、幽霊たちは何かから逃げているとわかりますが…そこで専門の学者を訪ねると、屋敷で多くの死者が出たことが判明。

学者が屋敷を訪ね、霊媒師のハリエットもまた幽霊退治の協力を始めます。

こでぃも
こでぃも

ギャビーたちが引っ越してきた日の夜の演出が際立つ映画の始まり!暗い屋敷で不気味な絵画や鎧が変化したりするのが怖いですね…幽霊たちの目的が気になります!

研究に専念していたベンの過去も気になりますが…学者と霊媒師ハリエットのキャラクターが個性的で目が離せませんね。

 

ベンはハリエットと学者と共に屋敷を散策し、水晶に閉じ込められていたマダム・リオータを発見。

屋敷の主・グレイシーに雇われていた彼女を呼び出しつつ、屋敷で何が起きたか聞き出します。

グレイシーは亡き妻と再会するためにマダム・リオータを雇いましたが…たび重なる降霊の儀式の影響で邪悪なクランプが出現。

クランプは周りに認められず、その影響で使用人たちを殺していた悪人。そんな彼は首をはねられて殺され、今でも頭は見つかっていません。クランプの幽霊が暗躍している中、グレイシーを含めて既に999人が亡くなっていました。

こでぃも
こでぃも

幽霊屋敷の真相が思いのほか、恐ろしい!クランプは人殺しをしていたということや、頭部が見つかっていないということ が明かされますが…とんでもない悪霊を相手にしていたことがわかりましたね。

クランプに封じられていたマダム・リオータの力を借りつつ、1000人目の犠牲者を出す前にクランプを倒せるのか、気になる展開ですね。

 

ベンはケントとトラヴィスと共にクランプ邸のツアーに行き、遺品のシルクハットを発見。

クランプを倒すため幽霊屋敷に急いで戻りますが、クランプは学者の身体を乗っ取っていたのです。

そして、1000人目の犠牲者はトラヴィスにしようとするクランプ…トラヴィスは亡き父に会いたいと願っていましたが、ベンはなんとか彼を助けます。

ベン自身も亡き妻に会いたいと思っていましたが彼女はここにはおらず、安らかな死を迎えていると考えなおしました。そうしてクランプの誘惑を払いのけ、遺品を使ってハリエットが呪文を唱えることで消滅させたのです。

マダム・リオータは水晶での暮らしに戻り、屋敷の幽霊たちは成仏しないままとなりました。それでもギャビーとトラヴィスは屋敷で暮らし続け、時折ベンを呼んでパーティーを開いて物語は幕を閉じます。

こでぃも
こでぃも

トラヴィスの父は既に亡くなっていたり、神父が詐欺師だとわかったり、怒涛の展開が続く!「死んだら大切な人に会える」というクランプの言葉にそそのかされそうになりますが、トラヴィスもベンも騙されずに済みましたね。

そして、幽霊たちの多くもクランプに騙されていたと知り、神父のケントに味方をするのも見もの!ケントが「ヒーローにならないか?」と言いつつ、彼の活躍シーンとなりました。

幽霊たちが青白い姿を表すようになってからの演出も見どころで、映画のラストではディズニーのアトラクションのようなワンシーンが!華麗に踊る幽霊たちは良い人ばかりだったなと改めて思いました。

 

『ホーンテッドマンション』予告で流れる曲(挿入歌)は?
映画『ホーンテッドマンション』で流れる曲(挿入歌・予告)を解説!

続きを見る

 

カテゴリー - ネタバレ・予習

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こでぃも

年100本以上の洋画を見て海外ドラマもついつい見続けてしまう こでぃもです。新作公開映画は年に20本観るので時間が欲しくてしょうがないです(笑)マーベル、DC、ディズニーを見たり、ネットフリックスのオリジナル作品も凄いなと思う今日この頃。アクション映画の迫力、ファンタジーの魅力などなど、皆さんにも映画のおもしろさを伝えつつ、楽しんでいければと思いますのでよろしくお願いします!